hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

久しぶりに訪れた幸せらしきものを信用できない。

回答数回答 4
有り難し有り難し 54

久しぶりに恋人が出来ました。プロフィールに書いた様な出来事が起きてから5年半ぶりの恋人です。

私と同じく読書好きで、とてもしっかりとした考えを持った、内面的にステキで外面的にもとても可愛い女性です。

しかしどうも、この状況に身構えてしまう自分がいます。

プロフィール記載の出来事以来、家族を除けば、それ以降の自分を支えてくれたのは、本当に、読書だけです。本の中の言葉が無ければ、今頃自分は生きていないでしょう。

あれ以来、孤独と読書が人生のパートナーでした。

しかし彼女が出来ました。
彼女は私の事を大好きなんだそうです。

しかし、仏教でも諸行無常だと言うではありませんか。その教えは誠に真理だと思うのです。

彼女と居ると確かに楽しい。話していると、その時は安らぎを覚えます。

しかし電話を切った後、デートを終えた後、だいたい次の様な事を思うのです。

「この幸せは束の間の夢まぼろしに過ぎない。きっとまた独りになる。

どんなに年月を積み重ねても、それは永遠性についてのなんの保証にもなり得ない。

ならば、この頼りない幸福に浸りきってはいけない。これを当たり前だと思ってはいけない。

どうせまた孤独になるのなら、彼女とこれ以上親密な関係になってはいけない。

しかし、彼女の存在は日に日に私の中に侵食してきます。

LINEや電話で彼女と交わす何気ないやり取りが、自分の日々の楽しみとなってきているのです。

その度合いが大きくなっていく事が、なんとも怖い。

人間は独りであること。
しかし助け合わなければ生きていけないこと。

両方とも大切な認識だと思っています。

しかしこの恋人との関係というのは、一体どういうスタンスで向き合うべきものなのでしょうか?

心を開き過ぎると依存関係へと堕落する。あるいは相手に負担を掛けたり傷つけたり、自分も傷ついてしまう。

しかし、心を開かな過ぎるのも恋人としてどうかと思う。

精神的な距離をどの様にとったら良いのか?悩んでおります。

僧侶の皆様方、仏教者としての立場から、何かしら助言など頂けましたら幸いでございます。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

諸行無常のスポットライトの当て方が間違っている

諸行無常だからいつか終わりが来る、あわわわわ
諸行無常だからいつか別れが来る、ではないのです。
諸行無常だから、あなたは前の彼女のことをケロリンと忘れて今の彼女と楽しく過ごせているのです。
諸行無常だから、あなたは、今この文字を観ている時、彼女とさっきまで会っていたことも、この身心に少しも残っていないから、すがすがしいのです。
諸行無常だから、もう最初のタイトルや一行目も流れて言って居るのです。
諸行無常だから、いつでも救われている。
諸行無常だから、さっきまでの事が残り物なく、今を最高に咲いているのです。
日本の国語の教科書や仏教書の多くに書いてあるベタな諸行無常というのは大半はネガティブ思想であって、お釈迦様の教えとは程遠いものです。
本当の諸行無常とは、救いの教えです。
諸行無常だから、今、目前の全てが真新しい。
諸行無常だから、彼女と同じお店に行っても、そこで真新しくデートできるのです。
「またか」は無いのです。
「終わって虚しい」もないのです。
「いつでも終わってリフレッシュ」されているのです。
諸行無常だから「ダメ人間」さんもダメ人間をもう終わらせて、今新たに咲いているのです。我々人間の心は、諸行無常だから、いつも真新しく、水洗トイレのようにいつも真新しい水が流れているのです。(ここまで盛り上げておいて最後にトイレかい。)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

