hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

性根を入れるとはどういう意味でしょう?

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

祖父が亡くなった際にお仏壇を購入しました。
それからお坊さんに来て頂いて、性根を入れて頂きました。
また位牌にも同じように性根を入れて頂きました。

その時にはそういうものだと特に疑問を持っていませんでしたが、今は性根をいれるってどういう意味だろうと考えています。
親に聞いてもよく分からないようです。

お坊さんに入れて頂いた性根というのはどういうものでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

とても大切な事です

こんばんは。真言宗の悟東あすかです。

シャ家族さん.恐らくあなたなら既にネットで調べて知っておいでなのではと思うのですが…。

仏壇は家にある小さなお寺の出張所のようなものなのです。
つまりマイお寺といったところでしょうか?

ですから、ただ単に綺麗な箱に仏像と位牌が入っていると言うわけでは無いのです。

真言宗ではお寺の本堂を建立するときには、
かなり大変な儀式をいくつもして
土地の神に場所を使う許しを得て、その場に結界を張り、…etc
…密教なので細かくは書けませんが
それはそれは多くの事をしてやっと本堂が建立されるわけです。

そのような「お寺」を小さくとも自宅に作るのが仏壇です。

ですから、お寺の本堂とまでは行かなくても、
僧侶による それなりの修法が必要になって来ます。
それが仏壇の開眼です。(真言宗では開眼と言います)
ですから、一旦仏壇を置いて僧侶に開眼して頂いたら、
動かすごとに僧侶に来て頂き
作法をしていただいてください。
(動かす時に結界を解き、動かした先で結界を張り直します)

更に、仏壇は仏壇の開眼だけではなく。本尊の開眼が必須です。
購入した仏像が「仏様」として、
仏様が仏像の中に目覚めて頂く修法をします。
(仏像も開眼の修法の後は決して粗末にならぬように、香華を絶やさずお供えをして下さい。
移動させる時も僧侶にお願いして下さい)

お位牌は故人のこの世の繋がりとして遺族や子孫から供養を受けられるように
僧侶により開眼して頂きます。
ただ、お位牌だけはご遺族が自分の手で移動をさせる事が可能です。

以上書かせて頂きましたが、
これは真言宗の私が受けた流れ(伝授)によって私が得た内容を
書かせて頂きました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

浄土真宗にはそのような考えはありません。

仏様を入れる?という概念自体が摩訶不思議なことです。

浄土真宗のご本尊は阿弥陀如来です。
「帰命尽十方無碍光如来」という別名があり、全ての空間を埋め尽くす仏様という意味です。
つまり阿弥陀様がおられない場所はないので、そもそも「入れる」という概念がありません。

そして、そのようなイタコのような特殊能力は真宗僧侶にはありません。

浄土真宗では、お仏壇を迎える際には「入仏法要」というものを行います。
それは仏様を入れるという儀式ではなく、私が仏道に入る儀式という意味です。
今日からこの場でお念仏申す日暮しを始めますという最初の儀式。
阿弥陀様のお姿を前にお経を読みお釈迦様の教説を聞き、阿弥陀様のお徳を称えお念仏を申す私の信仰の第一歩、始まりの儀式です。
それが「入仏法要」です。

僧侶はその信仰をお手伝いするだけです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

開眼供養です。

 仏壇を買ったままではただの仏壇というもの。仏壇の中に佛様の魂や御先祖様の御霊を入れることを性根入れと言います。仏壇にお参りするならものではなく、佛様が入っていないとありがたくありませんよね。
 因みに、老朽化などで新品に替えるときは撥遣供養(性根抜き)して、新しい仏壇に御霊や魂を入れ替える開眼供養を行います。
 最近、このような質問が多いですが、結局、書籍やネットに答えがたくさん載っています。宗派の教義も書籍やネットに溢れておりますので、自分でそのようなことはドンドン調べましょう。自分で確認することのほうが大切だと思います。もう1つは、菩提寺の和尚さんとこれを機に交流するきっかけを作ることも大切だとおもいます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

