hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

子宮ガンを患いました

回答数回答 2
有り難し有り難し 23

昨年、1月に第一子を出産。毎日楽しく子育てをしておりましたが、子どもが五ヶ月の頃、突然子宮ガンの告知を受けました。

かわいい我が子が一歳になったら、次の子を…と主人と話してた中での告知。

なんとか子宮を残せないか、色々な検査を受け、セカンドオピニオンも受けましたが、やはり摘出以外道はありませんでした。
当時は、毎日のように泣き、身も心もボロボロになりました。
手術を終え、抗がん剤治療も終えた今、こうして生きている事、子どもに生かされた事にとても感謝しています。

しかし、身体は元気になっても、心はまだまだ整理ができていません。
時折、現実を受け入れられないような感覚に襲われます。

そんな中、親友の第二子妊娠の報告を受けました。
私が健康な身体だったら、両手をあげておめでとう‼︎と喜ぶべきなのに…今の私は涙が出て来てしまうのです。

なんで、どうして、悲しい、虚しい、情けない…
そんな感情ばかりが出て来てしまうのです。
病気は、どうして私のところに来たのでしょう。
どうして私が、子宮を失くす、という辛い経験をしなければならなかったのでしょう。

どうして、どうして、私だったのでしょう。

もちろん、世の中には、子どもが欲しくても1人も授かれず辛い思いをしている方がいることも、もっと重い病気で苦しんでいる方がいることも分かっています。
子どもを1人でも授かれて、こうして毎日生活できていることが幸せな事なのも分かっています。

でも、心の底からもう1人授かりたかった。
健康な身体で、子育てを楽しみたかった。

友だちには、その場でおめでとうと伝えましたが、その後すぐに声を出して泣いてしまい、それから全く連絡できていません。

私の病気を知っていて、それでも妊娠の報告をしてきてくれた友だちの気持ちは、とても複雑だったと思います。

本当なら幸せな報告なのに、どんな気持ちで連絡してきてくれたのか…
それを考えると申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

こんな私は、これからどんな気持ちで生きていけば良いのでしょうか。
今、元気にすくすく育ってくれている我が子に恥じない親になりたいです。
我が子が悲しむことのないよう、心も身体も元気になりたいです。

こんな私に何かお言葉をいただければ、と思います。

2015年6月8日 16:36

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

厳しいようですが目をさまして。

がんもさん。私も子宮を摘出手術をしております。

お辛い気持ちであると思います。
誰にも自分の気持は解らないと思っておられると思います。

でもね、お子さんが一人いらっしゃるとの事、良かったではないですか!

世の中には凄く子供を望んでも授からず、一人もお子さんがいない夫婦も多くおられます。

また、多くの子供がいても、事故や病気で一瞬にして幼い命が兄弟揃って奪われる事もあります。

子供は親の持ち物ではありません。
親の分身でもありません。

仏から授かる独立した1つの命です。

親の計画に沿って生まれるものでは決してありません。
また、親の思い通りに育つものでもありません。

今、貴女の手の中にある幸せをもう一度見直して下さい。
そして、その幸せを逃がさないように、しっかりと抱きしめて下さいね。

そして、ご自分の身体を大事になさって下さいね!!!
子宮が無くたって元気に暮らせますよ。

追記:私も幸いにして子供が一人おります。仏に感謝しております。
本当に厳しい事を申してごめんなさい!m(_ _)m

2015年6月9日 1:17
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

お子さんには、最高のママでいましょう!

ガンモ様
文面から苦しみが痛いほど伝わってきます。まだ術後1年程なので気持ちの整理が出来ないのも当然でしょう。
でも、お子様にはその辛い表情は見せないで下さいネ。子供は敏感です。ママが苦しんでいるのは自分のせい?との思いを持つかもしれません。
ガンモ様は、その苦しみを旦那さんやあなたの実の両親に、打ち明け相談していますか?
このサイトも含め、辛く悲しい思いを吐露する事も大切です。
同じ気持ちを持つ方と意見を交わすのも良いかも知れません。
例えばタレントの原千晶さんが運営する「よつばの会」
子宮がんをはじめ、様々な女性特有のがんを患った人が集まってお話をする会です。こんな所を覗いて、同じ気持ちを共有して下さい。

僧侶としてのアドバイスにはなっていないかも知れませんが、せっかくご縁があってお子様もいらっしゃるのですから、最高のママになって下さい!

原千晶「よつばの会」
http://www.yotsuba-kai.com/

2015年6月8日 23:27
{{count}}
有り難し
おきもち

石川県金沢市内の城北地区鳴和町で浄土真宗本願寺派のお寺をお預かりしておりま...

「癌・末期ガンと向き合う」問答一覧

癌治療で父親が苦しむ姿を見ていられない

以前も質問させていただいたものです。 また質問内容が似てるかもしれませんがお許し下さい。 私の父親は3ヶ月ほど前に胃がんがわかり、全摘出しました。神経細胞内分泌癌というとてもタチの悪い珍しい癌で、抗がん剤治療を待たずして術後1ヶ月で全身あちこち転移してしまいました。 その後速やかに抗がん剤治療をしましたが、治療するたびにご飯がますます食べられなくなり、やせ細り、眠くて眠くてずっと寝てる状態が何日も続きます。今まさにその副作用真っ只中です。本当に可哀想です。こっちが、声掛けたり励ましたりするのをかえって嫌がるようでそっとしておいてほしい感じです。話す余裕さえない感じです。また今までになかった痛みが出てきたりして本人も不安になったのか、寝てる時も涙をためています。可哀想で可哀想で胸が苦しくて頭がおかしくなりそうです。私は結婚して離れて暮らしてますが、側で見ている母はもっとだと思います。もう辛さから解放してあげたい気持ちと、治療耐え抜いて元気になってもらいたい気持ちが交錯しています。 父の気持ちを思うと苦しくて頭がおかしくなりそうで、何か出来ることはないか、あたふたしてしまいます。が、本人は何も望んでなさそうで、ただじっと、ひたすら耐えています。父の為にと思ってする事も煩わしく思うようです。 そんな父に対して、まわりで介護するものはどんな心持ちでいればいいでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

母の癌…

お世話になります。 昨年末、73歳の母がステージ3の肺癌であることが判明しました。 年明けから、抗がん剤治療、放射線治療を行い、不幸中の幸いで、手術出来る段階まで小さくなったのですが… 母が「手術はしたくない」と言い出して、戸惑っています。 手術したくない理由は、「これ以上体力を落としたくない。これからは上手に癌と付き合い、生きていきたい」と。 内科の担当の先生も、「せっかく手術出来るのに」と説明して下さいましたが、本人の意志は固いようで、何やら吹っ切れたように、逆に元気になっています。 親の病、生き方に関しては、本人の気持ちを尊重すべきで、いくら娘でも、口は出せない、母か決めた事だから…と自分を納得させていますが、「このまま母が弱って死んだらどうしよう」と悪い方にばかり考えてしまい、涙が止まりません。 現在、夫の転勤で県外に住み、地元を離れているため、母のお見舞いに行けるのは週に何日かだけ。 それでも自分なりに精一杯やっているつもりですが、「私が母の近くに住んでたら、もっと早く病に気付けたはず」と自分を責める気持ちが治まりません。 老いていく親の大病、やがてくる死、どのような心持ちでいれば、私自身も心穏やかに過ごせるか、ご教示いただけたらありがたいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る