凡夫どうし、なんだから。

 「人間は、後ろを向きつつ歩いている」という中国のことわざがあるそうです。つまり、いつも過去を参照しながら、「昔はああだった、こうだった」と見ながら、歩いていると。
 この話は、「どうせ明日は新しい一歩なんだから、せめて新鮮な気持ちで歩こうよ」ということなのですが、まぁ難しい。全部を手探りだったら、ソロソロとしか歩けませんもの。
 でもね。願誉浄史さんの仰るとおり、諸行は無常なのです。過去から学んだあなたの「今の」人生観も、不変ではありません。「あー俺、この子と一生過ごしたい!」と思える瞬間が、来ても良いのですよ。
 束の間とか、永遠という言葉も出てきますが、「永遠に大丈夫」を探していたら、それこそ一瞬のうちに人生終わりますよ。貴方は永遠が欲しいのですか?それはね、ある種傲慢ですぜ。あなた自身が永遠じゃないんですから。
 むしろ、変わらないのは情報の方です。あなたの書き込みは、自分で編集しない限り、恐らく消えません。変わりません。だから、「いま」こう考えていることに、貴方自身が捕らわれないで欲しいのです。自分が一番かわいい。だから、人間は自分の「言った事=過去」との一貫性を守ろうとする傾向があるのです。
 もちろん、他人を「傷つけないようにしないといけない」は正しいことです。しかしこれ、微妙な所ですが「傷つけたらゲームオーバー」ではないのです。「傷つけることもある。その時は、なるべく早く気づいて、挽回しなさいよ」だと、私は思っています(でないと学べません)。「ごめんなさい」が言えるか、予め回避して、言わずに済まそうとするか、の違いです。あなたの「当たり前と思ってはいけない」は、ここに繋がっています。今でさえ既に、あなたが彼女を何か傷つけている可能性もあるのですよ。
 hasunohaの最近の「お答え」のトレンドの一つに、「それ、あの人に言ったの?」があります。あなたの今の思い、「でも惹かれてるんだ」、さらけ出してみてはいかがですか。文学青年らしく。「矛盾を抱えている」そのままの姿を。誠実であることは、とっても大切です。「私は、その昔の彼女じゃないのよ」と、教えてくれるかも知れません。しょせん凡夫同士、矛盾を抱えた者どうし。その前提を共有していれば、行けるんじゃないかしら。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

諸行無常

不幸も無常ですから、悪いことばかりが続くわけではありません。
もちろん、会うは別れの始めとも言います。
だからこそ、一期一会という言葉もあるのです。
とりあえず、あなたも彼女も、人間はみんな自分が一番可愛いのです。
だからこそ、他人を傷つけないようにしないといけないと、お釈迦様は説かれました。
相手を傷つけないように、親しき仲にも礼儀あり、しかし一瞬一瞬の二人の時間は大切になさってください。
ところで、お釈迦様は出家前、シャーキャ族の王子だったときに、ヤショーダラー姫と結婚されました。
で、言い伝えによると、お釈迦様と姫は遠い昔に前世でも出会っていたのです。
仏教結婚式の作法では、その話に由来する習慣(お花をお供えする)を行います。
ですから、今のおつきあいが一時的であってもすばらしいものであれば、未来世でいつかまた、その彼女となんらかの形で出会えるかもしれません。
だから、別れたからおつきあいが無駄になるわけではない、一瞬一瞬を大切に、と考えては?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

失うかもしれない

確かに、つかの間の幸せかもしれない。しかし、今幸せなのは事実でしょ。
あなたは、その幸せ、安心感に気付いているはずなのです。心は正直に反応しています。
しかし、頭でもってそれを否定しようとしたり、傷つきたくないと抑え込んでしまっているのです。
未来のことはだれにも分かりません。考えれば不安にもなります。
しかし、今は間違えなく存在している事実です。
事実目の前の彼女を大切にし、お互いに大切にしあえる関係を作っていくことが、その先の幸せへつながるのでしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

