hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

因果応報

回答数回答 1
有り難し有り難し 13

小さい頃から仏心とまでは言えないもの、兄弟の中で私だけがお墓参りなり、仏様に関わる事に惹かれ、今でも父方のお墓は東北の遠方になりますが、20歳から欠かさず年に一度は行っています。
父方の家系が熱心な日蓮宗系の信者で、特に祖母は心の底から信心していて、とても大事にしていました。 
私は、20歳を過ぎ一人暮らしを始めましたが、必ず小さいながらも仏壇を置いて、毎日とは行きませんでしたが手を合わせ、ご飯を炊けばお水と一緒に供えていました。
祖父、特に祖母が大事にしていたものを私なりに大事にしたい、この一心で大事にしています。
兄弟の中で私だけが義務教育で勉学を諦め、十代の頃は特に反社会的で司法の厄介になる事もしばしばありました。
一番初めに因果を実体験したのは、17歳の頃にやっと自分からやりたい事が見つかり、運良く希望の就職先に勤める事が出来ました。それから7か月間、無遅刻、無欠席で、自分なりにいつかはこの仕事で独り立ちしたいと小さいながら夢も持っていました。そんな中勤め先に司法のお迎えが突然来て退職せざるをえなくなりました。お迎えが来た内容は、勤める2か月前に先輩たちと起こしてしまった内容でした。「天に唾を吐けば、自分の頭に落ちてくる」リアルに因果を実体験して心から自分の過ちに後悔しました。
それでもいざ社会に戻ると、自分がいかに弱い人間なのかを、心の底から後悔した事を忘れ、楽な方、楽しい方に流され、世間の常識や法、世間一般の普通って結局誰が基準?等と屁理屈ばかり並べて自分の悪事を正当化して、いつの間にか元の木阿弥になっていました。
幼少期から元来ひねくれた考えを持っていましたが、今や物事を素直に正面から捉える事は困難で、必ず裏からまず見てしまい、それから斜に構えて捉えてしまいます。不思議とその見方が当たってしまうし、そもそも巨悪が見逃され、小悪ばかりが叩かれる。大も小も悪には変わりはなく悪いものは悪いのですが、自分の中の理に筋が通らないと納得出来ず、これからも真っ直ぐ真ん中を歩いて行ける自身がありません。
子供を授かり、本来なら自ら徳を積めるように、少しずつでも我が子の将来の為、又その子供の未来の為に、一番は自分の為にその様な行いをしたいのですが出来そうにありませんどうしたらよいのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

torasirou 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

問い「悪いやつらが幸せに生き残る時代」
http://hasunoha.jp/questions/32

におけます「因果応報」に関しての拙回答もご参照賜れましたらと存じますが、torasirou様のこの度の徳を積みたい、善い行いをしていきたいという「気づき」は実に重要なものであると存じております。

確かに私たちは簡単に安きに流れ、世間八法の一喜一憂に留まり、迷い苦しみの中で諦めてしまうこと多々かもしれません。しかし、「諦」というのは、サンスクリット語のsatyaが語源としてあり、お釈迦様がお説きになられました四つの真理である苦・集・滅・道を「四聖諦」と言いますように、もともとは、仏教用語で「真理」という意味であります。

torasirou様が、色々と「諦められていること」はもちろん、世間で使うような意味であり、この場合は煩悩を生み出すことになり、愚痴や怒りや嫉妬、悔悟等によって迷い苦しんでしまう原因の「諦め」となりますが、その「諦め」をこの度の「気づき」から更に一歩前へと進められて、これはどうあがいても、どう分析し、観察し、思慮しても変わらないという「真理」、つまり「四聖諦」の理解にまで到れるように確かなる仏縁の下にてこの機会に学びをお進めになられることをお勧め申し上げます。

あと、問題となるのは、善徳行の基準となります。世間での正誤や善悪というものは、世間での相対的な基準で成り立っているもので、あまり頼りとすべきではないと考えております。それよりも、仏法の真理を基準とした善徳行の実践が重要になると存じております。

このあたりのことにつきましては、ここで述べさせて頂きますと煩雑なところとなりますので、下記拙論をご参照賜れましたら幸いでございます。

コラム「追善供養・功徳回向の考え方について」 1~4
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108201.html

