皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自分を許すにはどうしたらいいのでしょうか?

昔、社用車でほかの車にぶつけ、当て逃げ事故を起こしました。8年後に会社に告白し、なにもペナルティを受けることなく許していただきましたが、実際の被害者の方には、もう謝ることもできないという罪悪感をまだ感じています。以前このサイトで、「自分のことばかり考えるから罪悪感にとらわれる。相手に意識を向けなさい」とアドバイスいただきました。確かに相手に意識を向けるようにすると、少し罪悪感は薄らぎます。あとは自分で自分を許すしかなく、自分を許すためには、自分のことしか考えなかったせいで、こんなミスをしたのだから、これからは人の為に生きると決心し行動することではないかと考えています。この考えにエゴはありますでしょうか。何かほかに心掛けるべきことはありますでしょうか? アドバイスいただければ幸甚です。

後悔・自己嫌悪
有り難し 16
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

尊いご決心ですね

mugaruさん、こんにちわ

相手側は当然にしてもmugaruさん自身も8年以上に渡り罪悪感に苦しんでこられた。
双方ともに不幸な出来事であったのかもしれませんが、他方で「人の為に生きる」そんな尊い決心をすることができた出来事と受け止めれば、それもまたご縁だったのかもしれません。

「諸悪幕作 衆善奉行」すべての仏さまの共通の教えは、悪い行いを止めて善い行いをしなさいということです。人の為に何かをなすことはその最たる行いです。mugaruさんのその行動が、あたかもろうそくの灯が隣人から隣人へ次々に灯るように、多くの方の心を温めることでしょうね。

そこでひとつご注意しなければならないことです。
人の為に行動したい、というのはあなた自身の問題ですから相手に押し付けてはいけません。行動する際は見返りなどは求めないことです。こんなに苦労してあなたの為にやったのにお礼のひとつも言えないのか。こんな思いが起こるのであれば本末転倒、ならば、はじめからしなければよかったこと。

何かしてあげたいと思ったらすればいいし、これはちょっと手伝えないと思ったらその時はしなければいい。なかなか難しいことですが、一緒に精進して生きましょうね

合掌

自分の余裕のあり方を考える

mugaru様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「人の為」と書いて「偽」とよく申しますが、あまり、人の為、人の為と気負い過ぎずに、「自分の為」と「他の為」をバランス良く調えることが大切なことになります。

仏教的には、「自利利他」と申しますが、とにかく、自分においてのモノもココロも余裕が無ければ、とても「他の為」になることはできません。

簡単に申せば、お金の余裕が無いにも拘わらず、無理に借金までして寄附するようでは、本当の意味での「他の為」となる満足な支援などできないというところとなります。美徳、善徳としては確かにまあ、そう言えるところもありますが。いずれにせよ、続かない、中途半端になる懸念があるという感じですかね・・

「他の為」には、まずは、何より自分に余裕が持てるように調えていくことも大切になるということであります。

焦らずに、自分の余裕の持てるあり方について、この機会に考えてみられて下さいませ。

川口英俊 合掌

そうですね!

拝読させて頂きました。
あなたはとても正直な方だと思いました。
あなたの「これからは人の為に生きると決心し行動することではないかと考えています」というお考えは私は良いと思います。
もう少し言えばお互いが気持ちよく生きていく為に皆さんと共にお互いを心から尊重して思いやりをもって助け合って生きていければ人生は素晴らしく幸せに満ちた毎日となると思います。

あなたがこれからの未来を皆さんの為に思いやりを持って生きて行かれ心から豊かに健やかに成長なさっていかれます様心からお祈りさせて頂きます。

あなたを心から応援していますね。


質問者からの有り難し - お礼

kousyo Kuuyo Azuma様、三浦宏純様
ご回答いただき誠にありがとうございました。自己中心は自分も他人も損なうものだということが身に染みています。見返りを求めない「布施」の心で、人の為に生きてまいりたいと思います。

川口 英俊様
ご回答いただき誠にありがとうございます。おっしゃる通りで、自分を大事にできなければ、他人を大事にすることはできないと思います。妻子と接していてつくづくそう思います。「自分さえよければいい」というエゴと、自分を大事にするのは全く次元が違うもので、私はエゴが強く、自分を大事にはできていません。そこも今後の課題だと思います。気負い過ぎるなというアドバイスで、気が楽になりました。ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