hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

娘の死

回答数回答 4
有り難し有り難し 37

2度お答えいただき、苦しくなると読み返しております。
二女ですが、あまりお姉ちゃんの話をしませんし、手を合わせることもしないのです。
5年生です。病院では号泣しており、通夜、葬儀を終えてから泣くことはなく、私に泣くなと言います。今月運動会がありますがお姉ちゃんを思い出して泣かないでよと言います。
私を見て!だと思います、もちろん支えてくれています、いとおしいです。でも四六時中長女が頭から離れずにいますので二女にも伝わっていますよね。私の気持ちが定まらず辛いです。
二女がかわいそうだと思いますが、涙が出る毎日が辛いです。思い出す事が辛いのはわかるのですがそればかりなんです。
二女に悪い気持ちでまた辛いです。
それから夜中何回も二女が息をしているか確めるようになりました。
いろんなことを思いすぎて自分も周りも疲れてしまいますか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

相手とは別存在であることを自覚し、自分を生きる。

タイトルからすると冷たいと思われるかもしれませんが、単純に考えずに、平易な言葉ではありますが禅の修行的にも大変深い意味がありますので、よーく吟味なさってください。
人は大きな喪失体験をいたしますと、防衛精神が盛んになります。
「またあのような恐ろしい、悲しいことが起こるのではないか」
その反応として、怒り・恐れ・不安・悲しみが沸き起こるのです。
時々過去に戻られてしまう、思いの中で生活されておられるから、現実の中の正しい真実に対して、自分の思いを重ねて脚色してしまうのでしょう。
あなたが今なすべきことは、自分の中のあるべき理想状態を捨ててしまうことです。
無意識のうちに「こうあって欲しい」という理想、期待、設定が強く現れているのではないでしょうか。
自分の中で「私の生活はこうあるべきである」という理想が高ければ高いほど、現実の生活がちょっとでもズレると、ハラハラするものです。
これはじゅんちさん限らず、誰もが皆そうです。
設定やマイルールが無くなれば、良かれ悪かれ今の現実を一つ一つクリアーしていく他にやることはありません。

“自分を生きよ”
お子さんが心配、お子さんに悪い、お子さんに気を使う、もっとしっかりしなきゃ…
これらは皆、誰がその思いを起こしておられるのでしょうか?
間違いなく、あなた自身なのです。
仏道とは、自己をならう道です。
あなたは問題が無数にあると思っておられるが、そうではない。
長女、次女、と思いを馳せて一日に108はおろか無数に気苦労されているのは、
たった1つのあなたの心、それ一つだけ!なのです。
だからこそ、問題を多岐にわたらせず、根源の自分をきっちりと生きなければいけない。
それは悪いことではない。正しい生き方なのです。
自分が自分をしっかり生きる。
アレコレと外のことのように思っておられることも全部「自分のやっている思い」であることに気づく。自分を責任持って生きる。まずは外のことをあれこれ思われるよりも、自分の心を調えることです。もう一度申し上げます。自分をしっかりやるのです。
何故ならば、次女に本当に悪いと思われるならば、あなたがもとのお母さんに戻ること。たとえ長女が亡くなってもあなたが元のお母さんであること!自分をしっかり取り戻すこと!それが長女さん、次女さん、そしてあなたの一番の安心、笑顔に繋がるからです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

微力ながら

じゅんちさん。

おつらい日々をお過ごしのことと存じます。
また、ご主人も二女さんもそれぞれの悲しみがあり、苦しんでいらっしゃるのだと思います。

二女さんは、母親の悲しむ姿を見るのが辛いのでしょうね。また、自分が母親の悲しみを埋めることが出来ないのが辛いのかもしれません。

「お姉ちゃんに手を合わせることもしない」とありましたが、私も父が突然亡くなった後、1年間は遺影を見て手を合わせることが出来ませんでした。
そして丸2年経ち、三回忌を終えてようやく父の死が腑に落ちました。大切な人の死を受け入れるのには、それだけ時間がかかるのだと思います。

