hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

伝えるのが真心か、伝えないのが賢さか

回答数回答 1
有り難し有り難し 9

怪我をしてしまい、治療院へ約2ヶ月ほど前からお世話になりました。
その院は門前の仲見世通りにあり、初夏に新しくできたばかりでした。
怪我した当初は、適切な処置で仕事を休むことなく大変良かったのですが…

一向に治療が終わる気配もなく、次、また次の予約で、施術や接遇マナーについても少々気になる点はありました。

例えば、相手に接している間に業務連絡や他の患者さんの所へ行くなど、その場を離れる時は必ず手を離す前にひと声かける、一連の動作の中で、なでる、トントンとたたくなど、患者の心身の緊張を緩めるための手の置き方があるのですが、元々痛めた部分を拳で普通に叩いて響いたり、単純に重くのしかかるだけの雑に感じられる置き方、などの違和感です。

治療学を学びに学会へ参加したり、手技を生業としていた自分の中で経験者として備わった常識との隔たりに、日に日に不信が膨らみました。

ある日、施術中に「今度、ハロウィンの仮装をするんです」と他の患者さんへ話す声が耳に入りました。

怪我直後は応急処置に助けられた反面、ずっと長々通ううちに質が薄れていき、施術や接遇マナーに疑問が生じていた矢先でしたので
ハロウィンの仮装をした治療家に、お預けするのは気が進まず、理由は伏せて「卒業」を告げてきました。
大変残念そうな感じでしたが、寺院や大きな神社のある門前町の仲見世に院を構え「地域の人々に貢献する」という建前と、施術の質が伴わないこと、治療行為と仮装(仕事と遊びをごちゃまぜにする)が受け入れ難かったこと

真心が手から伝わらなかったこと

それらを伝えずに去ったこと、それで良かったのか、時々心に浮かびます。

年代は20代前半の方ばかりで、患者さんを集める能力や、予約に繋げるノウハウがあることはわかります。

ただ、肝心の施術の質が…(あくまで私の感覚ですが)

繁忙してくると何か大切なものを忘れてしまう…、応答もマニュアルがあることが察せられますし、一生懸命なのはわかりますが

驕れる者は久しからずに思えてなりません。
(クリスマスケーキを売るために、商売人がサンタの格好をするのはわかるのです)

プロフィールにも書いた通り、志もあるので、今回のことは学びに繋げたいと思います。

下手にクレーマーになるよりは、それで賢明な選択だった、大人になった、そうけじめをつけたいです。

2023年10月27日 21:23

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「真心が手から伝わらなかったこと」残念ですね…

茗荷様、おはようございます!
お怪我は回復に向かっておられますか?とても心配です。
ところで、治療院で接遇マナーなど気になる点がたくさんあったのですね!なんだか、悲しいし患者様が心配ですね。私も歯科やサロンで気になることはあります。クレーマーにはもちろん、なりたくないですね!ですが、伝えなくて良いのかな?とプロなら気になりますよね、難しい。
悩ましい。
たぶんですが、伝えるのも伝えないのも正解な気がします。ただ、卒業と告げたときに残念そうだったのなら…
お手紙を書いてみるのはいかがでしょうか?私は茗荷様の美しい日本語が大好きです。きっと、季節の絵柄の便箋に書かれたら伝わるものがあるのではないでしょうか?
わたくしも、職場の研修で習ったのがサイレントクレーマー、何も言わないで去った、不満を持ったお客様は一番怖いのだと聞きました。けれどGoogleに星1とか3なんて付ける人もいますがそれはさすがに酷いですものね。(下品な書き込みが目立ちますね)
聡明な茗荷様ですから、伝えたくなったら伝える。面倒くさくなったら放置でよろしいのではないかな?と思いました。
それよりも、茗荷様が真心を一番大切にしていると知って、茗荷様のようなプロがもっともっと増えたら良いなぁと思いました!
お怪我、焦りは禁物です。
ゆっくり癒してくださいませ。冷えないように暖かくして。今日も茗荷様にとって良い日になりますように…

