hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

マインドコントロールって?

回答数回答 4
有り難し有り難し 72

こちらのサイトでは、同じ相談に対して、いろんな宗派のお坊さんからのご意見を戴けるのでとても参考になります。

ただ、いろんなお坊さんがいらっしゃるので、その文章・文体・内容から「合う・合わない」ということがあるなぁって実感しています。

「自分のことを理解してくれている、こういう言葉を聞きたかった」という場合と、「誤解されている、理解してくれない、質問の意図が違う」などという場合があり、ついつい、「自分に合う回答を重要視してしまう」という気がしています。

そこで、質問です。
世間に良くある「新興宗教や占いにハマってしまい、盲信してしまう人」の始まりは同じなのでは無いでしょうか?

自分に合わない意見は取り入れず、自分に合う意見ばかりを信じてしまう。
ふと気づけば、周囲の家族や世間一般の常識からかけ離れた考え方に染まってしまった「マインドコントロール」状態に入ってしまっている。

「この人の意見は合う、この人の意見は合わない」ということと、「この人の意見だけを信じる」というマインドコントロールの違い、ボーダーラインはどこなのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「私の言葉を信じるな」。

世の中には「信じなさい、そうすれば救われる」「信じなければ地獄に落ちる」と煽る宗教もあります。しかしお釈迦さまは、こうおっしゃいました。

「私の言葉を信じるな」。

伝統だからと信じるな。皆がそう言っているからと信じるな。経典に書いてあるからと信じるな。自分の見解に合うからと信じるな。偉大なブッダの言葉だからと信じるな。
「自らの智慧で実践し理解するまでは、簡単に信じてはいけない」。

自分で考察し、行動し、確認したならば、もはや「信じる」必要すらなくなります。お釈迦さまは、時代、人種、性別身分を越えた「万人に合う普遍の法」を説かれた方です。真理の法は「自分に合うか、理解できるか」なんてちっぽけな次元から、かけ離れたところにあります。

仏の教えは、耳で聞き頭で考えただけで恩恵にあずかることはできません。薬の効能書きだけ読んで、実際には飲まないようなものです。自分の病を治してくれる薬は、必ずしも飲みやすく甘いものばかりではないかもしれません。

悟りを開かれたお釈迦さまがいちばん最初に出会ったのは、ウパカという遊行者でした。彼は幸いにも覚者と出会い言葉を交わしながら、理解ができずその場を去ってしまいました。目の前に真実の答えがあっても、受け取れるか受け取れないかは、その人の機縁も大いに関わっています。ちなみにウパカはその後さまざまな経験を積み、最終的には仏教の僧侶となりました。

「世間によくある、マインドコントロールされる人」のことは、ひとまず置いておきましょう。私たち自身にも「今の自分にとって合う、受け入れやすい、耳当たりの良い」言葉だけを受け入れがちな弱点があるという現実を、一度立ち止まってよく観察してみませんか。

「合う」と鵜呑みにするのではなく、「合わない」と思考停止するのではなく、ご自身なりに咀嚼・熟成しながら、日々の暮らしの中で最良の答えを見出していただければと願っております。仏教は、誰かから答えをもらう、導いてもらうというような教えではありません。自らを幸せに生かす道を、自らが実践を通して明らかにする。そういう教えです。
私(たち)はまだまだ未熟者ではありますが、仏縁あってこの場にご質問をお寄せくださったみなさまと、ともにお釈迦さまの教えにあずかり、仏の道を歩ませていただければ何よりの幸甚と存じております。

{{count}}
有り難し
おきもち


青森県生まれ、宮城県在住。ミャンマー語が好き。子ども3人。 お寺の生まれ...
このお坊さんを応援する

〜でなければならない!って思ったら危険信号

マインドコントロールって怖いですね。

それも知らず知らずに引き込まれているって言うのが怖い所です。
私はマインドコントロールについて聞かれた時はいつもこう答えています。
ま、変に理屈っぽく考えずにここをチェックしてみてください。

〜でなければならない!