「菩提心論」
http://t.co/aSBtLQQI

『空と縁起』~勝義菩提心と勝義方便~
http://t.co/xXe6DBOf

torasirou様の真理への気づきへ向けた何かの参考となりました幸いでございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「因果応報」問答一覧

因果応報とわかっているのに。

初めてご相談させていただきます。 タイトルの通り、因果応報、今まで自分が他人にしてきたことがそのまま自分に返ってきています。(急に手のひらを返したように敵意を向ける、向けられる。) 相手にきちんと謝罪できたこともありますが、できないままの人もいます。 仕方のないこと、いつか自分に返ってくることだと思っていましたが、実際自分がやられてみるとやはり辛いと思った反面、その人に対して何か嫌がらせができないかなど、妄想ではありますがそんなことばかりを考えてしまいます。 自分がされて辛いと感じたにも関わらず、これまでの行いをろくに反省もせず、相手の気持ちも思いやれないくせにこのようなことを考えてしまう自分に心底嫌気がさしています。本当は敵意を向ける行為を続けているのも辛くてたまりません。 今回の出来事を、ずっと改善しなくてはと思いながら見ない振りをしてきた、他人の気持ちを思いやり、深く自分を省みる機会を与えられたのだと思い真剣に向き合いたいと思っています。 本当は直接謝罪するところから始めるのが筋なのでしょうが、叶わない今、謝罪と反省のお祈り(?)をしようと思います。 その他、私の行為に対するお叱りや心の持ち方、行動に踏み出すための一歩など何かしらのお言葉をいただければと思います。 お忙しいところとは思いますが、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 36
回答数回答 2

これって私が悪い事になるんでしょうか?

私はどれくらい地獄に落ちますか?で前々回質問させていただいた内容に付け足しで質問させてください。 前世で私は人に憑りつかれて争おうとしていた神2柱を封印してその神の命令を受けて村人に生き埋めにされてそこでまた誰かに憑りつかれて自分を生き埋めにした村人全員に放火して殺めてしまいました。 まず質問一つ目です、↑この業って私に対する冤罪になるんですかね? もうひとつ、その業の応報という形で今生で以前封印した神のうちの一人である天照大神様の命令でAちゃんという女の子が私を地獄に落とそうとしてきたんですけど、私は前世で一度人を助けていてその糸を掴んだので地獄には堕ちなかったんですけど、別のSさんという子と同一体のまま長年生き地獄を経験しました。 おそらく体感時間にして400年程。 で、以前質問した時のAちゃんの地獄の被害につながるんですが、よくよく考えたらこれってAちゃん自身の自業自得までとはいかなくても因果応報による被害なのでは・・・?と思えてきたんです。 他人の言葉を鵜呑みにして無実の私とSさんを地獄に落とそうと実行して生き地獄に落としたんですから。そういえば黒縄地獄に落ちてた時のAちゃんの腹にSさんの名前が張り付けられてて、Aちゃんは黒縄で焼かれそうになるたびSさんの名前に被害を押し付けようとしては倍増した黒縄の痛みに焼かれていました。 私が全く悪く無いとは言わないかもしれませんが、Sさんは全く無関係の知らない子だったので、AちゃんはそのSさんを生き地獄に落とした罪によって焼かれたのでは・・・誰かに憑りつかれた私がAちゃんを罰の身代わりにして無くても、と思ってしまいます。 補足。私が人にすぐ取りつかれたり誰かの体で過ごしたりしてるのは生まれつき私に自分の体が無いからです。 私はギリシャ神話の神ゼウスと女神メティスの間の中間子です。神力は持ってませんが。 生れてくる直前日本人の一部の人がゼウスの神力を奪いに来て私もその巻き添えを食らう形で体を取られてしまい、意識しかありません。 紆余曲折を経て今に至りますが、誰かの体があてがわれてても、痛みや感覚も私自身ふつうに自分のモノとして感じています。 生き地獄は本当きつかったです。 それで、結局私は本当の地獄にも落ちるんでしょうか?これが2つ目の質問です。 お忙しい中ここまで読んでくださってありがとうございました。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

