hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

なぜお墓に線香をたてるのか、遺骨は墓にあるのに仏壇があるのか

回答数回答 5
有り難し有り難し 77

お彼岸などでお墓参りをするとき線香をたてますが、そういえばなぜ線香をたてるのか考えたこともなく、何気なく行っていました。なぜお線香をたてるのでしょうか?

また我が家には仏壇はありませんが、親の実家には仏壇があります。
遺骨はお墓に眠っているのに、なぜ仏壇があるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お線香と仏壇

中間管理職様

宗派により、またお伝えにより違うところはあるかと思いますが、私の聞いてきたところを申しますと。

「お線香」
むかしインドでは、尊敬する人を家に招く時にお香を焚いたことからきていると聞きました。
お香の中を歩くと、暑いインドでもすこし涼しく感じるのだそうです。
また、同じように暑いインドの大地をすこしでも涼しく歩いてこられるように、花びらを歩いている人の前にまいたのがお花を飾ることになったとのこと。
それと、尊敬する人にロウソクを贈ることからロウソクを飾ると聞きました。

このように尊敬する人に敬意を表しているのが、いまのお荘厳だと教わりました。

「遺骨と仏壇」
これは宗派により、より解釈が分かれるところですが。
お釈迦様がガンジス川に遺体を流してくれとおっしゃったように、遺骨に執着することはよくなかったのではないでしょうか。
お釈迦様にそう言われてもその通りにできなかった一般信者がお釈迦様の葬儀を執り行い、遺骨を持って帰ったそうです。
その際、出家者の葬儀への出席はお釈迦様からかたく戒められていたと教わりました。

その信者が持って帰った仏骨をおさめたのが仏塔で、いまのお墓の原型になっているそうです。
それを中心に仏教が各地に広まったのが大乗仏教だと授業で習いました。

また仏壇に関しては、真宗では仏様にあう場所です。
そして浄土往生し仏になられたご先祖にあう場所でもあります。
お骨を礼拝しているわけではないので、お仏壇が必要なのだと思います。

お伝えや宗旨が違うと思うので師匠に聞くのが一番だと思いますが、私のお伝えではこう聞いてきました。
ご参考になれば。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

「功徳聚」のすがたとして

御香には「身心を清める」という意があると伺いました。
法句経という経典には、   
 「花の香りは風にさからって進んではいかない。
 栴檀もタガラの花もジャスミンもみなそうである。
 しかし、徳のある人びとの香りは、風にさからって進んでいく。」
というように、香りというのは仏教では特別なチカラをもつものだとされて
います。

お墓に御香を供えるというのは、徳(他者・他生への恵み)のかおりを
供えることなのだと思います。亡き人の供養において、いまだ徳の足りてる
とは言えぬ自分をかえりみ、実際に香りのよい香木からとった抹香や線香
を供えて自身の徳を供える、というのが線香を供える意になっていくのでは
ないかと考えます。

遺骨は墓に、仏壇は家に。という事ですが、
釈尊の遺言といえる大般涅槃経において、アナン尊者に転輪聖王、つまり
釈尊自身の遺体の処置法を話しますが、そこにおいて遺骨はストゥーパに
納める、つまりお墓の建立のことを示しています。
前述のように、お墓は遺された者が自分の徳をかえりみる場所であります。
お墓の別名として禅学大辞典というものには「功徳聚(くどくじゅ)」とも
記載されております。自身の功徳を積むこともまた亡き人の功徳になる、
という意なのだろうと思います。

仏壇は、仏教そのものの教えを受ける場所や、或いは沙門、僧侶を迎えて、
いきぼとけに対して供養することもまた自身の徳を積むことであるとして、
そうした方々を迎える場所を自宅に一室設けたのが仏間であり、
更にミニマム化していって仏壇となったのだと考えます。
ようは自宅内の本堂であります。御実家にお仏壇があっても、
自分の家にも簡易的でいいので仏壇をもうけ、ほとけさまや御先祖様に
ご供養する場として頂けたらとは思います。強制ではありません(^^;)

