hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

医師という仕事について

回答数回答 3
有り難し有り難し 46

医師は生に執着しなけばならない職業だと思っています。
そして、医師になって以来一生懸命に生を大切にしてきたつもりでもあります。

しかしながら、毎日が生に執着の強い患者さんと接していると、うんざりした気分になってしまいます。
国民皆保険の中、病気でなくても、病気になりたがっている人さえもいます。

生に執着した人たち、金銭に貪欲な人たちに、医師としてできることは何なのでしょうか。慈悲の心と思いがんばってきましたが、折れそうです。「悪に加担しているのでは?」などと、疑念さえ持ちます。

医師としてのあり方をご教示いただきたいと思います。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お医者様も僧侶もこの世の同時を生きて居る!

僧侶の勤めは衆生(人々)の苦しみ(悩み)を救う事にあります。
生まれた時から誰しもが避ける事の出来ないものがあります。
決して逃げれない苦しみが八つあり、生きる事の苦、老いる事の苦、病気になる苦、死ぬ事の不安感の苦、がありその他に生きる中で備わる四つの苦がありこの事が「四苦八苦」なのです。

お医者様の仕事ではなく勤めは苦しみからすくっってあげる事で私たちとおねじではないでしょうか、延命は治療として出来るかもしれませんが死から救う事は出来ません。又この世から病気が無く成る事などないのです。
如何にして死を受け入れるか、病気を受け入れるかが問題ではと思います。
お金に執着する事は苦しみへと転がります。この苦を「求不得苦」いい求める物が手に入らない事による苦です。

この世は皆、同じ事を繰り返しながら「同時」を生きて居ます。今も昔も変わりません!

お医者様も僧侶も生きる人々の苦しみを軽くできる誰もが出来ないお勤めです!
患者さんが死ぬまで寄り添うってやった下さい!それだけで皆が救われるのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


治療を縁として

あなたは生に執着して来たのではなく、患者さんのQOLに執着して来たのではありませんか?
それは素晴らしいことであります。
お医者さんがこんなこと言って良いのかどうか分かりませんが、お坊さんとしては…
生に執着している人には、死んでも極楽浄土に生まれるから何も心配いらないんだよと言い、お金に執着している人には、極楽浄土にはお金は持っていけないんだよ、持っていけるのは心だけだよと言う。
このように治療を縁として仏法を教えてあげながら接してはどうでしょうか。
でも、こんなことを言って患者さんを怒らせたらごめんなさいね。

{{count}}
有り難し
おきもち


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...
このお坊さんを応援する

私達僧侶の力不足

生に執着する人が多いのは、私達僧侶の布教不足、力不足もあります。
医師の方にまでそのような心配をしていただくのは、ありがたいやらなさけないやら、です。
医師は医師として、医療というツールを提供するプロとしてできることをできる範囲ですればよいのです。
ツールを何に使うかは、ユーザー次第。
ユーザーの執着を減らすのは、私達僧侶の仕事。
執着が多い患者さんがみえられたら、患者を憎まず、僧侶の怠慢を嘆いていただければけっこうです。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

早速のご返答ありがとうございます。

そのとおりに思います。是非、実行してみたいと思います。
患者さんとの縁を大事にし、在俗での修行を続けたいと思います。
少しでも患者さんが安らかな気持ちになれたらと願うばかりです。

ありがとうございました。

山口秀徹さま
ご返事いただきありがとうございます。

「同時を生きる患者さんに寄り添っていく」
医者の仕事は、そのことに尽きるような気がしています。
生、老、病 死のいずれに対しても、結局は医者は無力です。

しかし、それらの苦を自ら悟って、患者さんの不安な気持ちに寄り添って行こうと思っています。
そうすることこそが、自分に課せられたお勤めであると信じて、今後も精進していきたいです。

