hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

今、患ってる病気の苦悩

回答数回答 2
有り難し有り難し 13

自分は起立性調節障害という病気です。
この病気は昔はなまけとか言われていたらしいのですが研究でなまけてるひとの中に病気が原因で学校に来れないという人が居るという事が最近、分かったそうです。
そしてその病気が起立性調節障害という最初の分に書いた病気です。

自分は中学一年のある日、突然、朝が起きれなくなって朝に無理やり起きると自分だけ重力が何百倍もかかったような倦怠感に襲われて吐き気もし、強烈な頭痛もし、あまりのしんどさに意識を失う事もありました。
最初の頃は親も何でこんなにしんどいのか分からなかったらしく完全になまけだと思われて色々怒られたりしました。
でも、その後、起立性調節障害という病気だった事が分かって親も理解してくれました。
当然の事、中学校はそれからほとんど行けてません。
人生に一度の中学校をもっと体験したかったなと泣きながら思う時があります。

今は多少、しんどさがマシにはなったんですが夜間の高校でも週に三回行くのが精一杯です。
単位も取れずにいつ高校を卒業できるか分からない状況です。
同級生は高校を卒業して進学なり就職なりしてる人が大半です。
そうなると皆が羨ましくなって逆に辛くなります。
何で自分はこういう人生なんだろうと思う時もあります。
免疫力が弱いのか急性胃腸炎を二回もなって、そのうち一回は死にかけるほど苦しみました。意識を失ったことは経験したのですが意識を失って死ぬ直前まで目の前がブラックアウトしたのは初めてでした。

この病気になってから辛い事が多すぎて死にたくなる時もあります。
それに吃音も持っているのですが小学校の頃、喋っただけで笑われたり目の前で真似されたりと、という事がトラウマになったりと対人恐怖症も若干、持ち合わせております。
学校に行ってない日はYouTubeでマックスむらいさんという見てるだけで勇気を貰えるような人が居るのですがその人の動画を見て癒されて思いっきり笑って心をギリギリ保ってるような状況です。

でも、この先、仕事とかすることになるんだよなぁと考えると不安で不安で仕方ありません。
人との付き合いも難しい所もあるのでそういう事を考えると胸が強烈に苦しくなるときがあります。
こんな自分でも幸せな人生を送れますかね?
良い人に出会えますかね?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなただからわかる「苦しさ・辛さ」

わたしには、あなたの苦しさのほんのわずかもわかりません。
なさけない限りです。
おつらいことと存じます。そんななか、ニコニコ動画でしょうか。
マックスむらいさんの姿に勇気を得ている、それは、
苦しいなかだからこそ、勇気って、こういうことなんだろうかと、
思える瞬間なのかもしれません。

ここに書き込みして頂き、わたしはそのような障害を知りました。
きっと、おなじように苦しむひとたちが、沢山いるのだろうと
思いました。

あなたは、そういったひとたちの苦しみを、わかるひとなのだと
思うのです。それは、おなじ病気の人たちには、ものすごく
勇気を与えられることなのではないでしょうか。

「つらいね。大変だったね。苦しかったね。」
わたしが言うよりも、あなたが言ったときの、ことのはの力は、
何倍も大きいものとなるのではないか、そのように思うのです。

でも、現在進行形の御自身の御病気がそれで治るわけではないのだと
思います。

これは、わたしの尊敬する人の言葉です。
「わたしは、あしたの天気もわからない。だから天気予報を見ます。
ひとが死んだとしても、あしたの事はわかりません。

2011年、3月10日、この日本で、だれか霊能力者や予知能力者と
いわれる人たちが、『あした、地震がくるぞ!!沿岸部の人たちはみな逃げろ!!』
と、こぞって叫んでいたならば、あのような悲しみはなかったはず。
でもだれもわからなかった。明日はわからないのです。

でも、わたしにはひとつだけ、確信できるものがあります。
それは「明日はきっと来る。明日はいい日になる」そう信じることです。
それで叶わなかったとしても、その日の最後にはまたもういちど、
「明日はきっと来る。いい日になる」と、信じるのです。」

あなたの内にある、病気と付き合い、克服するちからが
必ず発揮されることを、わたしは信じています。
そしていつか、いっぱいの幸いがあなたを包みこんで行く事を
わたしは祈ります。幸あれ幸あれ。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