絶対〜が正しい!

〜意外は信じたら大変な事になる(地獄に堕ちるとか、不幸になるとか…etc)

上記のように、もし思ったり言ったりしているのに気がついたら、
マインドコントロールかなって疑ってみたらいいと思います。

もしかしたら絶対という言葉程人を迷わす言葉はないのかもしれません。
正しいという言葉も条件により場所により変わるものです。
そういったあいまいな言葉を振りかざす時、注意が必要ではないでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

拒絶するか否か

よいご質問です。また、回答に関するご意見、耳が痛く、参考にさせていただきます。

>「この人の意見は合う、この人の意見は合わない」
これは、複数の意見を比較吟味しています

>「この人の意見だけを信じる」
これは他の意見は拒絶しているように感じます

そこが、違いではないでしょうか。比較吟味しているという自覚があるのなら大丈夫です。比較の仕方に問題があるのではと言われると、確かにそういうこともあるでしょう。でも、それはその人の好みですから。

カルト宗教におけるマインドコントロールの怖いところは目的の為に「自分、あるいは誰かが不幸になってもそれは仕方ないこと」と思えてしまうところではないでしょうか。宗教って心を豊かにするためにあるんですから、不幸になっちゃいけないし、させちゃいけないですよね。

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...
このお坊さんを応援する

情報の扱い方について

すっぴん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

問い「新興宗教の勧誘の断り方は?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1005297464.html

この拙回答内でも下記において参照として引用させて頂いておりますが、宗教に対する態度としては、盲目的・妄信的・狂信的な信仰は誠に危険であり、できるだけ批判的・合理的に検証を繰り返すことに努める中で、厳しく吟味していくことが求められるものであるかと存じております。

これは、また、特に宗教に限ったことではなく、政治や経済、金融、事件など日々の時事のニュースでも同様に言えることであると考えております。

とにかく、何事においても思考停止には安易に陥らずに、しっかりと情報収集と分析、検討、議論、時に客観的に俯瞰・鳥瞰視して鑑みてみること、更には、批判的・合理的な検証も行いつつに、自らの考え方や思想・信条を醸成させていくことが必要であるかと存じます。

問い「新興宗教をやっている夫。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002973021.html

『・・盲目的・妄信的・狂信的な信仰は誠に危険でございます。このことは、仏教、宗教・信仰について携わらせて頂いている者と致しましても十分に気をつけなければならないと存じております。そのため、拙生自身も、仏教の学びにおきましては、できるだけ批判的・合理的に検証を繰り返すことに努めて参りたいと考えている次第でございます。・・』

問い「師を探すには」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002848305.html

『・・チベット仏教における教えの中に、「師の教えを、ただ尊敬だけをもって受け入れるべきではなく、金細工師が、その扱っている金が本物か偽物か、その金を焼いて、切って、磨くことをもって慎重に吟味するように、そのようにして師の教えも受け入れていくべきである」とありますように、例え師の教えであろうとも、批判的、合理的に検証を繰り返して、しっかりと納得した上にてその教えを修習することが大切なことになって参ります。・・』

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

法昌さま、回答ありがとうございます。
 〜でなければならない!
 絶対〜が正しい!
 〜意外は信じたら大変な事になる
とてもわかりやすいチェックですね。私自身「絶対」とか、「正しい」って言葉を使ってしまいそうなので注意したいと思います。ありがとうございました。

天野和公さま、回答ありがとうございます。
お釈迦さまが「私の言葉を信じるな」と言われたという話は初めて聴いたのでとても興味深く読ませて頂きました。
そして、ふと、「お坊さんからの回答だからと信じてはいけない」と思い、早速、自分で考察させて頂きましたところ、それらしきサイトを発見しました。
http://www.horakuji.hello-net.info/BuddhaSasana/Ekayana/kesamuttisutta/index.htm
これは、Aṅguttara Nikāya, Tikanipāta(増支部三集篇)に収録されている“Kesamuttisutta[ケーサムッティスッタ]”という経とか。