追伸/おはようございます、茗荷様のお陰で朝から爽やかな良い気分になりましたよ🤗ありがとうございます!
美味しい珈琲の香りも爽やかなラベンダー色も想像してしまいました!
切っ掛けがあってよいお仲間ができましたね、素敵です。
茗荷様が優しくて素敵だから良い交流が生まれたのでしょうね。お近くならちょくちょく会えたら元気貰えますね🤗お怪我はその後大丈夫ですか?早く完治しますように…。今日も好い日にしたいですね✨✨お気をつけて

2023年10月28日 8:00
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして、 薫衣(くのえ)きみこと申します。 これまで、 -...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

おはようございます、ありがとうございます。
この場を借りてまず…原稿用紙、いや便箋が何枚あっても、お礼が書き尽くせません。今回に限らずそんなhasunohaの問答に深謝の限りです。(😊🙏)

その昔、今も時折出そうになる
①こだわりの人間であり、潔癖で完全主義なところ。笑
②正しい、正しくないの二極思考。ベースに「正しくあるべきだ」があるので、他人から「間違っている」と指摘されたり、他人の間違いに気づいた時、プライドが許さず心が落ち着かなくなる

おかげさまで沢山の良識ある大人に、お寺でご縁があり、清濁併せ呑む心の広さや温存の智慧、あえてクールな振る舞いを知ってからは、「言わんほうが無難」「あとのご縁に繋がる」と自戒できるようになりました。

1000字まで埋めた今回の件も、一言でいえば「引き際」だったとも言えるし、もうちょっと器用に彼らへ繋ぐことはできただろうにと、回答を拝読して、また一つ便勉強になりました。

口コミは☆5つをつけました。
前職で介護支援記録を書く時に「事実を客観的に」と口酸っぱく耳にタコができたおかげで、良き面に焦点をあてて「認めた」ことに繋がったかと…
一方で、施術業が人と信頼関係を深く長く築いていくために「苦情こそ宝」と拾える感性が大事であることや、「クレーム対応がうまく運んだあとに、ロイヤルカスタマー(育ててくれる絶大な存在)になる」ことも、心にあるのが本音です。

彼らはまだ、社会人数年生。
私の施術仲間は、お弟子さんがいたり、会の理事や院長になったり、様々な社会経験を重ねた上での接遇に長けています。もちろん最初から凄かったわけではなく、開業前から少しずつ出世し運が開けて縁が広がっていきました。陰ながらその軌跡を知っており、中には視覚の中途障害者やメンタル疾患の克服者の人としての厚みと、おそらく無縁であったであろう、ストレートに進路を辿ってきた「苦労知らずなのかな」という若きフレッシュな明るさ、軽さに「学ばせていただいた🙏」そう綴じることにします。
余談ですが、いまの職場のひとつ、の店長は「わざわざ気を悪くするような文句言うなら、黙って他に行きゃいい」とこぼす人です😅業種が違うので、それも一理あるとかすり、迷いましたが

あわてずに、読み返しながら、直筆の手紙を渡せるチャンスがあれば、渡そうと思います。
文面は…ひとりひとりの良さを簡潔に、感謝を述べて、院の前は毎日通る道なので、お互いに追い風を起こせるような真心を添えて…🍵🌱👐

治療家を志した数年前は、学費を貯めるための過労で心臓が悲鳴を上げ、ブレーキをかけました。
その頃は心がまだ未熟で、日常の鬱憤を、人からの感謝や自分の活躍、功績で埋め合わせようとしていたゆえに、仏さまが「待て」と修行のまわり道を指し示してくれたのだろうと思います。

お寺の近くで、母の一周忌のあとに、起きた不慮の怪我は、素晴らしい治療家、志ある天真爛漫な若者とのご縁で、ようやく「その時」が来たと穏やかなゴーサインをくれたのかもしれません。

金儲け、稼ぎの手段として、治療技術を身につけるのではなく、多大なる時間、労力、そしてお金を貯めるまでの修行を経て身につけたその術を

hasunohaの問答のように、お気持ちでと奉仕できるようになったら、私の母も父も、きっと喜んでくれると、空とお日様が明るく笑ってくれています。

ありがとうございました。合掌

追伸)彼らは急性期の手当のプロでしたので、予後は大変よく順調に経過をたどり、beforeよりもかなり良くなったところ(脈が安定した)部分があるのを申し伝えておきます!

