hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

最も美しいものは何ですか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 24

質問を開いていただき、誠にありがとうございます

美しいもの、この世にたくさんあると思います
わかりませんが…一般的には花とか?優しさとか?
そこでお聞きしたいのですが、仏教で「最も美しい」とされているものはあったりするのでしょうか?
ない場合、最も美しいものは何だと思いますか?
是非教えていただきたいです

ちなみにですが、今のところ自分は影が一番美しいと思っております

2023年9月28日 8:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏様の光

拝読させて頂きました。ご質問本当にありがとうございます。
もっとも美しく尊く素晴らしいものは仏様の慈しみの光です。
仏様は全てのものをお救いなさって下さり、仏様の光で全てのものを照らして下さいます。その光はどの様なものをも仏様の浄土へとお導きなさって下さいます。そして迷いや悩みや苦しみや貪りや怒りや愚かさから解放なさって下さり、全てのものを清らかに豊かに円満にご成仏させて下さいます。

あなたにも仏様の光が照らし出しあなたが心から清らかに豊かになります様に仏様に導かれます様に心より仏様にお祈りさせて頂きます。至心合掌 南無阿弥陀仏

2023年9月28日 10:20
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

色即是空 空即是色

素敵なご質問ですね。
形あるもの、目に見えるものは、みな仮象。
対象は何であれ、それを美しいと感じているときの心こそが(強いて言えば)「いちばん美しい」のかもしれません。美しいものに心(の奥底)がふるえるとき、「一番」とか「最も」とか、そういった雑味はまるでなくなってしまいますもの。
その心は、まさに仏心、仏様の慈悲心にも通じているように思われます。

ユキチさんが“影”を美しいと心底感じておられるとき、そのお心もきっと最大限に美しくなっておられるのでしょう。そうでなくて、どうして最も美しいものなど映せましょう。

そわか合掌

2023年9月29日 8:19
{{count}}
有り難し
おきもち

入山文章(Bunshō)
悩みを抱えるすべての人が、苦しみに負けず、安心して前を向いてゆかれますよう...
このお坊さんを応援する

あなた自身

こんにちは。

 仏教で最も美しいものは何かという質問です。
 花のような美しさか、優しさのような心の美しさなのか、影のようないのちのないものなのか。

 お釈迦様は、生まれてすぐに「天上天下唯我独尊」と叫んだと言われています。
 これは「自分が一番立派だ」と言っているわけではなく、この世に存在するすべて、それぞれの存在が尊い、という意味です。

 お釈迦様は、生物のようないのちのあるものも、影のようないのちのないものもすべて、ひとつひとつが、ひとしく尊く美しいものだと言っているのだと思います。そこには、「最も○○」のように優劣や順位をつけるようなことではないということです。

 あなた自身も、その存在自体が、お釈迦様の眼から見れば、ひかりかがやき、美しい姿をしているという事だと思います。
 

2023年9月29日 15:33
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

なるほど、大事なのは「モノ」というよりも「気持ち」なのですね
美しいものを美しいと思えるその心が美しいのだ、とは…これが論破というものなのでしょうか、かなりスッキリしました
精一杯生きている、それだけで皆美しいのですね

「仏教全般」問答一覧

浄土で人はなにをしているのか

我が家は浄土宗ですが、私は必ずしも浄土宗の教えがしっくりきません。 後世安穏、往生安楽国という表現があります。死んだら極楽浄土に行く、というのですが、じゃあ浄土では安楽にのんびりと暮らすんでしょうか?何も苦がない世界では何をしているんでしょうか?それはとても退屈で飽きる生活が延々と続く事ではないかと悩みます。 解釈が間違っているかも知れませんが、私は最澄さんは「生きていることそのものが菩薩行だ」と言われたように思っています。だから日々、観音経を唱えるのは「自らもかくあれ」ということだと思って唱えています。 でも生きている間には私たちは菩薩の域には到達できません。となれば、死んでからも菩薩になるための修行をするんだと思っているのですが、すると浄土では何をするんでしょうか。地獄についてはたくさんの絵も説明もあります。しかし、極楽世界といわれるところで、私たちはどのような生活を、どのような思想的な深みを目指す営みをするのでしょうか。今が苦しい、その救いとして安楽な浄土があるという理解ではどうしても納得がいかないのです。 浄土で、私たちは何をする覚悟をもって旅立てば良いものでしょう。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