ありがとうございました。

願誉浄史 さま
ご教示いただきありがとうございます。

当方が居住する地域は日本で最も高齢化が進んだ地域であります。
時々、医療を生業とするのが無益ではないかとさえ思えるくらいです。
世間ではこの国の医療費増大が問題となっている一方で、高齢化した患者をも救済せねばならないという矛盾しているようにも見える行いを、私は日々、黙々と行ってきました。

そうした毎日の中で、ある時にお釈迦様に出会い、少しだけ背負ってきたものが軽くなりました。
それで、医者を辞めて僧になろうと思ったこともあります。
しかし、私は様々なしがらみがあって、今の俗世に居続けなければなりません。

だから私は医師としての仕事はもちろんまっとうしながらも、お釈迦様のことを勉強し、お釈迦様のお気持ちを少しでも患者さんに分けてあげられたらと思いながら、今日も診療に向かいます。

ありがとうございました。

「仕事の悩み・不安」問答一覧

働く上での不安とのつきあい方

仕事のことで悩んでいます。 今の仕事はアルバイトで一年半ほど続いています。今まで働いていたなかで一番向いていると思っていますが、周囲の人と比べると仕事はできるほうではありません。それでも今まで働いてきたなかでは一番苦しくなく働けるし人間関係も元教育係がきびしいのを除けば良好なのでこのまま働き続けたいと思っています。しかし働く上で不安なことが増えてきました。若いアルバイト社員がほとんどなので人の入れ替りが早く、いつのまにか私の職歴が3番目に長いという状況になってしまいました。先日店長と話したとき、今後は私があとから入ってきた人たちをフォローしながらリードしていかないといけないと言われました。しかし私は状況判断も苦手だしリーダータイプではありません。今後リーダーのような立ち位置になってしまうのが嫌だし、それが原因でせっかく働けている今の状況が変わってしまうと困ります。来週からは新人の教育もすることになりました。これも自信がありません。今後長く続ければ続けるほど仕事は増えるし責任が重くなってくると思うと憂鬱です。どこで仕事をしてもそうなのでしょうが精神的に耐えられそうにありません。正直今のまま同じ仕事を繰り返していたいです。人間関係も不安です。今は良好ですが今後うまくいかなくなるのではと思ってしまいます。人間関係の構築が難しいです。特に大学生など年下の若い人たちとどう接したらいいのかがわかりません。今の仕事をずっと続けていきたいとは思いますがいずれ周りから「この人はいつまでアルバイトでいるんだろう」とか「長くつづけているわりには仕事ができない」と思われながら働くことになっていくのかと思うとつらいです。今後どのように働く上での不安と付き合っていったらよいでしょうか。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

働く姿勢とはどんなものですか?

私は誠意をこめて仕事をしたいと思ってます。相手の気持ちを考え、何が適切かよく考えたりします。 ですが評価されないときが辛いというか、私は必要とされてないのではないかと感じます。私の存在は無といいますか。 この場合、色々な人から知恵を借り、謙虚に学んで失敗しながらも前進を繰り返すという方法は合っているのでしょうか? 皆、こんなにも失敗したり、反応が貰えないことってあるんですね。 因みに私の仕事は評価をもらう仕事です。今までは好きにやってきたのですがこの頃は世間の好みや流行、ニーズ、年齢層に合わせなくてはと深深と痛感してます。 そして足りないものだらけの現状に気づき、周りの人間がいかに大切かということも今更気づきました…。 昔は私は傲慢で無知で何も分かっていませんでした。努力もしてきた「つもり」になっていました。それが今はすごく怖いです。無知だから相手に持論でしか反論できなかった…すごく反省します。 皆シビアな中で生きてるんですね。その中で、ちっぽけだけど何が出来るか模索しながら生きなくちゃならないんですね。 私はちっぽけで、本当に未熟だったのですが…嘆いても仕方ないので少しずつ生きる価値を見出したいと思ってます。 これは承認欲求なのでしょうか。反応がなくても失敗しても前進をするというのは間違ってますか? もちろんやり方を変え、手を変え品を変え、ニーズに合わせて、ときにはプライドやこだわりを捨てながら仕事はするものなのだなと思います。この考え方は合ってますか? 周りの人に迷惑ばかりかけてるのでせめて感謝を表したいのですが、私の今できることが少ないです…。疲れて帰ってくる恋人に料理を作ってあげようとかはします。でも私の中で、感謝はお金で示さなくちゃとか自立して稼いで奢ったりしなきゃ…っていう変な意識があります。柔軟な考え方があれば教えてください…。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

