皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

どうして苦しむのですか?

旦那との関係性もあまりよくありません。
不妊治療もうまくいきません。

昔は幸せな恋をしていたし、幸せな人生を歩んでいたと思います。
年をとるにつれて将来が不安になるばかりで希望が持てません。

若い頃は不安なことやうまくいかないこともあったけど、いいなと思うこともたくさんありました。

今はいいこともあるけれど不安がたくさんです。

人間は不幸と幸福のバランスがあるのですか?
不幸なところがあるから片方がうまくいくのでしょうか?
逆に、うまく行ってる部分があるとそれ以外は不幸になるのでしょうか?

自殺をしたらその後も苦しむのでしょうか?

もし不幸と幸運のバランスがあるのだとしたら、うまくいく部分があるのは嬉しいけど不幸な部分はそのまま。
不幸な部分がうまく行ったら今ある幸福な部分はなくなる。
そんな人生なんてひどいと思います。

希望が持てなくて、不安ばかりで、人が羨ましくて、自分がどんどん嫌いになりそうで、人生失敗したのかとおもいます。
これから先に希望が持てないのに、生きていくのは辛いです。

自殺したらその後も苦しむのだとしたら、殺されたり病気になるのは別なのでしょうか?

その気はないのに死ぬという状況にならないと、だめなのでしょうか?

どうして、こんなに苦しむのでしょうか。
前世で悪いことをたくさんしたのでしょうか。
それとも、若いとき幸せな時期があったツケなのでしょうか。

生まれて生きていくのは、本当に幸せなことなのでしょうか。

運命・見えない力
有り難し 50
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

幸せも不幸せも自己責任? 実はアナタが不幸にしている!?

タイトル、本当です。
考え方を変えたければ電話してきて下さい。
まず「不運」とは事実の事です。旦那が冷たい、会話がない、不妊治療で効果がない。これは不幸ではなく、まず「不運」なのです。
それに対して、不幸とは不運という純粋な出来事に対する自己評価のことなのです。
実際あなたよりも不運な人は本当は沢山います。
勿論比較などできません。なり替わることもできません。
ただ、状況的に誰がみても「ああ、この人の境遇は不運だなぁ」と思える方々は沢山いるのです。
では、何故そういう方々はあなたより不運なのに「不幸」ではないのでしょうか。
※これより後はここまでの意味が分かってから読み進めてください。
誰であってもそれぞれに与えられている今の不運(状態)という境遇は、苦境から脱することが出来るのです。
それは想念という人間の思考世界を離れて、事実世界に住する事なのです。
想念の住人ではなく、事実の住人になればよいのです。
事実の住人とは、好き嫌いや幸不幸など想念上の価値を付けない生き方をする人です。
今日は天気が冷え込んでいて、洗濯ものがあまり乾きません。
これは事実です。不運です。不運という程でもないですが、どんな事でも不運と言えます。
どんな事でも事実は事実なのです。
私の不細工な顔が不運であると言えば不運かもしれませんが、別に私は「不幸」ではありません。
世界中の人が私に不細工といってきても、私は顔面が確かに不運かもしれませんが、不幸ではない、という道理がお分かりでしょうか。
心の中のネガティブな評価、ネガティブエネルギーに屈していないのです。
本当にあきらめきっている人は、対処もするはずです。
恨まれても結構ですが、失礼ながら、あなたの今の苦境を脱出して頂く為に、あえて申し上げますが、
あなたは現在陥ってしまっている泥沼にハマっているまま、一歩も動こうとしておられないのです。
沼にハマったまま、その中で思考をされているのです。だから不運ながらにさらに「不幸」なのです。
まず、そこが底なし沼であったならばどうするでしょうか、必死になって「出る」という行為をするはずです。あなたが「行為」しておられることは「思考」であって「試行」という試み、行動ではないことをやっておられるのです。厳しく申し上げましたが、どうか、行動の一歩を踏み出して、思考から脱出してください。

幸せと不幸は表裏一体。

にこさんへ、こんにちは。

夫婦関係や不妊など、いろいろなことが重なって、人生を辛く感じているのですね。
私もそうです。生きるって辛いことばかりを経験してきたし、今も辛いことはたくさんあります。
「あー、死んでしまったら楽になるのかな」と思ったことも数え切れません。

でも、幸せという気持ちや不幸と思う気持ちは、自分自身が決めていることなので、自分の心を見つめて、自分の心を改善していかなくてはならないと、仏様は教えてくださっています。

出てくる物事には、本来は幸せ・不幸せの価値はありません。決めるのは自分自身です。自分は不幸と思っていても、違うひとは幸せだと思います。また自分は他人を不幸と見ていても、他人にとっては幸せなこともあるのです。だから幸せと不幸は表裏一体の関係にあります。

辛いことばかりを見てしまうと人生は辛くなります。たとえ辛いことがあっても幸せなことを作っていくことは辛さを乗り越えて幸せな人生を送ることができます。夫婦関係がわるければ、友達関係を充実してください。夫だけがあなたの理解者ではありません。子供ができなければ趣味などに人生を楽しんでください。子育てしない分、子供がいる人よりも、趣味に時間とお金に余裕が出てくるからです。

今の状況を嘆いても好転はしません。まずは今の現状でどう幸せに生きるかを考える必要があります。そして幸せの価値観を作りなおしながら、今の現状打破を打つチャレンジをしていきます。

悲しいですが、それしか人生を幸せに生きる道はないのです。仏さまは、「生きることはまず苦しみであると気づきなさい。そして幸せになる生き方を作っていきない」と教えて下さっています。死ぬのは必ず来ます。だから自殺する必要はありません。自殺しても苦しみから逃れられません。あの世でも同じことが待っているからです。肉体があることが魂を向上させる唯一の方法です。

にこさんは、ハスノハで仏さまの教えとつながったのです。大丈夫です。必ず幸せになります。一緒に仏様の教えを勉強して幸せの価値観を作っていきましょう。いつでも辛ければ相談してください。

あなたの人生を応援します。合掌

苦しむ主な原因は、煩悩と無明である

にこ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

私たちが様々に苦しむ主な原因は、煩悩とその親玉である無明(根本的な無知)にあります。

その煩悩と無明を対治することにより、迷い苦しみの繰り返し(輪廻)から離れることを目指すのが仏教となります。

全ては因縁(原因と条件)次第により成り立って参ります。

幸せや悟りなど、良い結果へと向けては、良い因縁を調えていくことが望まれることになります。

特にしっかりと悟りへと向けた良い因縁(主には、堅固な菩提心と共に智慧と福徳の二資糧の集積)を調えていけるように、是非、仏教の修習を、これを機縁に少しずつでも進めて頂けましたら有り難くに存じます。

にこ様に、にこにこの笑顔がありますように。お幸せを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
読みながら涙が出てきました。

昔は死ぬことが凄く怖かったです。
でも、いつかは死ぬ。
いつは、死ねる。
そう思えるようになってきました。

辛いことがたくさんあるけど、いいこともあります。
いいこともたくさんあるけど辛いこともたくさんあります。

もう少し、気持ちを落ち着けて、幸せを見つけていけたらと思います。

関連する問答
このページの先頭へ