hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

罪悪感

回答数回答 4
有り難し有り難し 116

はじめまして、よろしくおねがいします。

私は、今まで30年以上生きてきましたが、今立ち止まり振り返ると自分のしてきたこと全てを間違えてしまったと感じてしまいます。

人を傷つけ、やさしさを持たず、色眼鏡をかけて見て人を判断し、仕事上ではヒステリックに怒ればことが進むと勘違いし、男女関係でも道徳に反した行為があったと思います。このようなことはしないような人間でありたいと思って生きてきたはずなのですが、いつしか仕事の忙しさや周囲のやさしさにかまけて、気がつかないうちに傲慢になっていました。
それを、今になって気がつきました。いかに周りに対して愛情がなかったのか、、恥ずかしいです。傷つけてしまった方々には本当に申し訳ないとおもっています。しかしながら疎遠になってしまって謝ることもできません。

そしてこのような罪悪感を感じるのと同時に、周りの人々にはどうみられていたのかと人の目が気になり、陰では悪い噂がたっているのではないかという不安があります。罪悪感があり悪いのは全て自分だと感じているのに、まだ保身の考えを持ってしまう自分にも嫌気がさします。

私はこの先どのようにこの罪悪感と付き合い、罪滅ぼしをしてゆけばよいでしょうか。どうか、ご助言ください。よろしくお願い申しあげます。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

貴女が変われば周りも変わる

きっちり懺悔する。そしてそれ以上その事を引きずらないことです。
詫びるべきは詫びる。「今まで、厳しく接してきてしまった事を本当に深く反省しています」と、伝えられる機会があれば伝えるべきです。高い所から下りていく生き方が要求されている時代ですが、そもそも人間は上下、優劣の隔てを強く持たなければ、どんな小さい子とでも動物とでも遊べる人のように、天然の柔軟性がわいてくるのです。
プライドに頼る事をやめ、地を生きる事です。(^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

意識を自分から他人へ

はじめまして!真宗大谷派の青峻と申します。

まず申し上げます、人は間違いを犯すものです、そのため迷い苦しむのでしょう。
そして成長することにより人としてより良くなっていくのです。

過去に犯した過ちは無くすことは出来ませんが、今からの事は選ぶことが出来ます。今あおいろさんがその過ちに気付いたことは大切なことですね。

私がオススメすることは、他人の幸せを願いささやかなことで良いので行動することです。

笑顔を見せること、相手の幸せを願うこと、相手の気持ちを理解しようと努力すること、誰かのために募金すること、優しく話す、そんな事から始めればいいと思います。

人は自分のことを思うと誰でも弱くなりますが、他人のためには強くなります。

意識を他人に向け始めると他人の目は気にならなくなってくるはずです、今は自分に意識が向きすぎているのでしょう。

他人に何かを与えようとすると、自然に自分を許すことも出来るようになりますし、何よりあおいろさんの周りが幸せになっていきます。今から意識していけば、いずれは過去に傷つけた方々より多くの方を幸せにしていくはずです。

後悔する為に生きるのではなく、幸せを広めるために生きてみませんか^ ^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私達は本当に悩んでいる事は、なかなか相談する事ができませんよね、私も10年...

罪を犯した事のない人などいませんよ

あおいろさん、こんにちは。
罪悪感で悩んでいる様子が拝察できます。
先ず考えなければいけないことは、この世に生きている人で罪を犯した事の無い人などいないということです。
仏教では過去の過ちを反省することを「懺悔(さんげ)」といいます。
私たち僧侶も日々、知らず知らずに犯している過ちに対して、経を読みながら反省する毎日です。
仏教的な回答をするならばお経を読んでみてはいかがでしょうか。
『般若心経』などは適当な長さでおすすめです。
まずはお試しあれ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


有坂脩岳(しゅうちゃん)
『般若心経』を梵語(サンスクリット語)で読める日本でも珍しいお坊さんです。...

