hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

謝りたいです

回答数回答 3
有り難し有り難し 72

2回目の投稿、失礼いたします。
前回頂いたアドバイスを参考に、虫さんを殺さずに外へ逃がしてあげる、見て見ぬ振りをするなど虫さんに慣れようと努力しているところであります。
そんな中、とても大きな後悔をしてしまう出来事がありました。

今日入浴中、排水口の近くにクモさんがいました。水に流されて死んでしまう、逃がしてあげようと思い、少し大きめのブラシにのせて水のかからない場所に避難させてあげようとしました。
しかしそれが間違いで・・・。誤ってブラシでクモさんのお腹を貫いてしまいまったのです。
ショックでした。逃がしてあげようと変に気を使ったせいで・・・。なにもせず、そっとしておけばよかったと後悔しています。今でもクモさんを殺してしまった光景が頭に残って、どうしていいかわかりません・・・。串刺しにされてどんなに痛かっただろう、怖かっただろう、本当にごめんなさいという気持ちでいっぱいです。

そのクモさんに対して心から謝りたいです。そして罰を受けたいです。どうすれば良いでしょうか?どうかご回答のほうをよろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

心の糧(かて)として活かす 

クモさんに心が晴れるまで手を合わせて詫びましょう。
そして今後の人生でその教訓を生かし、心の糧として、いつの日か誰かの心をを支えて助けてあげてください。
この世のすべての生物は互いに糧(かて)として益し、活かしあい、より良くなろうとしている性質があります。
た・と・え
小魚はプランクトンを食べます。それを中魚がたべて、それを大きな魚が食べます。
それを人間が食べます。人間、とくに日本人という種族は「オスシ」というたべものが好きで、魚をそのまま食します。
その中のエビさんやカニさんなどは海の中のクモさんのようなものです。
人間はクモさんまで食べちゃいます、ペロリと。
さらにはイクラや数の子、たらこといって、魚の子供、赤ちゃんまで食べちゃいます。
イクラちゃんやタラちゃんの親の気持ちを考えたら涙があふれて海の水がしょっぱくなってしまいますね。私たちはそこで!
「生命が互いに何らかの形で❝糧❞として相手を活かし支え合っている関係」であることを学びましょう。何も食べ物の糧としてばかりではありませんよ?
精神的にも肉体的にも助け合い・活かしあい・支え合っているのです。
その関係性こそが生命が今日まで存在してきた所以でもあるのです。ただ頂戴するだけではなく、その頂いた命をより良く支え合い助け合うために使うのが大切です。ぞんざいに扱えば食べられたタラちゃんやサザエさんも浮かばれません。
今回のあなたの場合においても、クモさんの死をぞんざいにせず活かすべきであると思います。
あなたは実は殺してしまった…ままにして、ぞんざいにしているから苦しいのです。
ぞんざいにしない心が、心の糧として活かす心です。
死んでしまった数々の命の中にも、糧=資量(智恵と慈悲)を見出す心です。
クモさんは今後、あなたを大きく成長させてくれる糧です。
今回の件であなたは「いのち」を「いのち」と知る大切な機縁を得たはずです。
これによってあなたは今後さらに命をぞんざいに扱わないやさしい心が芽生えるでしょう。
あらゆる生命が、それぞれの生命の生死に関わりあっているのです。
今日より菩提心を持って、その心を深めることです。
生きていくことの❝深さ❞を知るためにも、あらゆる生命を死しても尚、活かしゆく、その為にも智恵と慈悲という糧(かて)を両輪とした仏の道を学んでみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

殺生の条件

A. 強盗がナイフで人を刺して殺しました。
B. 医者が手術をし人命を救おうとしましたが、失敗し患者は亡くなりました。

どちらも刃物で他人を傷つけて死に至らしめたのは同じです。
が、受ける業の結果は同じでしょうか?当然違います。
(S.N.ゴエンカ師の法話に登場するたとえ話です)

殺生が成立し業道になる条件は5つあります。

(1)相手が生き物であること
(2)相手が生き物であると知っていること
(3)殺意があること
(4)体や言葉による殺害の行為があること
(5)その行為によって死ぬこと

ですのでクモを助けようとして行なった今回の行為は殺生に当たりません。
しかし、行為を後悔することにより(後悔は怒りと同じ部類の感情です)かえって不善業になります。

もしあやっちさまの気が済まないというのでしたら、そのクモが後生よい世界に生まれ変わり幸せであるように、畜生の世界で再び苦しみを受けることがないようにと思い出すたび慈しみの気持ちを向けてください。

慈しみを育めば、虫類への怖さ(恐怖も怒りの仲間です)も減ります。そうすれば落ち着きをもって対処することができ、誤って殺してしまうことも減ると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


