hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

納得のいく死

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

先日、最愛の母を癌で亡くしました。
癌だと判明してからたった二ヵ月足らずで逝ってしまいました。
本人には事実を告げられないまま…
本人も治ると…必ず治す!というつもりで頑張っていました。

人は誰しも自分の『死期』は分かりません。
自死の方は別かも知れませんが、皆さん『納得のいく死』
が出来るわけも無いし、そもそも死にゆく事に本人も家族も
『納得』や『覚悟』なんてそう簡単には出来ません。
殆どの人が『無念』な思いで逝くのではないでしょうか?

やり残した事、言いそびれた事、気になっている事…
色んな思いを抱え、それらが『後悔』や『恐怖』となって
本当に『辛く』『悲しく』時には『怒り』となって
たった一人で心細く無念に旅立っていくのではないでしょうか?

そんな『無念』な思いで旅立った魂は、本当に
心安らかに『成仏』が出来るのでしょうか?

残された家族が一番心を痛める事…
それは
どんなに辛かっただろう
どんなに無念だっただろう
どんなに怖かっただろう…

話が出来たら、どれだけ辛かったか聞きたい…
今、どう思っているのか聞きたい…
でもそれが出来ないから苦しいのです…。

教えてください。
自分が『死んでしまう』とは思ってもいないのに
治そうと、治ると思って頑張っていたのに
何の心構えも準備も出来ていないまま
人生を終わりにしなくてはいけなくなった時
人はどんな事を思うのでしょうか?

四十九日までは、魂はこの世に居ると聞きますが
どんな気持ちで、どこでどのように
過ごしているのでしょうか?

そんな事ばかり考えて、辛くてたまりません…。

2018年8月4日 1:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

亡き人との『出会い直し』という『成仏』

前回のご相談と併せて拝読させていただきました。お母様のご命終に哀悼の意を表します。

南無阿弥陀仏

さて、一人の人の人生を死に際や死に様だけで『無念』と言い切ってしまうのはどうでしょうか。生まれて死ぬまでが人生です。(もちろん生前・死後にもその人生の背景・あとがきはありますが)
あなたの知らないお母様の時間もあったわけです。そのすべてが死に際や死に様だけでまとめられてしまうならばそれこそお母様も無念ではないでしょうか。お母様に幸せな時間はなかったのでしょうか?そんなことはないでしょう。あなたに出会えたこともお母様にとっては幸せの一つであったことでしょう。

今、お母様が念じるとしたら自分の死への納得ではなく、娘さんであるあなたが命の事実と向き合うことでしょう。

確かに人は誰しも自分の『死期』はわかりません。しかし病に伏したものがそれを全く見当もつかないかと言うとそれは疑問です。言葉では「治そうと、治ると思って頑張っている」と伝えていても内心はどうであったかは本人にしかわかりません。

どんなに辛かっただろう
どんなに無念だっただろう
どんなに怖かっただろう…

残された者の気持ちとしてそれは痛切なものがあります。

しかしそれは「残された者の気持ち」=「残された者がきっと本人はこうだったのでは?と勝手に思いはかる気持ち」であって「本人の気持ち」ではありません。

「本人の気持ち」は本人にしかわからないのですから、その本人を『無念』としてしまっているのは本人ではなく残された者、つまりあなたなのです。

ですから、あなたにとってお母様の『成仏』とは「あなたの中のお母様への気持ち」の成仏です。
それはけしてお母様を忘れてなかったことにしていくのではなく、むしろいよいよ深くお母様の命の事実、お母様から教えてもらったあなたの命の事実と向き合っていくことです。

ご自身の姿に目覚めた時、その時そこにお母様の『成仏』があります。なぜならば『仏様』とは真実・事実を教えてくれる存在の尊称だからです。
あなたにそれを教えてくれるのはまぎれもなく『仏様としてはたらいてくださるお母様』です。
それが亡き人との『出会い直し』という『成仏』です。それは四十九日などという日数にとらわれません。あなたが手を合わせ、思いはせる時にいつでも仏様としてのお母様があなたを見守っているのです。

