hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

これからの人生について

回答数回答 1
有り難し有り難し 4

はすのはには何度もお世話になっております。私は現在29歳で、東京で看護師をしています。今後は都内で転職をし、かねてからの希望だった新生児看護に進みたいと思っています。
相談したいことは、それ以降のことです。昨年は母が亡くなり、地元には父と高齢の祖母がいます。今の夢を叶えたのち、実家に帰るか悩みます。田舎なので病院が少なく就職口が限られています。さらに新生児を取り扱う病院も限られていたり、助産師免許を持っていないと難しいです。父はやりたいことをやってから、帰ってくれば良いと言っていますが、実家に戻ったところで、仕事に対するモチベーションをあげるような就職先がありません。
東京での暮らしも楽しくて仕方がなく、帰らないという手を考えたことがありますが、一人で寂しく老いていく父が心配でもあります。兄がいますが、兄も東京に出てきています。兄は田舎の閉鎖的なところが嫌で絶対に戻らないと言っています。
拙くて申し訳ございませんが、今後の人生について、アドバイスを頂ければと思います。

2021年5月29日 23:43

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

身体で側にいるより、心で側にいる

さや様

この度はご投稿ありがとうございます。
お気持ちとてもよく分かります。家族が老いる姿を遠くから見ていると心苦しい気持ちが湧いてきますよね。
質問に関しましてはあくまでも個人的な意見ですのでご参考までにして下さい。
東京でご自身の人生に精一杯励んで、心より幸せになることが一番の親孝行だと思います。やりたいことを物理的に犠牲にして親御さまの側にいるという選択肢は家族を本当に幸せにしていくかをご自身で具体的に想像してみて下さい。

身体でそばにいるのではなく、
心でそばにいれば良いと思います。

FaceTimeを使えるようなセットアップを親の場所で行う、定期的にテレビ電話をしたり、東京から親の好物を送ったりと色々支えとなれるやり方はあります。
今の時代はよりデジタルを通じて近くにいれます。どうぞ上手に使ってみたらいかがでしょうか。
身体ではなく、心を側に寄せたら良いかも知れません。
そして、このような悩みを打ち明けていることは、さや様の良心や優しさが滲み出ております。今後ともお仕事やご家族のことが納得できるような展開に進んでいくとこを心より応援しております📣

Your heart can spread love wherever you are!!

宗應 合掌

2021年5月30日 7:36
{{count}}
有り難し
おきもち


岩山宗應(独・日)
こんにちは、 禅僧の宗應(ソウオウ)と申します。 現在は神奈川県の小さ...

質問者からのお礼

回答頂きありがとうございます。
あれから、父からも再度まずは自分のやりたいことをやりなさいと言われました。まずはやりたいことに挑戦してから今後のことを考えたいと思います。
確かに、昨今はデジタル化がすすみ遠くても近況をしれる便利な世になりましたよね。テレビ電話などで親の様子を見ていきたいと思います。

「就職・就活」問答一覧

就活中、感情の浮き沈みが激しく辛いです

こんにちは。 ご相談させていただくのは2回目になります。 私は現在就職活動をしている大学4年生なのですが、焦りと不安から自身の感情をコントロールするのが難しくなっています。 朝目が覚めたときは一番焦りと不安が大きく、絶望感をなんとか宥めてからでないと起き上がることが難しいです。セミの鳴き声などが聞こえると、「もう夏なのに就活が終わらない」と心臓が締め付けられるようになるのですが、「まだ大丈夫…」と自己暗示をかけて誤魔化しています。実際、まだ就職活動をしている人が多くいることはわかっているのですが、自分が一番劣等生に思えます。ネガティブ思考をやめなければ!と毎日思うのですが…。 直近に面接が複数控えているため、毎日面接の準備をしているのですが、「また落ちたら…」という不安を逐一打ち消しながらやっています。弱すぎる自分が情けないです。 そんなことはないとわかってはいながらも、どうしても、「就職活動が上手く行かずに終わる=暗い未来」という考えが頭によぎります。 最近、人と電話する回数が増えているのも、1人だと不安に押し潰されそうになるためです。本当に甘えてしまっています。 自分で自分を追い込む、過度な不安や焦りを無くしたいです。もう、いっそ何も考えない方がよいのでしょうか。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