供養とは、自分の中から湧き出る「せずにはおれない感謝・報恩のこころ」
があってそれが形として表されていったものであります。
おひさまが何も求めずともこうこうとひかりを照らすが如く。
ほとけさま、御先祖様がいのちの限りをもって今に私といういのちを遺し、
育んで下さっていることを尊び、そのご恩に報いていく生活の中に、
仏壇やお墓という「徳を聚める」場所があるのだと小生は仏典のことばから
感じるのです。
さちあれさちあれ。合掌。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


浄土真宗の立場でお答えします。

〉何故、お墓に線香をたてるのか?
お香は『私を清めて下さる仏様の香り』です。
お花=仏様のお慈悲のお心、蝋燭=煩悩を焼きつくす仏様の光(働き)を表します。
墓前にこれら三種をお飾りすることで、私に対して働きかけて下さる仏様を表現しています。
無くても問題はありませんが、作法の上においては無作法ということになります。

〉遺骨はお墓にあるのに、なぜ仏壇があるのか?
お墓は遺骨を安置し故人を偲び、後世に伝えていく為のモニュメントです。
無くても何も問題ありませんが、特に故人を後世に伝えていくためにはとても大切なものです。
お仏壇は阿弥陀仏のお世界である極楽浄土を模したモニュメントです。
阿弥陀如来が礼拝信仰の対象であり、お仏壇は日々の生活の拠り所です。
お浄土は故人が往かれたお世界でもありますが、あくまでお仏壇の中心は阿弥陀如来ということになります。
信仰の第一歩はお仏壇を迎えることから始まるとも言えます。
本来は誰が死んで迎えるものではありません。

様々なものに疑問を持つことから理解が深まります。
貴重なご質問頂きありがとうございます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

開眼供養すれば、墓石も仏壇も仏様と同じです

  供養の仕方について様々な分類方法がありますが、最もポピュラーな分類に五供があります。五供とは、仏前にお供えする五種類の供物(香・華・燈明・飲食・閼伽)を言います。

  仏教では、仏道を増益する良く薫るお香、仏が好まれる匂いを、好香と呼びます。仏界に居られる如来や「あの世」に往かれたご先祖様は、現世の食べ物を口にしません。香食と言って、好香の良き匂いを食します。如来は供えられた好香を食し、それに感応して衆生のために手を差し伸べます。香の事を「仏への使い」といい、香を焚く事を通して仏へ信心を捧げてきました。以上の事から、我々は香を焚き、仏様や御先祖様に真心を供えるのです。お墓参りで線香を焚くのも、御先祖様に「食べ物」を供し好香を捧げて我々の真心をお伝えするためです。

  仏壇や墓石をどう理解するかについては、宗派によって、また同じ宗派でも人によって説明の仕方は異なる部分はあると思います。「遺骨は墓にあるのに、なぜ仏壇があるのか」について思うところを述べさせていただきます。

お墓も大事。同じように仏壇も大事。何故なら、どちらも開眼法要を行い、仏様と同様のものとしたからです。これが私なりの答えです。

以前、ブログに以下のような記事を書いたことがあります。参考にして下さい。

「千の風になって」が流行っていた時に質問されたときに次のように答えました。
「 仏教の立場から言えば、墓石は仏塔や位牌と同じ礼拝対象です。墓石を建立した時、点眼という儀式を行います。いわゆる御真入れです。位牌や仏像と同様に、仏様の命を移すという儀式です。だから、位牌や仏塔と同じようにお参りするのです。そして、お墓は亡き人の遺骨を埋葬する場所であり、墓石は亡き人の俗名と戒名を記録する記念碑でもあります。仏弟子となった御先祖を記念し供養するのが、お墓です。ですから、強いて言えばそこに居なくても、眠っていなくても、構わないということになります。しかし、実際問題として亡き人のために手を合わせお参りしようとする場合、その行き先として第一に考えるのが、遺骨が埋葬されているお墓であり、第二に自宅の仏壇であり、第三に菩提寺の位牌堂となるでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/dorinji/14855811.html

