hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

父の納骨について

回答数回答 2
有り難し有り難し 10

昨年、父が80歳で他界しました。
残された母の住む実家から、車で2時間半のところに父の故郷があります。父は長男で2人の姉も嫁いでおり、田舎の家は人手に渡り親族は住んでいません。その田舎に先祖代々のお墓があります。すぐ近くの小さな墓地で町内の方が管理されているようです。

すでに遠方に嫁いでいる私の負担を考えてか、父は生前田舎の墓じまいを考えていましたが、自分のお墓はどうするのか決めかねていたようで、本人の意思は聞けないままでした。結局、母の意向で母方の親族が供養されている都心の大きなお寺の納骨堂へ納骨しました。

月命日に母とそのお寺にお参りに行っていますが、今になって田舎のお墓にも分骨してあげればよかったと後悔しています。物忘れが激しくなり急に頼りなくなってしまった母も、「前にも言ったと思うけど…」と定期的に父のお墓のことで後悔を口にします。

今、私の家には手元供養にと片手の掌に乗るほどの小さな骨壺の中に少しだけ父の遺骨があります。その遺骨を父の田舎のお墓に納めて、墓石に名前を彫ることができないかと今頃になって真剣に悩むようになりました。すでに納骨堂へ納めていること、お骨が少量であることから、納骨式は行わずに石材店に依頼して納骨と彫刻だけお願いできればと考えています。その地域の石材店に電話で問い合わせたところ、最近はお寺さんにお経をお願いしない方もいますよとのことでした。

そのお墓は近くに住む父のいとこが墓守りをして下さっており、私達も毎年お盆にはお参りしています。

自己満足のための非常識な行為にも思えますし、親戚に相談したらどう思われるだろうか…と考える一方で、ほんの少しのお骨でも祖父母の元に帰してあげたら、父も祖父母も喜んでくれるのではないか、と勝手な想像をしてしまいます。

もう納骨を済ませたのだから、このような行為は控えるべきでしょうか?
長々と申し訳ありません。よろしくお願いします。

2022年5月24日 8:23

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

分骨は何か所でも良い

約2600年前にお釈迦様が亡くなったときに、複数の国にお釈迦様のお骨(仏舎利)が分配されました。
お釈迦様は人気者だったので欲しがる人が多かったようです。
火葬場に残った灰までもらって行った人がいました。
その仏舎利は、日本にも分骨されています。(おそらくほんの小さな欠片でしょう。)
ですから、分骨は何か所に行っても支障ありません。
今後のお墓の管理などの都合に合わせて決断されればけっこうです。
ちなみに、偶然ですが、お釈迦様が入滅されたのは80歳、浄土宗の法然上人が往生されたのも80歳でした。

2022年5月24日 12:37
{{count}}
有り難し
おきもち

がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

整理します
・お父様はご長男で、2人のお姉様(質問からはわかりにくいですがお父様の姉でしょうか)はすでに嫁いでいる。
・お父様の先祖のお墓は、寺ではなく町内で管理している共同墓地にある。お父様のいとこ(お父様の姉の子でしょうか)が墓地の管理をしている。
・お父様のご遺骨は、あなたのお母様の親族の菩提寺(でお葬式をして)の納骨堂に納めた。
という感じですね。

 まず、お父様の故郷にあるお墓の承継者(使用者)は、墓守をしているイトコの方にあるのかもしれません。もしくは使用者はお父様であるがイトコの方お掃除だけしてくれているという状態かもしれません。確認してみましょう。お墓は町が管理している共同墓地内のようですが、先祖代々には菩提の寺(お父様のご先祖さまがお葬式やお年忌をするお寺。檀家になっているお寺)があり、おつきあいがあったと思います。そのお寺さんとのお付き合いはそのまま大切に続けましょう(お寺への護持会費など会費を今までお父様が納めていたのかイトコの方が納めていたのか確認しましょう。納めている方が使用者とも想像します)。このたび母方のお寺でお葬式をしたそうなので、未報告でしたらその話をしておくべきと考えます。分骨したものを納めたいのでしたら、お骨の分量に関係なくそのお寺さんにお願いしてお経をしてもらいましょう。墓守をしているイトコの方の許可も必要でしょう。その際、お寺又は墓地を管理している町内の方から市町村で発行される分骨証明(今お持ちの分骨をしたときに発行されている可能性高い)の提出を求められるかもしれません。確認しましょう。
 仏教的に分骨は問題ないと思いますが、お骨を許可なく墓地に入れる事は、法律上問題がある可能性があります。ご自分の判断で納骨しませんように。