私の専門とする分野は、慢性的な症状の緩和です。本当に優れた技術があれば、精神的なものからくる体の不調も治せる自己治癒力や予防に功を奏する日本古来の伝統技術です。

急性期のプロが真似しようとしてもできてない部分(治ってからの施術)に、「君らがやりたいのは、指圧だろう」と思ってしまい、自分の居場所を仏さまが用意してくださった、そう思えばこの先長いスパンでの生きがいになります。

お互いにライバルではなく、真の友人として。
本物のご縁になるよう、精進します😊🙏

追記2) 薫衣きみこ様
あれだけ葛藤して、半ば無言で去ったような終わり方だったのに、昨夜、仕事帰りに治療院へふらっと寄りました。
なんだか、回避依存の脱走型みたいな、自分の不器用さにあらためて「彼らのコミュニケーション能力のほうが高い」と若さを称えたくなりました。
ひとりが気づいて手を振ってウェルカムのポーズ、その後仕事を終えた皆さんで出迎えてくれ、今度の週明けにまたお会いできることになりました。
他の患者さんがいない時間帯に場を設けてくれた手前、こちらからは差し入れをお持ちします。お話しできることは、彼らのプライドを大切に、言葉を選んで伝えます。(言わずに終わるかも)

手紙は手持ちの桜の一筆箋に…春に使ったものですが、卒業なので、サクラサクということで(書いたら13枚も!一筆じゃない笑)
ご回答、本当に心が勇気づけられました。ありがとうございます!
(また後日談、ご報告させてください)

薫衣きみこ様。目のお疲れにもかかわらず、お便りをありがとうございました。
朝日のやわらかな昼前に手紙と本を届けました。お坊さんの書いた本、に、お寺のおみくじをしおりにしました。「仏さまの声 あなたの存在」唯一無二のあなたのおかげで頑張れる、そんなことが書いてある一枚です。「好きそうな本でしたので良かったら」受け取られました。🙏

その夕方「すみませんでした」深々とした陳謝から始まった差し入れの受け渡し。
わたしは、手紙では何一つ施術については賞賛しなかったことに「まだまだなんです」と謙遜した精悍さ。
後日のお礼に「コーヒー美味しかったです!みんなでいただきました。最高の仕事終わりでした。」
「お話を聞けるのをむしろ楽しみにしていました。」「無理なく労って今後とも…」
そんなメッセージをいただきました。
私が通い始めてからの変化のひとつに、壁に新たに掲げられた院のポリシーが「第二の故郷として、いつでも顔を出せて何でも相談し、治療に満足していただける空間へ」といった目標設定がされていました。
「まだまだなんです」といった言葉がすぐに出るということは、現状におごることなく「伸びしろのある人だからなんだよ」と、返した記憶です。
まだまだご縁は続きそうです、おみくじの色は、ラベンダーカラーでした。😊🙏

「コミュニケーションの悩み」問答一覧

自分自身と人間関係を壊してしまう

発達障害と精神疾患の治療中の者です 昔から対人関係に悩みがちで、昨年から通院をしています 不眠など生活に実害のある病状は薬で落ち着いていますが、問題の根の部分の人間関係が年々増えて複雑化してきて辛くなってしまいました 不安な気持ちや焦燥感が強くなると、ピアスをあけたり、髪をギラギラに染め上げたり、メイクを濃くキツい見た目にしたくなります というかしてしまいます 一時はそれで安心しますが、しばらくするとまた不安や焦燥にかられます 私の心が弱くて未熟だからでしょうか? もう30代になりますし、1人の子を持つ親なのにです、、、 最終的に近寄りがたい派手な見た目になってしまいますが、性格はいわゆるインドアでヲタクみたいな感じです 言いたいことも遠慮してなかなか言えないです そのせいかキツい性格の人にはよく目をつけられてしまいます 毎日自分の振る舞いで誰かを不快にして拒絶されないか考えてしまいます その気持ちを我慢して人と付き合い続けた結果、反動で混乱して思っても見ない方法で相手を衝動的に遠ざけてしまい大変後悔します 大切に思う相手、良い人そうだったり好感を感じる相手には尚更です もうどうしたらいいかわかりません 自分でも自分が何をやってるのかわからないです ただ時間だけはどんどん過ぎて歳を重ねていくのに、心だけ未熟で愚かで情けなくなります もっとやるべきこともあるのに、向き合う気力も最近は出ません 質問上手く書けていなくて申し訳ありません、、、 ただ、とにかく誰かに今の状況を聞いて欲しかったです 夫もいますが、この悩みを受け止める余裕はないと思いますので話せませんでした (過去私が病気であること自体の話もなかなか先に進まなかったので)

