hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

娘の死

回答数回答 4
有り難し有り難し 37

2度お答えいただき、苦しくなると読み返しております。
二女ですが、あまりお姉ちゃんの話をしませんし、手を合わせることもしないのです。
5年生です。病院では号泣しており、通夜、葬儀を終えてから泣くことはなく、私に泣くなと言います。今月運動会がありますがお姉ちゃんを思い出して泣かないでよと言います。
私を見て!だと思います、もちろん支えてくれています、いとおしいです。でも四六時中長女が頭から離れずにいますので二女にも伝わっていますよね。私の気持ちが定まらず辛いです。
二女がかわいそうだと思いますが、涙が出る毎日が辛いです。思い出す事が辛いのはわかるのですがそればかりなんです。
二女に悪い気持ちでまた辛いです。
それから夜中何回も二女が息をしているか確めるようになりました。
いろんなことを思いすぎて自分も周りも疲れてしまいますか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

相手とは別存在であることを自覚し、自分を生きる。

タイトルからすると冷たいと思われるかもしれませんが、単純に考えずに、平易な言葉ではありますが禅の修行的にも大変深い意味がありますので、よーく吟味なさってください。
人は大きな喪失体験をいたしますと、防衛精神が盛んになります。
「またあのような恐ろしい、悲しいことが起こるのではないか」
その反応として、怒り・恐れ・不安・悲しみが沸き起こるのです。
時々過去に戻られてしまう、思いの中で生活されておられるから、現実の中の正しい真実に対して、自分の思いを重ねて脚色してしまうのでしょう。
あなたが今なすべきことは、自分の中のあるべき理想状態を捨ててしまうことです。
無意識のうちに「こうあって欲しい」という理想、期待、設定が強く現れているのではないでしょうか。
自分の中で「私の生活はこうあるべきである」という理想が高ければ高いほど、現実の生活がちょっとでもズレると、ハラハラするものです。
これはじゅんちさん限らず、誰もが皆そうです。
設定やマイルールが無くなれば、良かれ悪かれ今の現実を一つ一つクリアーしていく他にやることはありません。

“自分を生きよ”
お子さんが心配、お子さんに悪い、お子さんに気を使う、もっとしっかりしなきゃ…
これらは皆、誰がその思いを起こしておられるのでしょうか?
間違いなく、あなた自身なのです。
仏道とは、自己をならう道です。
あなたは問題が無数にあると思っておられるが、そうではない。
長女、次女、と思いを馳せて一日に108はおろか無数に気苦労されているのは、
たった1つのあなたの心、それ一つだけ!なのです。
だからこそ、問題を多岐にわたらせず、根源の自分をきっちりと生きなければいけない。
それは悪いことではない。正しい生き方なのです。
自分が自分をしっかり生きる。
アレコレと外のことのように思っておられることも全部「自分のやっている思い」であることに気づく。自分を責任持って生きる。まずは外のことをあれこれ思われるよりも、自分の心を調えることです。もう一度申し上げます。自分をしっかりやるのです。
何故ならば、次女に本当に悪いと思われるならば、あなたがもとのお母さんに戻ること。たとえ長女が亡くなってもあなたが元のお母さんであること!自分をしっかり取り戻すこと!それが長女さん、次女さん、そしてあなたの一番の安心、笑顔に繋がるからです。

{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

微力ながら

じゅんちさん。

おつらい日々をお過ごしのことと存じます。
また、ご主人も二女さんもそれぞれの悲しみがあり、苦しんでいらっしゃるのだと思います。

二女さんは、母親の悲しむ姿を見るのが辛いのでしょうね。また、自分が母親の悲しみを埋めることが出来ないのが辛いのかもしれません。

「お姉ちゃんに手を合わせることもしない」とありましたが、私も父が突然亡くなった後、1年間は遺影を見て手を合わせることが出来ませんでした。
そして丸2年経ち、三回忌を終えてようやく父の死が腑に落ちました。大切な人の死を受け入れるのには、それだけ時間がかかるのだと思います。

「七子のたとえ」という仏教の話があります。
『例えば子どもが7人いて、そのうち1人が重い病気になった。親は7人の子どもを平等に愛しているのだけれども、その時だけは病気の子に愛情を注ぐ』という話です。

二女さんに、じゅんちさんの思い(二女さんをいとおしく思っている、けれど長女さんを悼む心が深い)を率直に打ち明けてみてはいかがでしょうか。

ご家族の誰もが傷つかない方法は無いと思います。
共に苦しみ、そして乗り越えてゆくことを、心より念じております。
私も微力ながら、hasunohaを通じてお手伝いさせて頂ければと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

