お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

虐待を受けた自分を大切にできない

男性から受けたトラウマに今、苦しんでいます。
誰にも言わず生きてきたので、人格障害の症状がでます。主人、娘に迷惑かけて、家庭が壊れそうで不安です。
自分を大切にするにはどうしたらいいでしょうか。、他人を思いやる、感謝する、自分が変われば関係は上手くいくのはわかっています。

有り難し 10
回答 2

質問投稿日: 2015年3月1日 7:45

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

受け止めてくれる人をもつ

まずご主人には、(年齢によってはお子さんにも)理解と承諾をお願いいたしましょう。
今後、声を荒げたり、感情的にカッとなってしまった時に、最後までぶつけさせてくれることを赦してほしい、と。
どうしても感情をコントロールできないことがあるので、感情的になった時に、それを最後まで、そっと受け止めて欲しい、発作だと思って、3分間だけ我慢して受け止めて欲しい、と。
(3分間怒り続けられる人はいませんので)
ご主人やお子さんに対して怒りをあらわにしていているというよりは、以前の嫌な記憶が混同してしまって、相手にぶつけてしまう所があるところがあることを分かってほしい、と。
そういうものとして受け止めて欲しい、と、ある僧侶から言われたと、お伝えください。そうでないとご主人の身が持ちませんし、あなたも相手に言いたいことを言えずに苦しくなってしまいます。そしてご主人からはお嬢さんに、ママはそういう発作が起こるから、そういうものであると思ってほしいと伝えてもらってください。
反発せずにただ受け止めてほしい、と。
あなたが、怒りをぶつけるべきは本当はご主人や子供さんではありません。
あなたの怒りは過去のイヤな体験からの防御・防衛反応的なものであろうとおもいます。
まず、あなたの辛さ、怒り、許せない感情、それを受け止めてくれる人が必要です。
一人が良ければ一人でも結構ですし、ご主人とお嬢さんご一緒でも構いません。お話をおきかせください。
予約をとって頂ければ平日でも結構ですし、日曜参禅会が終わった後に個人面談、個人相談もしています。機会があればウチのお寺でよければお話をお聞かせいただければ直接的にご助言ができるかとは思います、あなたにとって必要なのは、まず誰かの助言よりも、受け止めてくれる人、明かせる人であろうと思います。
良かったら禅を学んで諸行無常、諸法無我の道理を深く学んでみませんか?
心身共に生まれ変わっていることの意識の植え付けがなされれば、過去を振り返ることが仮にあっても、それはもう幻であると体でじかに分かるので、トラウマもフラッシュバックも沸き起こっても機能しなくなりますよ。専門分野ですので、一度話だけでも聞きに来てみてください。

3年2ヶ月前

分かち合いに参加されては

誰にも言わずに生きてきたとありました。本当にお辛かったでしょうね。

現在のかなこさんの中に今でも住み続ける「かつての自分」を、すべて許し、かなこさん自身が抱きしめて差し上げてください。今、こうしてかなこさんがご家族のためにがんばっていらっしゃる努力は素晴らしいことです。そのことにぜひ自信を持って、過去を否定せずに、認めて許してください。

苦しみとは時に、理想の自分が現実の自分を責めることから起こります。
ですので、他人が許すのではなく、自分が許すのです。そのためには同じような苦しみを持つ方とお話しすることが、よい方法です。同じような苦しみを抱えた人たちが気持ちを話す「分かち合いの会」があります。具体的にこの会がいいとここではお答えできませんが、ネットで調べると都内にもいくつかあるようです。ご都合がつくのでしたら参加されることをおすすめいたします。

3年2ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