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

自分の話を聞いてもらいたい

私は小さい頃から、余り自分の話をするのが苦手で、どちらかと言うと、相手の話を聞いて、共感したり、自分の考えを時に挟みながら、相槌を打つ方が好きでした。 仲の良い間柄では少しスタンスも変わるかもしれませんが、概ね、相手を否定するような事は極力控えるのを意識してました。 相手が流暢に話を進め、「話聞いてもらえてスッキリしたよ。ありがとう」 そう言ってもらえると役に立っていると感じ嬉しくなります。 私がこのようなスタンスになったのは、いつの頃からか、自分が話の中心になると、「〇〇さんは一人っ子だから、いつも自分が一番なんだね。」や「気遣いが足りないよね」と兄妹構成を聞かれる度に、色眼鏡で見られることが多かったため、自分は聞き役に徹する方が上手くいくと思うようになりました。 指摘されるように、家庭環境で、兄妹がいる家庭よりは、視野が狭く、気配りが足りないのかもしれません。 ただ、自分のや中では精一杯に接しているため、自分が話側になり、「わがままだよ」などと否定されたら、やっぱり話すを辞めようと思ってしまいます。 ただ、やはり、少しは自己主張も必要かなと思うようなり、相手に否定されても恐れずに話をできるようになるには、慣れなのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 2

双極性障害だったのか?治療すべきか?

双極性障害だったのか?また病院に行くべきですか? 大学の頃に心療内科でバルブロ酸ナトリウム、エビリファイ等を処方されました。しかし双極性障害とははっきり言われませんでした。 薬を飲んでいる間は効いていると思いませんでしたが、やめたら不安定になった感じがしてまた通い出しました。しかし、一生血中濃度を上げる薬を飲み続け、検査しなきゃならないと考えると辛くなり、(主治医と方針が合わないこともあり)通うのをやめました。 今は気持ちがしんどくなった時にアルプラゾラムだけ服用するようにして3ヶ月ほど経ちます。上記の薬を飲んでいた頃より気持ちが楽なのですが、何だったのでしょうか。 大学の頃は教育系の学部で、毎日ピアノの練習や実技の発表があり気持ちが張り詰めていました。そこから来るストレスでそうなっていたのでしょうか。では、また大きなストレスがのしかかったら双極性障害のようになるのでしょうか。それとも元から双極性障害なのでしょうか。 中学の頃から気分の浮き沈みが激しく、リストカットや過食嘔吐してきました。PMSだと思って婦人科で低用量ピルを頂いてましたが、効いたのは初めの方だけで、高校になったら心療内科にかかりました。向精神薬を飲ませたくないと父から言われていたので、漢方を飲みました。それも効きませんでした。 大学の頃に20万借金しました。死ねませんでしたが私なりに勇気を出して自殺未遂もしました。未だに時々不安定になり、保育士・幼稚園教諭資格を取得しましたが家でニートしています。自分がなんなのか分かりません。薬を飲みたい訳でもないですが、また病院に行くべきなのでしょうか?

