hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

気持ちの保ち方

回答数回答 3
有り難し有り難し 12

以前にも毎日のお勤めという事でお世話になりました。その節はありがとうございました。

あれから、毎日の生活ペースは父が亡くなる前に戻りつつあります。母の悲しみの表し方も私の受容範囲です。
でも・・・何故か私の心が 日を追うごとに不安定になるのです。

母の前や、妹、私の子どもには決して涙も感情も見せないようにしています。
でも・・・1人の時や、例えば仕事中に父の亡くなる前の日付の書類を見るだけで、涙が溢れてきます。

父とは複雑な関係だったので、余計にあれこれ考えてしまいます。
もっと話がしたかった・・・・・とか、私に言いたいことはない?とか
今どこにいるの? あちらの世界って本当にあるの?とか

誰にも言えないんです。私が頑張らなきゃいけないとついつい思ってしまうから。
泣き言・・・・・言えないんです。
私はどう気持ちを整えていけばいいでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悲しみを、大切に。

青い海さま
初めてお答えをさせて頂きます、なごみ庵の浦上哲也と申します。よろしくお願いします。

前回は、お義父さんが亡くなり、お供えやお経のお勤めについてのご質問だったようですね。その後はいかがですか? 毎朝のお供えは無理せず出来る範囲で続けて頂ければ結構ですし、お経のお勤めにしても同じです。上手に読経するのが良いのではなく、お経をお勤めするのが尊いことなのだと思います。

さて、今回のご質問を読ませて頂きましたが、青い海さんがちゃんと悲しめていないご様子で、心配をしております。実父ではなく、複雑な関係と仰いますが、それでも存在感のある方だったのではないでしょうか。そんな方が亡くなり、青い海さんとしてはご家族(お母さま、妹さん、お子さん)の前で「私がちゃんとしなければ!」という思いに突き動かされて、頑張ってこられたのではないでしょうか。

青い海さんは、今まで泣き言を押し殺して充分に頑張ってこられました。どうかこれ以上、頑張らないで下さい。人にとって、悲しむことは大切なのです、大事なことなのです。まっすぐに悲しんでこそ、再び立ち上がる力が湧いてくるのです。

1人でも、ご家族の前でも、涙を流しましょう。涙を流しつつお義父さんのことを話し、悲しみをシェアして下さい。「いろんな思いはあるけど、私は悲しいのよ」と素直に打ち明けて下さい。青い海さんが悲しむことは、回りの方にとってマイナスにはならないと思います。

気持ちを整える近道は、悲しみを押し殺さないことだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

あなたが死んでも続いていく世界の為に

Aさんは家族もみんなまだ生きているのに、自分の死、家族の死を恐れて四六時中、死を恐れながら生をないがしろにしながら生きています。
Bさんは死後の世界を信じていて、死後の世界で亡き人と再会できると信じながら毎日を感謝の気持ちで幸福感に満ちて生きています。
Cさんは死後の世界などない、この世界こそ、いつでも誰かの死後の世界。
自分は残されて生きているのだから、子供たちをしっかり育て、懸命に生きるだけであると気づかれ、毎日を楽しんで生きている。
Dさんは毎年お墓参りを欠かさず、生きながら亡くなった故人様と活きた関わり合いをしている。
Eさんは、自分が何時死んでもいいようにお墓の準備も抜かりなくすべて済ませてあるので、毎日を自由に幸せに生きている。
色んな人のいろんな生き空があります。
あなたはこれからも幸せになるべきでしょう。
終わりなんてありません。この世は止まったためしがないのですから。
いずれにせよ人間の死亡率は誰であろうと100%。
不幸になる率、幸せになる率は、半々ですが、自分で変えていけば幸せになれます。
それは自分が幸せの縁を加えて心を救う学びを重ねて功徳を利益(りやく)を積んでいくしかありません。
ネガティブな事を考えれば心はどんどん暗くなります。
それは不幸になる率を高めるだけです。
あなたは自分の死に向けて一つ一つゆっくり為すべき事をし尽して卒業していけばいいのです。最後は自分、この世からちゃんと卒業できます。卒業しないでとどまる方法があります。
遺された家族の中で笑い、泣き、自分をさらけ出して同じ土俵、同じ目線に立って、しっかり人間の生きざまを生きていくことです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