青森県生まれ、宮城県在住。ミャンマー語が好き。子ども3人。 お寺の生まれ...
このお坊さんを応援する

畜生供養について

あやっち様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

虫さんへのお優しいお気持ち、誠に有り難いことでございます。

以前にも動物を殺してしまって後悔されておられることにつきましての下記問いにもお答えをさせて頂いております。

問い「動物を殺してしまいました。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992558.html

とにかく、まずこの度のあやっち様の抱かれておられる「慚愧」の思いは大切な善い行いでございます。

その思いの中、私たち人間が生きていくために「食」させて頂くのにやむなく奪ってしまう命もあることを十分に自覚した上で、できるだけそれ以上、無駄に、無碍に命を奪わないように注意することと併せて、虫や動物への感謝の思い、報恩の思いを育むことが必要なことになるのではないかと存じております。

虫さんや動物さんは仏教的には「畜生」と申しますが、私たちと同様に迷い苦しみの世界にいることには変わりがありません。その中でも特に畜生界の苦しみとしましては、激しい生存競争、食物連鎖の中で、いつ食うか食われるかだけに追われて苦しんでしまっているところがございます。私たちのように仏様や仏様の教えのご縁に与(あずか)れることも難しい存在でございます。

そこで、その畜生界の者たちにも、どうか善き赴きがあり、仏縁、法縁に与れることができますようにとして、ご供養することが一つの報恩になるのではないかと存じております。拙生も少しく拙寺の草木禽獣沙巌供養塔前にて、機会毎に御供養回向をお勤めさせて頂いております。

また、下記の各問いの拙回答もご参照下さいませ。

問い「動物について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002880049.html

問い「私が殺したのでしょうか」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002847405.html

あやっち様のこの度のお優しいお気持ち、どうかいつまでも、いついつまでもお持ち頂けましたら有り難いことでございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

天野和公様
心が軽くなりました。後悔しては逆にいけないのですね。今回の出来事で後悔ばかりするのではなく、今後どうしていくか、について考えていこうと思います。
また、恐怖や後悔も怒りと同じ部類に入るということも今回初めて分かりました。まだ私は正直、虫さんに対し少し恐怖感をもち、後悔しています・・・。少しずつでもその恐怖感や後悔をなくしていき、虫さんと友達になりたいです。
これからは落ち着きをもって、虫さんを助けてあげるよう努めます!
ありがとうございました。

丹下 覚元様
前回もお世話になりました。今回も、お話を読みながら大変納得しました。
丹下様のおっしゃるとおり、私は今回の件でどんなに怖くてもぞんざいに扱わないということを学び、反省しました。見た目は違っても恐ろしくても同じ生き物だと、気づけました。
クモさんの命を活かし、これからにつなげていこうと少しずつ頑張ります。
ありがとうございました。

川口英俊様
お礼が大変遅くなってしまいすみません・・・。
また回答して下さり、ありがたく思います。虫さんに対しての思いやりを忘れずにこれからも生きていきます。しかし、何度も述べますが、正直にまだ虫さんに対して気持ち悪いと思ったりしてしまうのです・・・。
少しずつ努力して友達になります。川口様がアドバイスされたように、供養も頑張ってみます!
ご回答、本当にありがとうございました。

「後悔したとき・後悔を乗り切る」問答一覧

過去の恋愛に後悔しています。

過去の恋愛に後悔しており、苦しい気持ちで押し潰されそうです。 ーーーーーーー 私が社会人になりたての頃、歳上の男性Aさんに恋をしました。 私からアプローチし、デートの約束も取り付け、何度も食事などしました。 ここまでは良かったのですが、その後正式な告白もしないまま、Aさんと身体の関係を持ってしまいました。 その後しばらくして、私たちは付き合っているのか?とAさんに確認したところ、『そんなつもりはなかった』…と言われてしまいました。 今思えばもっと慎重になるべきだったと思います。ですが当時の私は恋愛経験ゼロだったため、男性とデートできることに舞い上がっていたんだと思います。慣れない仕事で忙しい中、プライベートの用事もデートも詰め込んでいたため、体調を崩し、会社も退職する事態になってしまいました。 その後コロナ禍に突入し、AさんとはLINEで時々近況報告などして連絡をとっているものの、一切会っていません。 ーーーーーーー 振られて(?)から、現在約2年ほど経ちました。 今になって過去の事を冷静に考えたとき、なんて恥ずかしく、はしたなく、最低なことをしていたんだ…と、後悔と羞恥心に襲われ、悲しくなっています。恥ずかしい過去が頭にこびりつき、苦しい気持ちが続いています。 親にも黙ってデートをし、身体を大切にしなかったこと。 恋人同士でもないまま、身体の関係を持ったこと。 仕事と恋愛の両立ができなかったこと。 恋愛というものを全く分かっておらず、ただの都合の良い女でしかなかったこと。 こんなに大変な思いをしたのに、Aさんを嫌いになれないこと。 自分が許せず、過去ごと消えてしまいたくなります。 本当は絶対に消えたり死にたくはないのです。 前向きに生きるんだ、と考え方を変えたいのです。でも、沢山の後悔の念が邪魔をします。 親にも申し訳ない気持ちがありますが、こんな事はとても打ち明けられません。 この恥ずかしさと後悔にどう向き合い、やり過ごせば、苦しい思いから逃れられるのでしょうか。 またAさんとの関係は、このままで良いのでしょうか。まだ恋愛のチャンスがあるんじゃないか?と期待してしまっている自分がいて、さらに自己嫌悪に陥ります。 長々とまとまりのない文章となってしまい申し訳ありませんでした。アドバイスをいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

