hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

フェイスブックやブログで自慢話&画像に腹が立つ

回答数回答 4
有り難し有り難し 68

だったら見なきゃいいだけじゃないと思うのですが、ついつい見てしまいます。同級生や近所の人や身近な人のブログやfbに腹を立ててます。カウンターで寿司、からすみのパスタ、ケーキ、画像載ってました。私は基本自炊であまり外食にいけません。年に数えるほどしかいけません。お金ないので寿司とか無理。他にも新車、旅行、インテリアなど自慢の数々。貯金を使い切れば私にも買えますが、将来のため貯金がないと不安です。子供を私立の学校にやってるとかコネで公務員になったとか。
正社員で私は働いているのになんでこんな地味な貧乏な生活しているのかとわびしくなります。特に外食の画像がイライラします。わざわざ食べ物の写真撮ってなんでUPするんでしょうか。
結局は、そんなブログ巡回しなければいいだけなんです。分かっているんですけど。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分の生き方を大切になさってください。

 亀山純史と申します。
 FBやブログにそのような画像や書き込みをする人は、それに楽しみを見い出しているわけです。それにあなたが乗ることは全くありませんよね。でも、そうはわかっていても、なぜ気になって見てしまうのでしょうか。私が思うには、人は他人との関わりの中で、自分の立ち位置(自分はどう振る舞えば良いか)を確認するからではないでしょうか。
 お釈迦様は自らの死を目前にして、「自らを灯明とし、自らをたよりとして、他人をたよりとせず、真理(法)を灯明とし、真理をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ」と説かれたと言われています。(この教えは一般に「自灯明・法灯明」と言われています。)ここでの「自灯明」とは、「自立した自己であれ。他人に振り回されない自己であれ。」ということだと思っています。あなたは同級生や近所の人とは違う人生の価値観を持っているわけです。それは素晴らしいことではありませんか。是非、自分の生き方を大切にしてほしいと思います。

 満足のいく回答ではなかったかもしれませんが、少しでもお気持ちが和らげばと思い、回答させていただきました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

まず自分と「友達」になりましょう

フェイスブックは洋服の一種です。
自分を飾る服です。
衣服がビジュアル的なファッションであるなら、フェイスブックは精神のファッション。
だからファッションセンスが問われているのです。
だからしょうもない記事ばかり登校する人はファッションセンスがないだけです。
自分をより良く見せることに必死な人が、そういうアップをする。
すべて自分の分身です。人間性も丸出しです。
友達とは、そういうところで選別されるべきです。
ぶっちゃけ「友達」と言いますが、実質、本当に「友達」ですか?
あなたも実質「友達」に「なっていない」」からうらやむのでしょう。
「いいね!」せずとも、どんな事も「学び」にするべきではないでしょうか。
自分の幸せアピールばかりしている人は天上界という心理に居ます。
天上界は地獄と隣り合わせなのです。
幸せである自分をアピールすることで、自己暗示をして脳内ハッピー状態を保とうとしている状態なのでしょう。
だから、本当は幸せではないのです。
そういうアップで他人に「みせつける」ことで幸せになろうとしている悲しい心理なのですから。
あなたはまず自分と「友達」になるべきです。
自分と友達になれない人は人のことを悪く言います。
本当に自分と友達になる努力をしてください。
坐禅会の参加をお待ちしています。
「いいね!」は本心が問われます。
本当に「いいね!」でなければ、しないほうが「いいね!」

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

消費社会のたくらみです

 フェイスブック、私も使っていますが、基本的に「全面広告」です。バナーとかだけじゃありません。大抵の記事は「広告」です。あなたの欲望を刺激して、お金を使わせたいために表示されています。
 利用者は、「広告を見てもいいよ」というのと引き替えに、「無料で利用」する仕組みなのですよ。「無料」とうたいながら、相当膨大な「時間」と「健康」と「欲望」をコントロールされています。
 ごく稀に、自身のポリシーとか考えを表明されている方、ボランティア活動の報告をされる方がいますが、本当にごく稀。その人達も「自分の活動に賛同して欲しい、誉めて欲しい」と「あなたから何かを巻き上げようとしている」面もあるかも知れません(私も含めて)。
 だから私は、「いいね」は押します。「新車、良かったね」「外食、良かったね」「旅行、良かったね」…でおしまい。画面を閉じたら、何個「いいね」を押したか、全く覚えていません。この「スルーする力」は、「今後身に付けていないと身ぐるみはがれちゃう」程に危険だなぁと感じています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

