hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

なぜお墓に線香をたてるのか、遺骨は墓にあるのに仏壇があるのか

回答数回答 5
有り難し有り難し 76

お彼岸などでお墓参りをするとき線香をたてますが、そういえばなぜ線香をたてるのか考えたこともなく、何気なく行っていました。なぜお線香をたてるのでしょうか?

また我が家には仏壇はありませんが、親の実家には仏壇があります。
遺骨はお墓に眠っているのに、なぜ仏壇があるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お線香と仏壇

中間管理職様

宗派により、またお伝えにより違うところはあるかと思いますが、私の聞いてきたところを申しますと。

「お線香」
むかしインドでは、尊敬する人を家に招く時にお香を焚いたことからきていると聞きました。
お香の中を歩くと、暑いインドでもすこし涼しく感じるのだそうです。
また、同じように暑いインドの大地をすこしでも涼しく歩いてこられるように、花びらを歩いている人の前にまいたのがお花を飾ることになったとのこと。
それと、尊敬する人にロウソクを贈ることからロウソクを飾ると聞きました。

このように尊敬する人に敬意を表しているのが、いまのお荘厳だと教わりました。

「遺骨と仏壇」
これは宗派により、より解釈が分かれるところですが。
お釈迦様がガンジス川に遺体を流してくれとおっしゃったように、遺骨に執着することはよくなかったのではないでしょうか。
お釈迦様にそう言われてもその通りにできなかった一般信者がお釈迦様の葬儀を執り行い、遺骨を持って帰ったそうです。
その際、出家者の葬儀への出席はお釈迦様からかたく戒められていたと教わりました。

その信者が持って帰った仏骨をおさめたのが仏塔で、いまのお墓の原型になっているそうです。
それを中心に仏教が各地に広まったのが大乗仏教だと授業で習いました。

また仏壇に関しては、真宗では仏様にあう場所です。
そして浄土往生し仏になられたご先祖にあう場所でもあります。
お骨を礼拝しているわけではないので、お仏壇が必要なのだと思います。

お伝えや宗旨が違うと思うので師匠に聞くのが一番だと思いますが、私のお伝えではこう聞いてきました。
ご参考になれば。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

「功徳聚」のすがたとして

御香には「身心を清める」という意があると伺いました。
法句経という経典には、   
 「花の香りは風にさからって進んではいかない。
 栴檀もタガラの花もジャスミンもみなそうである。
 しかし、徳のある人びとの香りは、風にさからって進んでいく。」
というように、香りというのは仏教では特別なチカラをもつものだとされて
います。

お墓に御香を供えるというのは、徳(他者・他生への恵み)のかおりを
供えることなのだと思います。亡き人の供養において、いまだ徳の足りてる
とは言えぬ自分をかえりみ、実際に香りのよい香木からとった抹香や線香
を供えて自身の徳を供える、というのが線香を供える意になっていくのでは
ないかと考えます。

遺骨は墓に、仏壇は家に。という事ですが、
釈尊の遺言といえる大般涅槃経において、アナン尊者に転輪聖王、つまり
釈尊自身の遺体の処置法を話しますが、そこにおいて遺骨はストゥーパに
納める、つまりお墓の建立のことを示しています。
前述のように、お墓は遺された者が自分の徳をかえりみる場所であります。
お墓の別名として禅学大辞典というものには「功徳聚(くどくじゅ)」とも
記載されております。自身の功徳を積むこともまた亡き人の功徳になる、
という意なのだろうと思います。

仏壇は、仏教そのものの教えを受ける場所や、或いは沙門、僧侶を迎えて、
いきぼとけに対して供養することもまた自身の徳を積むことであるとして、
そうした方々を迎える場所を自宅に一室設けたのが仏間であり、
更にミニマム化していって仏壇となったのだと考えます。
ようは自宅内の本堂であります。御実家にお仏壇があっても、
自分の家にも簡易的でいいので仏壇をもうけ、ほとけさまや御先祖様に
ご供養する場として頂けたらとは思います。強制ではありません(^^;)

