hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

妹は何故死んでしまったのか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

先日から何回も相談してる者です。
妹が亡くなってから来週で早くも3ヶ月です。
まだ信じられません。
暑くなって来たので例年なら熱中症対策で水分補給に気を付けてました。
またウナギが好きでしたのでウナギをよく食べ指してました。
生きてたらこういう日々がまだまだ続くはずでした。
亡くなった日は妹は朝の薬を夜僕が帰るまで飲んでなかったのです。てんかん発作を押さえるための薬は朝9錠、昼6錠、夜8錠ととても多く本人も大変そうでしたが、何とか飲んでました。
ところが亡くなる半年前くらい前からまた飲めなくなってきて、病院に行って相談して、お薬ゼリーなるものを紹介してもらいそれを使ったり、また飲みにくい大きめの錠剤は僕がハサミで切ったりしてました。最後の方はその薬を切るのが僕の日課みたいにもなってました。
だんだん朝の薬飲むのが遅くなり朝のを夕方に飲んで昼を飛ばしたり、昼と夜も飲めない時もあったり、僕が夕方に帰って来たとき薬全然飲んでないときもあり、慌てて飲ましたりもしてました。昔はにそこまでしなくても、本人が勝手に飲んでくれてたのですが、何故かだんだん飲めなくなってました。
で最後の日は朝御飯も夕方まで食べず、朝御飯は僕が仕事行ってからは食べてました。ただ大事な朝の薬を何故か飲んでなかったのです。薬の袋すら開けてなかったのです。
ヘルパーさんは夕方までいてくれたのですが、その間にも飲んでなかったのです。いつもなら連絡ノートに朝の薬を先ず飲ませてくださいと赤字で僕が書いてヘルパーさんに伝えてたのに、その日だけは朝まだですしか書いてなかったのです。ヘルパーさんに直接言うことも出来たのに面倒くさがって何も伝えずに仕事に行ってしまったのです。
ちゃんと伝えるか、または僕が仕事行くまでに朝の薬だけでも飲ませとけばまだ生きてたはずなのです。
この朝の薬を飲んでなかったことが妹の死因だと思います。
原因がはっきりしてるので、ここさえ何とかしてればまだ生きてたはずなのです。
この事が一番未だに僕を苦しめてます。
この日死ぬのが運命だとか寿命とか言われることもありますが、僕はそうは思えません。人が死ぬには何か原因があると思います。何も問題無いのに突然死ぬわけがないです。
僕が朝の薬を飲ませなかったことが原因です。やはり僕の責任だと思います。
もっと必死に薬を飲ませとけばと言う罪悪感しかありません。

2021年7月19日 17:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

妹様は仏様と成られました…

 『僕が朝の薬を飲ませなかったことが原因です。やはり僕の責任だと思います』とおっしゃっておられます。私はそうとも限らないと思いますが…
 仏教的には人の死はご本人にもまた周囲にも基本的に手出し・変更が出来ないことと受け止めます。ただあなたがそう思うのであれば、その思いを止めることは私には出来ません。
 でも、それではあなたは「妹様を死なせてしまった」という罪悪感を抱いて生きるしかありません。それは今後の人生を随分と辛いものにすることでしょう。
 妹様は今あなたにどういう気持ちを抱いているかお考えになって下さい…。
 それが、想像できなければ仏様に聞いて参りましょう。
 仏様は「もう妹様は仏と成ったのです。仏には後悔や恨みと言った負の感情は一切ありません。それどころか、仏であるからこそ生きとし生けるものを、特に縁深い御兄様であるあなたのことを心配しているのです。そして あなたが今後の人生をしっかりと生き抜いていけるように、あなたに寄り添い、支え、導いて下さっていますよ」とおっしゃいます。
 この言葉をそのまま頂いて生きるのが、私を含む仏教徒です。
 いかがでしょうか…他に思うところがあれば、その思いを抱いて生きていくのもあなたのご自由です。
 どうにも御自身の罪悪感が消えないならば、妹様を深く愛し、思っていらっしゃった証であるその思いを持ち続けていきましょう…お辛いとは思いますが。
 ただ、仏様と生まれられた妹様はあなたが罪悪感に苛まされている姿より、仏と成られた御自身(妹様)を受け止め、仰ぎ、礼拝しながら、そして自分自身の人生を生きていく そんなあなた様を期待し、望んでいらっしゃると思いますよ…。
 その為にもう仏としてあなたの傍に還って来て下さっています。
 どうか、御身御大切にお過ごし下さい…仏である妹様はあなたにそのような慈しみの思いをお持ちでいらっしゃいます。

2021年7月21日 6:56
{{count}}
有り難し
おきもち


千葉県市原市にある浄土真宗本願寺派 弘教寺の住職です。 当方 都市開教...