嫉妬は自分に近い人に対して起きやすい

嫉妬は怒りの一種です。
つまり、煩悩(悩み苦しみの原因)です。
悩み苦しみの原因は、他人ではなく、あなた自身の怒りの煩悩なのです。
あなたが他人に抱く「なんでアップするんでしょうか」という疑問について回答する私は、あなたの悩み苦しみの解消になるような回答をせねばならないわけですが…。難しっっ!
もしも、「なんでアップするのか」の理由を考えることで、あなたのその人達への怒りが緩和するのなら、それはあなたの悩み苦しみの解決になりますね。
しかし、実は私も「なんでアップするのか」と思ってしまう派なので、困りましたね。
さて、嫉妬は、自分に近い人に対して起きやすいそうです。遠い外国の王族が豪遊してるのより、同級生のプチ贅沢のほうがいらつく。
自分の興味ない世界で大成功してる人には嫉妬しないが、自分がやってたスポーツで大活躍している同年代の選手には嫉妬してしまう。
つまり、あなたが嫉妬している相手は、あなたに共通した部分がある相手であり、あなたが親しみを抱ける要素がある相手なのです。
外食の記事に嫉妬するあなたは、実はグルメ好きであり、アップしている人もグルメ好きだからアップしている。実はあなたと趣味が合う相手かもしれません。
嫉妬の裏は親しみだと思って、親しみを増やして、怒りのストレスを制御してみては?……回答が強引すぎるか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

質問者からのお礼

丹下様 仲の良い友達のブログにイライラすることはないんですよね。そもそも寿司や家具の画像はないですし、ペットの画像ばかりで微笑ましいです。知り合い程度の人たちの自慢のブログが腹が立つのです。贅沢に使うお金どこからでてきてるんだろうかと。私(若菜)の作った夕食やカステラだって栄養たっぷりで「いいね!」と自分のこと認めてあげたいです。自分に「いいね!」できるよう自分の友達になります。

佐藤様 新聞もテレビもスポンサー企業に広告もらってるわけで、やっぱりネットも広告媒体ですか。私もかなり前にブログを熱心にやっていたのですが、事情があって消しました。結局は時間の無駄でした。ブログ通してできた友達も消滅しました。自分にとってブログは有害でした。ブログするぐらいなら散歩したり、お菓子作っていた方がいいですね。分かりました。

亀山様 バブル時期のように贅沢をする知り合いのブログを見て腹を立ててました。FXもやっているようで、そんなお金どこから??と。もしかして貯金とかしていないのかもしれませんし、憂さ晴らしに食べ歩ているのかもしれませんし。人それぞれのお金の運用の仕方なので私が勝手に腹立てる資格はないですね。私は銀行員なので堅実に貯金して贅沢はたまにしかしないで、それでいいです。

願誉浄史様 私も1万円以上する寿司や豪華イタリアン食べたいのでイラつくのだと思います。夜はカウンター寿司は予算的に無理なので、お昼のランチタイムセットで食べられれば、それでよいと思うことにします。味なんて忘れてしまうのに、写真撮ってネットにわざわざアップして自慢。ヤダナと感じてしまうのです。文章の書き方がいやだ、その人の家族がさもしいとかどんどん憎しみが広がっていくようで。結局は私はその人達が嫌いなんだと思います。所詮、友達でもない人たちなのでスルーします。イラついている自分も嫌いになってしまいそうですので。

