お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

背中の病気について…

この間、学校の内科検診で背骨のところで引っかかってしまい病院で精密検査をしてもらってと言われさっき病院に行ってきました。

そしたら「脊柱側弯症」が進行していると言われてしまいました…去年もその前も内科検診は受けましたがその時は何も異常はありませんでした。

この病気は左右の肩甲骨、肋骨が左右の高さが合ってない病気と説明されました。

僕の今の状態は25度くらいみたいで40〜50度までこのまま進行すると手術を考えないといけないと言われました…

とりあえず紹介状を書いてもらったので来週、専門の大学病院に行って相談してねと言われました。

確かに思い返してみれば僕は走り方が変で左右、非対称な走り方になってました。

ただ原因は判明してないので何が悪いかはわからないと言われました…

そして治療法は手術までいかなければ装具をつけて矯正して治療することになると言われました。

僕は手術を受けたことがなく、とても不安で怖いんです…自分の体にメスを入れられて開かれるなんてすごく恐ろしくて嫌です…

傷口も大きいのかなど色々と考えてしまいます…

診断された時はがんを宣告されたみたいにすごくショックでなんで僕が…と思いました…泣いてしまいました

幸いにも今はそこまで進行してないので良かったですがもしこのままいけば避けられないと思ってます…

それに僕の家はとても貧乏なので手術なんて保険とかが効くのかも分からず家族の負担になってしまうことも心配です…

まだ中学生なのでわからないことだらけです…どうかこんな僕にアドバイスを下さい…よろしくお願いします

老い・介護・看病・病気
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2016年6月24日 22:02

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

怖がらないで

拝見致しました。

以前、リハビリ科におりました。25度でしたら、装具療法適応の境界ですね。観血的療法(手術など)の要否は、装具をして改善具合を観察しなければ判断出来ません。装具をして進行も治まれば、保存的にじっくり経過を診ていくことになると思います。
また、側弯の種類も幾つかあるので、専門の先生によく診てもらって下さいね。ちゃんと治療すれば、決して怖い病気ではありませんよ。早く見つかって良かったですね。

ご家族のことを気遣う貴方の優しいお気持ちに心打たれました。ありがとうございます。

3年2ヶ月前

「病気と向き合う・看病」問答一覧

「病気と向き合う・看病」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