「七子のたとえ」という仏教の話があります。
『例えば子どもが7人いて、そのうち1人が重い病気になった。親は7人の子どもを平等に愛しているのだけれども、その時だけは病気の子に愛情を注ぐ』という話です。

二女さんに、じゅんちさんの思い(二女さんをいとおしく思っている、けれど長女さんを悼む心が深い)を率直に打ち明けてみてはいかがでしょうか。

ご家族の誰もが傷つかない方法は無いと思います。
共に苦しみ、そして乗り越えてゆくことを、心より念じております。
私も微力ながら、hasunohaを通じてお手伝いさせて頂ければと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

葛藤したり、悲しんだり、受け入れたり、ふりまわされたり

じゅんちさん、こんにちは。

長女さんのこと、お悔やみ申し上げます。
病気というのは身体の中のことで、パッと見ても分からないことです。まして肝臓ですから、とても分かりにくいと聞きます。毎日接していても、家族であろうと、先生であろうと、友達であろうと分からないものです。

さて、じゅんちさんのお言葉から分かることはなんでしょうか。
それは娘たちのことを愛しているということです。悲しいはずです。それにきっと次女も悲しくて涙しているはずです。私たちの知らない、見えない場所でです。

心にぽっかりと穴が空いたかのよう、と言いますが、その穴とは失ったものがあったはずの空間のことです。

では、その空いた穴をふさぐことは出来るのでしょうか。あったはずの空間、長女さんの存在感は大きいものです。お腹を痛めて産み、15年という年月やこれからを見守り続けるはずでした。それだけ長女さんは大きい存在なのですから、1週間、1ヶ月、1年と・・もっと時間がかかるかもしれません。

しかし。空いた穴は大きいけれども、それだけ大きな存在(長女さん)に今じゅんちさん自身、見守られてもいる・・・と考えることができます。

葛藤したり、悲しんだり、受け入れたり、ふりまわされたり。人は空いた穴をふさぐために右往左往します。そして、順調に穴をふさげるかというと・・・出来ません。むしろ、行ったり来たりを繰り返すだけとも言えます。
なぜなら、穴が空いたという事実は変えられないからです。
もう後戻りはできません。長女さんにとっても、同じことです。じゅんちさん、ご主人、次女さんにとっても。
だからといって、事実を今すぐに受け入れなければならないわけではありません。
これからの『時間』が変化を与えてくれるはずです。私たちが私たちの道を歩むことが、長女さんが長女さんの道を歩むことにもなるはずですから。

私も微力ながら、hasunohaを通じてお手伝いさせて頂ければと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...
このお坊さんを応援する

じゅんち様

とても書き言葉では表せない位の、つらい日々をお過ごしの事と存じます。

次女様の其の行動に、お母様で有るじゅんち様は反応したく成るのも判りますが、今はお母様の気持ちを押し付けないであげて下さい。
と言うのも、浦上 哲也 師も申して居られますが、「大切な人の死を受け入れるのには、それだけ時間がかかるのだと思います。」と言う事です。
大人の、其れも僧分の方がそうなのですから、お子様では尚更です。

また、次女様はお母様で有るじゅんち様の悲しむ姿を見るのが辛いのでしょうから、自分を押し殺してまでお母様で有るじゅんち様に対して、一生懸命に虚勢を張っているのではと存じますよ。

ご主人様や、お母様で有るじゅんち様次女様が、同じ哀しみを共有しているのですが、表現方法が違う事が有ると言う事実もご理解下さいな。

また以前の書き込みにも書き記しましたが、こうして此処に書き込み為さる事も良いのですが、 ご葬儀の折にお世話になった菩提寺のお寺様が居られたならば、一度お話を伺われたらと存じます。
または、当方(090-3390-2137)へのお電話でも宜しいですよ。
書き言葉だけでは受け手である我々が、お母様で有るじゅんち様のお心との共有にズレが生じる恐れも懸念致しますので…
どうぞ、ご遠慮なくお話を為さいませ。