海はなぜ青いのか・・

青い海様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

青い海・・海はなぜ青いのか・・当たり前と思っていることでも、調べてみると、なるほどそうだったのかと始めて知ることも多くございます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/水の青

人は必ずや死にます・・この事を頭では理解できていて、それが当たり前だと思っていても、いざ身近な者、愛する者、あるいは自らの死の現実に直面してみて、ようやくに始めて知ることもあるかと存じます・・

死の意味を改めて知ること・・つらく、悲しく、苦しい、死の現実・・釈尊は、この思うようにならないこの世における私たちの苦しみの現実をまずはしっかりと捉えなさいとして「苦諦」をお説きになられました。

生・老・病・死、愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦・・

特にこれまでも「愛別離苦」につきましては下記の各問いにても扱わせて頂いております。
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/愛別離苦

時間がまだまだどうしても掛かることかとは存じますが、浦上様もおっしゃられているように、悲しみを無理して我慢せずに一つ一つ出されていくことで、感情を整理されていかれることと、ゆっくりとでもお父様の死の現実を受け入れながら、その苦しみとも真正面から向き合って頂きつつ、釈尊のお説きになられた苦しみを滅するための方法論への関心を起こして頂けましたら有り難くに存じております。

前回にお答えをさせて頂きました毎日のお勤めももちろん大切なことですが、そのお勤めの本質である仏法、その中でも、お悟りを開かれました釈尊が最初に説かれた教え(初転法輪)である「四聖諦」という真理について、まずは是非ともこの機会にお考えを賜われましたらと存じております。そして、徐々に日々のお勤めの内容、弘法大師様の教え、または、真言密教の教えについても学ばれていかれましたらと存じます。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

浦上さま、ご回答頂きありがとうございます。『悲しみのシェア』がうまく出来なくて、1人の時にうじうじしていました。私はついつい強がったり、平気な顔をしたりで本心を出せないところがあります。1人でストレス溜めてます。でも、浦上さまのお言葉通り、悲しみを押し殺さないことを少しやってみようと思います。

丹下さま、前回に続きご回答頂きありがとうございます。生き方は千差万別、出来ればAさん以外の生き方に近づきたいですね。今まで私がなかなか出来なかった、素直になる・表現する(わがままではなくて)
肩の力を抜くを心掛けてみようと思います。

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

母に会いたい謝りたい話したい

初めて質問させていただきます。 今月初め母が亡くなりました。 先月末の深夜に呼吸困難で運ばれ脳死であると言われ人工呼吸の管を挿菅されて血圧を上げる薬を点滴されて苦しい思いをずっとさせるなら、 早く家に連れて帰ってあげたいと思い臓器提供のお話を眼球以外受けました。 救急車が到着する前、意識が途切れる少し前に愛してると言ってくれました。 運転免許証のケースから手書きの延命処置はしないでほしい旨のメモがありました。 でも呼吸困難の時苦しかったはずです、 もっと生きたかったはずです。 母が呼吸困難になった時一緒に居間に居たのは私なのです。 お世話になった医療従事者の方々は数分では変わらない。 今回だって救急車呼んだ時間は早いほうだと仰っていました。 しかし私がもっと早く救急車を呼んでいれば、 父が心臓マッサージをする前から 私がもっと蘇生する為に動くことが出来ていればもしかしたら母は亡くなる事はなかったかもしれない 私が母を死なせたと後悔し自己嫌悪し母に謝っても謝りきれないです。 それと同時に母がいない喪失感と寂しいという気持ちが大きく、辛いです。 もっと一緒にお出かけしたかった もう一度頭を撫でて欲しかった もう一度名前を呼んで欲しかった。 もっと沢山話したかった 母は今、私達残された家族を見守ってくれていますか? 母は今、穏やかにいますか? 私達を待ってくれていますか? 母に会いたいです。 謝りたいです。 話したいです

