お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

気持ちの整理

 私は幼少期母に「おまえは橋の下から拾ってきた」と日常的に繰り返し言われてきました。                弟はそんなことを言われませんでした。真偽のほどは定かでありませんが、今も私の心の中で腑に落ちない出来事の一つです。
 弟と比べられたり、私だけ親戚の前で辱しめを受けたのも、どうしてもこのことと
関連付けて考えてしまいました。
 私の幼少期のとても大きな出来事であり、今日の悩みの根の様な話です。
 もちろん、イマサラ聞く勇気もないですし、冗談だよと言われそうですが・・
 ご相談から見えてきた結論だと、話は冗談で私の思い込みとなりそうですが、気持ちの持っていきようをどうしたら良いか相談させてください。よろしくお願いいたします。

有り難し 11
回答 2

質問投稿日: 2015年8月28日 16:19

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

円通寺

邦元

答えを知る必要があるのでしょうか

その答えをわざわざ聞いて知ることで、今のあなたが変わるのでしょうか。基本的には聞く必要はないと思います。しかし、気になって先に進めないほどであれば、聞いてみるのが一番でしょ。

真実は今の自分のありようであることを、しっかりと理解し、ぶれない心を持つことができれば、勇気を出して聞いてもいいのではないでしょうか。

3年2ヶ月前

迷いを、迷い化させない方がいい。

あなたは問題を振り返る癖があります。
問題視しなくてよいのです。
問題化させなくていいのです。
反芻しなくていいのです。
Replayしなくていいのです。
いちいちかこの事をふりかえって、あれこれ善し悪しのジャッジをしている自分があるでしょう。
そして、それがあなたを一番気づ付けている事にそろそろ目覚めてください。
そうでないとあなたはずっと負の沼にハマり続けることになりますよ。(^

3年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

円通寺邦元師アドバイスありがとうございます。自分の中でずっと引っ掛かっていた事案でしたので。

関連する問答
このページの先頭へ