質問者からのお礼

小林住職、返答ありがとうございます。
僕も妹亡くなってからハスノハもですが、他の方にも相談させていただきその都度、励ましを受けてきました。そしてその都度、回復しようと思って今に至りますがまた自責の念に戻ってしまうのです。
何でかなと思い自分でも嫌になります。
妹はこうなる運命と言うか寿命とはいえ言うか、薬が徐々に飲めなくなって来てたのは寿命が近づいてのかも知れませんね。
若くして亡くなった妹は向こうの世界では既に若い立派な仏様になっているのでしょうか。
これまではぼくが妹を心配する構図でしたが、逆にぼくが心配される立場になったのですね。立場が逆転したのですね。
ならば兄として心配かけては行けませんね。
妹の新たな家の仏壇に毎日手を合わせ、礼拝することですね。礼拝の礼は妹の名前の文字です。礼儀の礼。

そして僕は母の世話と自分はまず食べて寝ることだけをしっかりとしようととりあえず思います。 

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

祖母が亡くなり1ヶ月と少し経ちました。

先月祖母が急逝しました。 倒れたと連絡があり病院に着くと、医師からの『死亡確認をお願いします』との言葉。急性の病だったためまったく予期しない死でした。先日49日法要が終わり、若干気持ちは落ち着いてきましたがいつになったら日常の心に戻れるのだろうと考えてしまいます。たまに夢にも出てきます。49日を迎える日には、夢の中で寝ている自分の右隣に既に亡くなった祖母がいると目を閉じてる状態で感じ号泣しているタイミングで目が覚めました。起きた自分の目にも涙がひとすじ流れており、これは始めての経験でした。今まで夢に出てきた祖母は生きていたので、初めて夢の中でも亡くなった祖母を認識していて、脳では整理できているのかなとは感じます。ただ心がなかなか追いつきません。3年前にも父方の祖母が亡くなりましたが、そこまで頻繁に会っていなかったのもあり悲しいながら立ち直るのは早かったです。しかし今回は初めてまともにダメージを受けているため対処の仕方がわかりません。死を受け入れるためにどう日々を過ごせばいいのでしょうか。どうすればはやく心の平穏は訪れるのでしょうか。教えていただけると幸いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

死を受け入れられません。

初めて相談します。 年齢差20歳のある方と相思相愛でした。お互いに既婚です。趣味もあり2年近く親しい間柄でした。相手の方は一年前に急な病になり、ほぼ自宅にいる生活になりました。しかし、2人で出した結論はこのままお互いが心の支えで必要だと言う事でした。コロナ禍もありあまり外出出来ませんでしたが、ここ一年趣味をする為、車椅子で出かける日々でした。唯一の外出で奥様にも承諾して頂き(申し訳ない気持ちでしたが、)尊敬する方と少しでも一緒に居たいと思い、趣味の講師と称して自宅に迎えに行き、会っていました。この一年肉体関係はありません。病気や体力が落ちていく心の変化を支えたい一心でした。微力でできることは限られていますが。 しかし、8月末に奥様より急死の連絡がありました。コロナ禍もあり家族葬になり、前日逢いに行く事が出来ました。今まで人生のアドバイスや趣味、思考色々な点でわかり合える方が居なくなり、これから何を糧に生きていいのかがわからなくなります。また、突然の早い死に無念さや死が迫る恐怖等、相手の方が抱えていた気持ちを思うと居ても立っても居られない気持ちになります。最後はどんな気持ちで過ごしていたんだろうか、私との関係は負担だったのだろうか。亡くなる2日前までは連絡を取り合っていましたが、声も出ず手の震えもありLINEでの少しの会話でした。 今も逢いたい気持ちと話が出来るのなら気持ちを知りたいと思う日々です。 どう思えば気持ちが整理できるのでしょうか? 文章がわかりづらいとは思いますが、ご回答お願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

夫の不在を受け入れられない。

夫が心筋梗塞で急死しひと月が過ぎ、身辺整理とこれからの不安、何よりもう夫に会えない寂しさで毎日がつらいです。 遅い結婚で子供はおらず、内向的な性格の私は友人も少なく、夫がいてくれることが心の支えでした。 夫は自身の実家と疎遠にしていて、亡くなった後に初めて会った親族から聞かされた話と、彼が私に話していたことの違い、様々な隠し事があり、何故正直に何でも話してくれなかったのかな?夫婦って何だろう、彼にとっての私は一体どんな存在だったのだろうと、一人になるとぐるぐると考え続けてしまいます。 生前は借金も女性問題もあり、発覚しては謝られて再構築の繰り返しで、最後の1年半ほどは私もだいぶ無気力になって全く可愛げのない妻でした。 夫は私に穏やかに接してはくれていましたが、大事なことは何も話してくれず、争いを避けてただ毎日が過ぎれば.......という状態だった気もします。 私の態度が余計に彼を秘密主義にさせたのかとか、彼は私といて幸せだったのか、自分は本当に必要とされていたのか、少しでも愛されていたのかとか、全て自信が無くなってきました。 今はただただ、遺影に向かって「どうして行ってしまったの?私のことをどう思っていたの?どうしてもっといろいろ正直に話してくれて、一緒に乗り越えて地道に生きられなかったのかな.......」とブツブツ言うばかりです。 生前は随分不誠実なこともされたのに、愚かにも、ずっと夫のことが好きなんです。 だから寂しくて仕方がありません。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る