嫉妬と恨み

こんばんは。
いつもお世話になります。

以前、従姉妹が羨ましいことで相談させて頂きましたが未だにその気持ちが消えません。
私は転職をし、ほぼ毎日のように残業をさせられ、深夜になった時もありました。ゴールデンウィークも休みはありませんでした。
従姉妹はゴールデンウィークは連休もあり楽しい休暇を過ごしてたみたいです。
私はまだ入社して一ヶ月半くらいですが色々と詰め込んで教えられ、プレッシャーもあります。
従姉妹は誰かが助けてくれるし、そこまでの責任を求めらないし羨ましいです。
それなのに、従姉妹の方がきっと給料もいいです。
以前の質問にもあるように彼女はいい想いばかりしているのです。
一方、私は苦労ばかりしています。
人を比較しても仕方ないのは分かっていますが悔しくてたまりません。
私ばかりが損をしているように思えるのです。
努力をしようがしまいが恵まれた人はいいですよね。
とにかく幸せな人を見るのが辛いです。
どうしたら嫉妬や恨みが消え、もっと穏やかに過ごせるでしょうか?
親のことも恨んでるし、どうしたらいいでしょうか?

嫉妬・蔑み
有り難し 13
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

苦しんで自覚するよりほかはないのではないでしょうか。

苦しいと思います。
そういうことをやっていると苦しいという事がよく分かってきます。
これ以上こんなことをやっていても苦しいだけであると自覚するまで悩んでバカバカしくなるまで考えてみることです。解決がつかないはずです。
いくら考えても絶対に楽にはならない。
つまり解決方法が間違っているのです。
さらには、心が楽になるための手段が間違っているのです。
間違っているから苦しいのです。
間違っていない人は苦しみがないのです。
間違っているとは思えないかもしれませんが、聖人君子や自分自身の達人は苦しみません。
苦しむという事はやはり、この状態はおかしい、やめるべきだ、と自分自身に疑問を持つことです。
自分の脳内が工場だとします。
どう考えても正常に運転していない。黒い煙がモクモク出ている。
というより、自分自身の身体が苦しい。
これに勝る真実の答えはありません。
「ああ、私は苦しい。」
これを自覚したならば、それをやめればよいだけです。
人間はそれが正しいと思ってやり続けるが、やり続けた結果自分が苦しみから抜け出せないのであれば、そのやっている方法、やり方を問うべきなのです。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

遅くなって申し訳ございません。
回答ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