皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

忌中の勤行について

親戚に不幸がありました。

明王様、菩薩様、如来様は忌中の間、勤行を行なったり、護摩に参加しても構わない。

しかし天部の神様は忌中が開けるまで、拝むのは遠慮すべきと聞きました。

やはり忌中の間は遠慮すべきなのでしょうか?
それとも、遠慮するのはご法事の日だけで良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

お葬式・法事
有り難し 9
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

天部は「神道の神」とは違います

 天部とは、インドの神様で有り、仏教においては「仏法を守護する護法神」として受け止められています。

 通常、神棚には神札をお祀りしますが、伊勢神道系の説明では、中央に「天照大神」の御札、向かって右に氏神(地域の守り神)様の御札、向かって左に崇敬神社(個人的に信仰している神社)の御札を祀る、ということになってます。
神社本庁「神札の祀り方」http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/otheriroha/ofuda/

 神棚に祀られる神様は基本的には日本由来の神様です。それらの神様は死の穢れを嫌いますので、「神棚封じ」と言って白い紙を神棚の前に貼り穢れを遮るようにします。天部の神様は日本の神様ではありませんので、穢れ云々を心配する必要はありません。忌中であっても、普通に天部をお参りしても構いません。
 


質問者からの有り難し - お礼

吉田俊英 様
ありがとうございました。
私は、天部の神様を神道の神様と混同しておりました。

勤行は毎日欠かさずやっておりますので、休みますとかえって落ち着きませんでした。
お坊様に言っていただき、安心して勤行ができます。
あらためまして、ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