hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

毎日死にたいと思ってしまいます。

回答数回答 3
有り難し有り難し 286

病気をたくさんしてきて、ようやく治りそうになって、未来が明るいなと思っていたら、統合失調症になって入院してしまいました。
飲まなくなった精神薬を再度飲むことになり、副作用で体重も90キロになってしまい、毎日ろくに食べずダイエットしているのですが、体重がどんどん増えていき、痩せてお金もある友達を見たり、街中の人を見ると、自分がデブで病気で金もなく、惨めな気持ちになり、早く死にたいなと毎日思って生きています。
自分より辛い人はたくさんいるのはわかっているのですが、布団に入ると早く死にたいな。と毎日思って辛いです。どうしたら明るく前向きに生きられるでしょうか。

2015年3月30日 5:26

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

前向かなくていいから、とりあえず、悪いことだけ考えない。

こんにちは。
体重的にあなたよりデブで本堂の借金まみれであなたよりお金の無い丹下です。かわいそうっしょ。写真スリム?本部からCG合成の可能性を疑われ、実際はるかにぽっちゃりでナイスファットベーコンです。どうですぅ?情けないでしょう?。こんな奴ですが、今日も花粉症と慢性鼻炎で鼻が閉じちゃって口開いて息を吸わせて頂いて生きてます。あわれっしょ。キテルっしょ。
昔超プラス思考講座というのをやってましてネェ、やってたら一番私が毎日ハッピー、ヒッピーになってしまったので、とりあえず、前向きな生き方をお伝えします。
え?面白い話しろって?
プラス思考講座2時間終了後に感想聞いたらネ、じいさんがキレながら「20年前に聞きたかったわ!」って、俺にキレられましたぜ?じいさん、2時間何聞いてたんだろうねぇ、オレ、哀れっしょ、可哀想っしょ?
で、本題。
前向きに生きなくていいです。悪いことだけ考えないという超~簡単なことだけやるだけでOKッす。
無評価、無判断、ノーコメント、心の中のアタシ、ノー審査員。
とりあえず、ホントに悪いことだけ考えない事。
約束してください。OKね?
いいえ、はいけません。あなたにとって悪いこととなりますけん。
もう少し説明しますと、
・否定しない。
・批判しない。(他人も自分も)
・悲観しない。詳しく聞きに埼玉来てね。サクラガサイタヨサイタマケン。
んで、これを三つのヒと呼びます。
否定しない とは 自分をイジメたりしないことです。
批判しない とは 誰かのことを悪く言ったり自分をイジメないことです。
悲観しないとは、ネ我ティブなこと考えたり、自分をイジメないことです。
総じて、ア¨ー、自分が一番アタシをイジメてんじゃんと自分責めをする悪い自分を見つけ、そいつを心の中から摘み上げてコメ袋に入れてうどんを作る要領で踏み踏みして持ってきて下さい。
死にたくなるくらいなら、死ぬ前に、こいつがどれほどしょうもない奴かを見物に来てください。
哀れで、可哀想で笑いと涙が止まらなくなって死ぬ気も起きなくなると思いますよ?
え、来てくれない?ダサイタマ遠いからイヤ?それ、否定ですって。ダメでちょ、約束したじゃない否定しないって。死ぬくらいの気力があるならぜひ茨木のお蕎麦買ってお土産に遊びに来てね♡。
人生変わるかもしれませんぜ?

2015年4月3日 16:46
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

「自分らしく生きる道」を見つけて生きる

数年前のクローズアップ現代(NHK)で、「ある少女の選択 ~18歳“いのち”のメール~」というドキュメンタリー番組がありました。心臓の移植手術を受け、余命10年と宣告されながら、最先端の医療技術に支えられて18年間生きてきた少女。そして最期は腎不全になり、人工透析を余儀なくされた彼女。しかし、彼女が取った選択は人工透析の拒否。それは彼女にとっての「自分らしく生きる道」だったのです。延命治療をせず、両親とこれまで通りの生活をすること、それが彼女にとっての自分らしく生きることだったのです。病気のために言葉も発することが出来なくなり、筆談、メールでのやり取りで自分の思いを伝えます。