葛藤したり、悲しんだり、受け入れたり、ふりまわされたり

じゅんちさん、こんにちは。

長女さんのこと、お悔やみ申し上げます。
病気というのは身体の中のことで、パッと見ても分からないことです。まして肝臓ですから、とても分かりにくいと聞きます。毎日接していても、家族であろうと、先生であろうと、友達であろうと分からないものです。

さて、じゅんちさんのお言葉から分かることはなんでしょうか。
それは娘たちのことを愛しているということです。悲しいはずです。それにきっと次女も悲しくて涙しているはずです。私たちの知らない、見えない場所でです。

心にぽっかりと穴が空いたかのよう、と言いますが、その穴とは失ったものがあったはずの空間のことです。

では、その空いた穴をふさぐことは出来るのでしょうか。あったはずの空間、長女さんの存在感は大きいものです。お腹を痛めて産み、15年という年月やこれからを見守り続けるはずでした。それだけ長女さんは大きい存在なのですから、1週間、1ヶ月、1年と・・もっと時間がかかるかもしれません。

しかし。空いた穴は大きいけれども、それだけ大きな存在(長女さん)に今じゅんちさん自身、見守られてもいる・・・と考えることができます。

葛藤したり、悲しんだり、受け入れたり、ふりまわされたり。人は空いた穴をふさぐために右往左往します。そして、順調に穴をふさげるかというと・・・出来ません。むしろ、行ったり来たりを繰り返すだけとも言えます。
なぜなら、穴が空いたという事実は変えられないからです。
もう後戻りはできません。長女さんにとっても、同じことです。じゅんちさん、ご主人、次女さんにとっても。
だからといって、事実を今すぐに受け入れなければならないわけではありません。
これからの『時間』が変化を与えてくれるはずです。私たちが私たちの道を歩むことが、長女さんが長女さんの道を歩むことにもなるはずですから。

私も微力ながら、hasunohaを通じてお手伝いさせて頂ければと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

じゅんち様

とても書き言葉では表せない位の、つらい日々をお過ごしの事と存じます。

次女様の其の行動に、お母様で有るじゅんち様は反応したく成るのも判りますが、今はお母様の気持ちを押し付けないであげて下さい。
と言うのも、浦上 哲也 師も申して居られますが、「大切な人の死を受け入れるのには、それだけ時間がかかるのだと思います。」と言う事です。
大人の、其れも僧分の方がそうなのですから、お子様では尚更です。

また、次女様はお母様で有るじゅんち様の悲しむ姿を見るのが辛いのでしょうから、自分を押し殺してまでお母様で有るじゅんち様に対して、一生懸命に虚勢を張っているのではと存じますよ。

ご主人様や、お母様で有るじゅんち様次女様が、同じ哀しみを共有しているのですが、表現方法が違う事が有ると言う事実もご理解下さいな。

また以前の書き込みにも書き記しましたが、こうして此処に書き込み為さる事も良いのですが、 ご葬儀の折にお世話になった菩提寺のお寺様が居られたならば、一度お話を伺われたらと存じます。
または、当方(090-3390-2137)へのお電話でも宜しいですよ。
書き言葉だけでは受け手である我々が、お母様で有るじゅんち様のお心との共有にズレが生じる恐れも懸念致しますので…
どうぞ、ご遠慮なくお話を為さいませ。

{{count}}
有り難し
おきもち

色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

夫の突然死、生きているのが辛い

5/17に夫が亡くなりました。 29才でした。 持病もなく、本当に直前まで、ご飯をおかわりするくらい元気でした。 普通におやすみと言って、一緒に寝ました。 私も今29才です。生後5ヶ月の息子がいます。 なにが辛いか分からないくらい、全てが辛いです。 誰かに助けてほしいのに、なにをどう助けてほしいのか分かりません。 思いつく限りの辛いことを以下に書いてみました。 ・彼に会いたい ・毎朝起きて絶望するのが辛い ・なんでも彼との思い出があり、辛い ・夜中に目が覚めて、彼の様子が変だと思ったが、救急車を呼ぶか迷ってしまった。心臓マッサージよりも先に自分の着替えをした ・救急隊員が忘れ物をしたので、部屋に取りに帰る時、息子をだっこしていたので、エレベーターに乗ってしまった ・最初障害が残ったり植物状態になるかもと言われた時、育児に介護とそんな献身的な妻になれないなと思ってしまった ・息子が産まれてから小さいことで彼に怒ってばかりだった ・いつも彼をからかってバカにしてばかりだった ・最後の夕飯がよりにもよって1番手抜きだった。私だけ生き残って、彼の好きな食べ物を食べるのが辛い ・彼のために家事や育児を頑張っていた。毎日やることがなくて辛い ・子どもが好きなのは彼だった。いつもニコニコしてるのは彼だった。私だけだと息子が変になってしまうと思うと辛い ・彼がみんなに伝えたいことはなんとなくわかったので、伝えられた。けど、彼が私に何を言いたかったか分からないのが辛い ・なぜ彼だったのか、なぜ私ばかりこんな目にあうのか、答えがなくて辛い ・病院の先生にストレス等誰のせいでもない、運だと言われた。責める場所がなくて辛い ・死にたいと言うと、みんなに生きろ!死ぬな!と言われる。彼はそんなこと望んでない、逆の立場だったらどう思うと言われる。正論ばかり言われるのが辛い ・人が亡くなったニュースや不幸な話を聞くと笑っている。そんな私が息子を育てることが辛い。 ・息子が5ヶ月になった、寝返りができた、彼の知らない息子になるのが辛く、喜べないことが辛い ・彼がいないのが辛い ・実家に帰っているが、両親という夫婦を見ながら生活するのが辛い ・生きているだけで偉いはずなのに、段々外に出ろ、笑えと周りからの要求が増えるのが辛い。 ほんの一部です。 助けてください。