過去に戻れないのに後悔で

2年前に主人の実家の割と近くに新居を建て越してきました。 しかし、コロナや飼い猫の病気などあり、義母の誘いを断ったり、めんどくさがったりしてました。 私が精神的な病でのこの何年間も色々助けてくれたのに。 実母に寂しい思いをさせたまま他界させてしまったので、義母と仲良く楽しくやるのは申し訳ないと言う思いも少しありました。 その義母は2年前の夏ごろ大怪我をして、入院。コロナのせいでお見舞いも子連れで入らず、たった1人の孫娘にも会わせてあげられませんでした。 数ヶ月後退院したすぐ、義母に末期癌がわかり、また入院。でも子供は病室に入れてもらえなくて、出入口で運ばれる時に一度手を繋いだだけでした。 昨年の元旦に亡くなりました。 そしてしばらく経ってから私は会いたくて話をしたくて、なぜ義母が生きているうちに大切な存在だったと気がつかなかったのか。 友達も居ないこの土地で、唯一の味方で、話し相手だったと。 一緒に娘の事を心配してくれる大切な大切な人だったとようやく気付きました。 居てくれるだけで存在がこんなに大きかったのだと。 そして、新居が分不相応の高額で主人は自営業で今更ながら金銭面も凄く不安感です。 寂しくて、不安で、孤独が毎日襲って 娘の前でも泣いてしまい、娘が楽しい話をしてもなかなか笑ってあげられない。 心配させたら子供に悪影響はわかってるのに 明るいママになってあげたい 元気なママでいたいと思うのに、 何も気力が出ず、家事もギリギリやっている程度で、楽しいと言う感情がもう分からない こんなの嫌です。 どうしたら抜けられるのか。 他のママ達が羨ましい。 子供にとって安心できる親になりたい。 でも、どう考えたら落ち着けるのだろうか。 私は思春期の頃から、自分がずっと要らない存在、迷惑な存在だと思って生きてきました。 こんな考えでは子供に申し訳ない。 でも抜け出せない。 義母のいた頃に戻りたい。 戻れないのに、ずっとずっと考えてしまう。 不安症という病になってから数年ですが、 毎日不安で怖くて寂しい。 文章がぐちゃぐちゃで酷くてすみません。 明るい元気な、子供にとって安心する親になってあげたいです。 過去に戻れないのに後悔ばかりして生きる自分も嫌いです。 助けてください。 生きるのが辛い。 子供がいるのに生きるのが辛いなんて、もうこんな自分嫌です。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

後悔から来る憂鬱の対処法

初めまして。質問させていただきます。 以前、海外に身体だけの関係の男性(Aさん)がいました。 当時、私はAさんに好意を寄せていたため、性的な写真を要求され何度か送ってしまったことがありました。 今思えば、本当に馬鹿なことをしたなと反省しています。 その後、私に本当に信頼出来るパートナーができたため、Aさんに理由を話し今後一切SNSでも連絡をとらない、会わないことを伝え、Aさんとの連絡は現在まで途絶えています。 それから3年ほどが経過した今、パートナーとは結婚を考える仲になりました。 そこで、ふとAさんが私の性的な画像や動画を持っていることに、不安を抱きました。 もし、それがパートナーのご両親などに知られてしまったら、結婚を反対されてしまうのでは無いか…と考えてしまいます。 パートナーや、自分の母親には、このAさんの件について話しており、何かあれば味方になってくれるのではないかと思いますし、もし被害に合えば信頼できる機関に相談するつもりです。 パートナーに相談した時には『3年も前のことだし、今更考えすぎ。親にバレることもない』 と言ってくれました。 私自身も経過した時間を考えると、さすがに心配しなくても良い時期かなとも思っています。 また、相手に写真を消してと連絡を取ることも考えましたが、これだけ時間が経過した今、Aさんに連絡を取ることの方がリスクが大きい(Aさんに当時のことを思い出させてしまう)と考え、やめました。 これから生きていく中で、このようなモヤモヤとした不安がふと湧き出てくる瞬間が多々あると思います。 そのような時に、その不安を短時間で解消するにはどうすべきか、また、考え方をシフトする方法などございましたら教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

