やる気がないと思われたくない。

初めまして。
3年ほど悩みつづけていることがあります。
このような企画がありましたことに感謝します。
宜しくお願いします。

私は柔軟芸を練習しています。
肉体的にも精神的にも厳しい世界だと思っています。
2009年頃から毎日コツコツ練習を継続してきました。

2012年に妊娠と出産をし、現在は子育てをしております。
家業を継ぐため、仕事も並行しています。

当然ですが、柔軟芸の練習時間を確保することが難しくなってきました。

私にとっては子育てと家業の後継が優先なのですが、
もちろん柔軟芸の練習も同等なくらい大切なものです。

しかし、子供を預けたり誰か代わりに仕事を頼める環境ではなく、
やむを得ず練習を休んでいる状況です。

先生や仲間に情熱を疑われたくありません。

どうしても練習したいのなら、
子供を置いてでも仕事を辞めてでも、
練習するべきだ

と思われているのではないか、と考えてしまいます。

情熱を伝えるために一生懸命に態度で示していますが、
結局は練習不足ですから、
私の気持ちは伝わっていないだろうと思います。

日常はとても幸福ですが、
この状況が苦しいです。

有り難し 18
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

月謝を払ってまで苦しむ必要はない

柔軟芸はどなたのために練習されているのでしょうか?

先生のためでしょうか?
仲間のためでしょうか?
それとも、誰にも悪く思われないためでしょうか?

もしそうならば、お子さんを預けてでも練習に励んで下さい。

いや、そうじゃない。
「自分が楽しいからやっているんだ」「自分のためにやりたいんだ」ということであれば、あなたの中での優先順位はもう決まっているはずです。

それで良いと思いますよ。

周りにどう思われるかの為に、月謝を払って習いに行っているんではないはずです。
あなたの達成感のために月謝を払っているなら、今は子育て優先で、出来る時間に思いっきり情熱を燃やせばいい。

どうしても周りが気になるなら、先生や仲間に「今子供に手が離せないから」と一言言っておけばすむこと。

本当に好きなら、情熱を認めさせることよりも、情熱を失わないこと。
情熱さえあれば、また同じように練習も再開出来る。

あなたの中での優先順位が変わって、どうしても柔軟芸がやりたくなったら、その時は子供を預けてでも練習に行けばいい。

やりたいことなら期間が空いても続けられる。
たとえ今は情熱が失せたとみられていても、再開すればまた認めさせられる。

あなたが想像する周りの人に頭の中は、実際の頭の中ではありません。
あなたが勝手に、人の頭の中を想像しているだけ。

あなたの心が、人から解ってもらえないように、あなたにも解らない。

疑われているんじゃなくて、あなたが疑っているんです。

あなたも周りもみんな一緒、頭の中で思うだけ。
勝手に想像して心を痛めてるだけ。
自分の想像を恐れているだけ。

そんな、あるかどうかも解らない想像なんか放っておきませんか?

今、あなたの幸せな日常があるなら、ご主人にとっても、お子さんにとっても、今が最高に幸せな日常のはず。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、今、周りの目に囚われて後々後悔しないように。

月謝を払ってまで、わざわざ苦しむ必要なんてありませんよ。

2年6ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

やる気がないと思われると、何かあなたの生活は変わりますか

やる気がないと思われたとしても、あなたの生活は何も変化しないでしょ。

人の心を勝手に想像し、悪い方向に向け始めると、苦しむのはご自分。そしてだんだんとお子様の存在も邪魔に感じられるようになってしまいます。

それは、真の姿ではないでしょう。お子さんが何より大切なことは、誰にでもわかること。仮にお子さんがいなくて、親の気持ちのわからない方がいたとしても、それはそれ。

あなたは間違えなく怠けてません。修行しています。
考えや妄想に振り回されず、今目の前のお子さんを大切にしてください。

2年6ヶ月前

それは「こう思われているのではないか」という貴女の思いである

人間は、自縛します。
自ら縛り、自らの思いで自爆します。
「ちゅどーん」
これぞ仏教の究極ともいえましょう。
「あらゆる苦しみは自爆・自縛」なのです。
あなたも自爆・自縛しているだけ。
人から苦しめられることって本当は「ない」のです。
全部自分の思いなのですから。
苦しみが起こってる箇所はどこでしょうか?
絶対に自分の心の中以外にどこにもありません。
ですから、人にいじめられる、悪く思われる、という行為をされてもこのカラクリを知っている精神の強い人は自らの思いに屈服しません。
いじめ、悪しざまに思われる、あなたでいうと「やる気がないっと思われる」という行為をされても自分の思いに屈服しなければ、相手に苦しめられません。
思われたとしても、別にどうってことはないはずです。
あなたがせいぜい自分の他者からの良い理想的なイメージをッキープしたいというだけですが、それも幻想です。
よって、弱い犬が強い犬に吠えてまるで動じていない様子を想像してみてください。
あなたはみんなが「こう思っているに違いない」と思っていますが、全員に一人一人確認をとりましたか?実際にとってみると面白い結果が出ると思いますよ。
「自分が思っていた世界とはまるで違う」ということを体験すると思います。
通常、妊娠したら仕事よりも自分の体、お子さんの事を最優先にすることをこそ最優先にさせるはずです。お子さんにとっても一生にかかわる問題ですから。
それが妊娠、出産、育児というものです。
これを差し置いてまで、あなたに柔軟芸や家業を優先させるような事は、周りの人であってあなた自身の意志であっても、今の時期はそっちをゆうせんさせる❝べきではない❞ことです。
自分のご都合の中では、これを優先させたいという気持ちがあるとしても、もっと優先すべきことは育児である❝べき❞です。
母親としてはこれを「したい」ことはあると思います。
ですが、お子さんの声に耳を傾けてください。
余談ですが、仏教には柔軟心(にゅうなんしん)・柔和質直(にゅうわしつじき)という言葉があります。
仏教を通じて、柔軟な心を持ち、時事の変化に応じて抗うことのない柔和にして、質直=それをその通りの事として受け止め、余分なはからいを加えないままに過ごしてみてください。
一生涯の柔軟芸となるでしょう。

2年6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

僧侶の皆様

ご回答くださりありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

1に、私は周囲を信用していなかったことがわかりました。
2に、過去の私自身が本気の取り組みについて、
全てを投げてでも取り組んできたという事実がありました。
3に、現在は守るべきものがある環境の変化を改めて認識しました。

総合して、環境の変化があったにかかわらず、
従前と同様の判断と行動をしようとしていたことが大きな誤りでした。

情熱を持ち続けます。
次のタイミングが訪れることを信じます。

*******
お金を払ってまで相手に気遣ったり自分を苦しめたりしながら
練習をする、おかしな日々でした。
全く気持ちよくありませんでした。

あるヨガの先生からは意地悪(と勝手に思い込んでいます)
をされたり、
悪く評価されても気にしなければよいまででしたが、
私はとても悔しかったです。

その悔しいままでその場を離れたくなかったのです。
そして子育てを理由にしたくなかったのです。

しかし私は、子育て=人間、人格を造ること だと思っており、
簡単でないことを体感しています。

今回の相談によりそれを受け止め、自分に与えられた環境の変化を認めていきます。

自分に訪れた変化に気付きを与えてくださり、ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

関連する問答
このページの先頭へ