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

宗派によって解釈は異なりますが…

仏壇・墓参・焼香の解釈は、最終的にはそれぞれの宗派の方にお聞きするのが一番だと思います。しかし、それでは満足のいく回答にはならないと思いますので、私の考えを少しばかり述べさせていただきます。

①仏壇とお墓の関係について
仏壇が意味するところは、各宗派によって解釈が異なると思われますが、仏壇の中心に安置されているのは、どの宗派でもご本尊で、故人ではありません。つまり、仏壇はお寺の内陣と同じです。それに対して、お墓は遺骨を安置する場所です。

②墓前での焼香(線香をたてること)の意味について
墓前でのお参りも、各宗派によってその解釈は異なると思いますが、墓前での焼香(または線香をたてること)は、墓前でのお参りが、仏教儀礼としてのお参りの一つであることを表すものだと言えます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

「お墓」問答一覧

お墓のことで相談します。

約25年前に夫と死別しました。 夫の実家はイチゴ農家で義理の両親と同居していましたが、夫の死後、位牌は持たずに当時2歳半の娘と共に同じ市内の実両親・実姉の住む実家に戻ってしまいました。 夫の法要は、義理両親が執り行い、私は呼ばれて参加するという形でした。 以来25年間ずっと実家で暮らし、両親・姉と一緒に娘を育てました。 昨年良いご縁があり、娘は入籍して実家を出ました。同じタイミングで私の勤務先が遠方になってしまい、私も実家を出て会社の近くで一人暮らしを始めました。 現在は両親との仲は良好ですが、姉とは不仲という事もあり、姉がいない時を見計らい月に2回ほど実家に帰るのみです。 25年前に実家に戻った時から、姉は未婚で実家で暮らしています。実家は姉と父親名義で約20年前に建て替えて、私達親子の部屋も作ってもらい、毎月姉に家賃を払い住んでいました。 夫の実家は7年前に甥(義理姉の次男)が養子となりイチゴ農家を継ぎ、5年前に結婚し、今現在は義理母・甥・甥の嫁・甥の娘の4人家族です(義理父は3年前に他界しました)。 娘が嫁ぎ、私は50代後半になった今、エンディングノートを書き始めようと思いました。 その過程でお墓について考えた時に、結婚3年で亡くなってしまった夫と同じお墓に入りたいという気持ちが強くなってしまいました。実家のお墓には、姉と不仲という事もあり入りたくありません。 夫の死後、出てしまった嫁ぎ先のお墓に入る事は可能でしょうか? 可能な場合は、甥夫婦にいくらくらいの金額を渡すようにすれば良いのでしょうか? また、エンディングノートにその旨書き記すだけで大丈夫なのか、公式な遺言が必要なのでしょうか? 生前から娘夫婦若しくは甥夫婦にお願いしておいた方が良いでしょうか? 出てしまった嫁ぎ先のお墓に入りたいなんて、だいぶ我儘な望みかと思います。 叶わない場合は、実家のお墓以外の方法を考えようと思っております。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