供養とは、自分の中から湧き出る「せずにはおれない感謝・報恩のこころ」
があってそれが形として表されていったものであります。
おひさまが何も求めずともこうこうとひかりを照らすが如く。
ほとけさま、御先祖様がいのちの限りをもって今に私といういのちを遺し、
育んで下さっていることを尊び、そのご恩に報いていく生活の中に、
仏壇やお墓という「徳を聚める」場所があるのだと小生は仏典のことばから
感じるのです。
さちあれさちあれ。合掌。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土真宗の立場でお答えします。

〉何故、お墓に線香をたてるのか?
お香は『私を清めて下さる仏様の香り』です。
お花=仏様のお慈悲のお心、蝋燭=煩悩を焼きつくす仏様の光(働き)を表します。
墓前にこれら三種をお飾りすることで、私に対して働きかけて下さる仏様を表現しています。
無くても問題はありませんが、作法の上においては無作法ということになります。

〉遺骨はお墓にあるのに、なぜ仏壇があるのか?
お墓は遺骨を安置し故人を偲び、後世に伝えていく為のモニュメントです。
無くても何も問題ありませんが、特に故人を後世に伝えていくためにはとても大切なものです。
お仏壇は阿弥陀仏のお世界である極楽浄土を模したモニュメントです。
阿弥陀如来が礼拝信仰の対象であり、お仏壇は日々の生活の拠り所です。
お浄土は故人が往かれたお世界でもありますが、あくまでお仏壇の中心は阿弥陀如来ということになります。
信仰の第一歩はお仏壇を迎えることから始まるとも言えます。
本来は誰が死んで迎えるものではありません。

様々なものに疑問を持つことから理解が深まります。
貴重なご質問頂きありがとうございます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

開眼供養すれば、墓石も仏壇も仏様と同じです

  供養の仕方について様々な分類方法がありますが、最もポピュラーな分類に五供があります。五供とは、仏前にお供えする五種類の供物(香・華・燈明・飲食・閼伽)を言います。

  仏教では、仏道を増益する良く薫るお香、仏が好まれる匂いを、好香と呼びます。仏界に居られる如来や「あの世」に往かれたご先祖様は、現世の食べ物を口にしません。香食と言って、好香の良き匂いを食します。如来は供えられた好香を食し、それに感応して衆生のために手を差し伸べます。香の事を「仏への使い」といい、香を焚く事を通して仏へ信心を捧げてきました。以上の事から、我々は香を焚き、仏様や御先祖様に真心を供えるのです。お墓参りで線香を焚くのも、御先祖様に「食べ物」を供し好香を捧げて我々の真心をお伝えするためです。

  仏壇や墓石をどう理解するかについては、宗派によって、また同じ宗派でも人によって説明の仕方は異なる部分はあると思います。「遺骨は墓にあるのに、なぜ仏壇があるのか」について思うところを述べさせていただきます。

お墓も大事。同じように仏壇も大事。何故なら、どちらも開眼法要を行い、仏様と同様のものとしたからです。これが私なりの答えです。

以前、ブログに以下のような記事を書いたことがあります。参考にして下さい。

「千の風になって」が流行っていた時に質問されたときに次のように答えました。
「 仏教の立場から言えば、墓石は仏塔や位牌と同じ礼拝対象です。墓石を建立した時、点眼という儀式を行います。いわゆる御真入れです。位牌や仏像と同様に、仏様の命を移すという儀式です。だから、位牌や仏塔と同じようにお参りするのです。そして、お墓は亡き人の遺骨を埋葬する場所であり、墓石は亡き人の俗名と戒名を記録する記念碑でもあります。仏弟子となった御先祖を記念し供養するのが、お墓です。ですから、強いて言えばそこに居なくても、眠っていなくても、構わないということになります。しかし、実際問題として亡き人のために手を合わせお参りしようとする場合、その行き先として第一に考えるのが、遺骨が埋葬されているお墓であり、第二に自宅の仏壇であり、第三に菩提寺の位牌堂となるでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/dorinji/14855811.html