「SNS・LINE・ネットのやり取り」問答一覧

ブログは『生きた証』になるのでしょうか。

どうも。自分はこのhasunohaとLINE以外にSNSを使いません。実際にはアカウントだけ作って長年放置しているのもあり、ブログもその一つですが、それはある女性のせいなんです。 その人は自分と一回り歳が離れてて両親も健在。小学校から私立に通い、10代の時に芸能事務所からスカウトされた美貌の持ち主(自撮り写真もたまに載せてるので自信はあると思います)です。しかし、母親とは仲が良いのに父親の酷いモラハラが原因で(この点は自分の家庭に似てると感じてコメントし、返信してもらえた事もあります)家庭内の空気は常に重く、そのストレスで学校の成績もあまり良くなく、どうにか大学は卒業したものの就活に全敗して鬱になり入院した病院で検査を受け、軽度の障害があると判明しました。 その後、女性はその事実を隠しバイトをしたもののすぐに辞め家に引きこもる様になりました。 彼氏もいましたが、デートの度に肉体関係を持ち、更に自分は働いてるのに飲食等の支払いをさせる様な輩で、残念ながら彼女の病気や障害には理解がなく、父親と同様に彼女を苦しめ続けたものの中々別れられず、自殺未遂を繰り返しましたが、医者の勧めで障害者年金を受給する様になった矢先彼氏が結婚を申し込み快諾。 それを知った女性の父親は彼女を地元から離れた場所の作業所に通わせました。勿論女性は最初猛反発しましたが、当時両親の関係が最悪だった事や兄妹が独立して頼れなくなった事、彼氏が子供を欲しがってない(彼女にとって結婚=子供を産む事だった為金目当てで結婚したがってる)と知り、泣く泣く従いました。 その数ヶ月後女性が作業中に姿を消してしまい、警察も出動して大騒ぎになりましたが数日後無事保護されましたがそのまま入院。あの時何があったかよく覚えてないと言いながら日記を書く彼女に無性に腹が立った自分はブログで言及しました。『何でもかんでも病気や障害のせいにして卑怯だ。夫と娘に苦しめられ続けてる母親が気の毒でならない。』と、キツい文面でしたが、少なからず賛同してくれた方はいました。 すると、本人がコメントで『母の悪口を言う人は嫌いです。私にとってブログは生き甲斐で止めるつもりはないからもう来ないで!!』と反論し、ブロックもされました。謝罪はできませんでしたが、宣言通り女性は今もブログを更新し続けています。 モヤモヤが消えないのは何故なんでしょう…。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

上手く立ち回れない自分が悔しい

私は今、新しい趣味にハマっています。 そこで新しく出会った方々とネット上で交流するようにもなり、更に実際に音声会話のできる機能を使いつつ、非常に楽しんでいました。 しかし、ココ最近同じ趣味を楽しんでいる別のグループからその音声会話について陰口を言われる事が多くなりました。 最初は見ないようにこちらからSNSの機能を活用していたり、交流の場を作っている主催者さんに感謝を頻繁に伝えたりする事で何とかしてきました。 ですが、「喋り手の質が悪い」「そもそも最近ハマった人達のマナーがなってない」と言ったことをもっと人格を否定する様な感じで言われ続けてしまい、その集まりをやってくれていた主催者の方も意気消沈してしまう状況でした。 それを見てつい誰にも見える形で「聴く方も喋る方もマナーは要る、自分の居心地のいい場所が欲しければ自分も主催すればいい、聴きたくないことを無理に聞く必要だってない、それもしないで被害者気取って外野から好き勝手言わないで」と言った所、陰口とまるで私達が加害者かのようなコメントを見るようになりました。 メンバーがあれこれ言われどうしていいか分からないと苦しんでる姿をみて、耐えきれず言ってしまったのですが、結果として陰口も止められず、現在も苦しんでいる主催者さんをもっと追い詰めてしまうような事を言う自分が悔しく、やり切れないです。自分が情けなく、無力感でいっぱいです。 グチャグチャな文章で申し訳ないです。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

立ち直れるか不安です

お久しぶりです。 いつもお忙しい中、僕達の為に相談に乗ってくださり、ありがとうございます。実はまた新たな悩みが生まれてしまったため、相談お願いします。  僕は、あるライブでいつものリスナーと、ライバーの配信に楽しく参加していました。そんなある日、僕はそのライバーさんから、「知らないうちに迷惑かけてる」と言われ、僕は身に覚えが無く、どうしてかと質問しても「自覚が無いだけ」と言われ、どうしようもない気持ちでした。でもやっぱり謝らないとと思いました。でもどう謝ればいいかわかりません。証拠もないのに。しかもその後ライバーから僕がブロックされた事に気付きました。そのライバーは他の配信にもいるのですが、そこで僕も態度で反省の様子を示そうとしているのですがどうもブロック解除されそうに無いです。それからの日々はもう僕はどうしようもない気持ちになっていて、どうして僕が…?。またいつも通りにいつものリスナーと共にライブを楽しみたいと思うと。どうしても立ち直れないです。なぜなら、自分は自己肯定感が強く、そこのライバーの所で楽しむ。とか、推しなのにブロックされてしまった、しかも急に。というのもあるからです。でもこの僕の考えも自分勝手だろう…。とは思っていますがどうしても…。  でも実は思ってしまうんです。この事を忘れるために、この配信のリスナーをやめようか考えたり。でもいざとなったらやめる決心が全然つかず、モヤモヤします。その事をポジティブに考えようとしても、楽になる方法を考えても。この事を他の人に話しても、大人しくしてた方がいいと言われました。  そこで、そのライバーにブロック解除してもらえるかもしれない方法、または、この事を忘れて楽になれる為の方法などを、全体を通して教えてください。お願いします。このモヤモヤをなんとかしたいです。この相談内容を書いてる今や、他の作業をしている時などでも思いだしてはどんよりして、モヤモヤします。  こんな感じですが、実は他のライバーさんの所ではしっかり今も楽しんでいます。でも…。どうしてもモヤモヤが離れないです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

