お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

出会い系サイト

かおりです。皆さん、本当にありがとうございました。少しずつ元気が出ました。
そこで、さらに元気出そうと無料で安全な出会い系サイトを探しています。
色んな人と出会えれば元気が出ると思うし、いいご縁もあるでしょう。
ここで聞くのもなんですが、無料で安全な出会い系サイトはご存知でしょうか?

お坊さん
有り難し 55
回答 3

質問投稿日: 2013年4月9日 2:14

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

良き師匠に出逢うこと以上の出会いはない

人は誰にも「寂しい」と思う 孤独感があります。
ですが、その寂しさを埋めるために、
人と関わり合うことで解消しようと思われるのであれば、
行き着く先、その限界、極限も心得ておかれるべきであろうと思います。

まず、
「人は誰のモノにもならない」
「人は人を所有することはできない」
どんなに仲良しでも、一人と一人。
どんなに愛し合う仲でも、一人と一人。
悪い意味ではなく、いい意味で、それぞれ別々の存在です。

親御様を縁として、この世に誕生したその瞬間から、
お母様の乳を拠り所として生き“つつも”、
お母様とは別存在の固有の生命、一箇の存在なのです。
ずっと、誰かと一緒にいたいけれど、辛いけれど、
認めたくはないけれども、
それでも、それでも!
それぞれ、それぞれが!
一箇の独立した存在なのです。

どんなに親しい友人でも、夫婦でも、別れたくはないけれども!
…いずれ、別れが…、まいります。
ネガティブな意味ではありません、真実を直視して、そこからさらに一歩を歩むということです。
結婚、夫婦というものも一箇の存在と、一箇の存在との同生活であり、それぞれ独立した固有の存在の共同生活であり、それぞれがいつか各自その生を終えてゆくのです。

たとえ双子であっても、母親からそれぞれ一人生まれてきて、いつか一人死んでゆくのです。
だからこそ、一人でも大丈夫な生き方をする。

この自分という、天地にたった一人しかいない自分をぐらつかせずに生き抜く。
もちろん、ぐらついてもいいです。
でも一人でもぐらつかない生き方はチャンとある。
その生き方こそが仏教であり、それを実践することが仏道なのです。
私もこの世界で良き師匠にめぐりあい、救われました。
あなたに必要な本当の出会いとは、そういう生き方を、与えてくれる出逢いです。
仏、正しい師に出逢い、
法、正しい教え、生き方、あり方に出逢い、
僧、同じ道を志し、安らぎを求める正しい仲間にこそ出逢うべきであると、わたしはおもいます。

5年前

こちらで無料で安全な出会い系サイトを…と

伺われるのは、場違いかと存じますよ。

5年前
回答僧

圓頂寺

GIT

青龍寺さま

青龍寺様に同感です。
何とも言えない違和感を覚えます・・・(汗)

しかしながら、以前「トリビアの泉」というテレビ番組で、寺院出会いサイトというものが存在すると紹介され、一時話題になったのを思えています。
運営者はどこかの和尚さんであったと思います。なにぶん昔の情報なので、今現在どうかは分かりません。

決してオススメするわけではありません。

ここへリンクを貼るのもどうかと思いますので、ネットを検索してみて下さい。

5年前

質問者からの有り難し - お礼

すいません。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