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

「親・家族・恋人・大切な人の死が悲しい・乗り越え・立ち直る」問答一覧

死の受け入れ方

大好きな祖父が亡くなりました。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ お通夜・お葬式にも出て、初七日も終えました。 1週間家族と過ごした後、昨日一人暮らしのアパートに戻りました。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 祖父の死を受け入れることができたと思っていたのですが、一人になると無気力で、急に涙が出てきたりします。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 祖父母の家は県外で、一人残してきた祖母が心配です。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ お通夜に駆けつけたとき、最期に間に合わなかったと泣く母や、告別式で祖父に頬擦りをする祖母の姿が目に焼き付いて辛いです。 ショックが強く、ワッとその光景が浮かんで苦しくなります。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ また、最近同じ大学の学生が酷い交通事故で亡くなったことや、元総理の銃撃事件などがあり、たくさんの死に直面しています。 祖父の出棺時に銃撃の速報があり、何もかも急なことで、ひたすら悲しく、ショックでたまりません。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 頭は冷静ですが、体や心が思うようにいきません。 お腹が空いても、ご飯を作って食べる元気もありません。 部屋の掃除をしたくても体が動かず、早めに寝ようと思っても涙が出て疲れます。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 祖母や家族といたときは、祖父の思い出話で笑ったりご飯もしっかり食べていたのですが… ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 夏バテや疲れだとは思いますが、自分がどういう状態なのか分からず、どうしたら良いのか分かりません。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 身内の死が初めてのことなので、立ち直る方法や祖母の労り方などを教えていただけると幸いです。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ また、人は亡くなったらどうなるのでしょうか。 こちらの思いや言葉は届くのか、この世を見ているのか、もしくは何もかも消えて無くなってしまうのでしょうか。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ たくさん書いてしまいましたが、一部でも十分ですのでご回答いただければと思います。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

お世話になった人が亡くなった時

高校2年生の女子です。                     先日、私の習い事の先生が突然亡くなったと知りました。私はその習い事を8年続けており、その先生とも親しかったです。先生とは、1週間前に話したのが最期になってしまいました。その時はいつも通り元気だったのに…もうあと少しで、その習い事の発表会があったはずなのに…先生と一緒に本番が迎えられるはずだったのに…たくさんお世話になったのに、何も感謝を伝えられないまま逝ってしまった…… そう考えるととても悲しくて感情の整理ができません。                     私はここ10年ほど、周りの人を亡くした経験がなく、ひい祖母が亡くなった時もまだ幼かったため、ただ漠然と、「もう二度と会えないのか」と思った程度でした。しかし、冷たくなったひい祖母を触った時、生きている人間とは違う冷たさに驚き恐怖を感じたことは鮮明に覚えています。 久しぶりに人の死と向き合い、本当に突然で、とても混乱しています。                     数日後にお通夜に参加する予定なのですが、自分がどんな感情を持つのかが怖いです。先述した通り、とても悲しく、寂しく、先生への思いも沢山あります。それなのに、何となく、その先生が亡くなられたことを冷静に見つめている自分がいて、自分は薄情なのかと思ってしまいます。泣きたいのに何故か涙が出なくて、悲しいはずなのにどこか冷静に考えている自分がいて、相反する感情がグルグル回ってます。 私はどうすれば良いのでしょうか。                     長文乱文失礼しました。 何かご意見を頂けると幸いです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

