これからの人生

小さなIT系ベンチャー企業の社長をしています。煩悩の塊のような性格です。いつも「今を生きる」という気持ちで生きてきました。

成功したい。金持ちになりたい。恋人がいるにも関わらず、女遊びがやめられません。セックス依存症なのかもしれません。遊びを覚えてしまったせいで、色々失ったものもあります。誠実な気持ちや人間的な感情を失い、恋人が浮気していたことを知ってしまいました。恋人は私のビジネスに関わっていることもありますし、もう長い付き合いで家族のような存在です。別れるという選択も考えましたが、自分の蒔いた種だったので今は反省しています。しかし一時の快楽に勝る楽しい経験もこれまでなかったので、後悔することはできません。

これからの人生をどう生きていけばいいのか迷っています。落ち着いた普通の人生を過ごそうとしても、何かが満たされない気持ちになります。刺激のない人生を送ると枯れて死んでしまいそうな気がします。かといって金と女に生きる派手な人生を選んでも、一時的に快楽を得るだけでふとした時に孤独で辛くなるのだと思います。バランスを取ろうとしてもそれは結局うまくいかないことがわかりました。理想の人生がわかりません。

心構え・生きる智慧
有り難し 79
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

社会的成功欲ではなく 自分的成功欲を持つべき

まず、ちんちんを高須クリニックで切り取ってもらって、封筒で当山まで郵送してください。ねんごろに葬って差し上げます。('ω')
手術台に横になって「本当によろしいでしょうか?」と問われたら振り向きざまにキメ顔で次の言葉を懺悔と未練とちんちんを断ち切るお真言としてお唱え下さい。
「YES!高須クリニック!( ゚Д゚)」とね。
冗談はさておき。
さんざん女遊びもして、何か残ったでしょうか。「坊さんに相談する程病んだ。」
仮に女性が「1000人とヤッたわ」と自慢しているとします。
それが母親になった時、子供目線から見てどう映ると思いますか?
自分の母親が実質売春婦。誇らしいでしょうか?ちょっとイメージしてください。それと同じ行為を自ら進んで行為しているのがアナタ。
修行道場8年目くらいの時、修行に飽きて、ギターをかき鳴らして町に居たら、オッサンが私に懺悔してきました。「600人とヤッた。だけど、カミさんに病気うつしちまった。」
男性のシンボルも女性のシンボルもデリケートな部分です。
飛び出した内臓みたいなもの。
関係持った女性や、元カノの元カレの元カノの元カレがエイズや病気持ちだったらあなたもビョーキ持ちです。病気になるまでやってみたらよろしい。
おまけに恋人まで寝とられた。
その寝とった相手は、あなたです。あなたの同行。
人の女性に手を出し、おいしい処だけかっさらう。
あなたは自分にようやく出会えたのですよ。自分のやっていることが報いとなって自分に返ってきただけ。
そこで、あなたが自分への顧みがなければ、ちんちんが何本あっても足らんのです。
それは自分への手ごたえがないからです。本当の自信にならない。
打たれるとひびが入る壊れるプライドでは社会的に成功しても一生自信がつかない。
それを埋めようとして、刺激を求めても何も変わらない。
自分的成功とは、物事を吸収するメインピックアップをカッコつけたがる我欲から自分の命が穏やかになるためのピックアップに切り替えるのです。
自分の弱さへの向き合いを持つ。本当の自信を得ることです。
機会があればお近くのお寺か、当山か、YES!高須クリニック!まで!

2年3ヶ月前
回答僧

崇興寺

釈心誓

本当の幸せは「悟り」以外にありません。

「成功したい。お金持ちになりたい。」
ビジネスの世界では誰しもそう思っているでしょう。
私もお金持ちになりたいと思います。
しかし、お金持ちなったら幸せなのかといえば何か違うように思います。

私たち人間は智慧がありません。
だから本当の幸せが何かわからないまま、幸せを求めて生きていきます。
そして結局最後は訳も分からず空しく死んでいくだけです。
それではせっかく人間に生まれてきたのにとても残念です。

だから仏教の教えにであって欲しいと思います。
悟りを求める仏道は案外楽しいものです。
遊びや刺激を求めながらで結構です。
仏様の智慧にも興味を持ってみてはいかがでしょう。
今まで考えたこともなかったような教えにであえるかもしれません。

2年3ヶ月前

煩悩はそのまま悟りのエネルギーとなる

ミトシさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

今まで煩悩の塊のように生きてきたけれど、そのままでは空しい気もする。しかし、落ち着いた普通の人生を歩もうとしても枯れてしまうのではないかと心配になる。上手くバランスを取れないのだが、どうしたらよいかと迷っておられるのですね。

ミトシさんは若くして会社を興し、がむしゃらにがんばってこられたことでしょう。それに伴って、湯水のようにお金が手に入ってしまいました。

この爆発的なエネルギーは煩悩によるものです。

今までは、会社運営と女遊びに使ってきました。今後は、社会に目を向けてお金を必要とする人に分け与える(仏教では布施と言います)をしてみてはいかがでしょうか。
IT企業の巨人、ビル・ゲイツも使い切れないお金を持て余したとき、財団を作り寄付活動をしています。

真の経営者を目指すなら、煩悩のエネルギーの使い道を考えてください。

2年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

皆さんありがとうございました。これからは誠実に生きていきたいです。お寺にも立ち寄ってみます。

関連する問答
このページの先頭へ