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

宗派によって解釈は異なりますが…

仏壇・墓参・焼香の解釈は、最終的にはそれぞれの宗派の方にお聞きするのが一番だと思います。しかし、それでは満足のいく回答にはならないと思いますので、私の考えを少しばかり述べさせていただきます。

①仏壇とお墓の関係について
仏壇が意味するところは、各宗派によって解釈が異なると思われますが、仏壇の中心に安置されているのは、どの宗派でもご本尊で、故人ではありません。つまり、仏壇はお寺の内陣と同じです。それに対して、お墓は遺骨を安置する場所です。

②墓前での焼香(線香をたてること)の意味について
墓前でのお参りも、各宗派によってその解釈は異なると思いますが、墓前での焼香(または線香をたてること)は、墓前でのお参りが、仏教儀礼としてのお参りの一つであることを表すものだと言えます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

「お墓」問答一覧

墓じまいについて

母が方のお墓なんですが、母の兄弟が弟と妹で家督は弟が継いでいます。 弟(叔父)は十数年前に他界し叔母(叔父配偶者)と娘(2人)が継ぐことになるでしょうが、 叔母の信仰宗教上、当初から全く墓参りもせず墓守を放棄した状態でした。 ただ、母と叔母(母の妹)が時折、墓参りをして墓の清掃もしていましたが、 このままでは私の世代で墓守がいなくなり無縁仏になってしまいますので ゆくゆくは墓じまいして永代供養にしようと思っておりました。 母方の菩提寺は曹洞宗です。 父方の菩提寺は臨済宗です。 当家は父が次男の分家で特にお寺とお付き合いはなく無宗派状態です。 今年、母が他界し葬儀の時に葬儀屋からの紹介で 菩提寺とは別の臨済宗のご住職をご紹介いただきお付き合いが始まりました。 そのご住職は永代供養にもご熱心で 母方の墓じまい、永代供養と両親と私(妻子無し)の永代供養の相談に乗って頂いております。 これを機に私が先導して母方の墓じまいと永代供養したい旨を親戚一同に説明し了承を頂き 先日、お墓の閉眼供養を終えております。 お墓は土葬で墓石でなく墓標が建てられているだけで6基分ありますが 残っている墓標は1基だけです。 おそらく火葬で骨壺が埋葬されているのは祖父母だけで 遺骨を移せるのも祖父母だけで他は埋葬のままになるかと思われます。 墓地は市が所有する共同墓地でお墓所有者の地区長が管理しています。 先日、とある霊能者の相談で墓じまいの事を聞くと 『長年、供養されてきたお墓を引き払い永代供養するのは「あなた(私)」の勝手な都合で ご先祖はよく思わない、ましてや母方分家のあなたがするのはおかしい。 先ずはあなたがちゃんと墓参りして供養の気持ちを伝えていきなさい。 それから自分自身が体力的や諸事情で墓参りが難しくなったら考えればいい』と叱られました。 確かに自分の勝手な都合で今すぐすることでもないことも理解できます。 親戚にはある程度進めて閉眼供養までしており できればこのまま墓じまいして永代供養したいと思っていますが 自分勝手な事だと思うとと迷ってしまいます。 このまま墓じまいしても先祖供養に差し障りないでしょうか? それとももう少し先延ばしにした方がいいのでしょうか? もし先延ばしするのであれば閉眼供養してしまった事は また開眼供養すればいいのでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