大切なこと大切な父

いつもいろいろと申し訳ございません。 またありがとうございます。 何点か… 本日で大好きな父が他界してから8週間… よく悲しみは時間が解決すると聞きますが、父も母も然りですが人生で最も長く共に過ごし思い出が多いこともあり悲しみが癒えるどころか増しています… ①父が他界した時に棺に手紙を入れました。 また最近もちょくちょくこれまでと同じように父のLINEにメッセージを入れています。 これらのメッセージ、私自身はきっと父は読んでくれていると信じてますが実際いかがでしょうか… ②私が1人の時に歩きながら、或いは父のお骨や遺影に向き合いながら口に出したりもしくは心の中から父にメッセージを送ってますが届いておりますでしょうか… ③私自身、一人っ子ということもありますが両親には幼少時から自分で申すのも…ですが大切に愛情たっぷりに育ててもらいました… 父とは男同士ということもあり、良く2人きりで旅に行ったり食べに行ったり… 思い出がたくさんありすぎる分、時間は経てど悲しみ・寂しさは癒えることなく寧ろ増してます… 七夕の願いで何が一つだけ叶うなら…夢に毎日出て来て長時間一緒にいたいor生き返って欲しいor父のところへ母と一緒に行き、また3人で楽しく笑顔で暮らしたいです… 悲しみ・寂しさを癒やす方法はありますでしょうか… ④もうすぐ初盆です… お盆と言えば良くご先祖様が戻ってくると言いますが、私自身は棺に入れた手紙にも記しましたがお盆に限らずいつも目には見えない&声が聞こえないですが近くにいて欲しいです!! 実際この点はどうなんでしょうか… ⑤最近、自宅近くのお地蔵様へ良く手を合わせに行きます。 お地蔵様もきっといつもこの地域に住む人たちを見守ってくれると信じ、最近この悲しみ・辛さを小声でですが手を合わせながらお伝えしていますが、お地蔵様にこのように語り掛けても宜しいものでしょうか… 長々と大変恐縮です… 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

娘の死

以前も質問させていただきました。 娘を亡くしましてから、もうすぐ四十九日を迎えます。 まだまだ深い悲しみと会いたいと言う気持ちといろいろな事を思い出すと胸が張り裂けそうで、夜はなかなか眠れません。 私に今出来ることはお花とお経と朝昼晩の食事を作ること。 娘は食べることが大好きだったので、一緒に3食、遺影に話かけながら、食べています。 2年近くの闘病でしたので、いつも一緒に過ごしていました。思い出す事がいっぱいで、家のどこに行っても娘の姿を思い出し泣けて泣けて会いたくて会いたくて仕方がありません。 後悔している事もいっぱいあります。 娘は最後あまり意識のない中、アイスクリームを欲しがったのですが、夜中ということもあり、ひどい下痢もしていましたので、朝まで待つように言ってしまったのです。 朝になり、アイス食べてもいいよと言うと、やったー!って。 私は自分の眠たさも理由にしていたのだと今になってものすごく可愛そうな思いをさせた事が毎日毎日考えてしまいます。 そして、最後の顎から呼吸するようになって3日ほど経った時、もう天国へ逝かせてやりたいと思ってしまいました 看護師さんの話しでは顎呼吸になると間もなくなのに、娘さん頑張って見えますと言われたのに、楽にしてやってほしいと。 尿の量を毎日計ってノートにつけて、あれだけ気にしてなんとか尿が出ますようにと必死になっていたのに、尿が出なくなってももう諦めた私がいました。 こんなに最後まで頑張ったのに、こんな私を娘は許してくれるでしょうか? いつも目が閉じられなく空いたままの状態は何か言いたかったのでしょうか? 亡くなるほんの5秒くらいは目を閉じれましたが、亡くなってから次の日のお化粧をしてもらうまでは亡くなっても目を空いていました。 これは何を意味するのでしょうか? そして、私は娘の思い出を処分することも見ることも辛いのですが、どうしたら良いでしょうか? とにかく元気で明るい娘で弱音も吐かず頑張りました。 最後の2週間は主人と3人で一緒に24時間過ごす事ができました。 娘は幸せだったと思ってくれているでしょうか? 他にもっと出来ることがあったのではと、悔やまれてなりません。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