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

死んだ母に会いたい

最初に…あまり文がまとまっていなくて意味が分からない事同じ事が書いてあるかも知れませんがご了承ください 私の親は母だけでした 当時の私は16歳です 彼と10月に産んだ息子と3人で地元を離れ暮らしていました 突然の事でした 1ヶ月半前にはベビー用品を沢山持って家に来てくれました 2日前の12月26日には電話でふざけた話やお正月に帰るよって話をしていました でもそんな日は来ることなく 12月28日深夜仕事帰りの母は交通事故で亡くしました 母が亡くなったことを知り地元に帰還し葬儀等を行いました その時に知ったのですが母は精神的に参っていたみたいで精神科にもう何ヶ月も通っていたと知りました ここで月日は飛びますが母が亡くなって1年以上経ちました 2月産まれだった私も18になり息子も1歳になりました でも1年以上経った今でも思うんです 週に何度か電話していたのに何故母の病みに気づけなかったのか もっと感謝の言葉を普段から伝えなかったのか もっと長生きをして欲しかった そして私が成人した姿を見て欲しかった 息子(孫)の成長をもっと見て欲しかった もっと一緒に色んな所に行きたかった写真も撮りたかった 笑った姿が見たかった声が聞きたかった 言葉では表せるけれどそれ以上の思いや後悔でいっぱいです 何度も何度も母が亡くなったのは神様にもう十分だから休みなさいと言われたんだとか色んな事を自分自身に言って聞かせようとしました でも無理なんです言って聞かせるなんて無理なんです ふとした時にあーしてあげればこーしてあげればと思い泣く日々 立ち直れないんです前を向けないんです どうすれば立ち直ることが出来るんでしょうか?どうすれば前を向くことが出来るでしょうか? 亡き母に会いたいです 会って伝えたい事が沢山あるです 伝える方法はありますか?

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

娘に逢いたい

娘が亡くなってもうすぐ1ヶ月になります 24歳でした 何年前からなのか、たくさん悩んで苦しんで最後は自死という形をとってしまいました お金が原因かと思われます 亡くなった娘は長女でした 他に弟2人と妹1人の子供がいます 離婚して14年、片時も離れたことがありませんでした 「ずっと一緒だよ」何度、この言葉を聞かされたことか 娘は社会に出てから、仕事が辛そうで長続きせず当然お金にも苦しんでいました 私自身、シングルマザーであり裕福どころか我満を強いるような生活をさせてきてしまったのかもしれません 亡くなる2週間前には体調を崩してしまい、娘がずっと看病してくれました 優しい子でした 心配をかけたくない一心からか仕事に行っていないにも関わらず 「行ってきます」とその素振りをみせ、少しでも安心させようとするような子でした 親子でありながら親友のような、何でも言いあえて何処に行くにも一緒で、周りからも本当に仲がいいと言われているような関係性でした 23歳の長男に 【少しお金を貸してもらえないか?無理なら大丈夫だからね。ママには内緒で】 こんな内容のラインを送っていました 息子はいつものことと思いお金を貸さなかったそうです そんな事もあってか、長男も あの時自分が少しでも力になれていたら。と、自責の念にかられているようです 私の勝手な解釈ですが、恐らくこんな私にもう心配をかけたくなくて何も相談してこなかったんだと思います でも、話してほしかった。 助けてほしいって一言言ってほしかった。 今はただ、娘に逢いたいです 助けてあげられなかったことを謝りたいです 愛してると伝えたいです