質問者からのお礼

大鐵 様
悟東 あすか 様

お答えくださりありがとうございます。
確かに既にネット等では検索しました。
本当にそれで正しいのかという思いでした。
ありがとうございます。

「位牌・仏壇」問答一覧

母親の施設入所後の仏壇をどうすればいいか

実家の母親は施設に入所しています。実家は空き家になっています。 仏壇があるのですが、今までは月に一回、お寺さんが来てくださる時は近くに住んでいる姉が実家に帰ってきてくれていたのですが、事情があり、姉は実家に帰ってくることが困難になりました。 今後、仏壇をどうするのがいいのか悩んでおります。 父親は『墓はいらない』と言って亡くなり、親戚の人から今のお寺さんを紹介していただき、御本山の合祀墓にお骨は納めてあります。 母親も、そして独身の姉も父親と同じ形になると思います。 ですので、今のお寺さんとの御縁は大事にしたいと思っています。 私は、遠方に住んでいて、年に数回なら、帰ってこれますが、毎月は無理です。 夫は、仏壇を家に迎える事をあまりよく思っておりません。 今年一年は、私が帰れる時だけお寺さんに来て頂き、それ以外はお寺さんの所で拝んで頂く様にお願いしました。 お寺さんは、姉のマンションに移動すれば良いのでは、とおっしゃるのですが、姉は決心がつかないようです。 私も自分が仏壇をみれないのに、姉に押し付けることは出来ないと思っています。 そもそも、空き家に仏壇を置いておく事がおかしいのかもしれませんが、年に数回だけ、お寺さんに来ていただくというやり方は 失礼なことなのでしょうか? もちろん、来ていただかない月の分もお布施は用意したいと思っております。 いづれは実家を処分することになるとは思います。そうなれば、このやり方も出来なくなるかと思うのですが…… 来月、今後の事をどうするかお寺さんにご相談しないとと思っていますが、あまり失礼な事を言って、関係がこじれる様な事は避けたいと思っています。 アドバイス頂きたく、よろしくお願いします。 ちなみに宗派は浄土真宗です。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

長男と一人っ子夫婦の仏壇

お世話になります。表題の件です。 私の実家は真言宗豊山派、夫の実家浄土真宗です。 プロフィールで私の家族構成は説明させていただいているのですが、この度実父が介護施設に入居しました。実母の位牌は実家にあり、実母と反りが合わなかった祖母(位牌)、叔父のもとに置いてきてしまった、、といつも心の隅がザワザワしています。 父と相談し、いずれは介護施設か私の自宅に小さな仏壇を用意し、まずは母の位牌を、叔父の死後は祖父母と父の姉(夭逝)の位牌を「先祖代々」のようにまとめてその仏壇に…と思っています。ちなみに実家は仏壇ではなく、父が家具として作り付けの棚を設置し、内側を金色にし、大日如来の絵を飾り、仏具を揃えたものでした。 ただ、夫側は…いずれ両親が亡くなったときの位牌はどうするのか?私は何となく近所に住む義弟の家に仏壇を置くのかと思っていたのですが、「俺が長男なんだし、うちで仏壇を買ったら、そこにうちの親の位牌も一緒に置けばいいんじゃない?」と。介護施設にまずは設置するかもしれない、と考えて、父の預金から購入する予定でした。そこに義両親の位牌って…となんだか複雑です。でしたら、「夫と私」という新しい家族として仏壇を購入し、みんなまとめて祀る…? 「嫁に入った立場」だから、夫側を優先すべきなのでしょうか? ちなみに夫の実家には仏壇はありません。先祖の位牌もありません。 私は一人っ子で物理的にも私以外が引き継ぐことは不可能なのですが、夫は弟がいるので、そちらに祀るという考えも有ると思うのですが、今まで実感すらわかなかった「長男」がのしかかってきました。 長文で申し訳ありません。アドバイスいただけると幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

仏壇の設置位置についてお教え下さい。

我が家は、義父のが分家し私達の代が2代目となります。 先日、義父が他界し仏壇とお墓を新しく設けなければなりません。仏壇の設置位置について仏間のなかで一番設置に都合の良いと思われる位置が2階の廊下や階段の下になります。 義母は『階段や廊下の下は仏さまを踏みつける事になるから絶対だめだ』『階段を付け替える』『廊下・階段の下にならないように、壁際から少し前にずらして設置する』と申しております。 ・“天”“空”と書いた紙を貼り付けたら階段下や廊下の下でも良いではないか ・一部分を塞いでも問題ない2階廊下に収納スペースにしてしまい、その下に設置したら問題ないのでは と提案はしておりますが、頑なに階段下はダメだと話が進みません。 私としては、階段下、廊下の下を避けた位置に仏壇を設けるとなるとちょっとした改築を伴うので今後の義母・両親や私たちが病気になった時などを考え蓄えをしておきたいという資金面の事もありますし回避したいと思っております。また、仏壇を壁際ではなく前に張り出させると不恰好ですし気になります。それに、前に張り出させたところで、そこは2階の部屋の入り口になるので、廊下の下と何ら変わらないと思います。 そこでご質問です。 ・仏教として、階段下・廊下の下に仏壇を設置することは問題ないのか、それとも禁じられていることなのでしょうか? ・禁じられているとしても、何か対策をとれば問題ないのか。(天や空と記した紙を貼る、仏壇の上に簡易的な屋根を作り階段と仏壇の境界を作るなど) ・そのた対策 があれば、どなたかお教え頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る