「幸せとは・幸せになりたい」問答一覧

大切な人を幸せにできません

恋人といった具体的な名前のついた関係ではないのですが、話していて特別心地よく過ごせる同性の大切な人がいます。今は一時的に遠距離になってしまい、ネット上でしか言葉を交わしていない状態です。 彼女はバイトが忙しく、毎日深夜に帰宅しては眠り、夕方に起きて仕事に出かけていく日々を過ごしています。一方、私は以前の仕事で上司に人格や存在そのものを否定される言葉を掛けられてから、約1年ほど社会復帰出来ていない状態です。所謂ニートです。 私と彼女はそれでも仲が良く、むしろお互いがお互いを好きだと言い合える関係です。ですが、頑張って仕事をしている彼女に応援する言葉や労う言葉しか言えず、しかし自分は言葉ばかりで彼女と同じ苦労をしていません。私は高卒ですが、中卒の彼女が汗水流して働いているのだから、とてもではないですが同じ土俵に立てていません。 バイトを探して面接に行っても、受からなければまた暫く行動出来なくなります。新しい仕事に慣れるまでの不安、職場の人間と良い関係を築けるかの不安、何よりもっとも恐れている他人に叱られることへの不安が頭をよぎってしまいます。お願いします、彼女のために胸を張って一緒にいられる私になりたいです。またいつか会えたときに、恥ずかしくない私になりたいのです。どうか、お言葉頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

不幸になりたがる

私は不幸になりたがっているのだと思います。幸福になる勇気をいただけませんか。 常に人に怯え、悪口を言われている被害妄想がやめられません。 楽しいことや贅沢なこと、着飾ることに大きな罪悪感があります。本当は嫌なのに長時間働いたり休みの日に勉強したりすると、罪悪感が薄れて落ち着きます。おしゃれをして遊びに行くと、自分には楽しむ資格がないと感じ、楽しいふりをしてしまいます。 不幸の原因は大きく以下4つだと思います。 ・いじめをした ・かつて恋人を裏切った ・ブスだった ・親を恨んでいて、親への当てつけのために不幸になろうとしている ・子供の頃は弱く友達ができませんでした。だから中学では強くなりたいと、たくさんの同級生を無視したり、力の強い子に媚びましたが、心が成長すると深く後悔するようになりました。 私がいじめたたくさんの人たちに、私が幸せになっているところを知られるのが怖いです。 ・かつて一人の人と長い間交際しました。恋人はとても私を大切にしてくれましたが、私は別の人(今の夫)のことがどうしても好きになり恋人をこっぴどく振りました。あのときはそれが最善だったし後悔もしていませんが、ひどいことをしたくせに私が幸せになっているのを元恋人に知られるのが怖いです。 ・子供の頃は人に容姿を馬鹿にされることもありました。また近くで他人の容姿の話が聞こえると自分はどれほど悪く言われているだろうと怯えていました。今でも、おしゃれをしても痛々しく見られているような妄想がやめられません。 ・子供の頃に母から「勉強しないと良い暮らしが送れない」と言われ、人と比べられ、行きたくない塾や進学校に通いました。家で嫌な思いをたくさんして、感謝など全くありません。だから母の正しさを認められず、母が間違っていたと思い知らせたい衝動が止められません。私が不幸になってもきっと母は単に勉強が足りずに不幸になったと思うでしょう。私が幸福になれば母は母が頑張ったおかげで私が幸福になったと思うでしょう。私が幸福になって母が誇らしげにするのがとても嫌です。 私が幸せになるかどうかなんて私の勝手だとわかっているのに、いざポジティブなことをしようとすると発作のようにブレーキがかかってしまいます。本当に不幸なのではなく単に幸せになる勇気がないんだと思います。幸せになる勇気になる言葉をいただけませんか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