2018年8月4日 9:48
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

あなたの心が仏と成るために

美千さん初めまして。
謹んで、お母さまのご冥福をお祈りいたします。

>皆さん『納得のいく死』が出来るわけも無いし、そもそも死にゆく事に本人も家族も『納得』や『覚悟』なんてそう簡単には出来ません。
その通りだと思います。
その在り方も、死への向かい方も、一人として全く同じものはない、とも思います。
それは、私と他の回答僧に違いがあるように。美千さんとお母さまの間でも、想いには違いがあると思いますし、相手のことをわかっているようでも、それは「想像」の範囲内です。

>そんな『無念』な思いで旅立った魂
と感じるのは、あなた自身の想像です。本当かどうかは確認しようがありません。
でも私たちはそのように感じてしまう。思い悩んでしまう。だから供養があるのです。

少し想像してみてください。
>話が出来たら、どれだけ辛かったか聞きたい…
>今、どう思っているのか聞きたい…
と書いてらっしゃいますが、病に伏しているとき、お母さまに同じようなことを聞きたいと思いましたか?
「きっと辛いよね? どれくらい辛い?」と聞きたいと思いましたか?
それとも。
何か前向きなことを考えてもらったり、励ますようなことを言ったり、感謝を伝えたりしましたか?
美千さんの言葉を拝読していると、きっと後者だったんじゃないかと思います。
励まして、元気づけて、笑ってもらおうとしていたのではないですか?

これから先できることも、きっと同じです。
どんな言葉をかけたら、どんな姿をみせたら、お母さまが笑ってくれるか。
それを想像しながら、供養に励んでください。
それがきっと、美千さんとお母さまが共に仏になる方法です。

2018年8月4日 13:28
{{count}}
有り難し
おきもち

本立寺の住職をしながら、臨床心理士として医療・教育現場で活動しております。...

質問者からのお礼

吉武文法様、ご回答有難うございます。
では、母は『納得』をして旅立ったのでしょうか…。
病に伏す中で、自分の死期を悟り納得をしていたのでしょうか…。
一度だけ、ものすごく悲しそうな顔をして無言で涙を流していた事があります。
その時の母の顔が、脳裏に焼付いて…思い出す度に胸が締め付けられます…。

高野光拡様、ご回答有難うございます。
母の心が折れないよう、励まし勇気付けようと必死でした…。
聡明で何でも物事を納得のいくまで理解して前に進みたい母でしたので
現状(病状)はとても知りたい事だったと思います。
それを一切私達に聞かず、自分では死期を悟って覚悟をしていたのかと思うと
そんな辛い状況でも、私達が必死で隠そうとしている事に気遣ってくれていたかと思うと
尚更胸が痛みます…。

