お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

恨みと人間関係について

こんにちは。私は都内の専門学校2年(男)です。
学校の人間関係について質問がございました為、質問させていただきました。
軽く状況の方を説明させていただきます。
去年の四月に入学し、一年前の五月から6月終わりまでとある事件がおきました。当時私には好きな女の子Aと女友達B、友達(今は恨みのある)男Cと自分がいました。
とある日からクラスメイト含め周りから距離を置かれていると感じ、いじめとまでは言わないものの、2ヶ月くらい何もしてないのに皆から距離を置かれている時期がありました。その時期は本当に一人ぼっちで頼る人もいない上、自分の好きな女の子Aからも距離を置かれ、とても辛く、たまに泣いていたりもしたりしました。しかし、7月くらいになり、女友達Bが間に入ってくれて状況を聞いたところ、男Cがどうやらクラス中に自分が悪者というデマをながし、あいつとは関わるなと言うふうに流していたそうです。 結果として男Cが女友達Bに謝り、終わる形になったのですが、状況を聞くと自分の好きな女の子Aがその男Cも好きだったらしく、距離を置くための事でした。
それ以降自分は好きな女の子の行動を見てたら冷めてしまい、つい先々週まで月日は流れていました。
専門学校の為、今年就活だったのですが、好きだった女の子Aと一年ぶりに面接対策で二人きりになる時があったのですが、その頃から友人以上恋人未満みたいな関係でした。自分の行動も不適切だったと思いますが、普通に友だちとして食事に行く機会も2、3回ありました。
いろいろ話を聞く中で好きだった女の子Aと男Cは付き合っていたけど、最近になって冷めたので別れたいって言ってるのに別れてくれない、もっと好きと言ったりましてやストーカーと言える行動、尾行や最寄まで行ったりという話を聞き、これは距離を話さなければと思い、ココ最近自分、女の子A、女友達Bで関わらないようにしていました。その結果として適当なデマをクラス外に話され、一部の人から今でも距離を置かれています。
昨日になって思ったのですが、これってこっちはちょっとしたいじめを相手に与えているような気がし、やめようと思っています。また、信用できる友達からもお前のやっている事は違うんじゃない?って言われ、自分自身にも納得は出来ていますが、恨みが溜まって仕方ありません。
どうすればよろしいでしょうか
ご回答よろしくお願いします。

他人・友人関係
有り難し 5
回答 1

質問投稿日: 2016年6月29日 9:21

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

他人に吹聴、精神的に追い込む行為は、何の解決にもならない。

そんなことがあったのですね〜。
最初の段階(去年の5.6月に起こったことね)で、ぎこちないスレ違いが生じたのが、尾を引いていますよね。
もちろん、いくらでも、人間関係は修復していけると思うのですよ。だって、人間は同じ人はいないのだから、みんな違う考えを持っています。それが魅力でもあるわけですから。考えの違いにより、対立もするけど、互いにその考えを尊重し合い 理解するように努めれば、いくらでも、人間関係は築いていけますもの。

ただね、全く関係のない(問題を知らない)クラスメイトにまで、デマを吹聴してまわり、居場所を奪うような行動や、相手を精神的に追い込むようなことは、何の解決にもなりませんし。話がどんどんややこしくなり、誤解ばかり招いてしまいます。最低な行為です。そんなことをする人を、正しい間違い 関係なく、誰が信用できますか。

今、就活中でしょ〜 そんな中で、仲間の相談を聞いたりしながら、支え合う関係は、素晴らしいことですが。彼女の恋愛相談は、ほどほどに。彼女と彼の問題だし、彼女が言っていることも 自分を擁護しているためで、彼の言い分だってありますもの。気持ちが冷めて別れたいというのも、二人(彼女と彼の)問題ですから、周りのクラスメイトを巻き込んではダメですよね。デマって、何でそんなことするのかな〜卑劣な行為、考えられないですよね。。。悲しいなぁ〜

3年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

中田様 丁寧なご回答ありがとうございます。
心の中ではわかってはいるのですが、実際動けるかと言われるとちょっとわからない気持ちだったのですが、お話を聞く中でなるほどと理解しました。 同じ事を繰り返すのは意味無いと
とても参考になりました。 ありがとうございました。

「会社・職場・学校の人間関係」問答一覧

「会社・職場・学校の人間関係」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