Kālāma suttaに説かれる法を弁別する為の十の憲章
No. Pāli原文 日本語訳
1 mā anussavena 風説に依らない
2 mā paramparāya 伝承に依らない
3 mā itikirāya 伝聞に依らない
4 mā piṭakasampadānena 聖典集の所伝に依らない
5 mā takkahetu 推論に依らない
6 mā nayahetu 公理(定式化された理解)に依らない
7 mā ākāraparivitakkena 類比に依らない
8 mā diṭṭhinijjhānakkhantiyā 深慮され達された結論への同意に依らない
9 mā bhabbarūpatāya 有能そうな者の言葉に依らない
10 mā samaṇo no garūti その沙門が(我等の)師であるという理由に依らない

盲従するな、盲信するな、自分で考察し、行動し、確認すること。

大変良いアドバイスを頂きました。ありがとうございます。

増田 俊康さま、回答ありがとうございます。

拒絶するか否か、確かにそこの所が大切だなぁって思います。
ただ、私自身を振り返ると、「違う意見を一応聞いているけれど、受け入れてない」って場合もありそうだなぁって思います。自分自身では「比較吟味している自覚」があるつもりでも、客観的にみたら、違う場合もあるのかもなぁって気がします。
難しいですね・・・。

「感情のコントロール・気持ちの整理」問答一覧

仕事。怒りのコントロール

仕事場で自分の感情を出してしまいました。 自分の感情を抑制する心構え、コントロール方法が知りたいです。 私は元々感情的な人間で身体的な面からもかホルモンバランスにより 些細なことで怒り、悲しみが溢れ出し涙が出てくる時がよくあります。 仕事場で自分が怒っている態度、涙目なのを見られてしまい。表に出さないようにしたいです。 その怒りも大した事ではないのですが、 外来看護師をしていまして、年齢的に1番下っ端。 なので重いゴミを捨てるなど割とみんなが避ける雑務は私の仕事です。 勿論1番早く仕事にも行きます。 それを何も思わずこなせばいいのに なぜ私ばっかり!他の人は雑談して笑っているか。今しなくてもいい仕事をしているのに! 私が他のことしている間できるはずなのに! といつもそれに怒りを感じながら仕事をしていました。 私の同期はうまく逃げる人で私が声をかけないかぎり手伝ってくれませんしあからさまに避けている態度なので声もかけず 最近は一人でこなしてました。同期は朝早くも来ないし早く帰ってしまいます。 しかし、人間関係は良く 私が他のことしている間に他のめんどくさい雑務をこなしてくれる人もいます。それがほとんどだったのですが 今回、診察が終了し帰るために後片付けをしていました。もちろんめんどくさい雑務をこなし帰ってくると 大事な雑務が最後まで残っていました。 談笑している人、それしなくても帰れるようなことをする人 なんだか私がやれと言われてるのではないかとそれを見て思い怒りと悲しさが同時にやってきました。 私に対しては〇〇やってと声をかけるこの人たちは私より後に入ってきた26歳の看護師に声はかけないのか。 歳の近い先輩は三人とも仲がいいから手伝ってできるのに面倒臭いことは協力して押し付けようとするのか 私が重い荷物を運んでいる間になぜ笑って談笑する暇があるのか こういった怒りと悲しみが同時に高まり涙目になり態度に怒りがでて声が低くなってしまいそれを察した先輩が周りで談笑していたのをやめ手伝ってくれ、 やってしまったと思いました。 年功序列、先輩達もこなしてきた道を私もしなければ行けない我慢できていないのが恥ずかしい。 教えて助けてくれてる分若いし働かなければと思えない自分が恥ずかしい 態度に出してしまう自分が恥ずかしい このような考え怒りを感じてる自分が恥ずかしいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