有り難し有り難し 89
回答数回答 3

父は自分が死んだ事に気付いていますか

はじめまして。 2020年の4月半ば、ガンで父が亡くなりました。 1月の終わり頃に首にしこりがあると言っていて、そのタイミングで私も父に関する嫌な夢を見てしまったので気がかりだったのですが、病気に行きなよ、程度で終わってしまい、3月の半ばには酷くなり即入院。 ですがもう手遅れで先は長くない。覚悟しておいて下さいと言われ絶望していました。 そんな父が入院して1ヶ月で、食事もとれなくガリガリに痩せ、血圧が下がりそのまま亡くなってしまいました。朝早く病院から呼び出され母と病院に行った時にはもう息を引き取っていました。 私はなぜあの時に無理矢理でも病院に連れて行かなかったのか後悔していました。亡くなってすぐの父の手は暖かくて、お見舞いに行った時に手を握って意外と力余ってるねと笑っていたのを思い出し涙が止まりませんでした。 葬式などを終えひと段落し、霊感がある母と喋っていると、父の気配も何も感じない、死んだ事に気付いていないのでは、と言っていました。 確かに血圧が下がり、眠るように意識が遠のきそのまま亡くなったのでもしかしたらまだ魂は病院を彷徨っているのではと不安になりました。自分の死に気付かない等あるのでしょうか?父は生前、人は死んだら何処へ行くのか、魂の話や心の話をよくしてくれました。 そういった事を理解していても、いざ自分が亡くなったら分からないものなのでしょうか? また、父は入院する前私が買ってくるのを楽しみにしていたプリンを食べられずに入院してしまいました。ガマンしていたお酒もタバコも、好きなお菓子も、食べたかったプリンも、お供えしたら食べて貰えますか?亡くなったらゆっくり休んで病気で食べれなかったプリンもタバコもお酒も楽しめているんでしょうか? 父は病気の苦しみから解放されて、今苦しまないでゆっくり休めているんでしょうか? 質問責めですみません。 ご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 54
回答数回答 4

離婚した元夫が孤独死し、悲しい

初めてご相談させていただきます。 私は11年前に離婚し、1人息子を引き取りました。その後息子は成人し、現在は自立しています。 元夫とは、息子の進学や就職、近況報告等で時々連絡を取り合っていました。 昨年、元夫から体調が悪く仕事(自営業)を休んでいること。信頼していた人に、売上金を持ち逃げされたこと。その為下請け業者に支払いができず、多額の借金を抱えたこと。返済もままならず、督促から逃げるために夜逃げ同然で引っ越したこと。住民票も異動できず、健康保険にも入っていないことを聞かされました。 私は、まずは病院に行くように説得しましたが、元夫はもう全て投げやりになっていました。保険証もないため、そんな莫大な治療は払えないと言いました。今ある手持ち金が尽きたら、もう死ぬしかないというようなことも言いました。 でも私は諦めて欲しくなかったので、メールでいくつか相談できる窓口を調べて送りました。 それから暫くして、私にがんが見つかり、すぐに手術を受けました。幸い初期だったため、社会復帰もできると喜んでいた頃でした。 息子から元夫が亡くなったと連絡がありました。 部屋の中で倒れているところが見つかったそうです。2か月ほど経っていたそうです。 もしかしたら、元夫は自死だったのではないか?あの時、私が無理矢理にでも病院に連れて行ったら、こんなことにはならなかったのではないか?どんなに心細く、無念だっただろう。私は治療を受けてこんなに元気になったのに…。でも、借金から逃げているという苦しさから解放されて、安心しているかもしれない…など、様々な感情が押し寄せ、胸が苦しくなります。 私が供養することは、元夫は喜んでくれるでしょうか?