不完全の全肯定

あなたは自分の不完全をちゃんと認識して、そこに向き合っていこうとされています。それは素晴らしいことです。なかなかできる事ではありません。
それを認める事さえちゃんとできればいくらでも立ち直れます。一歩ずつ歩みを幸せ、安心という本拠地に進めることはできますからご安心ください。
フラッシュバック、トラウマも克服することはできます。
その克服法と致しましては、過去の記憶が浮かんだ時に、その思いを打ち上げ花火のように、眺めるだけにすることです。打ち上げられて開いた花火は必ず、消えます。必ず消滅します。
第一発目に出てくる思いには、よいわるいは関係なく、全自動で出てくるものです。
そのぜんじどうで出てきたトラウマな思い、フラッシュバックな思いの打ち上げ花火に対して、あなたが主体性を持って関わらない、触らない、取り上げないようにすることです。
ニュースでも取り上げる記事は決まっています。
報道しなくても良いニュースもあります。
わざわざピックアップしなくても良いことはあります。
ある映画監督に記者が尋ねました。
「アナタの映画の中で最高傑作は?」
「これから作るものに決まってるだろ」と。
フラッシュバック、トラウマは、過去です。
それに対する評価は今、下すものです。
わたしは過去の苦い経験の全てを自分を支えてくれた、成長させてくれた、育ててくれた機縁としています。そこにネガティブ意識を伴わせないようにしています。
いつかはいずれ死ぬ身ですし、老病は避けられませんが、そこにもネガティブ意識を添えることはありません。
過去は変えられない。でも過去への評価はネガティブからポジティブに変えられます。
評価自体をしなければ良いも悪いもありません。
どうぞ、アナタの新しい、いちばんあたらしい、こんにちを、新たな気持ちで生きてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

素晴らしいお言葉ありがとうございます。
誰も明日は分からない。良い言葉ですね。
確かに自分の明日も分からないのに先にある辛いを考えるのは良くないですね。
それより明日がいい日になる様に考える方がよっぽどいいですね。
良いお言葉教えていただきありがとうございました。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

少しでも苦しみが消えますように

昨年も父のことで相談に乗って頂きました。 父は昨年の7月に転倒し、頭を打って以来、遷延性意識状態(植物状態)となり、ずっと入院しています。 自己呼吸はできるものの、気管切開をしているので、一滴の水も飲めず、何も食べられず、胃ろうをしています。 寝たきりの要介護5で動けません。 耳は聞こえているみたいなのですが、意志の疎通は難しいです。こちらの話をどこまで理解してくれているのか、表情もあまり変わらずわかりません。 何かを訴えようとしたり、発語をしようとする仕草もほとんどありません。 ただ、目を合わせると、じっとこちらを見てくれます。そして、たまに指をさしてくれます。 コロナ前では、家族が毎日病院に行き、手を握り、大好きだよ生きてくれて嬉しい、有り難うって伝えられていました。 でも3月以降、面談は3カ月に1回10分だけとなりました。 父に何もしてあげられることができず、そばにすら、いられません。 意志の疎通ができないだけで、ほんとは、水が飲みたいとか、お腹が空いたとか、そんな苦しみを味わっているのではないかと思うと、ただもう、やりきれなく辛いです。 手術をして、命を助けたせいで、こんな苦しみを与えてしまったのではないか。 いつまでこんな生き地獄を生きなくてはいけないのか。 そんな考えても仕方のないことを考えてしまいます。 それでも私の苦しみなんてどうでもいいです。 父は頑張って生きています。 そんな父を知ってほしくて、投稿しました。 そんな父のためにどうか祈って頂けますでしょうか。 少しでも苦痛がやわらぐために。 どうか、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

母の病気と今後の生き方について

一年前に母が癌になりました。 再発しやすく予後が悪いタイプの癌だったのである程度心構えはしていましたが、今日、再発したと連絡をもらいました。 . 去年の秋に発覚した際、友人4、5人に母が癌になったことを言いました。 家族には心配をかけたくなかったので、友人たちに弱音を吐いて、助けてほしかったのですが、同年代だとこのような経験がないからか、あまり真剣に受け止めてもらえなかったと感じています。 「親が数年で死ぬかもしれない」というところに考えが結びついていないのだろうな、という感じです。 . 私自身も、重い話をして友人を困らせてしまったこと、相手に無意識で期待しすぎてしまっていたと思い反省しましたが、信頼している人たちに悩みを理解されないことの寂しさを感じました。 . ですが、今回の知らせを受けて、やはり誰かに頼りたくなってしまい、こうなることは分かっていたのに自分の弱さに情けなくなりました。 . 私自身、兄弟などはおらず、友人にも友人の人生があるので、心置きなく誰かに頼るということに引け目を感じています。 将来、結婚してパートナーと支えあって生きていくことにも憧れがありますが、私自身お付き合いの経験がないこと、結婚する時には母はもういないのではないかということから、いつ現れるかも分からないものにすがるものでもないなと思い始めました。 . 前置きが長くなってしまいましたが、これらのことから、私はどの程度人に頼り、どの程度自立すべきなのか、今は全く分からない状態です。 . 母が亡くなった後、1人で生きていく自信がなくなってしまいましたが、もしそうなったとしても、私が幸せに暮らし続けることが親孝行になるのではとも考えており、頑張りたい気持ちもあります。 . もしよろしければご教示いただけますでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