マッチングアプリを使ってないって損なの?

私は26歳会社員の女性です。 出会いがないながら、共通の趣味の人同士で集まるイベントに参加したり、 出会いの場には足を運ぶようにしているのですが、 いかんせんコロナという状況で積極的に参加することは少なくなりました。 1年前に別れてから恋人がおらず、 このような場所に行かない限り毎回同じコミュニティの人達との関わりしかありません。 (職場、学生時代の友達、家族など) ありがたいことにその出会いの場で出会った方に告白されたこともありますが、 私は合わないと思うところが多く、付き合いに至りませんでした。 そのため私の周りの20代女子で同じような境遇の場合 だいたいがマッチングアプリを使用しています。 しかし、私はマッチングアプリ経由での出会いに偏見がとてもあり、 簡単に相手の品定めをして効率的に恋愛していくことに違和感があります。 しかし、実際にマッチングアプリ経由で付き合ったり結婚まで至る人も少数ながら周りにいるので、 「やってみるだけやるのは良いんじゃない?」と言われ心が揺らぎます。 やるとしてもメッセージのやり取りや電話だけで会うのは なんか違うと思った際にお金と時間がもったいないので、 まずはビデオ通話などを挟んでからお会いしたいとは思っています。 あと人と会うのがはばかられるその他の理由は、 歯列矯正を始めていてこれがワイヤー形式でなく、 目立たないマウスピース型なので自分で着脱可能なのですが 1日に20時間以上付けてないと歯が動きません。 外食する際には食事→歯磨き→付けるをしなければならないので、相手に伝えなければならないのと、 つけながら物を食べると虫歯になるので食べ歩きもできないため、億劫になっています。 そのため、コロナと矯正が落ち着く1年後くらいに本格的に出会いのため動こうかとも思うのですが、 遅いんじゃないかという焦り、 しかしマッチングアプリを使用することの腰が重さで葛藤しています。 出会わないことにはその先もないと思うのですが、 偏見が強く、このような場合私はどうしたら良いでしょうか。 漠然とした質問で申し訳ございません。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

不安な日々の堪え方

こんにちは。大学2年生です。 ここに書くことではないかもしれませんが誰にも言えないので相談させて頂きます。 人間関係の悩みによる不安な日々の堪え方についてです。 以前、Twitterで知り合ったAさんとは仲良かったのですが一方的な好意を抱かれてから距離を置いてます。(Twitterも退会しLINEだけ繋がっています。) しかし以前悩み相談しており、自分の住んでいる県と通っている大学の目星がつけられていることを思い出しました。(詳しい大学名は言っていないが授業の内容は知ってる) その時はAさんのことだけでなく様々なことで気がやられていたので「今は誰とも話したくない」と伝えて連絡のやり取りはしていません。しかし、もし会いにこられたら…と思うと不安です。ブロックも逆上させそうで怖くてできません。 これは「会いに来るかもしれない」「友人に危害を加えるかもしれない」という憶測にすぎないのですが、身元が割れている以上やろうと思えばできるので考えれば考えるほど最悪です。 これは私の心の問題なのか、それとも今のうちから何か動いた方がいいのか迷っていてとにかくモヤが晴れない日々を過ごしています。 全ては私の情報管理の甘さですが、もし家族や友人に危害が及んだらと思うと不安で日々の生活もままなりません。 厳しいご意見もしっかり受け止めさせて頂きます。どうかご助力の程宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る