hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

切っても切れない縁

回答数回答 1
有り難し有り難し 13

母親との連絡を断ち切って半年になります。現在独り暮らしの23才です。
2年前に家出をし、独り暮らしを始めました。
その2ヶ月後からだんだんと母と会うようにはなっていったのですが、去年10月にまたいざこざがあり、引っ越しし、連絡を絶っています。
家出の原因としては沢山あるのですが…
・母が怖い
・金銭面で支えきれない
大きく分けるとこの2点です。
実際、母への仕送りが出来なくなり、風俗で数回働いてお金を渡した事もあります。その事を母は知りませんが、結婚を考えていた彼氏にはバレてしまい破局寸前でしたが何とか解決しました。
現在その彼氏との結婚を本格的に考えているのですが、最近母の夢をよく見るようになりました。夢では母は激怒しています。
しかし毎日くるメールや電話を見る度胸が詰まるような感じがして、思い詰めると涙が出てきます。何の涙が分からないのですが止まりません。
やはり親子には切っても切れない縁があるのだと感じています。
この機会に会って、和解すべきなのか…
でも私はまた母に仕送りをしたり、顔色を伺ったりするのが凄く負担です。
なぜ帰って来てくれないのか、それに答える勇気がないです。
母を傷付けたくはないのでしょう、風俗で働いたお金を渡した事、長年顔色を伺って生活してきた事、そんな事を話せば母は思い詰めて会って話なんて聞くんじゃなかったと思うんでは無いでしょうか。
会うべきか、会わないべきか、非常に悩んでいます。

2016年4月27日 21:44

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

どんな傷をつけるか

 こんばんは。お話拝読しました。お若いですのに、働いてお母さんに仕送りされてきたのですね。文面のようなことまでされて、自分で派手に遊ぶでも無く、家族のためにと。
 現代、性風俗で働く女性のルポなどが何本か出てきて、私も読みましたが何とも閉塞感ばかりの暮らし…分かりませんが、大変だと思います。
 しかしその中で、私が言ってあげられる事としては一つ。「いずれにせよ、精神的に親殺しをして、親からは独立しなければならない」ということです。どうやら、誰も何の涙も流さず、痛みも感じず、親離れ・子離れはできないようだ、ということです。

 「家に帰らない理由を言わずに去る」…去っても縁は切れません。縁とはそもそも、そういうものです。親御さんは寂しがるでしょうけれど、貴女が無理してお金を工面していることは知らずに済む可能性があります。

 「家に帰らない理由を告げて去る」…去っても縁は切れません。また、その理由を聞けばお母さんは悲しんだり怒ったりするでしょう。しかし、もしかすると娘から突きつけられた言葉から、自らを省みて人間的に成長するかも知れません。娘から命がけで教えて貰うのです、自らの酷い姿を。

 もちろん他の選択肢もあるでしょう。けれど「お母さんを(これ以上)傷つけない」ことを条件にしてしまうと、結局自身がそれを引き受けることになるような気がします。このhasunohaにぶちまけることで、スッとするならそれでも構いません、私で良ければ何度でも返答しますよ。

 ということで、お母さんを大切に思う気持ちは尊いと感じますが、何れにせよ貴女が1人の人間として「きちんと」生活していく、それが何よりも恩返しであり、戴いた縁を活かしていくことではないかと思います。

2016年4月28日 22:37
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

「縁を切る・絶縁・関係を断ち切る」問答一覧

親と縁を切りたい

私の両親の事です。 私が幼い頃から不仲で、よく妹と震えながらケンカをみていました。更に妹は虐待をうけて育ち、40年経ったいまでも抜毛症で苦しんでいます。 そんな両親も今は70代になり、父はうつ病で入退院を繰り返し、母は透析、身体があちこち悪くなり私たちを頼ろうとします。 先日も父が大暴れの末、警察の手を借りて入院しました。母に代わり入院手続き等でいったりきたりしていると、お金がないと言われました。 2000万の退職金を使い果たしたと。たった10年で使い、介護サービスが使えないと。 お金がないから私たちにどうにかしろと言わんばかりに愚痴を吐きます。 私も妹もそれぞれ独立し、家庭があります。またこれから進学時期に入る子供達もいます。 手元にあるお金は使えないので、はっきりお金は渡せないといいました。 すると、あんたがこの家から出たからこんな事になった。どこで私は道を間違ったのか。ほかの家が羨ましくて仕方がない!妬ましい!と何度も言われました。 私も妹もおかずを作って持って行ったり、車で病院に連れて行ったりできる範囲でやっているつもりです。 しかし、父が入院して2ヶ月毒を吐かれ疲れてきました。 私のこれからを考えると、両親に苦しめられるくらいならいっそ死にたい気持ちです。何もかも私は背負えません。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