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

アイデンティティに正解がほしい

最初の質問から、心を休めたりできるよう家の掃除をしてみたりしておりました。
ですが最近、人に笑われた体験から、更に家から出ずらいです。 焦りがいけないのでしょうか。
でも、コミュニケーション能力や仕事をみんなで進めることどう動いていいか分からず、高校の時に1度身につけたコミュニケーションスキルも忘れてしまった。 その場でやり過ごす癖、応用出来ない思考は成長させなければと思います。それが課題とも心理士さんに言われました。 
今すぐに立ち直らないと恐ろしい未来が待っているようで自暴自棄になってしまいます。 それから、 母も体調が優れずしんどそうです。
私には言わないけど、私が仕事出来ないから未だ健康にならないからって分かってます。だから家族との信頼関係も分からなくなりました。常に疑心暗鬼でしんどいです。どうか家族が前を向けるよう、私が前を向けるようご助言を頂きたいです。 
2月にパソコン検定に合格してからどんどん思考力が低下しているようなのですが、なにか関係はあるでしょうか。目標がないと頑張れないタイプではあります。 周りの陰キャや陽キャっていう分類や、個性を大事にって流れが恐く感じます。
まだ19なのに、若い人についていけない私が気持ち悪いです。私は陰キャだと認めて、陰キャに合わせていく方がいいのでしょうか。
心理ではアイデンティティが形成されてないかもと言われており、混乱を極めています。 母は私を産んだあたりに統合失調症を発症しており、私が生まれて来なければ、、家族はこんなに困ることはなかった。とおもいます。
こんな慌てる姿は、同世代からみたら、キモイ限界すぎとか笑われます。
つらい。きっかけとなった小学校のいじめのことを恨みたくなります。ずっと自分が幸せになることが1番の復讐だと聞いたことがあり、なんとかそう思おうとしてきました。 人間関係など、頭を良くするには、地頭良くするにはどうすればいいでしょうか。 それからいま、父に提案されているボランティアには参加してみた方がいいでしょうか?
父と一緒に行くと少しは勇気でますが、一緒に行くことがとてつもなく幼稚で恥ずかしくて、さらに消えたくなります。でも、ひとりじゃ何も出来ない状態になってしまいました。
乱文申し訳ありません。
元気に働きたい。 これも結局は自分が生み出した苦しみなのでしょうか。辛いです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

師弟関係でいつも同じような壁にぶち当たる

お世話になっております。 自分自身と習い事の先生との関係が昔から同じパターンを繰り返しており、少し苦しくなってきたので相談させていただきます。 私は4月から大学で教えるようになり、自分の未熟さ、ダメさを思い知らされると同時に、先生といえども完璧な人などいないし、皆、弱さを隠して生きてるんだな、だから誰に対しても完璧を求めるのはやめよう、と思えるようになりました。 私自身は、これまでピアノの個人レッスンで、芸術的には尊敬できるけどすごく癖の強い、モラハラとも言える先生に師事したことがあり、そのモラハラが嫌になってやめてしまったことがあります。ピアノそのものの技術的なことをほとんど教えてもらえず、人生教訓的な話や、愚痴や、私に対する否定発言が増え、辛くなってしまったからです。 そして今は、ピアノではないのですが、あるスクールに生徒として通ってます。その先生が、普段はすごく優しくてピュアな心の人で、レッスンも楽しいのですが、時々、私の性格や生き方をバッサリと否定する発言をしてくるようになりました。といっても、根拠なく言ってるのではなく、私のレッスンでの取り組みや発言から、私の弱さを見抜いているようで、全く的外れではないのですが、お説教のような、やや脅しのような発言が増えています。モラハラとまではいきませんが、なんだか以前のピアノの先生との体験を思い出し、息苦しさや威圧感を感じます。この先生は、教えるべきことはちゃんと教えてくれているので、前のモラハラ先生とは違います。でも似ているところとして、どちらの先生も、実は自分に自信がなく小心者なところ、そして、私が何気なく言ったことや質問に過剰に反応してムッとするところ、私が反論すると気を悪くしてその場からいなくなること、など。つまり、ちっちゃい奴らなんです。どちらも男性なのですが。 私はなぜいつも、ちっちゃい先生を引き当ててしまうのでしょうか。私は確かに質問が多いですが、先生というのは、質問されるのが嫌なのでしょうか。それでも、今の先生にはまだ教えてもらいたいことがたくさんあるので、今去ることは考えられません。完璧な人間などいないとわかってますが、こういう先生と、教わるべきことを教わりながら、どう関わっていけばいいか、ぜひアドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