お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

逃げ癖の治し方 逃げたことへの謝罪

あまりに罪悪感が募り、周囲の方へも相談できずこちらに来ました。
よろしくお願い致します。

私は昔から逃げ癖が抜けず、大人になった今でも逃げてばかりいます。
仲良くなった相手でさえ、嫌なところが目についてこちらの都合で関係を絶ってしまいました。
自分で望んでついた仕事のプロジェクトも、もう一歩で完成というところで逃げ、処理も同僚に任せて連絡を絶ってしまいました。
評価してくれた先輩、協力してくれた知人、信頼してくれた同僚にも面目無いばかりです。

今年の春から新しいスタートを切ることになっており、変わらねばと思う一方で自分勝手に逃げてきた過去が重くのしかかります。
相手の皆さんに謝りたいと思ったのですが、インターネットの質問掲示板を見れば今更迷惑、どうしようもないという回答が並んでおり悩みます。

こんな自分はもうやめたいのです。
真っ当な大人になりたい。
自分を変えるにはどうしたらよいのでしょうか。
また、相手の方に謝罪はしてもよいのでしょうか。

後悔・自己嫌悪
有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2016年1月3日 22:19

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

円通寺

邦元

勇気を出して謝ろう

変わりたいのであれば、人にどう思われてもいいというぐらいの捨て身の気持ちで謝りましょう。
相手が許す許さないは相手次第。その先のことはその時に考えること。

あなたがしっかり謝れればなにかがかわるのではないでしょうか

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

許す許さないは相手次第、まさにその考えが抜けており自分の至らなさにまたひとつ気付くことができました。
自分が許されたいという思いに縛られるより、まずは動いてみようと思います。
そしてこの先は、少しずつでも善い行いが出来るよう進んでいきたいと思っております。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