祖母に縁を切られてしまいました

初めて質問させていただきます。 先日、父方の祖母から縁を切られてしまいました。 母に電話があり、もう私とは口も聞かないし会わないと言われたそうです。 このことを父親は知りません。 原因としては、私の父親への態度とその不満を祖母に話していたことです。 私は父親がどうしても嫌いです。 側から見ればそこまで最低な父親ではないと思いますが、昔の経験や母への態度を思い出すとどうしても好きになれません。 何を言われてもマイナスにしか捉えられないし、もうどうしても分かり合えません。 反抗期だと思い、ポジティブに受け取ろうと努力はしましたが、どうしても嫌いなのです。 祖母には毎日お酒を飲んで帰ってくることや、健康診断が悪化していることなどの父への不満と 私に彼氏がいて結婚したいと思っていることや将来どうして生きたいかなど父に言えない秘密ごとをよく話していました。 一緒に住んでいるわけではないですが、月1ぐらいでランチに行き、色々と話すぐらい仲良しでほとんどなんでも話せると思っていました。 父への不満に関しては、父が唯一恐れているのが祖母だったので、祖母から言い聞かせて欲しいという思いもありました。 縁を切られて悲しい気持ちもありますが、 お父さんを大切にしてね、と言われても素直にうなずくことの出来ない罪悪感もあったので ある意味、解放された気持ちもあります。 そんな簡単に切られてしまう関係だったということにショックが大きく、今後もし祖母からやっぱりまた会いたいと言われても会いにいこうと思えない気がします。 でも、今まで可愛がってもらったことには感謝しているので、本当に複雑な気持ちです。 この気持ちにどう折り合いをつければいいでしょうか。教えてください。

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

縁をきる理由は言った方がいいでしょうか?

昨年、長い付き合いだった友達と環境の違いから疎遠になっていきました。 友達は長い間望んでいた結婚、そして待望だった子供にも恵まれ、 出産、産休をへて、職場復帰をして忙しい日々を送っているようです。 もともと、あまり人に執着しない友達でもあり、環境が変わる前から あまり連絡を密にとるタイプではないので、連絡はいつでも私の方からで 思えばいつも私の方から連絡をしていたから繋がっていたのではないか とも思っています。 何度か礼儀にかけるようなことがあり (ドタキャンや心無い言葉など) 友達としての付き合い方にいつも悩んできましたが、 いい関係を続けたいとの思いから許し、自分を騙し騙し友達関係を 続けていましたが、ここで彼女が育児中なこともあり、連絡しても 忙しいを連呼。連絡もしづらくなりました。 もちろん、友達からは連絡はありません。 今までのことを振り返ってみると、今までいろいろと助けてくれたことは感謝していますが、これからは友達としては無理という思いでいっぱいです。 私の思いを相手に伝えた方がいいのか、このまま距離をとりつつ、 さようならをした方がいいか考えています。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

周りに誰も居なくなってきました

度々、主に人間関係で相談をさせてもらっています、いつもありがとうございます。 いつからか、だいぶ前からだと思いますが、対人関係に、断捨離癖が付いています。 気付けば、誰も居なくなっていくのですが、これで良いのでしょうか? 30歳くらいの頃に、自分の幸せの定義は心の平穏なんだと、気付きました。 その前から断捨離癖があったかも知れませんが、自分の心を乱す者には、関わらない、近付かない。 環境でも対人でも、徹底する様になったと思います。 今まで自分を大事にして来なかった自分に気付き、まずは自分を守らなきゃとも、思いました。 その為ここ何年か、どんどん人間関係が整理され、実母、実姉、友達と・・どんどん周りから人が居なくなっていきました。 最近、主人の実家に行った際に1人、蚊帳の外におかれ、情報を私だけにくれない等、仲間外れにされました。 私が義両親に逆らえないのを良い事に、「(主人が)私に強く言えないから、私(義母)から○○ちゃん(私)に言ってやる!」と義母に言われ、嫌な事を強要されたりしました。 妊娠中だからといって働いてない事も、義両親や義姉から嫌味を言われたり、「嫁を甘やかし過ぎだ」と私の前で、主人に言ったりします。 義姉からは、初めてお会いして挨拶した時に「えー、結婚するの?嫌だー。私、この子嫌ーい。」と言われました。 確かに義姉とは全くタイプが違うと思います、気が合いそうには無いです。 しかし主人の義両親や義姉とも今まで気を遣って、頻繁に連絡して顔を出したり、仲良くしてきたつもりでしたが、、今はもう縁を切ろうかと思っています。 嫁は気を遣って当然、肩身の狭い思いして当然、と言わんばかりに、ふんぞり返っている義両親や義姉にウンザリして、疲れてきました。 もうすぐ子供も産まれますが(義姉は結婚しておらず、初孫です)、向こうの義両親がお腹の赤ちゃんを大事に思ってくれている様に感じられません。 それに逆らえない主人とも、離婚した方が良いんじゃないかと、最近思ってます。 実母、実姉、友達に加え、主人や義両親までも断捨離すれば、本当に私の周りからは誰も居なくなってしまいます。 なぜ私の周りには、こういう人間関係で溢れているのか、悔しく思います。 私の断捨離は、間違っているのでしょうか? こうしたら良い、というアドバイスがあれば、宜しくお願いします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

