hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

葬儀と納骨のお寺は?

回答数回答 2
有り難し有り難し 7

主人が亡くなった時に、永大供養のお墓を探して購入しました。
その後、子供もいなかったので結婚前の旧姓に戻して実家の近くで1人暮らしです。
先々、私が亡くなった際は、実家を継いでいる兄家族が喪主になると思います。

そこで質問ですが、実家には仏壇があり、お世話になっているお寺もあります。実家の両親の葬儀や納骨などは、すべて実家の縁があるお寺にお世話になると思いますが、私の場合はどうすべきなのでしょうか?
実家の方は、まだ亡くなった者はいませんが、高齢な父が最近、仏壇だけは購入しました。その際に初めてお坊さんに来ていただきました。
実家の家族も、私自身も、信心深い方ではなくお寺に行く、お坊さんに来てもらうという習慣はありません。実家の母だけが神棚にお供えするように仏壇にもお供えをしなければならないって気にしている程度です。

そんな感じで、実家のお寺ともお墓のお寺とも、深いご縁を頂いているという意識もなく、お逢いする機会もほとんど無い状況です。

通夜・葬儀などは、実家のお寺にお願いして、納骨の時だけ私のお墓があるお寺にお願いするのでしょうか?

それとも、通夜・葬儀から、お墓のお寺にお願いすべきなのでしょうか?

ちなみに、両方の寺ともに同じ宗派です。実家の寺は自転車で10分、お墓のお寺は車で40分位の距離です。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

永代供養墓を購入されたときの仲介業者にご相談してみては?

 永大供養墓を購入された際、お寺とすっぴんさんの間に、仲介業者が入ったのでしょうか。それとも、お寺から購入なさったのでしょうか。
 もし、仲介業者が入ったのなら、そこに相談するのが一番良いと思います。おそらく、購入された際の、契約書に決まりがあります。
 もし、お寺から直接購入なさったのなら、率直にお墓があるお寺に相談するのが良いと思います。寺院墓地は、お寺の檀家さん以外も入れる様に規定している場合と、檀家さん(墓地のあるお寺の僧侶がお葬式をした人)のみしか納骨を認めない場合があります。ただ、事前に相談しておけば、普通のお寺は柔軟に対応してくれると思います。
 お寺としては、故人の死も知らされず、急に納骨して下さいと言われるのが一番困惑します。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


45歳 独身 銭湯通い 浄土真宗の僧侶だけど、「中観派です」って言って...

答えは自分が知っている。

🙍どちらに入りたいか、はあなたが一番知っているでしょう。
我々に聞くことではありません。
自分の本心に聞くのがよろしいと思います。
人間元々誰のものでもなく、どこに所属しなきゃいかん、などということもありません。
よくお檀家さん方から耳にする話ですが、息子さんが亡くなった場合、奥さんがご自身の近い所にお墓を購入されますと、ご主人・息子さんのご実家の感覚としては、息子さんを持っていかれたという心情が生まれる事が本音としてあるようです。お子さんがいらっしゃって子供さんの代で守っていける年頃でしたらそういう問題は起こらないのですが、心情としては、ご主人はあなたが守っている感覚であってもご実家の方々は、自分たちで供養していきたいという感覚がある(かもしれない)でしょうから、もしご主人の墓地の護持の名義人が、あなたになっているのならば、あなたが体が弱っていて守っていけそうにない、ということを理由に還すべき所に還してあげるという事を御主人の実家に提案をされてみるのも良いでしょう。
ご主人の実家側がそれが望ましい提案だ、と思われればご主人の遺骨もご主人の実家の菩提寺に遷されるという事も一つの法かもしれません。
そうすればあなたは、実家の先祖代々のお墓に入って御親族がたに守っていただけるのではないでしょうか。これはあくまで私個人の直観的なアドバイスであってこれが一番望ましいかどうかはあなたが決めることです。
私の知り合いでがんを克服された方は、自分らしく生きる事を選択された方です。
心が迷ったり、不安な気持ちが多く起こるようなことは一切排除して早く健康になってください。('ω')ノ
これでも不安が解決されないようでしたら、同じ話を両方の菩提寺さんに相談されて、それで決めればよいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

長谷川さま、回答ありがとうございます。
お墓があるお寺は、私自身がいろいろと探し回って納得の出来るお墓を選んで、お寺と直接契約でお願いしました。私が喪主で行った主人の通夜・葬儀は、お墓のお寺にお願いしました。
「お寺としては、故人の死も知らされず、急に納骨して下さいと言われるのが一番困惑します。」とのお言葉を聞いてよかったです。事前相談をしておきたいと思います。
ただ、癌宣告は受けながらも、まだ、余命宣告を受けている訳でも無い今の状況で、「私の時の通夜・葬儀はどうしましょう?」という相談をすることには、少なからず、抵抗があります・・・・。
機会を見て、実家のお寺とお墓のお寺に相談をしたいと思います。ありがとうございました。

丹下さま、回答ありがとうございます。
文章での相談は、きちんと伝えることが難しいですね。

主人が入っているお墓は、私が将来一緒に入りたいお墓を探し回って見つけた場所ですので、そこに納骨して貰う予定です。
「心が迷う・不安がある」という問題ではなく、私が亡き後に余計なトラブルは無いようにしたい、通夜・葬儀を執り行うことは、それだけでも大変なことだから、早めに解決できることは解決しておきたいとの思っています。「今を生きる」的なことで言えば、「その時になって残された者たちが考えれば良い」ということなのかもしれませんが、「あの子は生前、お墓を買っていたけど、お寺はどっちを呼ぶのかな?」というのは必ず起きることです。そこで、悩ませる必要が無いように、今、対応したいと思ってのことでした。