有り難し有り難し 46
回答数回答 1

おばあちゃんにあいたい。

私は29歳女性です。10年前に亡くなった祖母について相談させていただきます。 家族構成は祖父母・父母・妹(21歳)ですが、両親は離婚しており、今回の祖母は父方の祖母に当たります。ちなみに祖父は健在です。 祖母は、10年前に癌を患い80歳でこの世をさりましたが、最期まで他人に迷惑をかけず、自分の葬式や保険の手続きまで、生前に準備を済ませておくような几帳面な人でした。 私は生まれた時から祖父母と寝床を共にしており、根からのおばあちゃん子でした。 そのため、私の人生の目標は「おばあちゃんのようなおばあちゃんになること」です。 生前は祖父母の家に住んでおり、恩返しのために、家事を手伝っていました。そのためか、祖母が亡くなった時は、後悔を感じることはなく、癌の苦しみから解放されたであろう祖母に対して、素直に感謝と労いの気持ちを伝えることができました。 しかし、祖母が亡くなって10年経った今、常日頃から祖母のことを思い出し、「おばあちゃんに会いたい」という想いから涙が溢れる毎日です。 私自身、今年4月から職場が変わったり、結婚を前提に同棲を始めたりと、環境ががらっと変わったため、少し疲れているのではないかと感じます。 いつも「おばあちゃんがいてくれたら、なんて声をかけてくれるだろうか。きっと"大丈夫"と声をかけてくれるんだろうな。」と前向きに考えているつもりではあるのですが、「会いたい」という、どうしようもない思いがあり、今回相談させていただくことになりました。 こんなにいつも祖母に対して悲しい気持ちを抱いていたら、天国でも心配させてしまいますよね。でも、亡くなってもなお、そばにいて欲しいと願う毎日です。 故人のことを思い出すことには、どういう意味があるのか。今後の私の気持ちが、前向きになるようなヒントがあれば、教えてください。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

お母さんに会いたい

先月末、大好きな母を60才で亡くしました。(先月始め母方の祖父を亡くしたばかりでした。まさか連れてっちゃったのかな。) 効くと言われる事は出来る限りやって、専属管理栄養士になったつもりで食事療法もがんばりました。絶対諦めませんでした。 最後に病院に運ばれた時、手術しなければあと2、3日。と言われました。母は「ごめんねみんな、もう許して。穏やかな最期を」と言って、その日に家に帰りました。 それからしばらく落ち着いてました。本人も生きることしか考えてなかった。しかし急変してからあっとゆう間で、最期は自宅で、親族そろってみんなでベッドを囲み、静かに息を引き取りました。亡くなった後もまるで微笑んでるような顔でした。 母は、私の事を「食事とかを頑張ってくれるからありがたい」とか「あの子はあたしがいないとダメだから」と言っていたみたいです。 毎日お母さんと過ごしていて、病気をしてからは友達と遊ぶことも家族で出掛けることもなく、平日も休日もお母さんの側にいました。でも最後に救急搬送された日、私は出掛けてました。出掛ける前、母はかなり辛そうでした。でも「行かないで」と言われたくなくてきつく当たってしまいました。そしてその夜救急搬送。あの朝病院に連れていけばよかった、あんな言い方しなきゃよかった。 お母さんが倒れる度にもう後悔ないように過ごそうと決めてたはずなのに。 今日が山です、と言われた日も前日からあまり寝ていなかったのでイライラして、母に呼ばれたのに「なに?」と怒りながら聞いてしまいました。ただ近くにいて欲しかったんだろうな 元気なお母さんだったから、体が思うように動かなくなって本人が1番悔しかったと思います。なのに私は動かないことを責めてしまった。私たちのことを本当に大切に自分を犠牲にして育ててくれた。孫のことも心から大事にしてくれた。1番下はまだ9ヶ月。成長をもっと見て欲しかった。 お母さんを病院に連れて行く時間も幸せで全然苦じゃなかった 短い人生でもぎゅっと詰まった濃い時間だった。こうなる運命だったから濃い親子関係だったんですか? もっと早く気付きたかった。助けたかった。お母さんがいなくなってから毎日泣いてます。体調が悪くて毎日がしんどいです。もうすぐ1ヶ月。お母さんは今どこにいるのか。寂しくないでしょうか?苦しくないでしょうか?また会えますか?私たちが見えていますか?

有り難し有り難し 36
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る