hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

納骨せずに9年間❕

回答数回答 2
有り難し有り難し 14

こんにちは。 はじめて質問致します。
自分は3人兄弟の次男で上に兄、下に妹がいます。上の兄の事ですが、独立してバツイチで結婚(子供無し)してますが、9年前に亡くなったのですが、今だ、納骨せずに手元に置いて居ると、最近知りました。このままの状態で、供養出来るのでしょうか⁉ 早々に供養したいのですが、良きアドバイス宜しくお願い致します。

2017年4月26日 13:56

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

供養の真意は菩提心。「だれかのもの」にしてはいけない。

まず供養を誤解しておられるかと。可能であれば霊園ではなくお寺の墓地に布施をして供養してあげてください。
霊園は供養ではなく「支払い・管理」です。
お寺の墓地でお寺「菩提寺」にお布施をして仏教文化・活動を支えていく事で供養になります。
そうでなければ霊園という何でも屋さんで契約しただけに過ぎません。
実際、倒産すればお骨は野ざらし。
世間の「供養」とはおおよそ体裁をととのえているだけでしょう。
宗教心がないからです。だから供養と称し、供養と偽って人間のお互いが都合よく願望を埋め合っているだけにと感じています。※丹下個人の考えです。
最近のニュースでも有りましたがペット霊園が経営ができなくなった途端、野ざらしです。
あれが供養なのでしょうか。あれでみな様は満足なのでしょうか。
あの事件は霊園のウラの実態が明らかになった怖ろしい事件です。
霊園での供養はAmazon僧侶派遣と同じく宗教の名を語った無宗教ビジネスに過ぎなかったということです。
結局霊園はビジネスで経営者に宗教心がなく敬うのは祖霊ではなくお金。
購入する側もお寺や仏教を護持しようという菩提心や宗教心がない。
企業に布施ならぬPAYをして父母先祖の骨を管理してもらっているだけでしょう。
そこに故人の尊厳を認めて、自分達よりも尊い存在、死後も私たちを導いてくれる精神向上の導き手である「仏」として敬う正式な形は菩提寺となるお寺を求めて仏教文化に貢献して仏教を勉強して供養しなければそれは、仏を騙しているようなものです。
Amazonや企業による僧侶派遣、霊園の実態は宗教心をもっていないのです。
根本が宗教心の無い人を相手にするビジネスですから、本当は供養という事の真意からして勉強しなおされるべきものです。
民間の企業は「私たちが供養する」とは使ってはならない言葉です。
彼等は供養という言葉を用いて単にそこで金儲けをする人たちです。
そに故人を敬い、菩提を求める心、菩提心がない。
菩提心のない供養はただのビジネス。金の切れ目が縁の切れ目。
身内が無くなった。そうだ、供養しよう。誰か読んでポクポクやって供養してもらおうというレベルの行為は供養ですらありません。得体のしれない見識の無い雇われバイト僧が現れて謎のお経を口パク、棒読みで読んであなたは亡くなった方が本当に成仏したと思っておられるようでしたらとんでもない誤解です。

2017年4月26日 14:38
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

きちんと供養させてもらいましょう。

荒屋の次男坊さん、こんにちは。

 少し確認ですが、お骨があるのは、兄がなくなってその家族がお骨を納骨せずに置いてあるということでしょうか。それとも兄が、亡くなった親のお骨を納骨せずに置いてあるということでしょうか。そこがわかりません。

 亡くなった方に思いがあって納骨せずに家に置いて供養してあるということは良くあることです。粗末にされていなければそれはそれで良いと思います。
 ただし普通は遅くても一周忌ぐらいには納骨するのが慣習ですので、たとえばお金がなくしておらず、置きっぱなしということであれば、すみやかに納骨した方が良いと思います。兄または兄の家族に伺って、納骨をなぜしないのか、伺えばいいでしょう。もし親の遺骨でお金がないということであれば、それは兄弟が出し合って兄をサポートすれば良いでしょう。兄の遺族であれば、親戚として協力アドバイスをしてあげてください。

 そして供養は、その遺族または本家だけがするものではなく、供養したいという気持ちを持つ方が施主となってすれば良いのです。荒屋の次男坊さんが施主となればいいのですよ。追善供養はお骨の有無は関係ありません。是非、近くのお寺でもかまいませんので供養をしあげてください。