いずれにしても、両方のお寺に相談して決めたいと思います。ありがとうございました。

「供養全般」問答一覧

亡くなった母の供養

昨年末に母が亡くなりました。 私は一人っ子で母親っ子だったので、いつか母が亡くなったら、その時自分はヤバイだろうなぁ。自分を保てるのかな?なんて物心がついてから考えたこともありました。別にマザコンで母がいないと何もできないとかじゃないけど、親父含めて自分を育ててくれた両親に親孝行してやりたいと思い、たまにご飯に連れていったり旅行に連れていったりしてました。自分で言うのは変ですが、回りを見ても親孝行してきた方だと思います。 でも喧嘩もたくさんしました。詳細は省きますが、携帯メールの迷惑メールとか詐欺的なメールを信じて金を取られ、家族に無心するようになり、拒否するとヤミ金に手を出すようにもなってしまいました。目を覚まさせようと何度も対話や説得を試みましたが、元々気や自尊心が強い母は騙されてることを認めるはずもなく、それどころか何故金が必要なのかとか詳細は一切話してくれなかったので、自分の思いが伝わらない母をぶん殴ってやりたいとか、家から出て行って欲しいと思うことも多々あったし、ここに書けないような低俗な言葉とともに何度も母にぶつけたこともありました。 それ以外の時は仲いい親子関係だったと思うのですが、そんな母が急に亡くなったとき、とても悲しかったのに、取り乱すこともなく、物凄く冷静な自分がいたのです。親戚付きないもほとんどなかったこともあり葬儀は葬儀というほどのものでもなく、親父と妻と妻の両親や兄弟だけのものでした。もちろん人前だから気をはってた部分もあったのですが、よくツラいと聞く火葬の最後の場面でも毅然としていました。 何が言いたいかというと、私は私自身がわからないのです。実母に対して思い入れがなかったのか?もしかしたら無意識に母の死でヤミ金の取り立てから解放されると喜ぶ自分がいて自分が冷酷なのかもしれないと思う自分がいるのです。もちろん涙を流したり、泣き崩れたりが個人に対する思いの尺度ではないことは理解しているのですが、母が自分を見たとき悲しまないか不安な自分もいます。 死語の事には懐疑派というより否定的だった自分ですが、父の実家の宗派の僧侶に葬儀、49日、新盆を依頼し、朝と帰宅後には母のお内仏に手を合わせるのが日課で、それは純粋に母に対する感謝、あるとするならあの世でみんなを見守っててねという思いからです。 私って一体なんなのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

母の供養について(浄土宗西山禅林寺派)

母が62歳で亡くなりました。 「通夜も告別式も不要」「自分と父(私の祖父)は永代供養にして、祖父のお墓も終わりにする」と今年に入ってから言っており、ご住職にも伝えていたそうです。 母の永代供養については淋しいからと保留にしていて、相談が進まないうちに亡くなってしまいました。 母は金額的な負担とお寺までの距離を気にしていたんだと思います。 ---- ---- 私の気持ちとしては ・母を亡くして淋しい ・お寺が遠いので、頻繁に通うことは出来ない ・永代供養にするとしても、母の遺骨の一部だけ小さな骨壺に入れて、位牌と一緒に家に置いておきたい ・孫の事が好きだったので、私が母としていたように、命日や誕生日、お盆、お彼岸の他、ふと思い立ったタイミングで好きだった物をお供えしたりして身近に感じたい ・母が祖父のお墓参りを小まめに行っているのを見ていたので少しは大好きな母に何かしてあげたい ---- と思っていて…四十九日に母と祖父を永代供養にする前に小さな今風の仏壇の購入を検討しているのですが、以下の質問にお答え頂けないでしょうか。 ※母は浄土宗西山禅林寺派で戒名も頂きました。おそらく数代前からずっと同じお寺にお世話になっています。(母方) 私は長女で兄弟は無く、母の兄はキリスト教になってしまいました。 私の主人は仏教ですが、別宗派だと思います。 (相談できる親戚がおりません) 無知過ぎて、菩提寺の住職に相談前に少しは知識を付けたく。 ---- ・永代供養をした後でも、お家に仏壇と母の位牌、ほんの少しの遺骨を置いておいて良いのでしょうか? ・小さい今風のお仏壇でも、仏壇とお位牌を置くならご本尊は必須ですか?(仏壇のお店で聞いたら無しでも良いのではと言われました。) ・仏壇を置いたらご本尊の有無に関わらず、定期的にご住職をお呼びする必要がありますか? ・ご本尊が無く、母の位牌だけの場合お呼びする必要はないのでしょうか? (むしろご本尊が無いのにお呼びするのは失礼にあたりますか?) ・ご住職をお呼びする場合、お彼岸に亡くなったので毎年の命日とお盆の年2回と思っているのですが、回数が少ないのでお仏壇を置かない方が良いですか? ---- ご住職は仮祭壇しかない状態でしたが、初七日の法要にも着て下さいました。 七日ごとの法要はやめたため、次は四十九日となっています。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る