怒りについて

宜しくお願い致します。 今回怒りについての質問があります。 仏教では怒りはいけないものであると定義されていますが。 そもそも現世を生きる人間全て(仏教を修行する者ではなく、望まぬ仕事をしてでも生活費を稼ぎ何としても自分や子供達を生かしておきたいと思う)が人生で怒りを持たずに生きて行く事は可能なのでしょうか?。 怒りを抑える〜我慢する事は可能なのかもしれないと思うのですが、怒らない事はかなり難しいのではと考えてしまいます。 なんと言うか、それが出来た時点でその辺で必死にもがき生きている(私の事です)凡俗?では無いのでは...と考えます。 元来怒りっぽい性格なので、怒りを外に出さずに抑えよう、表さない様我慢しよう、怒っても声を荒げたり手を振り上げたりは絶対しない等の思いは強く持っていますが、そもそも怒らない事が可能かと考えると...無理では無いかと思っています。 先日家庭の中で、怒りを我慢する事が大切なのか、そもそも怒る事が間違いであるから一切怒らない様にしなければならないのかと言った話合いをした事もあって、お坊様のお考えを教えて頂きたくなり質問させて頂きました。 アドバイスを宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

他人に感情を振り回されたくない

おはようございます。 以前も友人関係で相談させて頂いた者です。 最近ある友人とLINEをよくしているのですが、返信にイラッとしてしまう事が多々あります。 全く大したことでは無いのですが、「え、何でその返信?」と思うことが多く、疑問を感じる度にイラッとしてしまいます。 つい最近では、遊びに行く予定を立てていて友人が「この日かこの日なら大丈夫」と日付を伝えてきたので「私はどっちでも大丈夫だよ」と答えたのですが、それに対する返信が「おや?」でした。 自分の都合を伝えたのに「おや?」って何?、と思いイラッとしてしまいました。 その友人は殆ど本を読むことも無く、文脈を読み取るのが苦手なんだろうな…と感じる事も多々あるのでおそらくそれが原因だとは思うのですが、それにしても「何でその言い方なの?」という事が多いです。 またその友人とは同じ夢があり、私の方は自分にも友人にもプラスになる事は出来るだけ共有するようにしたりしているのですが、友人からはそういった事もほとんど無く、マウントを取ることしかしてきません。その事に少しモヤモヤしてしまいます。 感情を相手に振り回されないようにするにはどうしたらいいでしょうか。 友人と情報を共有することはもうやめた方がいいのでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

家族に対して感情を荒げてしまう

家族への接し方、及び自分の考え方について悩んでいます。 家族から望む反応が得られないとイライラしたり、泣いたりしてしまいます。 望む反応というのは、 ・何かをしたときに褒めてもらいたい。 ・何かに悩んだり、落ち込んだりしたとき、その気持ちがあってもいいと認めてほしい。 ・心や身体の調子が悪いときに、労ってほしい。 ・私が泣いているとき、泣くことを止めてほしくない。 というものです。 私は自分がどう扱われたいかはわかっていますし、友達もそのように接してくれています。 しかし、それで十分なはずなのに、なぜか家族にもそのように接してもらいたくなり、自分の感情が荒ぶると分かっていても相談してしまいます。 なぜなのか、自分でもわかりません。 家族から離れて自分の部屋に入ると涙が止まらなくなるのですが、次第に気持ちが落ち着いて「次はもっと落ち着いて行動しよう」と思えます。 しかし、いざ家族と対面すると、どうしても感情を抑えられません。 また、人格形成の問題を家族のせいにしている自分にも嫌気がさします。 私には自己を肯定する力が足りなく、人に話しかけたり、何かに挑戦したりする勇気が出ずにいます。 しかし、それらを「家族から(上述した)思い通りの反応が得られないから、私は自信が育たなかった 」と家族のせいにしてしまいます。 もう子供ではない年齢なのにも関わらず、子供のようにわがままを言っていると思うと、恥ずかしく、家族にも申し訳ない気持ちになります。 どのように考えれば、家族と穏やかに接することができるようになるでしょうか? そして、自分を肯定し、自身を勇気付けることができますでしょうか? アドバイス頂けると幸いです。 長文駄文失礼いたしました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