幸せだけどいつでも消えたいです

タイトルの通りです。わたしの意見や価値観を理解してもらえることが少なく、わたしは今ここにいる価値あるのかな、とかわたしの意見はどうでもいいんだなぁみんな、とか思うようになりました。たしかに友達も彼氏も家族も大好きですが消えたいです。 わたしの友達や家族は論破がだいすきです。たしかにそうだなって思うこともあるけれど、論理的であれば全て正しいわけではないですよね。でも、論理が立たないことを説明しようとしてもいつも理解してもらえません。だから人にわかってもらうことを諦めてきました。 結婚を考えてる人がいますが、同棲をするに当たって姉妹の説得をしなければいけません。わたしの就職の関係で、同居していた姉と妹が契約を延ばすことになったからです。わたしのために契約延長したんだから、責任持ってあと1年半は同棲するなと言われています。でも、出来るだけ早く今の彼と同棲をしたいです。前に進みたいからです。 以前、彼と出会う前にわたしは大好きだった人に捨てられて子どももおろしました。 その前に付き合ってた人にはずっとモラハラを受けて、わたしが価値のない人間だから人に従って生きるしかないんだと思っていました。そんな過去を捨てたい、早く今の彼と新しい人生を歩みたい、そう思っています。 でも、人にこの話をして説得して同棲を認めてもらう過程が辛いです。わかってもらうために話をしても、全てねじ曲げられてきた過去が自己主張しようと言う気にさせてくれません。わたしは辛かった過去を言い訳にして戦わない弱い人間なのでしょうか。悲劇のヒロインぶっている気がして、この話をだれにも言えず、彼と付き合っていて、婚約までしているのに、幸せなのにいつでも死にたいです。消えたいです。 死ぬのは怖くありません。堕ろした私の大切な子供に会いに行くだけですから。(地獄行きかもしれませんが) 中絶した過去も今の彼にはまだ話せていません。いつか捨てられる、軽蔑される、いつまで経っても過去と決別できない。もう、代償なのはわかっていても生きているのが辛いです。 ごちゃごちゃに話してすみません。わたしは、自分の思っていることを素直に話していいのでしょうか。話すのがめんどくさいと思うわたしでもいいのでしょうか。わたしは自分がかわいそうだと思っている悲劇のヒロインに見えますか?死んでもいいですか? もう疲れました助けてください

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

幸福を苛む存在

私が常軌を逸した言動の多い特異な人間であったこと、そしてそれを理由に多くの人から拒絶されて暴力を振るわれたことを以前投稿した質問で述べさせていただきました。 そして、そんな忌々しい記憶の呪縛から逃れられない今の私には、とうとう新たな悩みのタネが生まれてしまいました。 それは、 『今私が感じている幸せが、心ない何者かによって蹂躙されるかもしれない』という不安です。 私が息を呑むほどの絶景に圧倒されていると、誰かが私を背後から突き飛ばしてくるのではないか・・・。 森の小動物や愛犬そして愛猫と触れ合っていると、誰かが彼らを蹴り殺さんと襲ってくるのではないか・・・。 自転車で街を走っていると、背後から猛スピードで追いかけてきて、私の後頭部を執拗に殴打しにくるのではないか・・・。 私が人とコミュニケーションを図っていると、誰かが私の過去の行いを逐一周囲に広めては孤立する様に仕向けてくるのではないか・・・。 私が買い物をしていると、いきなり買い物かごを取り上げられて無慈悲にひっくり返されるのではないか・・・。 『〇〇の分際で 』と、今の幸せが徹底的に破壊されてしまうのではないか・・・。 誰かが、誰かが、誰かが、あいつが・・・もし・・・・・。 この様な妄念に取り憑かれ、それでも『己の弱くて醜い部分を人様に曝け出してはいけない』と平静を装っているうちに精神がかなり疲弊してしまいました。 常に目に見えぬ不安に苛まれ、折角の牧歌的な幸せを素直に享受できない苛立ちと憎しみが無意識に噴き出してしまいます。 この不安からどうやったら解放されるでしょうか。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る