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

愛する人を亡くしました

先日愛する人を亡くしました。 あまりに突然の別れで未だに受け入れることができません。 事情があり、遠距離でお付き合いをしてきました。 会えない時間が長い付き合いでしたが、常に連絡を取っていたこともあり、離れていても常に寄り添ってくれていることは明確でした。 しかし、私自身の性格もあり、なかなか素直になれず、辛くあたってしまったり、酷いことを言ってしまったり・・・。 それでも彼は変わらずに愛してくれているという実感もありました。 その彼が突然亡くなってしまい、しかも昨今のコロナウィルスの影響でお葬式にも参列できず、最期の姿すら見ることが叶いませんでした。 きちんと最期の別れができなかったこともあり、これは現実ではないのではないか、と彼の死を受け入れることができません。 今までの付き合いの中で自分のしてきたこと、後悔してばかりです。 せめてもっとちゃんと感謝を伝えたかった。 愛していると伝えればよかった。 来る日も来る日も後悔の連続で、闇の中から抜け出すことができません。 彼の死は親しい友人のみにしか知らせておらず、職場などでは何もなかったかのように、今までと同じ生活を続けるしかありません。 急に不安や悲しみが襲ってきて、泣き出しそうになることもありますが、ぐっと堪え、通常を装うことにも疲れてきてしまいました。 気持ちを強く持っていなければ!と自分に言い聞かせていますが、ふっと襲ってくる弱さにいつまで耐えられるのか・・・。 1人になると自然と涙が流れ、止めることができません。 あの世にも私の想いを届けるにはどうしたらいいですか? 彼の供養のためにも、前向きに生きていきたいと思いますが、どうすれば供養になりますか? あの世でまた彼に会うことはできますか? 私の事を待っていてくれるでしょうか?

有り難し有り難し 36
回答数回答 2

彼の上司が亡くなりました

相談失礼いたします。 彼の上司が、1月に行方不明になり 2日前に遺体にて発見されました。 彼は昨年6月に現在の職場に入り 最初の研修場所の先輩からパワハラと悪口を言われ、亡くなった先輩がそんなに酷いならこっちに寄越せと言い引き取ってもらいました。 その先輩はしっかりと研修をしてくれて 彼の中でも尊敬している先輩になり 彼の研修が終わる頃にその先輩が昇任。 そしてその昇任から2ヶ月程度で失踪したそうです。 見つかりはしましたが、その先輩のお葬式はゴールデンウィーク明けになるそうです。 恐らくこれから検死等あるのでは?とのことです。 彼の中ではあの先輩が自殺するわけがない、他殺だと思っているようです。 彼がパワハラの件を弁護士にお願いし、最初の先輩に文面を送った頃に失踪したので。 思い込みなのは分かっているようですが 彼の中では最初の先輩が何かしたから先輩が亡くなったんだと結論付けたいようです。 私もその先輩には勝手ながらとても感謝していたので、彼の気持ちが痛いほどわかります。 私が彼にたいしてしてあげられること 彼がその先輩に対してしてあげられることは何でしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

彼を死なせずにすんだはずです。

彼といることは幸せでしたが、辛いこともたくさんありました。 彼といると、私の普通がどんどん崩れていきます。 彼の普通と同じじゃないと認めてもらえません。 価値観の違いと話しても許されません。 私の感覚はおかしいと、間違っていると言われます。 彼と同じじゃないとダメなのです。 私の普通がだんだん分からなくなり、彼の考えと違う私はおかしいのだと思うようになりました。 彼に怒られるから、ケンカになるから、言いたいことも我慢しました。 私が我慢すれば、ケンカのない平和な日々を過ごせると思いました。 彼は、普段は本当に優しくて私のことをよく見ててくれ、気のまわる人でした。 何も言わずとも私の気持ちを分かってくれて、こんなに私を分かってくれてる人は他にはいないと本当に幸せでした。 でも、だんだんと楽しい、幸せよりも、辛い、悲しいが多くなりました。。。 そんな毎日から逃げました。 この状況が、子供にとっていいとはどうしても思えませんでした。 別れ話をするたびに、自殺をほのめかす彼を何度もみてきて、本当に死ぬ気なんてないくせに…と思っていた私は本当に馬鹿でした。 本当に死んでしまいました。 助けてあげれなかった。 今でも、彼が亡くなったことが信じられません。彼の家に行けば会えるのではないかと思っています。 でも、もし居なかったら…と思うと怖くて家に行けません。 彼の死ぬ時のおもいに比べたら、私の我慢や不安なんて大したことなかったんだ… だって、自ら自分の命を断つなんて、私には考えられません…そんなこと怖くてできません。 でも、彼はその恐怖よりも、生きていることの方が辛かったということですよね。 私のせいです。 私が弱かったから。もっと強ければ、彼とのことも、子供と彼との関係もうまくやってあげれたんじゃないか… もう一度やり直したい… やり直して、ちゃんと家族になりたい… どうしたらいいのでしょうか。どうしたら、彼を死なせずに済んだのでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る