人との縁を切るということ

いつもお世話になっております。 自分の考え方について、間違っているかもしれないと思うことがあり、 教えていただきたいのです。 私は、十代~二十代の頃、人間関係に悩んでばかりで、 うつにもなり、大学を休学したり数年の引きこもりを経て、三十代を迎えました。 その頃、苦しいのは周りの人間に恵まれないせいだとばかり思っていた自分を反省し、 性格や考え方、仕事のやり方などを改善し、その上で離れた方がいいと思った人たちと縁を切りました。 ネガティブな人や、私を利用したりするような人たちです。 縁を切るといっても、喧嘩をしたり絶縁宣言をしたりといった形ではなく、 フェイドアウトのような形で、徐々に離れて行った形です。 ですから、離れた人の中には「なんで?」と思った人もいたかもしれません。 結果、人間関係に悩むことは劇的に少なくなり、うつもよくなり、 仕事もすごく順調です。 ですが、離れてしまった人に「恩を忘れるな」というような事を言われ、確かに離れた人の中には、かつてお世話になった人もおり、 やはり私がした事は間違いだったのか、と思ったりもします。 といって、その人たちと再度お付き合いをすると元の苦しい日常に戻るのは目に見えており、 できるなら元のような暮らしには戻りたくありません。 私としては、十分に恩返しをしてから離れたつもりではあっても、 相手にとっては不十分で、恩知らず・裏切り者という風に思っていると思います。 今お付き合いしている周りの方は、心から尊敬でき、搾取されることもなく、私の事も尊重してくださり、本当に幸せです。 私は生まれ変わった、人生をやり直している、と自分では考えているのですが、 過去の縁を切った人に会う時、どのような気持ちでいればいいでしょうか。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

そろそろ悪縁を断ちたい。でも「断る勇気」が怖くて出ない。

 いつもお世話になっております。  私には、断る勇気がありません。  突然知らない人から話しかけられると、気を遣ってしまい、 嫌でもお相手をしてしまいます。  そして最終的に、私の人生に干渉してこられたり、 不快な話を聞かされたりして、リフレッシュタイムが最悪な時間に なって終わってしまいます。  体験上、突然話しかけてきて、個人的なことを聞いたり 言ったり、またお喋りをしだす人は、ちょっと…  頭の悪い…肝心なネジの抜けた、危ない人。という印象です。 違ったら申し訳ありません!明日にでも仏様の御宝前で、 全身筋肉痛覚悟で、五体投地を108連発してきます!!  放っておいたら、それこそ本当に危険な目に遭いかねない (先般の霊感ヨーガさんがいい例)と思い、 地元の警察署の生活安全係さんでお時間を頂きました。  警察署、とても緊張しました。  「いい人とは限りません。無視して立ち去るか、  『ひとりにさせて』『その道の人じゃないからわからない』 と言ってください。それでもダメなら、 『迷惑です、警察呼びます』と言ってしまって構いません」 と、ご指導頂きました。  でももし、「ひとりにさせてください」「私はその道の 人じゃないので…」と言っても食い下がってこられたら…?  下手な断り方をしたら、他の皆さんに迷惑をかけることになる かもしれません…  20代にもなって基本的なこともわからなくて申し訳ない…  無明を具現化したようなもんです、私は。  いまだ、「仏教は、誰に何をされても我慢して許す教え」だと 思い込んでいます。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る