hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お坊さんは死ぬのが怖くない?

回答数回答 2
有り難し有り難し 29

前に授業で仏教について習った時、仏教の最終目的は解脱して輪廻転生から抜け出し、あらゆる苦しみから解き放たれて「無」になること、と習い、驚きました。私は自分の意識が無になることが1番怖いと思います。お坊さんは死ぬのが怖くないのだろうか?と不思議に思いました。どうなんでしょうか?

2020年11月24日 6:34

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【むなしくなりなんや】蓮如

"お坊さんは死ぬのが怖くないのだろうか?と"

いやぁ、フツーに怖いよ(笑)
ただ、死ぬ以上に「虚しく過ぎゆく生」のほうがもっと怖いけどね。

hasunoha.tenrakuin@gmail.com

2020年11月24日 8:45
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


最近、【レンタルお坊さん】はじめました。 とりあえず何でも相談してくださ...

「三身修道」

ささきさま

まず、仏教は、「無」(絶無・虚無)になることが目的ではなく、「苦しみを無くすこと」と共に、大乗仏教においては、一切衆生を救えるようになるための悟りを得ることも目的となります。簡単に申せば、仏陀になるための法身(真理のお身体)と色身(法を説き示していくためのお身体)の二身を得ることを目指します。

もちろん、輪廻から解脱した者で、仏陀にまで至らない、至っていない阿羅漢や縁覚、独覚と言われる者たちもおります。

また、私たちは、死すれば意識が「無」となり、何もかもが無くなってしまうと考えてしまいがちですが、死によって、粗い意識が止むと、(輪廻に関わる)より微細な意識が働きだして、業の力と共に、次の輪廻へと向かってゆくものであると考えるところとなります。

この微細な意識を利用して、死の過程を修行に役立てる「三身修道」というものが、チベット密教においてはあり、それは非常に重要な修行の一過程と考えられています。

もし宜しければ、「ゲルク派版 チベット死者の書」(平岡宏一先生著・学研プラス)から、死の過程における意識の構造について学ばれて頂けましたらと存じます。

ご質問のお答えとしましては、一応、三身修道を行っている、もちろん、まだまだの未熟者ですが、「怖い」というよりも、ちょっと「楽しみ」な感じになってきているという感じでしょうかね。。

川口英俊 合掌

2020年11月24日 9:34
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

回答ありがとうございますm(__)m
解脱した人の中にも色々な種類があるんですね。
「楽しみ」に思えるって凄いですね…。良いなって思いました。
「虚しく過ぎゆく生」は確かに怖い…。今を生きろってよく言いますけど、難しいなあと思いつつもそれがすべてだったり…。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんの息抜きについて

初めまして。 以前何かのきっかけでこちらのHPを知り、時々拝見させて頂いておりました。 本日はお坊さんの息抜きについて教えて頂きたいと思いまして、ご質問させて頂きました。 私は幼少期より、何故か周りから常に相談を受ける側でした。 それは老若男女職業問わずでして、ここ数年では特に、初対面にも関わらず重たいご相談を頂く機会がとても増えております。 勿論、報酬は頂いておりません。 ここからは私の勝手なイメージですが、基本的にご相談者は怒りや悲しみ等の「黒いモヤ」のようなものを大量に抱えていらっしゃいます。 その方が話し始めると、その方の体から黒いモヤが放出され、それを私が吸い取る事でその方の黒いモヤが少しずつ薄くなり、ある程度黒いモヤが薄くなると、その方は最初の頃よりスッキリした良い顔色になります。 反面、その黒いモヤを吸った私はとても重たくなり、時にはその方の怒りや憎しみ悲しみと同調してしまい、涙が溢れてきたり、頭痛やめまいに襲われる事もあります。 ここ数年は皆さんの悩みが重く、なかなか自分だけでは処理しきれず、私自身が他人から受け取る黒いモヤのせいで悩まされる事があります。 私は仏に仕える身ではございませんし、ごく普通の一般OLです。 見た目は怖そうだと言われますし、多少押しても倒れなさそうで強そうだと言われる程の体躯ではあります。 精神的にも強そうだと言われますが、それは不平不満を言ったところでなるようにしかならないと思っており、怒りや悲しみを持っても仕方がないので、それなら楽しい事を考えようと、自分のご機嫌を自分で取っているからそのように見えるのだと思います。 その為、自分が生み出した黒いモヤというものは割と簡単に放り投げる事ができるのですが、相手から相談として受け取った黒いモヤは時々しつこく、神社やお寺に行ってお参りをしたり、綺麗な景色を見ても取れない場合があります。 そのような取れない黒いモヤのカスが蓄積されていくと私自身も疲れていき、段々どうにもできないイライラが貯まっていきます。 そこでお伺いしたいのが、お坊さん方の息抜きについてです。 ご相談を受けられる事が多いと思いますが、その後の自分のメンテナンスはどのように行っていらっしゃるのでしょうか? 相手から黒いモヤを受け取っても、自分で処理できれば問題は解決できると思い、相談させて頂きました。

有り難し有り難し 42
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る