お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

生きる希望の探し方

幼い頃からいままで、「私が我慢をすれば…」と思って生きてきました。
我慢をしていることを家族には気付いてもらえず、母も、夫も、娘さえ、そんな私を都合良く扱い、果てには裏切るようになりました。

私が我慢すればいつかは、

いつかわかってもらえる

いつか認めてもらえる

そう思い、頑張って、耐えてきたのですが

今の私に残されたのは、

借金と、無職と、鬱病と、絶望だけです。

数年前に、「二人で協力して生活しよう」と約束したのを軽々と裏切り家を出て行った娘。
その娘からつい最近、子どもが産まれたと連絡がありました。

子どもが産まれたことで多少は私の苦労を知ってはくれたようですが、それは氷山の一角でしかありません…。
孫は可愛いですし、娘が「母」として成長してくれたのは嬉しいのですが、裏切られたときのショックが大きすぎて立ち直れないでいます。

今、何に対しても希望が持てません。
生活は困窮、借金もある、60歳間近で仕事なぞ見つからない…
生活保護を受けても、その惨めな状態が続くだけ…。
もう、終わってしまいたい。死んでしまいたい。
そう思っています。

娘は、「生きてて欲しい。今は惨めでも、いつか必ず助けるから」と言っているけれど、

私にはもう、今を生きる希望をどう持てばいいのかわかりません…。

有り難し 14
回答 3

質問投稿日: 2015年1月12日 1:30

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

一秒だけ、下さい。

元気出してください。
神奈川でしたら鶴見の総持寺に報恩婦人会という集いがありましてね。ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。まずは無料の月例法話会がおススメですかね。
お寺の色々なイベントにも参加できますし平均年齢は質問者様と同じくらいで、みな同年代の方と友達になれます。
出られる時だけ顔出して頂ければ結構ですので、まずはちょっと体験してみてください。楽しい会だと思いますよ。
みんな苦難を抱えておられる中で寄り添い合って前向きに生きておられます。
誰かに話聞いてもらうとイイですよ。
わたしがあなただったら…。
私にもお寺の借金あり、生産性ゼロのお寺の住職ですので本寺に食べさせて頂いております。
ここじゃ申しげませんが、そりゃもう人生、山あり谷あり激流あり濁流ありです。
それでもそういう悪い所にばっかりに目を向けますとね、人間恨みがましくなります。人を怨むと人を怨むガスで自分が苦しむほかないのですわ。だから今日から娘は互いに不完全であった、育てたのも自分という事で赦してあげて下さい。赦せないなら、もともとあなただってそうですが、誰のものでもないのです。独立、尊重してあげる事です。
悪いことを考えない為には、そこで少しでも学んだことや為になった所に目を向けましょう。
頭ってざっと1秒につき一つの事しか考えないものですから、1分の中で悪いことをずっと考えていれば60秒間悪いことばっかし考えていたという事になる訳です。どんなことにも悪い面と良い面があります。その悪い面にばかり目を向けない方が良いのです。
こうしてお話をしてくださっただけでも、いろんな坊さんが色んな角度で勇気づけてくれます。
オマケに無料ですから良かったじゃないですか(^<^)。生きているだけでなんか必ずいいことあります。
イイことって、転がってるもんじゃないんです。悪い所や何も無さそな所から見つけるんです。いただくんです。頂戴するんです。授かるんです。
まずは、授かっているものやことや出逢いを感じてみましょう。
私との出会いも御縁です。授かりです。お礼も要りません。ありがたしも結構ですから1秒だけ時間を下さい。そして笑ってみてください。一秒笑えば一秒の笑顔です。

3年5ヶ月前

よく耐え、よく頑張ってきましたね!

きくさん。文面からは細かい事は解りませんが……
しかし、本当にいろいろと我慢をして、頑張って来ましたね。

さぞかし、お辛かった事と思います。

50代と言えば女性は体の調子も変わり本当に体力も精神も辛い時期です。
本当に良く踏ん張って生きていてくれましたね。

どんな状況も頑張って くぐりぬけて来て 今ある貴女の命こそが、きくさんの尊い宝です。

苦労してきた きくさんだからこそ、見える世界があるのではないでしょうか?

自分が苦労した分、人の苦労にも気がつくでしょうし、

同じように我慢する人の辛さも理解できると思うのです。

そうなんです。ご自分のまわりにもし、辛さに耐えている人がいたら、
きくさんはその人に必要な声をかけ励まして上げる事ができるのです。 

娘さんも、きくさんを必要とする日が必ず来る事でしょう。

きくさん。あなたは大切な必要な人なのです。

どうか、それを自覚してご自分を大事になさって下さい。

3年5ヶ月前
回答僧

崇興寺

釈心誓

阿弥陀様は私を照らし続けておられます。

とてもお辛いことですね。
借金も鬱病も簡単に解決できるものではありません。
よくここに書いてくださいました。
ありがとうございます。

浄土真宗は、いのち尽きたその時に、阿弥陀様のおはたらきで、お浄土にて仏にならせて頂く宗教です。

人生は良きことばかりではありませんね。
生きていることが嫌になることもあります。
そして、いずれ死なねばなりません。

そんな私の苦しい人生を大きな光で照らして下さるのが阿弥陀様です。
私が拝まなくても、拝んでくれている仏様なのです。
「かならず救う、我にまかせよ」とおっしゃってくださいます。
私を必ず仏にならせてくださる仏様です。

死んで仏になるって言われても嬉しくない。
そう言われることが多いですが、よくよく聞いて欲しいのです。
仏になることが今決定しているのです。

例えば、大学受験を頑張っている高校生は、「あなたもう大学合格決まったよ」の言葉を待っています。
合格が決まった瞬間に救われます。
まだ大学生になってなくても、もう救われているのです。
ただただ高校生活を満喫するだけですね。

私の人生は仏になることが決まっています。
だからただただ人生を満喫するだけです。
それを喜べないのは、「仏」が何かを知らないからです。
「仏」を聞かせてもらうのが、仏法を聴聞するということです。

私の苦しみ全ての責任をとって下さるのが阿弥陀様です。
どうぞ、仏法をお聴聞してください。

3年5ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