どうして人を好きになるのだろう

今生、人を好きになった感慨を、忘れられません。

辛い時、苦しい時、プレッシャーに押しつぶされそうな時、いつも思い出して居ます。

私は、波乱万丈というのか、当たり前の10代を送ることが出来ませんでした。苦しい人生が、まるで、その人に出逢うために、全てがあったようでした。生まれる前から、仕組まれていたかのような、出逢いでした。

今生、たった一人、たった一人を、こんなにも深く思うのは何故でしょうか。

あれから幾年たち、他に良いなと思う人にも出逢いました。その人も心から大切に思い、時々思い出すのですが、その人に出逢い、愛しく思うことが出来たのも、一番最初の 人のおかげなのです。
不思議なくらい、大切に思える人の出逢いで、人生が救われています。気持ちの面で、ずっとずっと支えられています。

人を憎み、何も信じられなくなっていた私でした。
その人と出逢い、同じように他者を思いやることが、できるようになりました。

どうして人を好きになったのだろう。不思議で仕方ありません。

恋愛相談
有り難し 14
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

不思議ですよね。。

不思議ですよね。。

自分を成長させてくれる人との出逢い、心の支えとなる人との出逢いも、誠にありますよね。。

人と人とが出会う確率について、少し前の古いデータですが、人が一生で出会う人の数を下記として、

何らかの接点を持つ人 30,000人
同じ学校や職場、近所の人  3,000人
親しく会話を持つ人 300人
友人と呼べる人 30人
親友と呼べる人 3人
結婚する人 1人として

世界の全人口(72億人)と比べてのその単純計算による確率は、

何らかの接点を持つ人と出会う確率は1/240000(24万分の1)
同じ学校や職場、近所の人と出会う確率は1/2400000(240万分の1)
親しく会話を持つ人と出会う確率は1/24000000(2千400万分の1)
友人と呼べる人と出会う確率は1/240000000(2億4000万分の1)
親友と呼べる人と出会う確率は1/2400000000(24億分の1)
結婚する人と出会う確率は、1/7200000000(72億分の1)

となるようです。

どうでしょう。この数字を見ると、ご縁というものが、どれほどに有り難いものであるのかが更に理解できるのではないかと存じます。

善いご縁、善い出逢いにより、善い人生を歩んで参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

6ヶ月前

不思議ですね。

不思議としか言いようがないですね。

仏教では生まれ変わりを説きますから、前世からの因縁等で説明がなされたりしますね。
私の宗旨は浄土真宗ですので、今生で良い行いをするのも悪い行いをしてしまうのも『業縁』にもよおされて、という考え方があります。
人との出会いも同じなのでしょう。智慧のない私には何が何だか結局わからないので、不思議としか言いようがないのですが。
(覚りを開いたお方なら色々とわかっていらっしゃるのだと思います。)

ただ、あなたの経験した出会いが今を前向きに生きるエネルギーになっていることは、とても喜ばしいことだと思って読ませて頂きました。

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お答えいただいて、ありがとうございます。

川口 英俊様
何億万人の人の中から、たった一人と出逢い、時を過ごせたことは、やはり奇跡だと思えます。
日々すれ違う多くの人波から、たった一人の縁を手繰り寄せているのですね。

Inouse Hosyo様
「宿世の因縁」という言葉を聞いたことがあります。なんーの根拠もありませんが、結局、あの日出逢った感慨がたどり着く先は、生まれる前のような気がしてならないのです。なんて、どうしようもないですよね。笑
ありがとうございます。喜ばしいことと言っていただいて、嬉しくなりました。

みなさまにも、いっそう善いご縁がありますように。

関連する問答
このページの先頭へ