「もう十分がんばってきたし、自分の命は自分で決めたことだし、今が本当に私幸せなんだよ。私は普通の18歳の女の子の経験はできなかったよ。でもね、誰にも負けないパパとママがそばにいてくれてとても幸せなのよ。」
「いのちは長さじゃないよ。どう生きるかだよ。」
「天国はお疲れ様でしたという場所でもあるから、終わりだけど終わりじゃない。心があるから怖くないんです。」
「生きているけど遠くに居る人とか、もうこの世に居なくなっている人だって私の中ではいつも生きている。心がつながっているから大丈夫なんですよね。」

大学で心理学を教えていた野口先生との700通にも及ぶメールのやり取りの中で、少女は勇気づけられ、
「神様が私にいろいろな病気を与えてくれたことは、恨んだりしていない。病気を与えてくれたから、たくさんのいい人たちと出会えたんだもの。」
というメッセージを残しています。
彼女にとって“生きる”ということは、常に“死”と隣り合わせであり、そのような中で、人と人との心の繋がりの大切さを私たちに教えてくれています。私たちは「勝ち組」「負け組」とかいう言葉で、あたかも人生に優劣があるように思っています。しかし、この番組の彼女の生き方を見ると、「本来人生には優劣などない」のだと思います。どうか、質問者のあかねさんも、病と闘いながら、「自分らしく“生きる”道」を見つけ出していただければと思っています。
今回の私の回答が、あかねさんにとって、少しでも心の安らぎを与えてくれるものになることを願っています。

2015年4月2日 23:28
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

根本的な原因について

あかね様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

これまでにたくさんご病気になられてこられまして、ようやくに何とか治りそうになって、未来が明るいと思われた矢先に、この度は統合失調症になってしまわれてのご入院・・本当におつらいことでございます・・

向精神薬での投薬治療・・誠に副作用等にて大変なことであるかとお察し申し上げます・・

ここからは医師、専門家でないため、あくまでも素人の拙一見解となりますが・・

とにかく、この世では何も原因がないのに、何かが生じ起こる、あるいは滅し消えるということはあり得ません。必ずモノ・コトには、その因縁(直接的原因と間接的原因・条件)があると仏教では考えることとなります。

下記の問いにてもお答えさせて頂いておりますように、一つの推測でございますが、もしか致しますと幾つかの病気の原因として、何らかの生体的な問題、それも根本的な問題が控えてしまっていることも考えられます。その根本的な原因により、これまでにも病気を次々と発症なされてしまわれているのではないかと思われます。

どうしても各病気ごとにおける対処療法にて何とかこれまで治療をされてこられたように存じますが、根本的なところの治療にまでは、もしか致しますと行き着いていない可能性もございます。

もし可能でしたら、今の治療がまず何とか一段落つきましたら、一度、根本的な原因の解明へと向けたことにも取り組んで頂けましたらと存じております。

問い「精神病の彼について。」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1023338264.html

また、どうしても他と比べて、自己嫌悪や劣等感にさいなまれてしまわれることも仕方のないことではございますが、もし宜しければ下記の各問いの拙回答もご参照下さいませ。

「自己嫌悪」について
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/自己嫌悪

「前を向くこと」について
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_323826.html

どうか善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2015年4月5日 9:30
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

お礼が遅くなりましてすみません。
あれからもう何年もたちました。
人生、環境、体調はいい方へ向かいましたが、相変わらず定期的に死にたいと思い、今、また辛い悩みを抱えてふとはすのはのことを思い出し、ログインしました。
三人のお坊さん方のお言葉に涙しながら読んでいました。
私は2015年から何も変わってないな。と、痛感しました。
また改めて質問させていただきます。
ありがとうございました。

追記になります。

あの後、他の方々への回答を見ていて「一切皆苦」という言葉を知りました。
「この世の全ては苦しみ」
というお釈迦様の言葉。

その後、自分で少し、仏教を学んでみました。
基礎的な四諦と八正道だけですが、それだけでもだいぶ心が救われました。

この世の全ては苦しみである。

だから苦しいのは当たり前なんだな。と、思えたし、四苦八苦の生(しょう)、生まれてくることは苦しみである。には正直笑いました。でも、私には本当だなぁ。と思いました。出来れば生まれてきたくなかったので。

