hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

葬儀と納骨のお寺は?

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

主人が亡くなった時に、永大供養のお墓を探して購入しました。
その後、子供もいなかったので結婚前の旧姓に戻して実家の近くで1人暮らしです。
先々、私が亡くなった際は、実家を継いでいる兄家族が喪主になると思います。

そこで質問ですが、実家には仏壇があり、お世話になっているお寺もあります。実家の両親の葬儀や納骨などは、すべて実家の縁があるお寺にお世話になると思いますが、私の場合はどうすべきなのでしょうか?
実家の方は、まだ亡くなった者はいませんが、高齢な父が最近、仏壇だけは購入しました。その際に初めてお坊さんに来ていただきました。
実家の家族も、私自身も、信心深い方ではなくお寺に行く、お坊さんに来てもらうという習慣はありません。実家の母だけが神棚にお供えするように仏壇にもお供えをしなければならないって気にしている程度です。

そんな感じで、実家のお寺ともお墓のお寺とも、深いご縁を頂いているという意識もなく、お逢いする機会もほとんど無い状況です。

通夜・葬儀などは、実家のお寺にお願いして、納骨の時だけ私のお墓があるお寺にお願いするのでしょうか?

それとも、通夜・葬儀から、お墓のお寺にお願いすべきなのでしょうか?

ちなみに、両方の寺ともに同じ宗派です。実家の寺は自転車で10分、お墓のお寺は車で40分位の距離です。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

永代供養墓を購入されたときの仲介業者にご相談してみては?

 永大供養墓を購入された際、お寺とすっぴんさんの間に、仲介業者が入ったのでしょうか。それとも、お寺から購入なさったのでしょうか。
 もし、仲介業者が入ったのなら、そこに相談するのが一番良いと思います。おそらく、購入された際の、契約書に決まりがあります。
 もし、お寺から直接購入なさったのなら、率直にお墓があるお寺に相談するのが良いと思います。寺院墓地は、お寺の檀家さん以外も入れる様に規定している場合と、檀家さん(墓地のあるお寺の僧侶がお葬式をした人)のみしか納骨を認めない場合があります。ただ、事前に相談しておけば、普通のお寺は柔軟に対応してくれると思います。
 お寺としては、故人の死も知らされず、急に納骨して下さいと言われるのが一番困惑します。

{{count}}
有り難し
おきもち


45歳 独身 銭湯通い 浄土真宗の僧侶だけど、「中観派です」って言って...
このお坊さんを応援する

答えは自分が知っている。

🙍どちらに入りたいか、はあなたが一番知っているでしょう。
我々に聞くことではありません。
自分の本心に聞くのがよろしいと思います。
人間元々誰のものでもなく、どこに所属しなきゃいかん、などということもありません。
よくお檀家さん方から耳にする話ですが、息子さんが亡くなった場合、奥さんがご自身の近い所にお墓を購入されますと、ご主人・息子さんのご実家の感覚としては、息子さんを持っていかれたという心情が生まれる事が本音としてあるようです。お子さんがいらっしゃって子供さんの代で守っていける年頃でしたらそういう問題は起こらないのですが、心情としては、ご主人はあなたが守っている感覚であってもご実家の方々は、自分たちで供養していきたいという感覚がある(かもしれない)でしょうから、もしご主人の墓地の護持の名義人が、あなたになっているのならば、あなたが体が弱っていて守っていけそうにない、ということを理由に還すべき所に還してあげるという事を御主人の実家に提案をされてみるのも良いでしょう。
ご主人の実家側がそれが望ましい提案だ、と思われればご主人の遺骨もご主人の実家の菩提寺に遷されるという事も一つの法かもしれません。
そうすればあなたは、実家の先祖代々のお墓に入って御親族がたに守っていただけるのではないでしょうか。これはあくまで私個人の直観的なアドバイスであってこれが一番望ましいかどうかはあなたが決めることです。
私の知り合いでがんを克服された方は、自分らしく生きる事を選択された方です。
心が迷ったり、不安な気持ちが多く起こるようなことは一切排除して早く健康になってください。('ω')ノ
これでも不安が解決されないようでしたら、同じ話を両方の菩提寺さんに相談されて、それで決めればよいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

長谷川さま、回答ありがとうございます。
お墓があるお寺は、私自身がいろいろと探し回って納得の出来るお墓を選んで、お寺と直接契約でお願いしました。私が喪主で行った主人の通夜・葬儀は、お墓のお寺にお願いしました。
「お寺としては、故人の死も知らされず、急に納骨して下さいと言われるのが一番困惑します。」とのお言葉を聞いてよかったです。事前相談をしておきたいと思います。
ただ、癌宣告は受けながらも、まだ、余命宣告を受けている訳でも無い今の状況で、「私の時の通夜・葬儀はどうしましょう?」という相談をすることには、少なからず、抵抗があります・・・・。
機会を見て、実家のお寺とお墓のお寺に相談をしたいと思います。ありがとうございました。

丹下さま、回答ありがとうございます。
文章での相談は、きちんと伝えることが難しいですね。

主人が入っているお墓は、私が将来一緒に入りたいお墓を探し回って見つけた場所ですので、そこに納骨して貰う予定です。
「心が迷う・不安がある」という問題ではなく、私が亡き後に余計なトラブルは無いようにしたい、通夜・葬儀を執り行うことは、それだけでも大変なことだから、早めに解決できることは解決しておきたいとの思っています。「今を生きる」的なことで言えば、「その時になって残された者たちが考えれば良い」ということなのかもしれませんが、「あの子は生前、お墓を買っていたけど、お寺はどっちを呼ぶのかな?」というのは必ず起きることです。そこで、悩ませる必要が無いように、今、対応したいと思ってのことでした。