お二人のお言葉は、とても有り難いお言葉なのですが…
まだまだ未熟な私には、尚更母が可哀想に思えて仕方ありません。
申し訳ございません…。

「死について」問答一覧

日本、自然死を知らない医師

いろいろ、いろいろ、思うことがあって、思うことがあり過ぎて溢れて、うまく文章に出来ないです。 死とは何か…医者は自然死を知らない 「延命治療」蔓延する日本と「自然死」選ぶ欧米 夕刊◯ジの記事は、良くも悪くも、日本人の「自然死」に対する考え、気持ち、心について、考えるきっかけを与えてくれているように感じました。 良いとか悪いとかじゃなくてです。 いろんな意見があります。 どの方の意見も分かります。 そうだね、そうだよね、と思います。 ただ記事にすると、意見の押し付けや行き過ぎた言葉が並んでしまいがちで… でも、それも仕方がないことで… 何せ人間が書いた記事ですからね… 意見の押し売りさえなければ、それも良しとするしかありませんよね。 私も自然死賛成、いや、自然死なんて嫌だ、延命治療はしたくない、いや、延命治療だって必要だ… どれも、そうだよね、と思います。 医療者の側からすると、治療拒否→治療しない、とは出来ない事情もあります。 それも仕方がないこと。 最近、腎臓の病気を患う患者さんに対して、人工透析をせず死なせた!という事件(?)が世間を騒がせたけれど… じゃあ…ただ人工透析を続けるのみ、人工透析の拒否を受け入れない医師が、良い医師、正しい医師、と言えるのか… 私がよく経験した話になります。 タクシーに乗った時に「◯◯大学病院までお願いします」と言うと、私がまさか職員とは知らず、見舞い客か何かと思って、こんな話をされたりするのです… 「僕の兄貴も腎臓悪して、ずっと◯◯大学病院で透析うけとったんや。でもな、しんどうてしんどうて、もうええ、透析はやめる言うてな、ホンマにやめて、死んでんけどな、やめて良かったわ、医者は反対してたけどな、やめて良かった…」 だから、透析どうこうは、そんな単純な話ではないと私は思うのです。 じゃあ、ケースバイケースだ!という人が正しいかと言えば、そんなこともないし、それだって言ってしまえば綺麗事であり他人事のように聞こえます。 正しい答えなんて、ない。 じゃあ、どうしら…? お坊さまたちは、人が人としとある最後の姿、亡くなった姿をたくさん見ている貴重な方々です。 自然死、延命治療、その他いろいろ… お坊さまの意見…?というか…お坊さまの心の中にある想いをお聞かせ願えませんか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

どうして死にたいという人を見過ごせないんだろう

数年前の一時期、全く通りすがりのブログに「死にたい」というSOSを続けざまに見つけたことがありました。一晩に5、6件とか。 「死にたい」は「助けて」だと思います。 希死念慮はどれくらいの緊急性があるかによって違ってきますが、プロフィールや住所などがある程度特定可能な場合ですと、公的機関…と言っても警察は事件が起きないと動いてくれないので、主にその人の地元の役所や福祉の関係の機関にお願いするしかなかったりします。ある程度深刻かも、という場合ですが。 とおりすがりの人間がコメントを入れても効果があるかどうかわかりませんし、むしろ逆効果になったりすると最悪なので、そのあたりに匿名性の限界があります。 何かやった、というにはあまりにもささやかなことですし、効果があったかどうかなんて全然わかりませんでしたが、でも何かしないといられない気持ちがさせたことでした。 過去の自分がそうやって必死になったことがあるので、自分が死にたくなった時には、もしかすると友人知人家族のみならず、見知らぬ人がどこかで祈っていてくださるかもしれない、と思って、ちょっと考える余裕を持つことが出来ています。 手を伸ばそうとしたその時の誰にも伝わっていないかもしれませんが。でもやらずにはいられなかった。大きな事故や災害の時にも無事を祈りますよね。そういう気持ちと同じです。直接に助けにいけないもどかしさはありますが。 私も双極性障害の持病があるので、よく希死念慮には襲われます。自分がすごく死にたい気分の時なのに、いまにも死にそうな人に遭遇すると、思わず助けないといられない、っていうのはなんなんでしょうね??かなり本能に近い?崖っぷちの人を助けようとしたら自分も落ちる危険があるけど、それでも手を伸ばす。人って不思議だな、と思います。(サイコパスな人の心境は不明ですが) 自分のいままでの行動でずっと不思議だと思っていたことでした。「それじゃあ、一緒に死のう」とは思わないんですよね。本能とか良心とかが関係しているのかな?とも思えますが。 もしかしたら「いまにも死にそうな人」に自分自身を投影していて、その人が救われると安堵するというか、そのへんはもう彼我の境界が薄くなっているのかもしれませんが。でもこれは私だけではない心理だと思えます。悩みつつ、行動しています。ささやかですが。 でも謎心理です。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る