お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

怒りをコントロールできません

他人にはかろうじて怒鳴り散らすことはありませんが、家族に対してコントロールが効きません。とくに夫。
好きで結婚したはずなのに、一度頭に来ると歯止めが効かず後で後悔することが多々あります。
心の底から湧き上がる怒りが止められないのです。彼は子どものために我慢しているのか、応戦することはなく、謝ってくるのみです。

それと、性格の違う次女。
可愛い娘のはずが、口答えや反抗的な態度に私の方が切れてしまいます。いつもではないのですが、地雷を踏んだような時があります。
自分でもなんとかしたいのですが、わからない状態です。
怒りを収めるにはどうすればいいのでしょうか。

有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2014年10月8日 9:21

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

コントロールできていないのは怒りではなく自我。

そちらではなかなか観れないでしょうが日本で流行りのアニメ「妖怪ウォッチ」風に申し上げますと、あなたの怒りの原因は妖怪が憑りついているからです。
とりあえず妖怪のせいにしましょう。(笑)
その妖怪はJIGA(自我)という妖怪で、口から我見(自分の思い通りにしたいガス)を吐き出します。
ガスがたまるとそれを発散しようと、事ある毎に怒りになって他者に当たります。
人間は元々妖怪JIGAは憑りついてはいないのですが、スキができると憑りつかれます。
どんな風にスキができるかというと、感謝が無い、良いトコロ探しをしない、恵まれていることに気が付かない、他人を尊重する気持ちがない、と憑りつかれてしまうのです。
お祓いの為には、一度、今の恵まれた環境ではなく、全部自分で作り出すような生活をすることをお勧めします。

怒りの原因は自分の意見の押し付けです。
怒りは自分の理想を事前に立てているから起こります。
怒りは相手に対して押しつけがましいマイルール、要求心の強さが原因です。
怒りは相手も自分も苦しめるガスです。
怒りは自分を中心としたものの見方によって起こります。
怒りは総じて自分可愛がりの心から生まれます。

妖怪JIGAは坐禅によってガスが抜けます。
坐禅をする事のメインはJIGAやJIGAの吐き出したガス、ガケンを取り除くことでもあるからです。
心の中の我見ガスが消滅して、自我を払う事ですがすがしい気持で生活できます。
質問者様は大変素晴らしい心がけです。
ご自分の怒りにちゃんと気づいて、その良からぬことをさとり、それを慎もう、滅そうというお気持ちがおありだからです。
怒りを消すのではなく、その原因に目を向けてください。
誰も叱る人がイマジンでしょうから、私が変わってチクチクさとすとしましょう。
あなたの怒りの原因は自分の押しつけがましい自我、マイルール、我見、エゴ、自己中エネルギーであることをよくよく反省されたし、です。
人のせいにしてはいけません。夫が、次女が、、、。じゃ、ないでしょう。
それを問題にするアンタの心が原因、でしょうが、です。
原因を外に求めず、内なる自己をおさめること。
それが仏道です。仏道とは、自己無き道を歩むことです。
自分を全くなくせ、ということではありません。自我、自我意識を自分で鎮める機会を持つことです。

3年11ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