お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

どう伝えたらいいですか

私は大学生です。ゼミのことで相談です。

先日、ゼミのメンバー(Aくん)がインフルエンザにかかりました。

講義を休みたいという旨をAくんが教授にメールしたところ返事がなく、その後講義の次の日のゼミを休みたいというメールをすると、休んではいけないという趣旨の返信を受けたそうです。また、ゼミのメンバーBくんは別の要件で教授にメールをし、今日に至るまで返信がないそうです。
結局Aくんは講義もゼミも出席しました。

ゼミの次の日、私は教授と話す機会がありました。すると教授はAくんの初めのメールは故意に無視したこと、ゼミを欠席することは許せず2回目は返信したことを教えてくださいました。(これは私が聞き出したのではなく、教授が自ら言い出しました)

その後、ゼミ生同士のグループLINEでBくんが未だに教授から返信こないという内容を送信しました。
私はAくんのメールへの教授の対応、Bくんのメールについては何も言っていなかったことを伝えました。
すると、Aくんは「俺、教授に嫌われてるなぁ」「今度の飲み会行かない」等のメッセージを送りました。
メンバーのCくんに「私さん、そういうこと言わない、」と言われたので、「ごめん」と送りました。すると、Aくんは「教えてくれてありがとう」と言いました。
実はずっと教授とAくんは合わないところがあり、今までも教授と反発するところがありました。

私は彼に余計なこと言ってしまったと思い反省しています。教授は他にもAくんの悪口?文句?を私に言ってきましたが、それらは誰にも言ってません。しかし、今回言ってしまったことも余計なことだったと思うので改めて謝ったほうがいいのかな、とも思います。

しかし前回のゼミが今年度最後で、今後彼と会う予定はありません。また、教授に「Aくんがまだあることをやってないからやるように伝えてくれ」とも言われました。しかし、個人LINEは3日前から無視されてしまっているし(既読はついているので読んではいます)、かといってグループで他のゼミ生の前でやれと言うのも言いにくいです。
どうしたらいいでしょうか。

学校・職場関係
有り難し 7
回答 1

質問投稿日: 2018年1月20日 17:40

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

悩ましいですな~。

一言で言うと「青春してるな~」って感じです。失礼!、怒らないで下さい。むしろ羨ましい限りです・・・(笑)。
まず、教授って何歳くらいなんでしょう?。なんか学生さん達とはズレがある様な感じです。小生はむしろ「教授」の気持の方が理解できます。〈ゼミを欠席することは許せず〉というのは「当たり前」です。もちろん病気なら止むを得ませんが、A君は、出席できたのですから・・・(本当に体調が悪かったなら、出席できなかったはずです。好き嫌い以前の問題です)。
小生はもうすぐ70歳なので、LINEやメールのやり取りで「合う、合わない」と、言い合うのが「軽い」ように思います。勉強は「合う合わない」でなく、自分を「高める」ためにするのです。嫌であろうが(イヤ嫌であればこそ)我慢して学ばなければいけません。テストは誰でも嫌です。しかし、テストがあるからこそ勉強するのではないでしょうか・・・。
最後に仏教では人生は「四苦八苦(しくはっく)」だと説きます。その中に❝怨憎会苦(おんぞうえく)❞と言って「嫌な奴とも会い、我慢しなければいけない」と教えています。
教授から言われたことはメールしてあるのですから、それで十分です。後はA君次第です。あなたは心優しいのでみんなに気を使っているようですが、それが返ってあなたのストレスになっているように思います。まず、自分自身の目標をチャンと決めましょう。その上で、余裕があれば友達の相談や意見を聞いてあげればいいのです。
もう一つ、お釈迦様のご遺言です。❝自帰依法帰依(じきえほうきえ)❞と言って「自らを拠り所とし、教えを拠り所とせよ」・・・自分の頭で考え、何が正しいかをシッカリ学び、それに従って歩みなさい。そして、❝たゆることなく精進せよ(=休むことなく努力して人生を生きていきなさい)❞とおっしゃっています。合掌

1年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答、ありがとうございます。
教授は50代後半です。後出しになってしまいますが、ゼミでは過去に何名か欠席したことがあり、Aくんだけ許されなかったことを私はおかしく思ってしまいました。試験が明日から始まるのにインフルエンザで来られても迷惑だ、と他のゼミ生が言っていてそれも聞いていて苦しかったです。

自分の目標を決めるということ、お釈迦様の御遺言、とても参考になりました。私は他人について少し考えすぎなところもあったと思います。私の行動を肯定してくださり、ありがとうございました。何事も自分で考えて、努力していきたいと思います。

「学校の先生・教授」問答一覧

「学校の先生・教授」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