転職したてですが

転職して2ヶ月ですが、最近心折れながら毎日仕事に行っています。 業種自体が初めてかつ、設立して2年の会社で一人事務の仕事をしています。医療系の事務員です。 事務の仕事自体は経験がありますが、会社の事務員の仕事のベースがないため、周りの方に聞いて手伝えることを率先してこなしていました。責任のある事務仕事は役職の方がしています。事務員は私一人のみで、会社で初めての事務員です。 転職して2ヶ月を過ぎたころから役職の方に、これはもっと早くできるよね?時間あるでしょ?と言われます。実際そのとおりです。もっと慣れたら早くできるかもと思いますが、今は目の前の仕事をこなすので精いっぱいです。 周りの方からは助かってるよと言っていただけるのでそれが救いです。 役職の方も忙しく、教えてもらえる機会もほぼありません。マニュアルもないので、事務仕事とする表を自分で作ったり、情報を精査したりしてきちんとベースを整えようとしていますが、この業種は向いてないのではと思うようになりました。 家に帰ってノートをまとめたり、仕事の捌き方を整理したりしていますがまだ慣れません。 励ましてくれる方が周りにいるため、もう少し頑張って見ようと思いますが、やはり向いていないのでしょうか。迷惑をかけるくらいなら、と考えてしまいます。 せっかく転職したのにと情けない気持ちにもなります。 今の心境だと、厳しい言葉だともっと心が折れますのでソフトな感じでアドバイス頂きたいです。よろしくおねがいします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

母に意見を聞きたいのに聞けないのがつらい

母が肺を悪くして70手前で没しました。 5月中旬からの入院でしたが、5月下旬に肺炎を起こしてからは言葉も話せず、 どんどん悪くなって筆談も出来ずという最期でした。 今でも悪夢を見ているかのように感じます。 私はマトモな職場でなかった前職を辞めて以来、「母の夢でもあるのだから」と今度こそマトモな職場への就職を目指してきました。 コロナ禍と自分の実力不足で上手くいっていませんでしたが。 しかし、母の死後、「母は私の夢を応援していただけ」 「マトモな職場への就職はあくまで私自身の夢だった」という話を聞きました。 ある意味では私のワガママを許していただけとも解釈できるのではないかと思います。 母のことを理解できていなかったこと、そのことがショックでした。 母の実家は旧地主ですが、上に建物を立ててテナントに貸しています。 以前から手伝っていた父からは「自分もあと5年ぐらいしかできないかもしれない」「今度、テナント入居者も変わる 最初から見れるのは貴重な機会 入居の最初から接して学んで将来的に継いでは」 「私は小さかったから分からなかっただろうが、家族の意向で(母の実家に)養子入りしたことを考慮しろ」と言われています。 しかし、自分自身の力を今度こそマトモな職場で試してみたい。 前の前の職場もマトモでなかったが、マトモな職場ならどうできるのか試してみたいという願望もあります。 前々職場でも前職場でも「成果は上げているのに解釈を強引に捻じ曲げられて『アイツはいい加減な仕事をしているに違いない』と言われる」 「天引きされてる雇用保険に未加入だったことが後から判明する」 「『久々の求人だから間違えた』という言い分で、求人票と違う大幅に不利な条件を押し通そうとされる」という無茶苦茶な経験をしただけに余計にそう感じています。 母の真意を分かってやれていなかった罰としても父に従うべきなのでしょうか。 もはや母に意見を聞くことも出来ず、どうすれば良いのか分からなくなってしまいました。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