就活中ですがプライドに苦しんでいます。

 初めてご相談させていただきます。私は就職活動中の大学生です。 元々あまり勉強は好きではないのですが、塾に通ってコツコツと勉強し(恵まれた環境でした,,,)、背伸びして一般的に偏差値の高いとされる大学に入学しました。入学後は学業・部活動・バイトと自分なりに頑張ってきました。特に学業に関しては不安があったので予習や復習をすることで学力を底上げし、授業もかなり詰め込んで3年生の間に卒業に必要な単位を取り終わりました。  しかし、就職活動が上手くいかずこれまでの努力が無駄に感じ苦しいです。内定を頂いている企業様はあるのですが、あまり行きたくないと思っている自分に気づいてしまいました。離職率がやや高い点が不安要素です。自分を採用したいと言っていただけたことに感謝すべきなのはわかっているのですが,,,。  このように就活をズルズル続けることになったのは、目の前のことにいっぱいいっぱいになっていて社会人になってからやりたいことや目指す進路について考えることを疎かにしていたからだ、と6月頃に激しい後悔に襲われました。企業が求めているコミュニケーション能力や自己PRのスキルを磨き上げることを怠り、ピントが外れた努力をしていたという事実がつらいです。7月に入り、後悔は何の役にも立たねえ!と少しメンタルを立て直して就職活動を継続していますが、時折心臓がギューッとなる感覚に襲われたことから先日カウンセリングを受け、少し立て直して本日もESを1社に送付し、説明会に2社ほど参加しました  結果に納得がいかないものの妥協して就活辞めたいという思いがあるのですが、その一方で、これまでの大学生活を無駄にしてたまるか!というプライドもあり、もう気力を振り絞って就活しています。決してメンタルは強い方ではなく、企業から欲しいと思われるポテンシャルもないのに変なプライドがあり、理想と現実のギャップに苦しんでいます。はたから見たらちっぽけな悩みだと思うのですが、自分的には人生の壁に直面しています。正直、今年の就職活動が失敗したら自分みたいな特に見るところの無い人間は芽が出ず終わりだという思考に捉われています。どうすれば気が楽になれるでしょうか。狭い視野を変えたいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

仕事に就けないで迷走中です

昨年末に 職場のパワハラに耐えれなく辞めてしまって ハローワークで 当初 障害者雇用枠で探してましたが 全く見つからず パソコン教室で、エクセル ワードなどを5月~勉強してますが 事務職など見つからず 担当者の方の提案で 通常雇用も視野に入れて探しても なかなか見つからず 主治医の先生等とも 相談して事務職が理想的で望ましいとの事でしたが 僕は、今まで構内作業しかしたことが無かったので 先生は、数人で一緒にする仕事で交代勤以外なら あまり問題無いと 知り合いの方の紹介でお仕事の面接して 僕の事情をわかってもらった上で 職場見学に、行きましたが お休みが、日曜日のみ で突発休みが多かったら辞めてもらうと言われて 家族や主治医の先生等に、相談したら 僕の身体が壊れる事を懸念して 焦らず探してと言われましたが 失業保険も残り少なくなり ずっと仕事が見つからず焦りがかなり強くなり 10月~仕事してないので 早く仕事をして家族を守らなきゃとか色々あり 焦りがひどいです 以前 占い師の方に、占ってもらった時 紹介してもらった職場は、適所で凄く良い所みたいでしたが 休みが少ないのと身体が心配と もうひとつは、修行をもう少し頑張って入れば 良い所が見つかりそうと パソコン教室のインストラクターの先生 家族 友達 主治医の先生 占い師の人 Facebookの友達 パチンコ屋の店長等が 皆 応援してくれてますので 更に焦って不安になって色々もがいてしまいます ハローワークの前で勧誘している 派遣会社からは、勧誘されて登録もしてないのにいきなり電話がかかってきます。 焦りから、ちょっと話を聞いてみようかとか 考えてしまいます。 どうすれば良いのかわからないです。 このまま 仕事が見つからないのかなぁとか 不安です。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

自分の人生観、仕事観と親とのすれ違い

こんにちは。自分は今、就活の時期に入り始めている大学生です。  pそのため、両親が自分の就職について言及してくるのですが、その考えがどうしても理解できません。両親は自分に今大学生のうちに資格や公務員試験の勉強をして少しでも人より安定した、待遇のいい職場に就職しろと言います。自分は安定しているからといって興味のない仕事をしようとは思いません。それに自分にはどうしてもこれがしたいと思える分野があり、今その実現に向けて創意工夫する毎日なのでとてもそれを諦めることはできません。しかし、親は自分のしたい仕事なんて絶対にできないから出来るだけ楽でお金の稼げる仕事を探せと言います。それではあまりにも淋しすぎるのではないかと思います。ただお金を稼ぎながら延々と自分はこの程度だと思いながら生き続けるのは自分の性分には合わないように感じるのです。  それに両親は「大学のうちに辛い思いをすれば後から楽な思いができる」と言いますが、自分にはその考えがどうしても理解できません。自分にとって仕事とは設定した目標に向かって命をかけて精進していくものだと思っていてその結果貧乏になっても寿命が縮まっても構わないし、むしろそれが生きることだと思っているからです。だから親の言う楽に生きるという感覚が理解できないのです。もしこの世に生きる目的が両親のいうように少しでもお金を稼ぐことを真理とするならば自分は首を吊って死ななければならないほど悲しい気分になってしまいます。  もちろん、今自分のやりたいことがはっきりしている身としては全力で否定したいとは思っているのですが、今まで自分を育ててくれた分、強くいうことができません。それに今自分の興味がある分野に対して何の結果も出せていないという状況であり自分の仕事に対する思いも一方的で側からみれば大したことのないものかもしれません。それに両親がここまでいうのは年齢を重ねて経験を積んだからであり自分は若いから現実を理解できていないというのが真相かもしれません。自分の意見を主張するにはその部分で不安があります。  自分のやりたい仕事を目指すことは悪いことではないことを信じたいのですが、それを支えてくれるような言葉や教えがあればご教授いただきたいです。どうかお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る