前向きに生きて行く方法

非常に情けない話なのですが、心が折れました。

派遣社員をしています。プロフィール欄記載のある神経症のため、いつも不安に怯えていて、仕事を長く続けられませんでした。

今回こそはと勤め始めた仕事ですが、非常に環境に恵まれて良い方ばかりなのですが、リーダー格の女性社員さんに嫌われてしまい、聞こえるところで聞こえるように悪口を言われたり、貸与された備品を隠されたりしています。

でも、どこに行っても他人と軋轢を起こすということは、彼女が悪いのでなく私が決定的におかしいということなのだと思います。

隠されて始末書を書く羽目になった備品が先日見つかり、どうして彼女がそこまでしたかを考えているところに、仕事でも大失敗をしてしまって……。
自分の失敗で他人に迷惑ばかりかけています。

結婚や恋愛もできる気がしませんし、そもそも家庭を持つことが怖いです。
正直どう生きていくべきかわからず、どう死ぬかばかりを考えてしまいます。

どうすればいいでしょうか。

有り難し 14
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

全てを明かしていく生き方

機会が合ったら坐禅会にお越しください。
まず、上司の口の悪さに対する抵抗力をつけましょう。
口の悪い人間って何処に行ってもいるんですよね。
避けられないのです。
そこに自分が傷つかなくなる他ありません。
その為には、❝閲覧注意❞な上司に対して、こちら側が影響されないように処するのみです。
・気持ちを注ぎ過ぎない。
・心理的距離を近づけ過ぎない。
・主観的判断を避ける。
好き嫌いというのは主観なのです。
あなたの苦手なその人は誰かにとっては全然へっちゃらです。
あなたの主観目線が変わっていく必要があります。
自分目線、わたくし目線を改め長ければ、当山坐禅会まで、レッツ成仏。

さて、物事は閉鎖されると文字通り、事が明るみに出ません。
明るみに出る。明かされることで、闇が無くなります。
どんな事も、明かすことです。
上司の不正があれば、そのさらに上の上司に明かす。
自分が潰されないためにも、不正に屈してはいけません。
居れた自分は、しなやかにしてください。
心は折れた分だけ、へりくだれます。利点だと思ってください。
みなプライドのカタマリですから、彼や彼女らよりもあなたはしなやかになれたと思う事で前向きになれるでしょう。柔軟な生き方になりましょう。

2年3ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

自分を責めない生き方

まず、職場の環境が良いというのは、とっても嬉しいことですよね。

上司から嫌われているというのは、間違えのない事実でしょうか。何を言われたかはわかりませんが、自分に自信がなかったり、後ろめたさがあると、人は自分が責められているように感じてしまいます。ちょっとした仕草でも気になり「嫌われているかも」と思い始め、だんだんと、繰り返されていくうちに「嫌われている」に変わってしまいます。自分勝手な捉えからそのように思い込んでしまうのです。

自ら不幸を生み出す癖がついているかもしれません。根拠のないことは、ご自分の考えで悪いこととして引っ張らない、持ってこないようにしましょう。そういう癖がないかどうか点検してみてください。

2年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

まずは取り留めのない、悩み相談でもないようなつまらない吐き出しに応えてくださったこと、本当にありがとうございました。

傷つきやすさ、不幸を生み出す癖。
お2方のどちらのお話にも心当たりがあり、身につまされる思いがしました。

この先人並みに生きていけないと悲観に暮れていましたが、もう少し方の力を抜いて頑張ろうと思います。坐禅会にも寄らせていただきたいと思います。

真摯なご回答をありがとうございたした。

関連する問答
このページの先頭へ