罪悪感への対処について

あおいろ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

罪や過ちを犯してしまったとしても、仏教では「慚愧」、「懺悔」することがまずは大切なこととなります。

「慚愧」につきましては、これまでも下記の各問いにて扱わせて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_321867.html

問い「懺悔」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1004016464.html

『・・「慚愧」することから、更に、二度と同じような過ちはしないこと、相手に会うような機会があれば、反省や謝罪の思いを伝えること、もしできることがあれば償いを行うことも大切なことにはなります。・・』

もしも、もはや謝罪や償いが難しいとするのであれば、二度と同じような過ちをしないことと共に、善徳行や報恩功徳に努めることをお勧めさせて頂きます。また、下記問いにおける拙回答では「懺悔文」というお経について扱わせて頂いております。

問い「幸せでも良いのでしょうか?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1008050052.html

「我昔所造諸悪業 皆由無始貪瞋癡 従身語(口)意之所生 一切我今皆懺悔」

「・・私がその昔より諸々の悪業(悪い行いの集まり)を積み上げてきてしまったのは、全て、無始(始まりのない過去)以来の貪・瞋・癡(貪りの心・激しい怒りの心・真理を知らない愚かな心)を原因として、身・語(口)・意(身体、言葉、心のそれぞれによる行い)によって生じるところのものです。私は今まさにそれらの悪業の全てを懺悔致します。・・」

ご質問にありますように、これからも罪悪感と付き合い、確かなる罪滅ぼしをしていくには、誠に上記の「懺悔文」をことある毎にお唱え致して、そして、積み上げてきてしまった、あるいは積み上げてしまう罪業や悪業を対治、排撃していくためにも、尚一層に善徳行・慈悲行・利他行に努め励むことが大切になるのではないかと存じております。

善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

ありがたいお言葉をどうもありがとうございます。ご回答いただけて嬉しいです。わたしはどこで懺悔しお経を読めば良いのでしょうか。自宅の自身の部屋で、日々行うことでも良いのでしょうか。日々反省し悔い改めたいと思います。

青峻住職さま、ご回答どうもありがとうございます。あたたかいお言葉を頂けてうれしいです。これからは、自分に意識を向けず、周りの幸せを願い、行動に移して行けるように努力したいと思います。後悔する為に生きるのではなく、幸せを広めるために生きてみたいです!

丹下住職さま、ご回答どうもありがとうございます。私の過去の行いは、ご住職のおっしゃる通りで大変胸が痛いです。職場を離れ、長く時間がたってのしまった今、ひとりひとりに対して、お詫びすることが難しい状況であります。ですので、心の中で、お詫びを繰り返しております。今、きっちりと懺悔し、悔い改めたいと思います。尊重のこころをもち、謙虚な姿勢で歩んで行きたいと思います。自分を変えることが出来るようにしたいです。

川口住職さま、ご回答ありがとうございます。懺悔文を唱え、善徳行や報恩功徳に努めて参りたいと思います。
二度と同じ過ちを繰り返したくはありません。それが出来るようにと願い、毎日を過ごしております。
日々やってくる、決断の際に自分に対して不安になることがおおいですが、
少しでも人のお役に立てるような、まっとうな人間になれるよう努力いたします。
ご助言いただき、本当にありがとうございました。

「罪悪感・罪の意識で苦しい」問答一覧

罪悪感との付き合い方

高校三年男子です。先日の質問に回答いただいてありがとうございました。彼女にも話をし、時間をかけてもいいから直す形で解決しました。 今回はそのこととも少し関連のある話です。 自分は承認欲求や自己顕示欲が高く、虚言癖や妄想癖がある人間でした。無駄に自信を持ち調子にものっていたと思います。自覚してからは治すように努力していますが、そのことで彼女に辛い思いをさせたこともたくさんあります。 つい最近は前回の質問のようなことがあり、自分のせいで彼女を傷つけてしまいました。 しかし、冒頭にも書いたとおりもう解決し、あとは自分の心と向き合って直していく段階なのに、どうしても罪悪感のようなもやもやが消えません。 朝起きたとき、暇なとき、ふとした時に具体的にどうということはなくとも心の中に罪悪感のようなもやもやが襲ってきて、そこからいろいろなことを考えてしまいます。 過去は変えられないし反省してこれから頑張れば良い、罪悪感を背負うのも仕方ないと自分に言い聞かせていますが、このまま罪悪感を抱き続けると彼女のことをまた傷つけてしまいます。 罪悪感が浮かんできても時間が解決してくれるから、考えたり連想しないようにしようと自分で思っています。 こんなことを考えるのはおこがましいかもしれませんが、もしかしたら時間は解決してくれず一生罪悪感を背負うのかと不安です。 罪悪感から元カノのことを連想してしまい、そのことからまた彼女のことを傷つけてしまうという罪悪感に襲われます。 せめて時間が解決してくれるという確信が持てれば忘れるように努めることができますが、そんなのは誰にもわからないというのはわかっています。 時間はかかってもいいのでこの罪悪感から解放され、ことあるごとに過去のことを思い出す生活から抜け出したいです。 わかりづらい文章で申し訳ないですが、少しでも助言いただけると幸いです…よろしくおねがいします。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

