hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

得意分野が分からず比較してしまいます

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

とあるお坊さんの本でこのようなことが書いてありました。(内容は多少変わります)

ーーーーー

「自分は相当苦労してプレゼンをやっているのに対し、彼はそこまで苦労もなくやってのけその上評価までされて妬ましい」

この妬みの煩悩を無くすには比較をやめ、自分の得意分野を見る。
そうすれば「彼はプレゼンが得意だけど、自分は書類作りが得意だからこちらを伸ばそう」という風になる。

ーーーーーー

大体このようなことが書かれていました。なので自分の得意分野を考えてみたのですが、昔から器用貧乏で大体のことをそれなりにこなせます。

自分は特別これが得意というものがわからないので、具体的な得意分野がある人と比較して結局妬んでしまいます。

この場合どのような考え方をすれば、妬みの煩悩から離れることができるでしょうか。

2020年8月11日 14:03

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

スペシャリスト vs オールラウンダー

もしかしたら
得意分野がある人は
苦手分野が無いあなたを
妬んでいるかもしんれませんね。

十種競技やトライアスロンの選手は
個々の競技では
その競技のスペシャリストには敵わないでしょうが
オールラウンダーとしての能力を
活かせる競技があるんです。

オールラウンダーであるご自身に
もっと自信を持って良いと思います。

2020年8月11日 16:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

それも立派な特性

拝読させていただきました、慈陽院の平本と申します。

得意分野が分からずに悩んでいるのですね。

まず器用で何事もそれなりにこなせるということは、オールマイティーであり、得意分野を持つ人にはない、立派な特性だと思いますよ。

私は、不器用な方で何をやってもうまくこなせない事が多かったので、私からみたら何事もこなせるということは、凄いことだと思います。

あと得意分野というのは、好きなことが大前提であると思います。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるように、好きなものだからやり続けた結果得意分野になっていく場合もあります。

逆にいくら得意分野があっても、嫌いであると苦痛でしかないんですよね。

もし得意分野を作るなら好きなことを見つけて伸ばす方法もありますし、無理してつくらずにオールマイティーという特性に自信をもてば良いと思いますよ。

またお悩みごとがありましたら、ご相談お待ちしております。

2020年8月11日 15:05
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


平本 優眞
横浜市神奈川区 東白楽の「倶生山 慈陽院 なごみ庵」という「浄土真宗」の小...

質問者からのお礼

◾︎平本 優眞 様

回答を下さりありがとうございます。

回答の中で"私からみたら何事もこなせるということは、凄いことだと思います"という言葉を頂き驚きました。

自分の中でオールマイティーな特性は、秀でたものが無いどちらかと言えばマイナスな物だと捉えていたのでそういう視点もあるのだなと気づかされました。

そして"得意分野があっても、嫌いであると苦痛でしかないんですよね"という言葉はまさに自分が今感じている気持ちでした。得意なことはしていても嫌いであることをすることが多かったので尚更悩んでいたのかもしれません。

多くの気づきにつながる言葉をくださりありがとうございました。
その言葉を胸に向き合ってみようと思います。

◾︎和田隆恩 様

回答を下さりありがとうございました。

回答の中で"得意分野がある人は 苦手分野が無いあなたを 妬んでいるかもしれませんね"この言葉を聞いてオールラウンダーが羨ましいという感覚の人も存在する可能性があるんだと驚きました。

そして、確かに10種競技やトライアスロンは一つのスペシャリストよりもオールラウンダーの方が向いているので、オールラウンダーも必要とされる場があるのだなぁと知ることができました。

オールラウンダーに全く自信を持つことが出来ていませんでした。今後は少しずつ自信を持っていけたらと思います。ありがとうございました。

「他人・周りと自分を比べてしまう」問答一覧

人の幸せを喜べる人になるには・・

私は30歳前に結婚し、子供を授かりました。 親戚の中では一番乗りで、みんなおめでとうという感じでした。 親戚の30代の人たちは結婚する素振りもなく、叔父や叔母も私の子供を可愛がってくれました。 ですが、一年も経たないうちに30代男性の従兄弟が結婚すると聞きました。そわそわしました。 私より年上の人で、負けた気はしませんでした。 ですが盛大に結婚式を挙げ友人に囲まれ、職業も保育士で・・ 冬の結婚式に乳児を連れて行き、でも授乳ばかりで私は負けた気がしてきました。 その後その夫婦には娘が生まれました。 叔父と叔母は今までどおり私の子供の事も可愛がってくれますが、やはり孫が可愛くて会う時間は減った気がします。 私はその時もおめでとうと思えませんでした。 うちの子供には髪が多く向こうには少ないことに優越感感じたり、名前が変だと言ったり、 私は相当捻じ曲がってしまいました。 その2年後向こうには2人目ができたと聞きました。 奥さんが新しい保育園で働き出したと聞いていたので、一年働かずにそんなのおかしいねと一言目に言ってしまいました。本人にではないですが。 その後も色々難癖付けておめでとうと思えませんでした。 ただの妬みと、焦りです。私が一番でいたいだけだと思います。 私は3年半空いて今子供がお腹にいます。(息子) 前の子は実は初期に流産しています。 それもあるかもしれませんが、向こうは順調で羨ましいのかもしれません。 今は、私は娘と息子両方いることを優越感に感じてしまっています。 向こうは娘2人なので。 でも勝ち負けはありませんし、いとこにも一度も嫌味など言われたことはありません。 こちらが勝手にライバル心燃やして訳わからないです。 いつか、『私は一姫二太郎だけどいいでしょ?』とか自慢げに言いそうで怖いです。 どうしたら人の幸せを喜べるのでしょうか? 私は結婚式もしてないし友達もいないし、安定した職もないし、 そういうのが根底にあるのでしょうか? 乱文、長文ですみません。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

人を嫉んだり優越感に浸ったりする自分が嫌

いつもお世話になっています。 これまでご相談した家庭内の問題は全く解決しないまま、もがき続ける毎日ですが、少しでも何かを変えたいと模索中です。 今日は、そんな中で、自分の考え方についてご教示頂けたらと思います。 今、我が家が置かれている異常な状態について、もちろんこれまでの自分たちにも原因があったことは分かりつつ、やはり「なぜ、我が家だけ」「なぜ我が子だけ」という思いが消えません。たとえ、不十分な子育てでも、問題なく幸せになっている子も沢山いるのに…と思ってしまいます。 本当に恥ずかしく、嫌になることですが ネットなどで、同じような問題を抱える家庭や障害のある方、難病の方の記事やブログなどを探して読んだりして、うちは、まだまし…といい聞かせたりしています。 それでもなお、病気でも家族が仲良くてうらやましいとか、障害があっても立派な仕事をしていて幸せそうとか、結局は人を羨む方向に至ってしまいます。 大変不謹慎ですが、実はこのハスノハでも、自分よりもっと辛い思いをしている人はいないか…と探しては、少し救われる気持ちになってしまいます。 平穏に過ごせていた頃は、自分の仕事や収入、息子の成績や進学先などについて、心の奥で密かに優越感を感じていた自分にも気づきました。もちろん、そんなことで人の価値も幸せも計れるものではないとわかってはいましたが、やはり人と比べている自分がいました。 そんな私に罰が下って、今の我が家の苦難があるのだろうか?とさえ思います。 でも、今は人の幸せを喜べず嫉んでしまう。気づく度に自己嫌悪に陥ります。 考え方を変えたいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る