謝罪拒否している加害者からの申し出

交通事故で母を亡くしました。 弁護士を通して加害者から謝罪の申し出がありましたが 受け入れることができず、お墓への参拝であればと お寺の所在地をお伝えしました。 後日お墓へ行った際、住職から加害者が お墓参りに来られたことを聞かされましたが、その際、 住職が受け取ったものがあるということ。 それは、加害者が事件後、車を洗ったときに気づいたという 車体についていた髪の毛でした。 住職は、それをどうしますか?と私に聞きました。 私は言葉を失い、答えることができませんでした。 生前の母はとても美人でした。 私は、事件の知らせを受けたときに最初に駆けつけ、 銀色の台に横たわる母の姿を見ました。 もう再び起き上がることはできないとわかりました。 致命傷なのであろう額は大きく腫れていて、あまりに残酷な現実でした。 家に帰ったときには腫れがひいたそこは黒い大きな痣に変わっていて、 化粧担当の方が上手に隠してくださいました。 遺影も良いものを選ぶことができ、 お葬式のときには参列の方々へ生前のような姿でお別れすることができました。 警察から検分の済んだ持ち物を返品しますと連絡が来ましたが、 事故の痕跡が残っているであろう衣類だけはどうしても向き合えず、 処分してほしいと頼みました。 数ヶ月は目の前の用事をこなすことで精一杯でした。 仏壇の母の写真はいつも綺麗に機嫌よく微笑んでいて、 私はその姿に日々救われていました。 ようやく諸々が片付きつつある今、気づけばもう8ヶ月が過ぎていますが、 私はあの銀色の台に横たわる母の姿に蓋をして、過ごしているんだとわかっています。 受け取れないなんて酷い娘でしょうか。 衣類を処分したことも、私は間違っていたのでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

主人が他人から命を奪われた苦しみ

主人は他人から命を奪われました 身体も半分なくなりました 即死でした、ほんとにこれからの 人生を夫婦で楽しみにいたので どれ程の無念だったか…残った私も いつでも私を一番に思って愛情をくれてた唯一の主人が殺される形で突然逝ってしまったのです、結婚30年目でした、あの事故から2年が経ちますが、私自身は未だに何も受け入れられないし、人との関わりも何を話したらいいのか、病気ならそのままを伝える事は出来ると思うけど、こんな経験はあまり話せる物ではありません 上手くできないし、でもわかって欲しいと思ってしまって、でも無理だと知っての繰り返しで色々悲しいけど思い知りました、その度孤独感に襲われます、ゆっくり進めばいいよと言われて、それしか出来ないと それでもなんとかありったけのエネルギー使って頑張れーと奮い立たせて来ても経験してない人との距離は縮まりませんでした、それでも くよくよしてると主人が成仏出来ないよ、なんて言われて 経験してみなよ、好きでそうしてる訳じゃないんだ、心がもう無理なんだよ❗と怒りにも似た感情が出てきてまたそれが私を苦しめます 生きる事じたいを頑張らないといけない…殺されてなければほんとは 今も元気で普通にしてられたのに… と憎しみも増幅します ほんとに毎日何かと葛藤して それでも感情をコントロールしながらなんとか生きてます 何年こんな思いが続くのか 何も悪くない私達がどうして… でも主人にはちゃんと成仏して穏やかでいて欲しい、ちゃんと供養もしてますし、お花、ご飯、お水を供えて祈ってます、愛する人の命を他人から突然奪われる、この世でこれ以上の苦しみってあるのでしょうか? 私はちゃんと主人に届くようにいきて行けるのでしょうか? 正直疲れて何もかも捨てたくなります、経験して初めて知る苦悩と葛藤でこの先に光は見えません あるのでしょうか? ただただ真面目に生きてきたのに なぜ?どうして?、わからず 救って欲しいです