罪悪感

こんにちは。初めて質問させていただきます。 私は現在、大学生です。小学3年生の時にバレー部に所属していました。入部したばかりで練習にも慣れていない頃、3つ上の先輩と声を上手くかけられなかったこともあり、ぶつかってお互い転んでしまい、その先輩が骨折をしてしまいました。その場でその先輩には謝罪をしましたが、こういうことが初めてだったこともありどうすればいいのか分からず、自分の親にはぶつかってしまったということだけ伝え親は私のせいで骨折をしたということは知らないと思います。なので、自分の親から相手の先輩の親に謝罪することは無かったと思います。しかし、たまにこの出来事を思い出してとても罪悪感を感じます。本人には謝ったとはいえ常識としてその相手様の親にも謝るべきだったと、、。歳も離れていることもあり、その先輩とは会うこともありません。親同士が年に1度スーパーなどで会うか会わないかくらいです。私は今上京してきてしまっているので、先輩の親御さんに会うことは出来ませんが、自分の親にもその当時のことを話し、もし自分の親がその先輩の親御さんにお会いした時に私の代わりに謝罪をしてもらった方がいいのでしょうか?何年も経ってしまったということもありどうすればいいのか分かりません。罪悪感が消えなくて苦しいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

罪悪感で心が苦しい

2ヶ月前に母親と喧嘩し弟の事をクズの○○はいいんかーって暴言吐きました。ドアを蹴られの穴があいてしまい、鳥かごを投げ飛ばされインコ一匹骨折しました 。クズって言葉で弟を傷つけたと思うと。頭の中でずっと「このクズがー」って言葉が響いて苦しいです。早く忘れたく弟と離れたいけど親が家から出させてくれません。外見が悪いため結婚して出る事もできません。保証人になってくれるような親しいひともいません。一生弟と離れられず罪悪感を忘れられないのは苦しいです。母は弟を溺愛、私冷遇、私が風呂を入る前に寝てしまい、目が醒めた時にシャワーを夜中に浴びただけで怒り、それで私も、クズの○○はいいんかーって冷静さを失いました。ちなみに弟の事は何もいいません。弟は学生の時から学校いかず、今も働かなく引きこもりでゲームばかりしてる弟の世話を親の死後自分が弟のぶんの生活費を稼がないと行けないのが悩みで自分の事だけで精一杯で共倒れしたくないなら親が存命のうちに早く死んでほしい。みんな頑張って働いてるのに怠け者のクズって心の中でずっと思っててそれが外に出てしまったんです。吐いたものは戻せないと分かってるけど弟の人格を否定して傷つけてしまった事に対して大変辛いです。弟に自分の気持ちをしられ信用をなくしたのも辛いです。今、思えばギャンブルに狂ってるわけでもなく、血の繋がった大切な弟なんです。クズの言葉で傷つけた事が頭から離れません。どうか助けて下さい。お願いします。謝罪しても許してはくれませんでした。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

