お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

離婚するべきか

はじめまして。
夫が短期間で私に内緒で借金をしていました。多重債務です。
約1年間で450万円程…。
それまでも、貯金を勝手に使ったりすることがありました。
借金の理由はギャンブルや交遊費です。

離婚をしようと決めたけど、まだやり直せるんじゃないか?
頑張っていけるかもしれないと思ってしまいます。

小さな子供を2人抱えて1人で育てていくことが不安で、
離婚に踏み切れないのもあります。

実家へ戻ることは母親が許してくれず、部屋を探して仕事も探して
やっていきなさいと言われています。
今は実家まで高速を使って2時間程離れた所で暮らしています。

借金以外は優しい夫です。
だから余計に離婚を躊躇ってしまいます。

有り難し 4
回答 2

質問投稿日: 2014年7月25日 5:31

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

女性には男をスーパーマンにする力がある

捨ててしまうのは簡単です。いつでもできます。
債務整理に関しては、司法書士さんを吟味して相談なさってください。 
実際子供をシングルで育てるのは今の日本至難の業。
まずは離婚に踏み切る前に自宅で収入が得られるコトをネット内で探し、共働きをしましょう。
夫には、約束をさせることです。
条件付きで、約束を迫るのです。
「今回、私、離婚を考えました。でも、私はあなたの事を今も愛しています。(赦し)
あなたに何とか頑張ってもらいたいの。(励まし 信頼)
あなたなら絶対できると思うの。(信任)
それにギャンブルに走っちゃったのって、ゼッタイ原因があったと思う。(理解 ケア)
ただ単に快楽だけじゃないと思うの。
それをアナタが私に打ち明けられずギャンブルに走らせてしまったのは私のせい。ごめんなさい(反省)
(ここで、相手がギャンブルに走った原因を聴きだしてください)
今、子供たちを幸せにするためには二人で頑張るしかないと思うの。(提案)
私ももっと頑張って家に収入を入れるようにするから、半年間、私に誠意を見せてくれない?もし私が誠意を感じられなかったら、ごめんなさい、子供たちの為にも別れます。でもそれは悲しいから、今日から頑張ろうよ(誘導)」
それでもダメなら、m(__)m
その男性はアナタより、子供より、ギャンブルと自己を愛するエゴエゴなやさしい人間です。
でも、そんなことはないと思います。一番の理解者になるべき、妻が、時には、子供より、夫をサポートしてあげることで、何らかの変化が期待できると思います。
男は、その気にさせればすぐに行動します。何か重たいものを背負わせていませんか?
それを取り除いて、赦しを与え、サイドについて励ましを与え続ければ、男はよく働きます。
相手の人間性を見極め、その人を一番ヨイショできて、ノセられる方法で、ノセて、今まで以上にサポートし、マネージャー的立場として接することです。

4年2ヶ月前

借金問題について

セン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご主人様の借金問題・・離婚すべきかどうかのご相談・・誠に難しい問題でございます。

以前にも下記の問いにてご主人様の浪費癖に悩む方からのご質問を頂いております。

問い「主人の浪費 私の怒り」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1003580266.html

この際におきましては、浪費癖の改善へと向けて、「成年後見制度、あるいは地域福祉権利擁護事業・日常生活自立支援事業の利用」をお薦めさせて頂いております。一度、セン様もお近くの社会福祉協議会の窓口へとご相談なさられてみられても良いのではないかと存じます。

多重債務の問題につきましては、司法書士や弁護士へと相談なさられると良いでしょうが、また同じように借金を繰り返してしまうようであれば、本人の力では、もはやどうにもならない何らかの依存症的なもの、ギャンブル依存症などになってしまっている恐れもありますので、心療カウンセリングやメンタルケアが必要になる場合もあるかと存じます。そのあたりのことにつきましては、一度、保健所へとご相談なさられてみられても良いかもしれません。

「借金以外は優しい夫です。だから余計に離婚を躊躇ってしまいます。」・・

確かにそうかもしれません。しかし、その借金のせいで一体どれほどに苦しめられているのかを考えますと、優しい夫だからと言って、いつまでも見過ごすこともできないかと存じます。

特に小さなお子様の将来のためにも、ここでしっかりと更生を図らせることが肝要ではないかと僭越ながらにも存じます。更生へと向けては、周りの皆様の理解や協力・サポートも必要となります。あまりお一人で抱え込まずに、この機会に行政機関へとご相談されるのも大切なことではないかと存じております。

どうか善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

4年1ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