有り難し有り難し 71
回答数回答 3

大好きな父が他界してどんどん増す悲しみ

もうすぐ父の四十九日です。 大好きな大切な父が65歳という若さで天国に旅立ってからもう・・・ 良く悲しみ、辛さ、寂しさは時間が解決と言われますが、大切な父・・・ 時間が経てば経つほどむしろその想いは日に日に増しているように感じます。 父がやっていた陸上にもっと興味を持って会話の話題にしてあげればよかった、今年になりコンディション悪い時にもっと気遣って温かくしてあげればよかった(僕自身、コンディション悪い父に対して冷たい態度を取ったり、そのような状況下であるにも拘らず自分のことを思っていろいろ言ってくれた父に対しあろうことか冷たすぎる馬鹿丸出しな意地っ張りで言い返してしまったり・・・父が救急車呼ぶために電話を貸してと必死に訴えてきたにもかかわらず、あまりにイライラしてしまい家を飛び出してしまったり・・・)など情けないどころではないですが後悔ばかりです・・・ あんなに自分が幼少時から温かく可愛がってもらったにも拘らず・・・ 父は優しいから言葉には出しませんがきっと傷ついたり、あるいは天国から恨まれているかもと思うこともあります。 夢には最近ほぼ毎日のように出てきてくれて、時に自分を抱きしめてくれたり(久しぶりの父の胸は温かかったです)、微笑みながら一緒に寝てくれたり、他にも風呂上りに裸足で歩くとある部分だけ明らかに温かくて自分が入浴中きっと父がここにいたんだろうな、と思うこともあります。 納棺時に父宛のお手紙で、目に見えない・声がなかなか聞けない以外は全部これまでと同じで食事の時も散歩に行くときもいつも絶対一緒に生活してねと記したので、きっといつも・・・と思っておりますが・・・ とはいえ、私も母もですがいくら日が経っても悲しくて寂しくて辛いですし、早くまた親子3人で笑顔で暮らしたいねと口を揃えています。 こんなに後悔ばかり残るのも情けないのですが・・・ 父のLINEにこれまでみたいにメッセージを送るときもありますし、遺骨や位牌に話しかけることもしばしばですが、きっと読んでくれてますよね!?聞いてくれてますよね!? 来週父のお誕生日の日に49日法要ですが、帰宅したらこれまで通りお誕生日プレゼントを何かお供えして父のお祝いをしてあげようと思います。 どんどん増す悲しみ、寂しさ、辛さ・・・私も母も早く父に会いたいです。 (とはいえ、自殺すると永遠に会えなくなるのでしませんが)

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

娘の死

35歳の娘が2年近くの闘病生活をしてまいりまして、3週間前に天国へ旅立ちました。 2回の大手術、放射線、抗がん剤、丸山ワクチン免疫療法とやれる事は全てやったつもりですが、転移、再発を繰り返して、最後は腫瘍による腸閉塞になり、点滴生活が1ヶ月半でした。 この2年で私にもお友達にもほとんど泣き言を言わず、いつも明るく前向きで、大丈夫が口癖でした。 5月に入り、3日間くらい何を話しかけても話をしなくなってしまった時にもうこのままだめなのかなあと諦めかけました。 すると4日めで目覚めて、とても怖い夢をみていた、目をつぶると死ぬよと言われ一生懸命開けてたと。 変なおじさんもいたと。 その時、私は娘は奇跡をおこせるのではと思いました。 3月の終わりに、病院でこのまま病院にいても家に帰っても点滴しかやる事がないと言われて退院してきます。 在宅看護でしたが、看護師さんもすごい生命力といってくださいました。 それから、3日間くらい、主人と私と3人で一日中一緒に過ごしましたが、しゃべってしゃべって、朝方までしゃべり続けるのです。とても元気になったのだと思ってた。 ところが、その3日後にお友達が会いにきてくれてその夜から眠ったままになってしまいました。 疲れたのだろうと思っていましたが、亡くなるまで、一言二言話すだけで、最後の3日間くらいは、顎で息をして、目は開いたままで瞼を閉じてあげようとしても、無理でした。 尿もほとんど出ず血圧も下がってきていたので、あれだけ死んだら絶対だめだと心の中で叫んでいたのに、もう楽になってほしいと思ってしまいました。 顎で呼吸になるとすぐにだめになる人が多いと看護師さんから聞いて、4日間も頑張っている娘に対して今は申し訳ない気持ちでいっぱいで、会いたくて会いたくて毎日泣いてばかりです。 目を閉じなかったのはなぜなんだろう、時々泣きそうになる顔は何を言いたかったんだろう。全部私が悪かった。これからどうやって生きていこう。 死にたいと思うが死ぬ勇気もない。 2年近く入院以外は毎日一緒だったので、どの部屋に行っても思い出して辛い事ばかりです。 神様も仏様と助けてくれなかった。 今は娘が仏様になったので、ご飯を作る事だけが、精一杯です。 娘は誰にも泣き事を言わず明るくしていました。 どんな事を思っていたかと思うと胸が張り裂けそうです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