罪悪感で死んでしまいたい

人に迷惑をかけた罪悪感で苦しいです。 数年前、自己への無価値観に就活が追い討ちをかけ、鬱になりました。 恐怖でスマホが触れられなくなり、電源を切ったままでずっと自室に引きこもりました。 その間重要な連絡ややりとりを一切出来ず、そのせいでエージェントや企業など沢山の方に迷惑をかけたと思います。 全てを絶って自殺するつもりでした。 でも結局出来ませんでした。ODくらいしか出来ませんでした。もう自分の全てを諦めていたはずなのに。情けないです。 1年ほど死んだように自室で何もせず過ごしていました。 病気にも通い、現在は精神的に少しだけ立ち直りましたが、気分が上向きになればなるほど、その当時のことを思い、罪悪感で苦しくて死にたくなります。 当時は精神が相当参っていて、アルバイトのシフトを変わって欲しいという人からの頼みをLINEで断ることすら申し訳なくて出来ず、泣いていました。最終的にLINEを消してしまうくらいでした。人の連絡がなによりも恐怖でした。 当時の自分には仕方のないことだったのだと言い聞かせますが、それでも過去の自分を責めずにいられません。 この前勇気を出してエージェントサイトにアクセスしたら、もう登録が解除されていました。もう何年も前のことなのでどの企業と選考が進んでいたのかも曖昧です。 ここで他の方の問答を読んでいたら、良い行いをしていくことで罪滅ぼしをしようとされてる方を沢山見ました。 でも私の場合、昔から人へ親切をすることで足りない自己肯定感を満たしてきたところがあったので、いまや良いことをしようとする自分自身すら浅ましく辟易してしまいます。自己嫌悪が永遠に治りません。 どうしたらこの罪悪感から抜け出せるでしょうか。ご指南ください。 そんな罪悪感もあり、自分への諦めや人生への後ろ向きな思考からずっと抜け出せず、ここ何年も欲しい物を買うことすらできていません。そのうち死ぬつもりだから物を持つのが怖く、一瞬を満たし消えてくれるお菓子のようなものばかりにお金を浪費してしまう自分が情けなく、自分を変えたいけれどうまくいきません。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

過去の過ちに対する罪悪感で死にそうです。

これで最後にします。もう一度相談させて下さい。私が高校生の時に父がある手術を受けました。そのとき私は何故か「父が死んだらどうなるだろう」とか「別に死んでもかまわない」「死んでもいいかな」などとても不謹慎な事を考えてしまいました 。また、「父がいなくなれば携帯を買ってもらえる」「嫌な部活を辞めれる」「好き放題自由に遊んだりできる(夜中に遊んだり非行に走ったり)」などそのような考えも浮かんできて父の死を望んでいる自分と心配している自分がいるような感覚になりました。 私は父が嫌いではなかったですし父の事を心配していたはずでした。しかしふとそんな考え、雑念のようなものが頭に浮かんでしまったのです。死ぬ事なんてまずないような簡単な手術だったのですが、そんな事を考えてしまいました。手術は無事成功してそれから5年ほど経って現在に至るのですが、最近ふとその事を思い出してあんな事を考えた自分が恐ろしくなって動悸がしてパニック状態になるぐらいです。今は親に対してそんな不謹慎な事を思うこともなく、あの時の事を申し訳なく思っていますし、反省も後悔もしています。親孝行したいという気持ちもあります。しかしあんな事を考えた自分が平然と生きていていいのか?と思うと怖くて怖くてたまらなくなります。趣味や好きな事で気を紛らわそうと思ってもその事が頭から離れず怖くてたまりません。許されない事だとわかっていますし。罪が消えない事もわかっています。しかしなんとか罪を償いたいです。私はどうすればいいのでしょうか?こんな私は生きていてもいいのでしょうか?アドバイスやご意見よろしくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