そんな苦しみをなくすために八正道に励みなさい。とお釈迦様、仏陀は言ってらして、四諦を支えとしながら、八正道をなるべく守り、頑張ろうと思いました。

八正道の一つ、瞑想もすると心が落ちつきます。

はすのはでただお坊さん方に悩み事の回答を聞くんじゃなく、仏教の方に問うのだから仏教を学ばないとダメだったなぁ。と、思いました。
はすのはをきっかけに仏教を学べてよかったです。

もし、これを読んでいる方で同じ様に苦しんでる方がいましたら、別に深い信者になれとか仏教徒にというのではなく、ネットで仏教を検索すると基礎的なことを簡単にまとめて下さってるサイトもあるので、そこを読んでみてください。だいぶ救われますよ。

ありがとうございました。

「死にたい・死にたいほどつらい」問答一覧

辛くて死にたい。

 タイトル通り心身の不調が続く日が多くなってきており、死ぬことを考え始めています。  今まで頑張ればいつか良くなると信じて色々と頑張ってきました。しかし、あまり改善はしません。そんな状況に疲れました。そして、最近「そもそも死ねば苦痛から解放されるし、生きることをやめた方が良いのでは?」と強く感じます。  もちろん、私が死ねば残された人は苦しむかもしれませんがそれもその人にいつかは訪れる死が救ってくれると思うのです。亡くなった父も死によって救われたでしょうから苦痛に対する根本的解決を目指すなら生きることをやめる以外の方法はあるのでしょうか?  また、私は家族以外に心を許せる人が現在居ませんし結婚もしていません。年々段々と年老いていく家族を見て恐怖を感じています。このまま生き続ければ私は本当に一人ぼっちになって今よりもっともっと辛い苦痛が待ち受けていることが確定していると感じます。もうあんな辛い喪失体験をこれ以上重ねられる自信もないし、そんな未来に耐えられないと思います。 それならばまだ自由に身体が動く今の内に決着をつけてしまった方がまだ良い選択な気がするのです。  また、こちらのサイトでこういった死にたいという考えをお持ちの他の方の質問も拝見しました。その際に、「家族が悲しむ」や「様々なものによって生かされている命だから」という回答を拝見するのですが、そういった正論を見ても考えを変えることができない自分の器の狭さにも絶望しています。とにかく自分がもう楽になりたいという気持ちで頭がいっぱいです。また、ただ「死にたい」という漠然とした気持ちではなく、明確な悩みがある状態での死を希望する気持ちがありますので、心の病気ともちょっと違う気がするのです。この悩みを解消するには時間が必要なこともわかっています。でも、もう頑張りたくない。自分が怠け者で最低だと思います。病院にも行っていますが、症状を誤魔化しているだけで解決には至らないのも辛いです。本当に辛い時に誰にも相談出来ない状況なのも苦しくなってきました。  色々なことに苦痛を感じている自分を誤魔化すことに疲れてしまいました。もう苦痛から解放されても良いでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

転職で死にたくなるほど不安になる時

8月に8年間勤めていた会社を辞め、9月より転職します。 転職理由は、スタッフと人間関係で誤解がある事を上に伝えても聞き入れてもらえず異動になってしまい、収入減になり体調を悪くしてしまい、会社に不信感を持ち転職に踏み切りました。 一応、今より条件の良い転職先が決まり、後は9月入社するだけなのですが、 ①また人間関係でつまづいてしまうのではないか ②しっかりと家族を養っていけるのか(8月に2人目の子供が生まれます) ③転職をした自分はまた何か悩みが出てきたら転職を考えてしまうのではないか この上記の不安が頭の中につきまとい、前を向かなきゃと思う反面死にたいという思いがよぎり頭が痛くなる時があります。 もちろん家族の大黒柱として次は何があっても辞めず、定年まで勤め上げようと思っております。 しかし、ふとした時に周りの同世代と比べ、転職をした事への劣等感から弱い気持ちが出て来出てしまいます。 2人子供がいる身として、このような弱い気持ちではいけないと思うのですが、このような気持ちを断ち切り、前を向く為にはどのような心構えで過ごせば良いのでしょうか。 死にたいと思うのはいけない事だと重々承知しております。 この不安を拭い去りたいです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 2