合掌

2017年4月26日 15:21
{{count}}
有り難し
おきもち

★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

質問者からのお礼

言葉が足りないにも関わらず、良きアドバイス、有難うございました🙇
そして、菩提寺と霊園の違いも分かりました。有難うございました🙇

「納骨」問答一覧

納骨、供養について

13年前、私が再婚する際に実母を引き取り生活しておりました。 その母が先月亡くなりました。 身内がある宗教の会員のため、叔母が亡くなった際、友人葬をあげて頂いた事がきっかけで、母は叔母のご本尊様を引き取る形で入会しました。 ただ、母は友人葬に感動したとの事でそれ以外は信仰することも活動もなくお仏壇も押入れに片付けてある状態でした。 突然母が亡くなったことで私自身パニックになり、主人といとこ(学会員)を頼るばかり… 唯一、母が感動したという友人葬にする事にし、いとこが声を掛けて下さり無事に葬儀は終わりました。 主人は長男で自宅には、主人が幼い時に亡くなった父親のお仏壇があります。 私の母とは宗派も違うので、お隣にお仏壇を置かせて頂いてもいいのか分からないでいます。 納骨に関しましても、母の実家のお墓であれば両親兄弟揃っているから…と思うのですが、これもまた宗派の違いがあり、母は旧姓に戻ってはいるものの一旦は外に出た人間だから…それに母の実家は遠方なので私自身近くに居てほしいとの想いがあります。 学会の方々にお世話になったので、そこに納骨と考えているのですが、その場合、母は自分の両親と離れ離れになってしまうのではないかと不安になります。 納骨、今後の供養 宗派は違えど一緒にさせてもらっていいのでしょうか? どうすることが最善なのでしょうか? 近くのお寺で相談することも考えたのですが、やはり宗派の違いで問題が生じたり、自分の信仰する所を勧めたりされるとお聞きしたのでなかなか前に進まずにいます。 乱文で申し訳ありませんがアドバイスを頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

檀家でない場合、お経をあげていただくことは難しいでしょうか?

初めて質問いたします。何かアドバイスいただけたらありがたいです。 <背景> ・宗派:学会系(ただし熱心ではなく、父方祖母の代に親戚付き合いから宗旨変えしたと聞いています。どちらかというと宗教に関心の薄い家です)。 ・父方親戚は学会系の方が多く、これまでお葬式をあげる際は「友人葬」として親戚の方に題目?を読もらっていました。 ・父が一人っ子で祖父母も亡くなって時間がたっているため、父方親戚とは疎遠気味です。 ・祖父母のお墓は地域の共同墓地(宗派がないところ)です。 <相談内容> 先日弟が事故で無くなりました。少し普通ではない亡くなり方(犯罪等ではありません)だったため、疎遠気味だった父方親戚には知らせず、ごく身内だけで葬儀を行いました。 数か月たちそろそろ納骨を考えているのですが、納骨時にお経をあげていただく伝手がありません。父方親戚にお願いすればあげてもらえそうですが、事情により伝える予定はありません。 できたら宗派の近い日蓮宗系の方に、納骨の時だけ立ち会っていただきたいのですが、何か方法はないでしょうか? お墓近くの日蓮宗系寺院に相談したところ、檀家になることをすすめられました。ごくまっとうな意見だと思うのですが、すぐには踏ん切りがつけられず家族で悩んでいます。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

母親の納骨について

去年11月に病気で大切な母親が永眠しました。84歳でした。一周忌に墓に納骨をしようと準備していますが、母親の先祖代々のお墓のある寺に問い合わせたら、墓の管理者の許可が必要といわれました。母親は四姉妹の末っ子で長女と母親が先祖代々の名前です。長女と母親は生前あまり仲良くなかったらしいのですが、母親は代々のお墓に入るのを望んでいました。長女には何の遠慮もせんでいいよと常々言ってました。長女親族とはずっと連絡などしてこなかったのですが、墓の管理者となるとやはり長女の子供たちでしょうか。長女も生存してるのか不明です。今名古屋に住んで30年経ち、代々の墓は石川県で遠方で、数年に一度母親共々墓参りしていました。自分は40代独身で父親と姉の3人です。まだまだ一周忌経ってないので日々淋しさと悲しさは溢れた日々です。 代々の墓に普通に入れると思っていたので、今不安と一番最善はどうしたらいいか、そして、自分もおそらくこのまま独身で生きてくと自分が亡くなった後の不安、母親と同じ場所に絶対に入りたいのでどうすればいいか、、是非ともアドバイスいただけけたらと思います。 もし、先祖代々の墓に母親が入れないと母親との約束が果たせない辛さ、悲しさとか強く抱いてるので、不安です。 片足が不自由だった高齢の母親といつも一緒にいれたことが凄く幸せでした。側にいて当たり前と思ってた大切な存在だったので悲しみと淋しさもとてつもないです、、 今はまだ母親の遺影と遺骨をミニ仏壇に添えて日々お参りしています。涙が止まりません。 今後の残った自分、高齢の父親、姉の3人も絶対に母親と一緒に永遠にいたいのでその点も含めてアドバイスよろしくお願いします。。

有り難し有り難し 12
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る