過去の過ちに対する罪悪感で死にそうです。

私が高校生の時に父がある手術を受けました。そのとき私は何故か「父が死んだらどうなるだろう」とか「別に死んでもかまわない」「死んでもいいかな」などとても不謹慎な事を考えてしまいました。私は父が嫌いではなかったですし父の事を心配していたはずでした。しかしふとそんな考え、雑念のようなものが頭に浮かんでしまったのです。死ぬ事なんてまずないような簡単な手術だったのですが、そんな事を考えてしまいました。手術は無事成功してそれから5年ほど経って現在に至るのですが、最近ふとその事を思い出してあんな事を考えた自分が恐ろしくなって動悸がしてパニック状態になるぐらいです。今は親に対してそんな不謹慎な事を思うこともなく、あの時の事を申し訳なく思っていますし、反省も後悔もしています。親孝行したいという気持ちもあります。しかしあんな事を考えた自分が平然と生きていていいのか?と思うと怖くて怖くてたまらなくなります。趣味や好きな事で気を紛らわそうと思ってもその事が頭から離れず怖くてたまりません。許されない事だとわかっていますし。罪が消えない事もわかっています。しかしなんとか罪を償いたいです。私はどうすればいいのでしょうか?こんな私は生きていてもいいのでしょうか?アドバイスやご意見よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

母を死に追いやった罪悪感

母が重い病気を患っていましたが、お医者様からは、すぐに命にかかわることはないと言われて安心していました。しかし、突然、どんどん病状が悪化し、2カ月ほど前にあっけなく亡くなりました。 私が母の健康の為と思って毎日食べるように勧めていた食べ物が、その疾患を悪化させるので絶対に摂ってはいけない物だったことを、最近になって知りました。そういえば前に母から電話で、「あれ、毎日たくさん食べ過ぎちゃってるけど大丈夫かな?」と聞かれたことがあり、亡くなる1カ月ほど前には、「もうあれ食べるのやめたから」と言われたことを思い出しました。今から思うと、母は私が勧めた食べ物が原因で悪化したことを知ったのでしょう。お医者様も、突然の悪化に驚いていらしたので、きっと食生活などを聞かれて分かっていたのかもしれません。 私はただでさえ、母の死でどうしようもなく苦しんでいたのに、もっと長く生きられた母を殺してしまったのが自分だとわかり、罪悪感で死んでしまいたいほどです。悲しむ家族の姿を見ると、本当の事を言ってしまいたいですが、悲しませるのと恨まれるのが怖くて言えません。 母は最期まで私を責めることなく、それどころか感謝していました。寂しそうに「もう少し生きたいな」と言っていた母を思い出しては、毎日泣いてばかりです。自分のしたことが恐ろしくて、一生立ち直れそうにありません。 これは、よくある残された者の根拠のない罪悪感ではありません。医者をしている友達にすべて話しましたが、やはり「それはまずかったね。でも、済んでしまった事を後悔しても仕方ない」と言われてしまいました。この言葉で、やはり私が死なせてしまった事を再確認しました。 自分の気持ちが軽くなる方法を教えて下さいと言いたいところですが、私は自分の犯した罪を償う為にも苦しむべきのような気がしています。それよりも、母に懺悔する方法はないでしょうか?どうすれば、私の心からの謝罪が母に伝わるのでしょうか?また、家族には話すべきでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

昔してしまった最低なことについて

前に質問させていただいた事なのですが、私は昔最低なことをしてしまいました。 小学生低学年の時、図工の授業で作った作品を学年中の人たちのを壊して回ってしまったことを今まで犯人だと言い出せなかったことや、他にも最低なことをしてしまったことを以前質問させて頂きました。そして回答をもらい、その事は墓まで持っていくしかないと言われ、深く反省しその事は一旦忘れ、真剣に生きようと思いました。 ですが、壊してしまった作品の中に私の親友のものもあったのです。当時は悲しんでいる親友に対して「酷いね、だれがこんなことしたんだろう」みたいなことをのたまって慰めていました。その親友とは今でもたまに遊びに行ったりしている仲なのですが、私がその最低なことをしたとは親友にはバレていません。 私の自業自得なのですが、その事がとても心苦しく、謝りたいと最近思い始めました。 その事で親友に絶交されても仕方ないとも思います。 ですが、私が本来謝らなければならない人は沢山います。現実的にも心情的にも全員には謝れません。その中で親友にだけ謝るというのはその子にもこの苦しみを負わせてしまうのではないか、その子のためにならないんじゃないかと思うと怖くて、そもそも私がその子に謝りたいのは自分が楽になりたいだけなのではないかと思うと、やっぱり謝らないでこのまま自分が背負うべきなんじゃないかとも思います。 お坊様はどう思いますか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る