私のお墓について

初めて相談させていただきます。 現在、シングルマザーで3人の子供を育てております。 私は若い頃に、家族、親戚、近所の猛反対を押しきり、二人姉妹の姉として家を継がねばならぬ所、嫁に出てしまいました。 お恥ずかしい話ですが、幸せになれると思っていたのは私だけで、12年前に離婚しました。 離婚の際、旧姓に戻る事は許されず、戸籍は全く別ですが、元夫の名字で現在に至ります。 実家とは、良好な付き合いですが、名字が違うので、お墓は自分で用意しないといけないのでは?と、思いはじめました。 正直な所、生活費や教育費の為に必死で、お墓に力は入れられない現状ですが、漠然とお墓の心配があります。 骨を納める場所は作らないといけないのでは?と、思うばかりで知識もなく、何から調べればいいかわかりません。 子供達には、私の法事にお金や時間を使うなら、私の実家のお墓参りや、法事のお手伝いを忘れないようにお願いしたいです。 又、これから少しずつお墓や法事について調べていくにあたり、 『頭に入れておいたほうがいい知識』、 『気を付けたほうがよいこと』等、 ございましたら、アドバイスをお願いいたします。 私の心境といたしましては、 両親、祖父母、妹に大変申し訳ない気持ちがあります。 実家に戻る事、名字を戻す事が許されなかった現実は、しっかりと受け止めたいと考えます。 その一方で、子ども達を可愛がり、気にかけてくれたことには大変感謝しています。 そして、私の元に生まれて、一緒に過ごしてくれた3人の子供達には、感謝しかなく、これからも子供達の幸せを願うのみです。 長女なのに継がなかったとか、息苦しくなってしまう時もあり、自分を責めるのにも疲れました。 若い頃の反省は多々ありますが、人生に後悔はなく、これからできることに目を向けて過ごしたいと思います。 実家のお墓は、私も生きている限りお参りや法事は、心を込めて参ります。 私自身のお墓は、形式にこだわりはなく、子ども達に寄り添えるものであればありがたいです。何よりも迷惑のかからない方法を探したいです。 前向きな気持ちの中、自分の人生に最後まで責任を持たねば。と調べていたら、こちらにたどり着きました。 多くの方のご意見がいただけましたら、今後の学びにさせていただきます。 知識が足らず、失礼な内容がありましたら、申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

お墓について

こんばんは。いつも拝読しております。 今回はお墓のことについてご質問させてください。 わたしには子供がふたりいるのですが、わたしの両親が自分達の苗字で〇〇の墓と、生前のうちから建ててしまいました。ただここで問題なのは隣におばあちゃんのお墓もあるわけですよ。  うちの親は私たちが死んだらその墓を潰して拝んでもらって私たちの墓を作りなさいと言います。 でも結局、うちの子供達は二つも墓をみないといけないわけなんです。 それよりなら、すこし離れた場所に永年供養墓ができまして、ここなら家族用もあるそうなんです。 合祀墓もあるのですが、合祀墓にはいろんな人が入る墓と聞きました。 私はとても人見知りで、おそらくそんなお墓に入ったらパニック起こしてしまうと思うのです。死んでしまえばかんけないと言う方もいらっしゃいますが、怖いテレビとかで成仏できず墓をかえてくれーって番組みました。人は死んでもこの世に意思はあるといいますが、本当でしょうか? もし本当ならば永代供養墓、関係ないのであれば合祀墓でもいいのかなと考えております。 料金もかなり違いますので、どうかよきアドバイスよろしくお願いします

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

お墓近くの土地を検討しています

現在マイホームを建てるにあたり土地探しをしています。 候補となっている土地の一つが目の前に30墓ほどの墓地があります。北道路の土地なのでお墓が視界に入るのは玄関、駐車場側となります。 道路からは数m程度奥に墓地があるような状態です。以前は墓地と対象土地との間に果樹畑があったので、視界には入らなかったと思いますが、今の状態ではその土地を購入し家を建てた場合に毎日視界には入ります。 何が申し上げたいかと言いますと、お墓近くの土地は良くないのでしょうか。言い方がものすごく悪いですが不吉でしょうか。(よそのご先祖様にすごく申し訳ないです…) 夜は恐怖心が募るものなのでしょうか。 家の付近にお墓がある状況が今までにありませんでした。私自身は霊的なものに縁はありませんが、怖いという気持ちにはなります。(ホラー映画などの影響ですね。根拠のない恐怖心です。) 昔は土葬だったと思うので考えるとなんだか不気味にも感じてしまいます。(本当に言い方が悪いのは承知です。) 土地検討の際のデメリットになるのか、専門家のお坊さんに意見をいただけたらと思い相談させていただきました。ご回答のほどよろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る