hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お坊さんの食事

回答数回答 2
有り難し有り難し 41

お世話になっております。今回はとっても気になったので質問させて下さい。

簡単に言うと、お坊さんはどんなお料理を食べている(いた)のでしょうか?

お寺のお料理といえば精進料理や菜食(?)と思い浮かびますが、しきたりなどあるのでしょうか?
特に修行時代の食事や思い入れのあるお料理、エピソードがありましたら教えてください。
自身の心身の健康のために是非とも参考にしたいです。

過去の質問と重複するかもしれませんが、ご回答のほどよろしくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

制限するといいこともあります

僧侶の資格を取る為の修行中はいわゆる精進料理ですが、その後の生活においては、ほとんどの僧侶が、出されたものを食べているだけだと思います。肉も魚も食べます。

『不殺生』という戒律(仏弟子としての決まりごと)があるので、肉を食べてはいけないと思われている方も多いですが、これは「殺してはいけない、ということは食べてもいけないということではないか」という拡大解釈から生まれた発想だと私は認識しています。事実、東南アジアなどの厳しい戒律を守っている僧侶も、いただいたものは食べています。
じゃあ、なんでもいいことにすれば、と思われるかもしれませんが、制限するといいこともあります。

青うめさんは心身の健康のために参考にしたいということですが、私の場合、
○修行中、肉や魚を食べなかった
○学生時代に減量のあるスポーツをしていた
という2点からお話をさせていただければ、
「食べるものにある種の制限をかけると、神経が研ぎ澄まされ、世の中が輝いてみえる」
という、ことがあります。

例えば、干しブドウ一粒を手のひらでしげしげと眺め、匂いを嗅いで、創造力を充分に働かせたのちに、それを舌先にのせてみてください。そして、ゆっくりと感触を味わい、滋味を感じながらゆっくりと食べます。
こういった作業をすると、食事そのものがこれまでと確実に変わってまいります。これは食事に限ったことではありません。お金も時間も、健康も、命も、これしかないと思うと意識が変わります。やがて人生が輝いて、、、、きたらいいですね!

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

ワシの修行時代は・・・

 そうですね。ワシの修行時代は食事は出汁まで野菜を使っておりました。野菜や果物の皮などを袋に詰めて、出汁を取っていました。残り物は4・9のつく日の夕食にカレーとして頂いておりました。
 年に2回ほど特別な日がありまして、懇親会がありまして、そこではいわゆるdinnerが頂けました。
「葷酒山門に入るを許さず」という看板がたまにお寺にありますが、これは『葷』=大蒜、韮、玉葱、葱、などの匂いの強いものは野菜でも不可。お酒はもちろん不可。戒律で厳しく食事内容も制約されております。 ただ、頂いたものは基本的に残してはなりません。
 修行が終わったら、あまり関係なく食事はしておりますが、なるべく、気を付けるようにはしております。
得意料理は精進フカヒレというものを最近発明しました。精進グラタンも作れます。大豆で作った肉モドキも売ってますので,から揚げやひき肉料理も肉なしで作ることも出来るようになりました。ただ、味は薄いのが欠点です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

質問者からのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
大鐡様、増田様、ご回答ありがとうございます。
まだまだ治るまでに時間がかかりますが、参考にさせていただきます。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんが怖いものは何ですか?

物凄い盛況ぶりのなか、くだらない上に、人によっては失礼と感じられるかもしれない質問ですみません…; 私は趣味で漫画を描いていて、お寺に関連するキャラクターもいつか描いてみたいなと思っています。自分なりに色々調べているのですが、あくまで趣味の範囲のものですので、直に取材に行くようなことはなく…この度、快適インターネットでお坊さんに直接聞けるサイトがあるということで思わずおおっ…となってしまいました。 いつもお世話になっているお寺さんのご住職から、祖父が亡くなった時に「今まで好きだった人が亡くなった途端に不浄な存在になるわけないだろう」と言われ、葬儀場に泊まるのをずずいっとされた経験があります。 確かにその通りで、昨日までおじいちゃん死なないで~とか言っていた人が怖い存在になるわけではないと納得はしたのですが、それでも10年たった今でも葬儀場の横を通るのはなんだか怖いし、無人の集合墓地とか、廃病院の感染症病棟の跡とか、かつて生きていた人がいる場所を通るのはちょっと怖いです。だからといって、不浄だから?と聞かれると、不浄とは…?となります。 そこで思うのは、毎日敷地内にお墓がある環境で生活していらっしゃるお坊さんが言う「不浄なもの」って実際は何ですか? お坊さんが怖いものってあるんでしょうか?…不浄なものですか…? また、その「不浄なもの」というのはホラー映画や漫画等に登場するキャラクターの中に存在するのでしょうか? 長くなってしまってすみません。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

お坊さんの飲酒はおかしくないですか?

お坊さんがお酒を飲むのはおかしくないですか? もちろん付き合いで飲まなければいけないという状況があると思いますのでそこはしょうがないと思います。 しかしお坊さんが"自発的にお酒を飲む"ということに疑問があります。 お酒(アルコール)って合法なだけで厳密に言うまでもなく精神に作用するドラッグの側面は切り離せませんよね? 過去にアメリカで規制しようとしても辞められない人が多すぎて断念したほどには依存性の強いドラッグだと思います。 飲めばリラックスし気分が高揚し嫌な出来事があっても忘れられる作用がある。 僕はお坊さんは心の専門家で苦しみからの開放を求め実践するプロフェッショナルだと思っています。 それでも飲むということは仏教では解決できない、お酒を飲まなければ消せない苦しみもあるということなのでしょうか? 酒に飲まれなければ良いという問題なのでしょうか? 体がお酒に強く酔ってる自覚がないならオッケーってことなんでしょうか? 酔う為ではなく味を楽しむ為に飲むという事を言う人もいると思いますが、なら美味しく味付けされた脱法ドラッグを少量なら使ってもいいんでしょうか? 今はノンアルコール系もあるのにわざわざアルコール入りを飲むってことは酔う為にお酒を飲んでるとしか思えないのです。 執着から離れ、事実に親しむお坊さんがなぜわざわざ事実を歪める作用のあるお酒を飲むのかわからないのです。 僕はお酒は飲みませんが嫌なことやストレスが強い出来事があると以前より頻度は減りましたが抗不安薬を使ってしまう事があります。 抗不安薬はリラックスし嫌なことが気にならなくなるお酒と似たような効果があります。 それが嫌でどうにかやめる方法はないかと仏教に興味を持ちだしたのにお酒は飲まれなければ飲んで良いとか言われると薬と変わんねーじゃん!と思ってしまいます。 嫌な時ではなく平時に飲むのですと言われればより悪いじゃん!って思います。 誤解して欲しくないのはお坊さんなら戒律を厳密に守れ!と批判している訳ではなくプロのお坊さんですら酒を克服できないなら僕が薬を完全に克服できるわけがないことが確定してしまうので仏教に対して失望してしまうのが嫌なのです。 お酒を飲むお坊さん、気を悪くさせてしまっていたら本当にごめんなさい。

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る