闘病中の心構え

何度も何度もありがとうございます。 息子が白血病で治療後の母です。 昨年より度々こちらに御世話になっています。息子はあの後骨髄移植を経て退院し、この夏と秋はとても元気に自宅過ごすことが出来ました。幸せでした。 しかし、先日、今後再発する可能性が高いとの検査結果が出たため、それをうけてどうするか色々悩んでいます。現時点では何も体調不良などありません。 今後の具体的なことは何も決まっておらず、まずはセカンドオピニオンからというかたちですが、治療後短期間でのこのような展開ですので、マイナスなことばかり考えてしまいます。 息子とまだ一緒にいたいです。諦めたくない。でも、短期間での治療はもしかしたら厳しいのかもしれない。 今後弱っていく息子をみたくない。怖い。 私が病気を代わりたい。 息子の前で泣きたくない。でも気づけば泣きそうだったり。 と、本当に毎日毎日弱い自分と向き合っています。 家族もかなり落ち込んでいます。 毎日毎日、なんとか気持ちを繋いでいる状態です。 どうしたら、今後のことが考えられるでしょうか。 ご教示、もしくは叱ってくださると嬉しいです。 お話を聞いてくださってありがとうございました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

体感幻覚の凄まじい激痛とめまい

子宮頸がんワクチンの副作用(ジスキネジア)と精神薬の禁断症状がエンドレスに続き、身体や顔、全身に槍や針金が何万本も突き刺さったような激痛に24時間耐えるのに疲れてしまいました。1人ではトイレやお風呂さえ難しく…しかし歯を食いしばって倒れないように這いずり回って行動していますが限界です。精神科医は治る事は無いと言います。今32歳でこの先何十年も痛みとめまい等を我慢するのは辛くてこの現実が受け入れられません。このままじゃダメだと気合いを入れてもあまりの痛みで直ぐに心折れ…寝たきりにならないよう努力しようとしても全く改善せず日に日に悪化してます。泉のように痛みがどんどん作られ、足が引きちぎれそうなので運動しようにも出来ず、地面はベルトコンベアの様に高速で動いて感じられグラついて倒れてしまい、痙攣発作や全身がクネクネと勝手に動いたり、幻覚幻聴も凄いです。こんなに辛いのが一生続くのに何故日本では安楽死が認められないのですか?本当に耐えられないので安楽死は無理でも意識を低下させる薬か何かで苦しまないようにさせてもらう事は出来ないのでしょうか? 国は安全な薬だと言うから子宮頸がんワクチンも打ったし薬も病気(慢性めまいに対して向精神薬を処方されました)が治ると信じて飲みました。なのに治らずこんな仕打ちです。喉がジスキネジアでねじれて呼吸が止まると絶望的に苦しく痛みも食い込んでくるので首吊り等の自殺は怖いし耐えられず未遂になるだろうと想像がつきます。医者を信用し言われた通り飲んだ薬でALSのように時間が経てば経つほど筋肉が固まっていき動かなくなります。かろうじて動かせるうちに死んでおかないともっと辛くなる!自分を守る為に今すぐ死なないと!と脳が訴えてきます。何でそんな辛い選択をしなきゃいけないの?私だけが悪い訳じゃ無い!と悲しくなります。薬を飲んでる間も薬だけには頼らず体操や朝のウォーキング、栄養サプリ、陶板浴など色々試しました。しかし私がどんなに努力してもこの禁断症状は治る事は無く…安楽死さえさせてくれれば、旅立つその日まで32年間支えてくれた家族にお礼と謝罪をして自分も安心出来るのに。治るから諦めないで別の病院さがせ!等ではなく本当に治らないので(薬の毒による痛みなので鎮痛剤等は効きません)その上で耐えられない場合どうしたら良いか教えて欲しいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