因果応報なのでしょうか

私は3年前に夫がいるにも関わらず、既婚者の男性と不倫をしておりました。私の妊娠を機にお互いの配偶者に知られる前に別れ、現在は別々の道を歩んでいるところでした。 少し前に人づてに聞いたのですが、彼が奥様と不妊治療の末待望のお子様を授かったようです。しかし、臨月にお腹の中でお子様の心臓が止まってしまい死産をされたというとても悲しいお話でした。 奥様も彼もとても傷ついていると思います。そして、これは私との不倫による因果応報なのでは、と思うようになり、過去の不貞により元々夫と子供に対して罪悪感はありましたが、その話を聞いてから毎日毎日私のせいだ、という罪悪感で頭を支配されています。親が行った悪行は子に返る、と聞いたことがあります。私と関係を持っていなければ彼の子は元気に生まれてきたのではないか、私はなんてことをしてしまったのかと、日々苦しくて仕方ありません。また、私の子供にも何か起きたらと恐怖心が付き纏います。私は今、幸せです。でも幸せになってはいけないのではないかと感じます。もう一生心から笑えることはないのではないかと感じます。こんな母親で、こんな妻でいいのか。奥様の気持ちを考えると死にたくなります。私はこれからどのように生きていけばよいのでしょうか。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

いじめた罪悪感と因果応報

長文失礼します。  私は小学生の頃、いじめをしてしまいました。掃除場所が一緒になった男子生徒で、その子は私と同じクラスでした。(A君と呼ぶことにします)  最初は普通に仲良く話していました。しかし、しばらくして同じ掃除場所の女の子たちがA君をゴミ呼ばわりするようになりました。  わたしはそれに便乗してゴミと呼ぶようになり、挙げ句の果てにA君に丸めた帽子を投げつけました。それも二回も。 A君は当然怒り、私に足払いをかけました。そのため私は転倒し、びっくりしたため、以来彼とは話していません。   その後、私はクラス内で人間関係がうまくいかなくなり、クラス中から露骨に嫌われた態度を取られるようになりました。( 私が配膳したお椀を受け取らなかったり、ふきん係で机を拭こうとしたら拭かれたくもないからいいと言われたり)  中学に入ってからも、特に何もしていないのに悪口を言われたり、気持ち悪いと机を離されたりしました。途中家の都合で転校しましたが、転校先でも悪口を言われました。  高校に入ってから、ようやく悪口と嫌がらせがなくなりました。が、最近過去のことを思い出すようになり、私があの時いじめてしまったから、因果応報で私もいじめを受けたのではないかと考え、後悔でいっぱいの気持ちになります。  受験ストレスもあるせいか、ずっと憂鬱な気分です。あの時謝ればよかったのですが、転校のためもう会う機会はありません。  正直辛いです。どうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 45
回答数回答 1

因果応報の手前勝手な解釈が蔓延った理由

結果には原因があり、それは等しく誰にでもあるものですが、巷にはあれだけ悪いことをしたのだから、因果応報であいつは不幸になるよと言う嘘がまかり通っています。 元々自分を高めるための思想であった、因果応報が相手に不幸が訪れることを望むような因果応報に何と言うか劣化しています。 物事すべては原因があって結果がある。 その程度の意味であるはずの因果応報が、いつの間にか善行や悪行と言った、その時代にあった、変化のある価値観に毒されるとこで本来の意味を失っている気がします。 絶対善や絶対悪が無い中、意味のない独りよがりの善行に縛られ、生きることに本来の因果応報はないのではないかと考えています。やったことの責任や、今の状態に対する責任は自分でとれよと言う程度だとの認識です。 悪行を重ねようとも、幸せな人間はたくさんいますし、善行を重ねようが不幸な人間はたくさんいます。結局のところそれが身の丈にあった選択であったかと言うことに尽きます。心の持ちよう一つです。 誰かを助けて食うに困りそれが不幸だと思えば不幸ですし、誰かを騙し、殺し、奪いしてもそれで幸せだと感じる気持ちがあれば、幸せです。 自分を気持ち的に制御するのは自分。 なので因果応報の意味がああ恣意的に解釈されるようになった理由が非常に不思議です。 因果応報で相手が不幸になる的な、本当になんの論理性もない風説が流布された理由をご存知の方がいたら教えてください。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る