hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お寺への立ち寄り方について。

回答数回答 2
有り難し有り難し 25

こんにちは。
先日はお話を聞いてもらってありがとうございます。
今回はお寺のことについて質問させてください。

今自分が住んでいる家の近くに曹洞宗のお寺があり、息子の散歩の途中に立ち寄って、境内の中を一周して帰っています。
境内の中にはお地蔵さんや、観音様の石像があるので、手を合わせています。

そのお寺はいつもひっそりとしていて、お坊さんに会ったことはありませんが、仏像にキレイなお花が供えてあるので、ちゃんと手入れされています。
小さめのお寺ですが、門はとても立派に見えますし、落ち着いた雰囲気なので私は好きです。

お坊さん的に私のようにお寺に入るのは問題ないですか??
あと、人の気配がなくても、お堂の中で何かしているのですか
なんとなく気になっていたので、教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

2015年6月24日 9:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

どうぞどうぞ。

門が開いていて境内に自由に出入りできるようでしたら、どうぞお入りください。

僧侶は毎日決まった時間帯でお勤めをしていて、法事・法要があれば参詣者もいらっしゃるでしょう。でも、その時間帯以外ではお堂はひっそりとしています。

防犯上平素お堂は閉まっていることが多いですが、玄関で「お堂でお参りした」と申していただければ、入れていただけると思います。

2015年6月24日 9:49
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

お子さんのためにもお参りください

みかんさん、こんにちは。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

みかんさんがお住まいの近くに曹洞宗の寺院があり、息子さんの散歩がてらお参りされているとのこと。境内も整っており、落ち着いた雰囲気がみかんさんにとって心地よいのですね。

宗派を問わず、お寺は地域の人のために建てられたものです。地域の皆さんが浄財(寄附)を出し合い、寺を建てて心の安楽を求めておられる場所です。公園と同じように地域の公共の場所と考えていただいて構いません。

お子さんにとっても、お寺の雰囲気を肌で感じることは大切であると思います。お寺の雰囲気には、ザワザワとしたものがなく心落ち着く場所であると思います。子どもが落ち着いた雰囲気に触れることで、優しさや思いやりが育ちます。

境内の掲示板などで寺院行事の紹介があれば参加してみてもいいでしょう。ご住職の人柄に触れるとより一層、お寺の雰囲気を感じることができると思います。

みかんさんのお子さまの心がやさしく育ちますように。

2015年6月24日 11:01
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

和田様
回答ありがとうございます。
いつ行っても、ひっそりとしているので、
お坊さんがいるのかな??なんて思っていました。
門が開いている時は気軽に立ち寄って行こうと思います。
いつか境内で掃き掃除をしているお坊さんに会ってみたいなんて思っています(笑)

中村様
回答ありがとうございます。
息子への言葉もありがたいです。
自分が手を合わせている姿を見れば自然と手を合わせてくれる子になってほしいものです。
8月にお寺で納涼祭があるので、行ってみようと思います。

「お寺に参拝・訪問」問答一覧

改教と、これから通うお寺さんについて

こんばんは。 ハスノハに参加した時私は一応クリスチャンだったのですが、あれから色々あって、改教しようと思います。はっきり言ってしまうと、もうだいぶ前からすべての出来事に神の意志が働いて起こるというのが信じられなくなっていました。 最近わけあって近所のお寺さんでお世話になったので、まずはそこへお話を聴きに行こうと思います。ですが、そこは真言宗なので、通うと私は真言宗になってしまうのでしょうか? 以前仏教の本を読んだのがきっかけで、自分がすーっと入っていけそうな宗派のイメージができていて、それが真言宗ではないというだけで、真言宗が嫌というわけではないんです。 ただ、やっぱり最初にお話を聴きに行くお寺さんの宗派が違うといけないでしょうか。 ちなみに、私の家は普段どこか特定のお寺さんでお世話になっているのではなく、例えば父親の法事の際には植物園のようなお墓(父が眠っている所で、そこにお寺さんはない)にお坊様が短時間いらっしゃってお勤めをして帰られるという形です。 前は自分がお寺さんにお話を聴きに行くなんて考えていなかったのに、色々な事があってこんなふうになって、人の心も変わるものなんだなと実感しています。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

お参りを拒否される事はあるのでしょうか?

こんにちは。お忙しい中、私の質問を見て頂きありがとうございます。 おかしな話かもしれないので投稿を悩んだのですが、類似状況が何度か起こっている為、気になってしまい質問させて頂きました。 前々から「●月●日はお参り(寺社仏閣や先祖のお墓参り)に伺おう」と日にちを決め、準備を順調に進めていました。 ところが、前日 あるいは当日になって、以下のような事が突然起こり、お参りに伺えなくなるという事が何度も起こっています。 ※肉体面での体調不良→起き上がれない・動けない程の頭痛や腹痛など。或いは歩行が辛く感じるような外傷的な痛みなど(真っ直ぐ立てない、或いは長時間電車に揺られるのが困難な膝や腰、脚の痛みなど) ※精神面での体調不良→(現在重度のうつ病を患っており、治療と社会復帰に向けたリハビリに取り組み中の状態ですが)お参り前日や当日にショッキングな出来事に遭遇し、精神的にパニックを起こし、その後 全く動けなくなるという事があります。 医師から処方された薬を飲んで動こうとしても、ショックの度合いが強すぎる時は心も体もついていかない事が多く、結局「寝たきりで過ごす」事が多々あります(時間をかけてクールダウンすると治る、というか症状が収まるのですが、当初予定していたお参り当日に伺う事はできなくなります…) 以前、知人にこの話をした時に『そんなのはお前が弱いのが悪いんだよ。肉体的にも精神的にも強くなるしかないじゃん』と言われたことがあり、自分でも『やっぱり、私の弱さが全て悪いんだろうか…』とも思いました。 ただ、一方で…『もしかしたら、こんな状態の私がお参りに伺う事を神仏やご先祖様が嫌がっているのではないか…?』という気もしてしまうのです。 もしかしたら、私が未熟すぎるから、何か許しがたい非があるから、肉体的または精神的に問題があるから、『今のあなたの状態では来てはいけません。出直して来なさい』と示されているのではないか…?と。 そこでお坊様に質問をさせて頂きたいのですが『神仏やご先祖様から、参拝をお断りされる事』はあるのでしょうか?それとも、このような事は考えすぎなのでしょうか? 支離滅裂な文書で恐れ入りますが、お知恵を拝借頂けますと幸いです。お忙しい中恐れ入りますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る