二十代なのに寝たきりです。

こんにちは。 二十代の女です。 私は、病気で寝たきりの生活をしています。 生まれつき寝たきりではなく、数年前からです。 私の患っている病気は、珍しく前例があまりないので医者が手探りで治療や手術をしてくれています。(私の体で症例発表されたこともあります。精神疾患ではなく、身体的な病気です。) 全身麻酔の大掛かりの手術を行ったのですが、治りませんでした。 私には夢があります。 医者になることです。 ただ、もう二十代です。 時間がありません。 毎日毎日、病気の辛さと焦りで泣いたり、ヒステリックを起こしてしまいます。 そして、そのストレスを両親へ当ててしまいます。 この前、お父さんが私が欲しいと言っていた物をせっかく買ってきてくれたのに、ヒステリックで壊してしまいました。 本当に申し訳なくて、なんてことをしてしまったんだという思いで涙が出て止まりません。 もう、どうしたら良いかわかりません。 両親への申し訳なさで何度も首を吊ろうとしましたが、できませんでした。 命にかかわる病気ではないため、希望をもってしまうのです。 もしかしたらり治るかもしれない、治ったら医学部へ行けるかもしれない、今まで迷惑と心配とストレスばかり与えてしまった両親へ親孝行できるかもしれないと。 その希望を見ることが辛いです。 希望と現実のギャップがとても辛いです。 このギャップを見ることに疲れてしまいました。 毎日夜になると、トリカブトや首吊り、新しいなにか楽に死ねる方法はないかと調べてしまいます。 自分でも、死にたいのか生きたいのかわかりません。 なにを質問したいのか、なにを答えて欲しいのかわかりません。 どうしたらいいかわかりません。 私は、両親を悲しませたり、ストレスを溜めさせたりしなくありません。 両親には、私のことで心配したりしないで幸せになってほしいです。 たぶん、これが私の一番の願いです。 こんな意味のわからない文でごめんなさい。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

父が急に倒れ意識不明になりました

大学4年生の女です。一昨日、父がくも膜下出血で倒れました。 具合が悪いと言って会社から早退してきた後、自室で変ないびきをかいていることに気付き、私が救急車を呼びました。 昨日手術があり、手術自体はうまくいったのですが、非常に稀な症例のようで、このまま帰らぬ人となる可能性が60%、生きていても植物状態となる可能性が20〜30%、意識が戻り自力で動けるようになる可能性が10%程度と言われました。意識もなく、コロナの影響で原則面会も禁止なので、これから私と母は基本自宅待機になります。 父はまだ50代で、これまでに大病を患ったこともなく、ついこの間まで元気でした。あまりに突然のことで、どうしたらいいのかわからずにいます。手術後、病室で管に繋がれた父の姿を見て、涙が止まりませんでした。 気を抜くとすぐに涙が溢れてきます。家にある父の私物を見るのも辛いです。 もっと早く救急車を呼んでいれば何か違ったかもしれないとか、どうして普段からもっと素直に接してあげられなかったんだろう、感謝を伝えてこなかったんだろうと、自分を責めるようなことばかり考えています。 まだ父は生きているのに、もう二度と意識が戻らないんじゃないかと不安しかありません。 私は大学までずっと実家暮らしで、親に甘えきった生活をしてきました。なんとか就職も決まり、初任給で親に美味しいものを食べさせてあげようとか考えていた矢先のことでした。 私がメソメソしているので、母も気丈に振る舞ってはいますが、眠れていなかったり食欲がなかったりするようです。そのうち母まで心労で倒れてしまうのではないかと不安で仕方ありません。 今回の父の件では、祖父母や叔父、叔母も支えてくれていますが、私が一人っ子なこともあり、こうやって大切な人の死を今後何度も経験しなければならないのかと思うと、とても怖いです。 私は、可能性が1%でもあるなら、父が戻ってきてくれることを信じたいです。数年前、祖母が同じくくも膜下出血で倒れ、かなり重篤な状態でした。しかしその後奇跡的に回復し、今は元通りの生活を送れています。そんな奇跡がまた起こると信じたいです。希望を捨てたくないです。でもその思いとは裏腹に、最悪の事態ばかりを想像してしまいます。 こんな不安だらけの私はこれからどうやって生活していけばいいでしょうか。どうすれば前向きになれるのでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る