後悔、自責がなくならない

5ヶ月ほど前に別れた人のことがいまだに忘れられません。 3年付き合い、お互いの親に挨拶した後にコロナ禍となり、しばらく会わなくなり、落ち着いてからも会う頻度が減っていました。  何度か別れたり復縁したりを繰り返し、私は彼にだまって婚活をしてしまいました。3人の人に会いましたが一回会っただけで続きませんでした。 別れる数ヶ月前は会うと喧嘩になることが多く、別れて婚活をしっかりやりたいと思ってしまい、自分から別れてしまいました。 彼はとても優しくて私を優先させてくれていい人でした。別れたいと思ったのは、会った後に私がよく頭痛や下痢を起こしてしまうこと(カウンセリング行ったりしましたが原因分かりませんでした)、時々揚げ足をとるような発言が嫌だなと思ってたこと、婚活で出会ったので、結婚の話はよく出ていたのですが私が踏み出せなかったからです。 自分から別れたのに、一人でいることが寂しくて仕方ないです。5ヶ月も経っているのに、あのときあんなこと言わなきゃよかった、もっとちゃんと向き合えばよかったと後悔や自責がとまりません。 彼は別れた直後に着信拒否しており全く連絡もとれません。戻ることはできません。 元々彼と付き合う前も、毎日寂しくて生きるのが辛かったです。生きるのもやっとでしたが彼といるとだんだん死にたい気持ちが減っていたのに、彼がいなくなって、またそれに戻ってしまいました。 もうすぐ40歳で、結婚も子どももなにか成し遂げたこともなく、自分には何もないと思ってしまいます。婚活もこの年になってうまくいきません。疲れてしまいました。 どうやったら抜け出せるのでしょうか。毎日が苦しいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

過去への後悔や不安が拭えません

私は性格的に色んなことを心配しすぎる所があります。 普通の人なら気にしないようなことでも異常に気になり、確認行為を繰り返してしまいます。 特にもしかしたらあの時誰かを傷つけてしまったかもしれないという加害恐怖を強く感じます。 例えば、小学生のころ私の不注意で自分よりも小さい男の子とぶつかってしまったことがありました。覚えている限りではその場では何ともなく終わりましたが、次の休み時間にあの子大丈夫だったかな…と探すくらいには激しくぶつかってしまったのだと思います。 その後、もしかしたら何か頭などに怪我をしてしまっているかもしれないと何年も経った今急に思い出して、私のせいで大変なことになってしまっていたらどうしよう…と不安になっています。 また、親しい友達に1番言ってはいけないことを言ってしまったことがあります。言った直後に謝ることができず、何年後かにふと思い出して、どうして言ってしまったのかと思い出しては強い罪悪感を感じています。 今でもその子はとても仲良くしてくれていますが、今更謝るのは自己満足でしかないかな…と何も言えていません。 このこと以外にも、ここ1年ほど過去の過ちを繰り返し思い出しては自己嫌悪に陥っています。 思ってもいない酷いことを心の中で考えてしまい自分が嫌になることもよくあります。 考えても仕方がないことだと分かってはいるのですが、知らないうちに誰かに怪我をさせてしまっているかもしれない、傷つけているかもしれない私が、このまま楽しく生きていていいのか、幸せを感じてもいいのか、ふとした瞬間に考えて辛くなります。 これから将来に希望をもって歩んでいくために、どのような心持ちで生きていけばいいでしょうか?

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

後悔と不安がなくなりません

前回も質問をさせて頂きましたが、 今も後悔と不安が消えず、 再度質問させて頂きます。 約5年前(小学校2年生で記憶が曖昧ですが)に万引きをしました。 なぜしてしまったのかは憶えていません。 何度もしてしまい、なかなかやめる事ができませんでした。 1度、店員さんに見つかり、 小学校とクラスを聞かれたと思います。 私はそれに答え、店員さんは、 「万引きはしてはいけない。次はないよ。」 というようなことを言ったと思います。 けれども私はその後何回か 万引きをしました。 私が万引きをしたことは姉と母とその店員さんしか知らないと思います。 でも、もし店員さんが学校に連絡をしていたら、もしその事が中学校の先生や友達にバレてしまったらと思うと不安で仕方がありません。 前回質問させて頂いたときも同じようにバレたとき、信用が無くなってしまう事が怖いです。 決して許されないことをしているのに、 その後悔よりも不安の方が大きく、 自分はなんて自己中心的なのだろうと 後悔、不安、悲しみが入り交じり、 きついです。 そして、私のような罪深い人が家族と、友達と笑っていてもいいのか。 私はみんなが思うような善人では無いのに。 と思ってしまい、私を信頼してくださっている人に申し訳ないです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