2022年5月24日 14:44
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

願誉浄史さま
ご回答ありがとうございます。
お釈迦様のお骨も多くの方が少しづつ供養されたんですね。貴重なお話しをうかがうことができ、父の納骨について前向きに考えてみようと思うことができました。
ほんの少しであっても父の存在を感じることができ、毎日手を合わせています。
親戚の方々の意見を聞き、慎重に進めていきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

光禪さま
ご回答ありがとうございます。
まずはお墓のお掃除をして下さっているいとこの方に相談し、その後父の姉や親戚に相談し意見を聞きたいと思います。
賛同してもらえたら菩提寺のお坊さんに事情を説明し納骨式を行い、正式に納骨したいと思います。
分骨証明に関しても承知しました。
具体的なご指導ありがとうございました。
丁寧に進めて行きたいと思います。

「納骨」問答一覧

母が亡くなりました

はじめまして どこに相談すれば良いのか迷い、こちらに辿り着きました 数年前に立て続けに私の長女、弟が亡くなり、2年前に施設入所した母が4月に亡くなりました 一族のお墓がある訳ではないので 長女、弟は合祀墓に埋葬していますが、問題なのが母の納骨です 母は再婚し、 先に亡くなった再婚相手の方のお墓があります その方とは生存時2度会っただけです 母が施設入所した時から放置するのもいけないと思い、母の代わりにお墓参りをして、母の現状を報告していました 母はそのお墓に納骨を希望していた様ですが、 私にとっては他人様、 私の子供達にも相談しましたが、皆、無関心で、おばぁちゃんが入っても墓参りに来る事もないし、ましてや知らない人のお墓を継承する気はないと言います 今後、 お墓の管理費が引き落としにならなければ、書類に記載した連絡先も繋がらないので いずれは撤去になると思います。 母をそのお墓に納骨するのも 合祀墓に入れるとしても 私は不定期な仕事で収入が安定せず、生活していくのが大変で お金の工面ができません(長女、弟、母は死亡保険などに加入せず、財産、貯金一切ナシ、子供達にも相談しましたが厳しい様です) 今、お骨は期限付きで葬儀社に預かって頂いています 25日が四十九日にあたります 粗末には扱いたくはありませんが 現状が厳しく どおしたら良いのか? 悩んでいます お手数おかけしますが アドバイス頂けたら幸いです よろしくお願い致します

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

終活を始める

現在48歳です。以前はこちらでたくさん自身の結婚できなかった後悔を随分と聞いていただきましたありがとうございました。 恋愛や結婚をあきらめるに当たり、かなりエネルギーを使いましたが以前に比べると少し気持ちは穏やかになりました。もちろん、一生気持ちを受け入れることは出来なさそうです。 40代は仕事で様々に経験をさせてもらい、部下持ちの管理職もさせてもらっています。また、英会話も身につけつつあり(スクールに通って9年目です)、仕事でも活用でき、ひとりで海外旅行しては英語修行を時々しています。 まだまだ、人生長いかもしれませんが、人生いつ終わるかもわかりません。50歳も控え、そろそろ自分の人生の最期を考えながら生きたいと思っています。ライフイベントも親を見送り(ありがたいことに今は二人ともピンピンしています)、あとは自分自身の死だけだと思い、終活を考えています。 そんななか、やはり、自分がつらいのは自分の人生に恋愛なかったということです。今のままでは死ぬ瞬間まで「恋愛してみたかった」と言いながら死にそうです。 女性が好きになってくれる容姿や性格が無かったのがとても恥ずかしいです。人に恥じることなく、ひとりで人生を閉じるに今から始められる就活はなんでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 3

祖母を火葬しました

先日、祖母が亡くなりました。 火葬場で働く私は、自ら希望して祖母を火葬し、きれいなお骨となって収めることができました。 孫である私に火葬されることについて、親戚や知り合いからは「とても良いことだね、ばあちゃんも喜んでいるよ」、「そこまでしなくても」等、様々な意見がありましたが、お坊さんは身内が身内に火葬されることについて、どうお考えになるかお伺いしたく思います。 祖母については、私が生まれた時からずっと一緒に、一つ屋根の下で暮らしていました。いつも優しく元気で、自分より他人を優先する祖母でした。怒られたことは1度もありません。亡くなる数か月前から入院をしており、私がお見舞いに行った1週間後に亡くなりました。 大変お世話になった祖母を自ら火葬したことについて、後悔はしていませんが、ふとした時に「ばあちゃんは孫に火葬されてどう思ったかな」と考えることがあります。理由は、祖母は認知症が進んでいたこともあり、火葬場で働いていることを私が伝えていなかったからです。認知症は進んでいても、話の受け答えは問題ない時期もありましたので、火葬場で働いていることについて、祖母はどう思ったのか聞いておけばよかったと、今になって少し気になっています。 お手数をおかけしますが、ご回答をいただけると幸いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