墓、仏壇選びと四十九日

初めまして。先日母が亡くなりました。母の弟は創価 学会で、母は学会に入ってませんが、小さな手のひらサイズのご本尊をお借りしていつも南無妙法蓮華経と手をあわせていました。ご本尊は母の弟に返しました。 今回葬式をするのに、私の父も弟も私も、無宗派なので母の弟に色々お願いしました。学会の葬式を初めて見たので、お坊様がいないこと、学会の方が普通にスーツでお経を唱えられたこと、戒名がもらえないこと、等を知りました。母の死に私達家族3人は余裕がなく、任せてしまったのですが、 私達が勉強不足だったと反省です。 しかし四十九日にもまた母の弟にお願いするのか、父は位牌に俗名でなく戒名がいいからどこかお寺を決めてお坊様にお願いしたいと言ってます。学会に入っていないけど、母は南無妙法蓮華経といつも唱えていたのであれば、日蓮のお寺にお願いしても間違いではないでしょうか?学会との関係がよくわからないのですが、さすがに母の弟には聞けず悩むところです。仏壇も家が狭いので小さいのを置きたいのですが、仏壇屋さんに、本尊を選ぶ為に宗派を決めて来て下さいと言われました。 それと私と弟は結婚してますが子供はいません。なので私達の代で終わってしまう為に、永代供養墓を考えています。しかし親が10年以上前に墓の土地だけ買ってます。父は土地手放してもいいし、好きにしていいと言ってますが、母はきっとそこにお墓を建ててもらうつもりでいただろうなーと思うと悩みます。 初めての事ばかりだし、周りに相談する人もいなくて、こちらに相談させて頂きました。色々無知で申し訳ありません。母は色々知ってて頼りになる人だったのに、その母がいなくなり私達家族は無知ばかり残って情けないです。母にはきちんとした供養をしたいので何卒アドバイスお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

墓の跡取りについて(冷酷家系)

母は3姉妹の長女で子供は私一人であり、本来なら私が跡取りだとは思います。 10代の時に拒否したら「あんたが継がなきゃ誰が継ぐのよ」と罵倒されました。 拒否したい理由  1:母親からの精神的虐待で心体が壊れ、現在も心身不調に悩まされているから 2:母方祖父母が嫌い 母自身大事にされていない。機嫌が悪いと子供が食事中でも関係なく「ちゃぶ台」をひっくり返し、食べ物も粗末に出来るような人。 母からは「誕生日すら祝ってもらっていない」「家族旅行なんて行ったことない」など、いい話は聞いたことが無く、私は祖父母とその一族が嫌いでした。 自分の事しか考えない、無神経、非常識な人達で、関わりたくない人種です。 祖父が他界した時、すでにお墓にいた私の弟を30年も経っていたけれど手元供養に変更したほどです。祖父と弟を一緒に置いておけませんでした。 数日前、実はこの祖父が生前「次女の次男坊に後を継がせたがっていた」事がわかりました。次女(叔母)からは「次男には自分達の墓をお願いするから」と断られていたそうです。私は全然知らず、母が口を滑らせました。私は祖父から跡取りとは思われていなかったようで心から安堵しました。私に何も言わず亡くなった理由がわかりました。跡取りにするつもりはなかったのです。従兄弟は5人います。 無宗教でお寺との付き合いなく祖父が他界後は母名義で管理費も払っています。 まず、自分を壊すような母の墓など継ぎたいはずがない事はご理解いただけるでしょうか。私自身は独身、自分の経験上、「人の親だけにはなりたくない」と思って生きてきたため、どのみち継承者を産むこともなく、手元にいる弟と一緒に入るお墓を探し人生を閉じる計画です。母には継ぐ意思がない事を伝えてあります。一族とは縁を切りたい事も。 問題は次女である叔母が拒否した事です。誰も継ぎたがらない。 そもそも孫を可愛がるような祖父ではなく孫も寄り付きませんでした。 将来最悪は更地にされるかもしれません。そもそも子や孫を大事にしておらず、自業自得だと思うほど私の心は壊されました。 私自身の過去の経験に影響されて、正常な判断が出来ません。 最近母自身も「私も入りたくないな」と言い出す始末。 冷酷家系のお墓の継承について 誰でもいいから(血縁内)無理にでも継がせるべきですか? 更地など、ご先祖様から呪われないか心配です。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る