いずれにしても、両方のお寺に相談して決めたいと思います。ありがとうございました。

「供養全般」問答一覧

考えの違いを受け入れる方法

故人を受け入れていくことや思い出を大切にしていくことは本当に大事なんだなと、お盆を迎えながら気付くこの頃です。 家族の初盆を迎え、残った家族それぞれの考えの違いが顕著になり、少し戸惑っています。子ども時代を過ごした中で、亡くなった家族は父母としての役割を確かに果たしてくれたはずなんですが、父母は当時私たちを祖父母に預けることが多かったようで、私と兄弟は祖父母を父母のように慕いながら育ってきました。 私自身も父母との確執は以前あったのですが、いい歳の大人になったのもあって受け入れられるように少しずつですが、なりました。 ただ兄弟だけが、確執というか、心残りのようなものが残った状態で生き別れてしまったようで。亡くなった家族に対してあまり心を開けないままになっているようです。確かに葬式などを過ごした中で悲しみや悔しさなどはあったのですが、あまり深い思いがないような心地がする様になったと。 母は、父が亡くなってからは受け入れるのに必死で。私と何かで衝突する時があったのですが、その際に今までのことがプツッと切れてしまったのか、子どもにように泣き出してしまって。 必死に父のことを受け入れたかったようで、今まで誰にも言えなかったようです。私はそのことに全く気づかず、母が今社会と切り離されたような生活をしていて孤立(専業主婦のため)していることに焦りと不安があり…。趣味など見つけようとしない母を問い詰めたり、何か始めたらいいのにとなじったりする始末です。 残った家族の関係性や、亡き故人への思いの違いがよりはっきりしてきて、そのことを受け入れるのに不安と怖さがあります。 兄弟がまるで非協力的に思えてしまったり(母に対してもあまり思い入れがなく)、私と1人の親戚のみが唯一母に対しても心開いて接することができるような状況です。この先どうなってしまうのだろうと、急に不安で。私自身、仕事にようやく慣れて自分の生活を再開できるようになったところです。 不安なことが多く、誰にも打ち明けられないのも現状です。何かアドバイスがあったらとすがる思いです。長々とした文章を読んでいただいて、ありがとうございます。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

先祖供養はどのような意味を持つのですか?

仏教について調べていると、葬式とその後の供養が最重要トピックの用に扱われているのが不思議です。 親や先祖の供養ってそこまで大事なのですか? 血縁ってそこまで重要なのかしら? 先祖供養は儒教ではないのかしら? いえ、私も木の股から生まれたわけではないので、縁なり因果なり何かしらあるのだろうとは理解はしていますが。 この世に産み落としてくれたことは有り難いのですが。 血のつながりばかり大事にしなくてもそこかしこに縁はあると思うのです。 個人的に家族の縁が薄いこともあり、 親や先祖のことはよく知らず供養もしていません。 私の死後供養してくれるものもおりません。 しかしそんな私が死んだ時も 仏さまなら何とかお慈悲をくださるのではなかろうか というのが信仰を持ちたいと思った動機なのです。 「私と仏さま」の話ならわかる気もするのですが「私と先祖と仏さま」の話がよくわかりません。 先祖供養が必須なら、親のない人間は仏さまに救っていただけないのでしょうか。 そもそも私の理解が間違ってるのかもしれませんが、 苦しみの多い輪廻の輪から解脱するため修行をしよう、また大乗仏教においてはいろいろな仏さまの力を借りたりおすがりして解脱にいたろう、 というように仏教的な死生観を解釈しています。 修行が足りず仏さまとの縁も結べなければ輪廻の次の段階に進むでしょうし、 宗派によっては生前から成仏しているわけですし 浄土系の宗派では阿弥陀さまのお慈悲によって極楽往生できるでしょうし…。 死後、死者の行く末に関して、生者はどれだけの干渉ができるのだろうか、というのが疑問です。 それは死者本人と仏さまの間の話ではないのかと思います。 そうすると供養とは何のためにするのでしょうか。 お教えをいただければ幸いです。

有り難し有り難し 43
回答数回答 4

義父、義母の菩提寺へのご供養依頼

義父が亡くなって7年、義母も10年前に亡くなっています。昨年子供である私の配偶者も亡くなりました。義父母の菩提寺(真言宗)、墓は遠方にあり、婚家の長男が墓や菩提寺とのお付き合いを受け継いでいます。だた、関心が薄く、面倒がり、一周忌の法要も特に集まったりはしませんでした。義父の葬儀の際から、配偶者が連絡役を行っていたり、直近では菩提寺への支払いを代わって行ったり(恐らく、七回忌に関連するもの)といった状況です。                                            今回配偶者の遺品整理等を行う中で上記のような状況を知り、お世話になった義父母に対して申し訳なく、感謝の気持ちを伝えたいこともあり、機会をとらえて、菩提寺にご供養をお願いしたいと思います。 義父が心を寄せていた土地であることから、依頼はその菩提寺にしたいと思います。                                       質問ですが、決まった年忌法要ではなく、私が個人的に法要等をお願いすることは可能でしょうか?また、どのようなご供養をお願いすることができるのでしょうか。 菩提寺さんにももちろんお尋ねしますが、電話、手紙でのやりとりとなり、あまり詳しくは聞けないこと、宗派による違い等があったらと思い、こちらで質問させていただきました。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