hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

なかなか回答がつかない場合

回答数回答 3
有り難し有り難し 131

質問内容によってはお坊様たちも回答避けたりすることがあるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そりゃあ…

ありますよ。お坊さんにも語りジャンルの向き不向きはありますし、人それぞれです。得意分野があるのなら、同時に苦手分野もあるはずです。これは何にでも言えること。お坊さんも人間、一個人ですからね。
あと、答えようと思ったら「その内容が既出で被るため出せなかった」というのが私のあるあるパターンです。これは残念。

私は、具体的にこういう内容の質問が苦手だ、とは上手く伝えられないのですが、例えば過去に何回も回答しているような類似の相談事情については、ここ最近ちょっと答えにくくなってきてしまいました。いつも同じ答えを違う視点や解釈で書くのですが、回数を重ねるにつれ、マンネリ感というか自分の語彙の未熟さからくる焦燥感というか…まぁ、勉強不足ですね。

実はココでのやり取りは、お坊さん側が「皆様のご相談に答える」という一方的な行為をしているだけではありません。ご相談を目にして読んで取り込んでかみ砕いて自分なりに解釈してそれに対して救いを投げかけられそうな言葉を紡いで1000文字以内の文章に落とし込んで再度編集して送信…というこの作業を、それぞれのお坊さんが日々真剣に取り組んでおられます。そう、むしろこちら側の方こそ、けっこうな修行をさせていただいていると実感しているところなのです。

ちょっとずつ一歩ずつですけど、私も頑張って精進します。

{{count}}
有り難し
おきもち


現代は実に「背負い込んでる」人が多いと思う。 別に自分が背負い込まなくて...
このお坊さんを応援する

こんばんは

 ここhasunohaの回答率はだいたいいつも99%ですが、これは新しい質問が常に入って来るためで、1週間も2週間も放置されたまま答えが入らない質問というのはありません。お坊さんたちが順番に答えていますので、お待ち頂ければ必ず答えは入ります。

 質問の内容には、得手不得手がありますので、私の場合は苦手分野の質問については他のお坊さまの答えを待つ場合もあります。その代わり得意分野の質問にはなるべく早くたくさん答えるようにしています。無理矢理苦手なご質問にお答えしても的外れになったり質問者さんが納得していただけないなど、失礼がある可能性が高くなりますからね。

 尚、お坊さんたちは、完全なボランティアで回答をしています。

{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

じっくり考えると

拝読させて頂きました。

私自身は回答を避けることはありません。
質問内容についてじっくりと考えている場合回答が遅くなる時がありますね。

或はその方の人生を左右する場合はできるだけ慎重に回答しようと思いますし、いくつもの見解がある場合には今はどう回答することが望ましいのかも試行錯誤します。

また当然仏教的な見地からの回答や経験に元ずく回答や人道的な意味合いの回答も複数ありますからなかなか難しい場合もあると私は思います。

とはいえできうる限り速やかに回答したいと思っております。

{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんの仕事にはどんな責任があるのか?

お坊さんの仕事にはどんな責任がついてくるのでしょうか? 私は現在、お坊さんになりたいと考えている20代の男性です。 お坊さんになりたいと思う動機については、昔から死後の世界のことや、生きる意味、将来のことなどについて不安に思い悩んでしまうことがあったため、「その悩みに対して自分なりに答えを見つけたい」というものや、「同じような悩みを持つ人の助けになりたい」というものがあります。 ただ、お坊さんになることに対して不安に思うこともありまして… それがお坊さんの仕事に有る責任です。例えば、「人から何か重大な相談事をされて、それに対して的確な助言を必ずしなければならない」とか、「何か、お葬式などの儀式の最中にミスをしたら、亡くなった人が地獄に行ってしまうかもしれない。」などといった事を考えてしまいます。 こういった責任に対してお坊さんはどのように考えていらっしゃるのでしょうか? またお坊さんにミスが許されない仕事はあるのでしょうか? 私は現在、強迫性障害という病気を患っており、自分のミスで人に対して危害を加えてしまうかもしれないという不安に毎日駆られています。 こんな私でもお坊さんになることはできるのでしょうか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

お坊さんにも後悔や葛藤はありますか?

随分、ご無沙汰していまして…久しぶりにココに来てみました。 今の私の立ち位置は、障害年金で生活している精神疾患の患者です。 病気の者が、他人にアドバイスをして大丈夫なのか?と思う事もありますが、あるサイトで最近、回答者として、いろんなジャンルの質問と向き合うようになりました。 質問に向き合う事で、自分と向き合っている感じがしています。 絶対的な正解などないと思いますが、一度、お坊さんの想いや意見を聞いてみたいです。 もし、お坊さんがココに来た人に「絶望によって、それまでの生にあった矛盾が炙り出されたことはありますか?」と聞かれたら、どんな答えや考え方を示されるでしょうか? 私には、正直、よく分かりません。 なので、私が思った事を、そのまま書いてみたいと思います。 正解・不正解とかも、私には分かりません。 私の数少ない体験談です。 私に自殺願望がある状態の時、いつも私を気遣ってくれていた先生が自殺しました。 先生が気にかけてくれていたのは、何処かで先生は生きているもの(生きていける人)という前提で、自分を気遣ってくれているのだと思い込んでいたので、先に死なれて、順番が違うよ…と感じました。 死ぬほど苦しんでいたなら、私の声に耳を貸すだけではなく、先生も私に弱音を吐いてくれれば良かったのに、何故…と? 「生きてさえいれば」なんて言えるなら、生きて欲しかった。 絶望によって、生にあった矛盾が炙り出されましたが…時すでに遅しです。 お坊さんでも、「時すでに遅し」と思った事がありますか? 私の勝手なイメージですが、お坊さんはいつも冷静さを保っている感じがするので、何となく「時すでに遅し」までには至らないのかな?などと思ったりしています。 最近でも、「あ…しまった…」となった事がありましたか? 後戻りできない時、どうやってモチベーションを回復させるているのですか? 教えていただけるとありがたいです。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

お坊さんってどんな人?

私が思うお坊さん像は、厳しい修行をして葬式等で活躍する、お話が上手でいろんな相談に乗ってくれる頼れる方です。 最近、自分の身に起きたことや、友人から高額なお布施を請求された、あそこの坊さんは酒飲みで遊び人だからやめた方がいい等といった話をよく聞くようになり、お坊さんへの不信感を抱くようになりました。 また、先日妻の叔父が亡くなった際に枕経からお願いしたら、最近は通夜と一緒に努めることが多いからそうしてくださいと言われました。そういうものなのかと納得しましたが、あろうことに枕経を断られた日にジムに入っていくその坊さんの姿を見かけました。妻の親族は「あの人はそういう坊さんやでな~」と苦笑いしてましたが、私には信じられないことでした。 SNSで発信をしているお坊さんも多く、生活が垣間見れる方もいたりいい意味でいろんなお坊さんがいるのだなと感じています。だからこそ、自分が思っているお坊さん像と違うとお坊さんはどんな人なんだろうとより一層思うようになりました。 大変な修行をされてきた方々ばかりだとは思いますが、自分のお寺に戻ってきたら何をしてもよいのでしょうか。 戒律のお話もお聞きしたことがありますが、守らなくてもよいのでしょうか。 一体お坊さんとはなんなのでしょうか。 お坊さんが大切にされていることは何なのでしょうか。 わかりにくい文章で申し訳ございません。 ご教授お願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