芸術家になれないなら死にたいです

3歳の頃からピアノを習っていました。その頃からいつだって私の一番は音楽でした。 しかし、同じ時から「音楽だけで食べていける人なんて一握りだから(私はそうではないから)」と自分と家族に言い続けていました。ピアノ教室にはその後十数年間は通いましたがプロを目指そうとしたことはありませんでした。どういう理由でそんなことを言い始めたのか自分でもわかりません。ただ時々、音楽家になれない自分の苦しみを家族のせいにしたくなった時は、「幼いながらに家庭の経済事情を慮ったからではないか」と考えます。 映画と美術品と文学も好きです。そして、それらを創作する人々にどうしようもなく憧れています。 この質問のタイトルの「芸術家」について、「創作活動と表現活動が生活の一番大きな部分を占める人」と私なりに定義してこの名称を使いました。私はそのような人ではありません。今は大学の勉強、卒業すれば(今のままならおそらく)会社勤めを中心とした生活を送り、趣味で芸術に触るだけの人になるのでしょう。 「音楽だけで食べていける人なんて一握りだから」という呪いを無意識に自分にかけ続けてきた。それが呪いだということにも今更気がついて、残っているのは後悔だけ。 そして現在は、「音楽だけでは食べてはいけていない人」を見つけては自分を慰めています。自分からその人たち世界に飛び込むこともしない。私は醜いです。 音楽を、映画・美術・文学に置き換えても同じです。毎日、毎分毎秒、芸術を追いかけて、新たな芸術に出会うたびにそれを愛して、同時に「自分には創り出せる代物じゃない」と泣き喚く。 悲しくて悔しくて恥ずかしくて苦しいです。しかし芸術への執着に折り合いをつけたい訳でもありません。 ただ、こんな無様でみっともない人生ならさっさと幕を下ろしたいです。 この質問を書き込んで、これからも芸術を一番に愛します。芸術家になりたいなりたい、なれないなれないとどうしようもない事柄を嘆き続けます。自殺に失敗するようなリスクは取れない臆病者のまま生きていきます。

有り難し有り難し 24
回答数回答 3

満たされているのに早く死にたい

人生においては満たされています。波はあれど幸せな部類に入るよう努力してきました。 もうずっと昔から「死んだら今世クリアだから、早く死にたい」という気持ちがあり、困っています。 仏教や精神世界について学ぶことが好きで、自殺することが業と繋がることは理解しており、能動的に自殺を考えることはありません。 ただ、人生をゲームのように捉えており、「今世の課題をクリアするために、生かされてるうちは面倒だけどとりあえず無理のない範囲で善行を重ねて心を豊かにして生きていれば、そのうち死ねるからそれで今世はゲームクリア!肉体脱出できるのが楽しみ!」みたいな感じの認識です。 無意識的に強くそう思い込んでいるようで、日常生活に支障が出ることがあります。 例えばですが、物質的な執着心がなく、親しい人にお金をあげるように貸してしまったり、何かにつけ問題が多く振り回されるような相手を恋人にしてしまい(振り回されているようで、それを望んで楽しんでいると思います)悲しい思いをしたりしています。 それでも私は懲りずに、死ねないならせめて日常がぐちゃぐちゃに壊されてしまうことを望んでいるようです。 本当に生活に不満はありません。収入も働き方も望んだとおりになっていますし、物質的にも満たされており、問題はあれど愛している恋人もいます。所謂、雑誌の中のような暮らしです。ですが、私はこの生活を今すぐ全て捨ててもいいと思うくらい物質や社会的地位に執着がありません。恋人や人間関係のことはまだ学びが残っている気がするうちは捨てられないのですが、基本的に天国に持っていけないものにそれほど執着できないのです。 一番問題に感じていることは、この生きることをゲームのように認識していることが根深く、そのため自分も他人も特に幸せになれないような、そして自分には損になるような選択を無意識にしがちなことです。私が楽しんでいるときはだいたい破滅に向かっています。 これは何が原因と推測され、どんな解決法や考え方があるのでしょうか。また、多くの人は生きることをどういった認識で暮らしておられるのでしょうか。 長くなりましたか、読んでくださってありがとうございます。 もし何か思うところがありましたら、ぜひご返答がいただければ幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る