お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

愚痴

hasunohaで相談を受けていらっしゃるお坊様に相談なのですが
相談内容を受けて気分が重くなることはないですか?

私の友達で口を開けば愚痴を言う子がいて正直気が滅入ります。

お坊様は愚痴や重めの悩み相談に対してどのように接しているのか
気になります。

稚拙な文章で申し訳ありませんがご回答お願いいたします。

有り難し 33
回答 3

質問投稿日: 2015年10月11日 19:55

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お坊さんも人の子

さかなさん
ご質問ありがとうございます。ご質問の件我々僧侶も当然、気分の悪くなる事もあります(苦笑

まだまだ修行不足だと思う反面、その事自体もお坊さんの修行だと私は思っています。

皆様の質問は我々お坊さんにとっても、世の中の人が何を悩みお坊さんとして何が出来るかを実践する、仏様の修行の場だと考えています。

いろいろな質問や悩みを相談して、さかなさんもお坊さんたちを成長させてあげてくださいね。

2年7ヶ月前

愚痴・相談時の心得 心の中でダブル・ブッキングさせない。

他人事という意味でもクールな意味ででもないのですが、あえて、そこに「自分を近づけ過ぎない」ことが大切です。
「わたくししない」ということをキーワードに「距離感」をもって聴くことです。
気持ちを注ぎ過ぎてはいいけません。
近すぎると感情移入して自分のことのようになってしまいます。
それが「わたくし化」してしまった心です。
だから、完全に自分と切り離す。
カウンセラーは、ずーっと聞いてばかりですから、スーパーバイザー(カウンセラーの聞き手、放出相手)を必要とします。
人にもよりますが、気持ちを注ぎ過ぎたり、心を注ぎ過ぎるスタンスであればあるほど、あたかも自分の事のようになってしまって心が疲れるのです。
世の事件ニュースで心が痛み、ノイローゼになる人すらいます。
あまり感情移入し過ぎるのも問題なのです。
私は、相手のとげを抜くにしても、あまり深くわたくし化していません。
それは上記の意味で「我が事にすべきではない」からです。
私がその事を聞いて私の身の上に行われたことではある。
でも、そこに気持ちを注ぎ過ぎれば完全に我が事と錯誤して、ノイローゼにすらなる。
同調、シンクロし過ぎれば、人さまの事であっても、こちら側が傷つくのです。
距離感ともうしましょうか。適切な間合いを取っています。
また、
これをしたいのに愚痴を聞かなければいけない、とか心の中でダブルブッキングをさせないことです。話を聞く前からすでに❝愚痴を聞かなければいけない❞という姿勢自体がすでにダブルブッキングです。
人は誰でも愚痴というより、受け止めてもらいたい気持ちがあるものです。
愚痴を聞くというより、同調しよう、受け止めてあげよう、という事に集中するのもいいかもしれません。また、あまりにも毎回甘えられたり、依存されたら、はっきりと毎回愚痴ばっかり聞かされるこっちの身になってチョ、という事も友達としても大切な一言です。
何故なら、したいことがあるのに、また愚痴を聞かなきゃいけない、という事が生じているからです。ギター弾きながら歌って足でドラム叩いて、アタマの中で他のことを考えていると、必ずどこかに手落ちが生じます。いまするべきこと、したいことが心の中にある時は、無理して愚痴の聞き役、受けとめ訳に徹しなくてもいいのです。一時には一事に徹することです。

2年7ヶ月前

距離を置いてもいいんです

私ですか?そりゃあ、気分は重くなります。ですが、何かいい事があると、軽くなります。私たちは毎日、分単位で、気分が落ち込んだり、晴れやかになったりを繰り返しているのです。それを知っていれば、どうってことはありません。信号が赤でも、そのうち青になることを知っているから、我慢できるのと一緒です。

ただし、いつも愚痴ばかりの子は困っちゃいますね。さかなさんは、きっと聞き上手なのでしょう。どうしても気分が滅入るときは、その子とちょっと距離を置くべきです。別にそれは意地悪なことでもなんでもありませんから、安心してください。

2年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

遠浦山 松岩寺 小黒澤 和常様
安穏寺 (天岑寺) 丹下 覚元様
円東寺  増田 俊康様

ご回答ありがとうございました。
愚痴の一つも聞いてあげられないのかと自分の小ささに
悲観していましたが、そうではないことがわかりました。

色々なご回答ありがとうございます。
すべとのご回答が身に染みました。
本当にありがとうございました。

お礼遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

関連する問答
このページの先頭へ