hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

納得のいく死

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

先日、最愛の母を癌で亡くしました。
癌だと判明してからたった二ヵ月足らずで逝ってしまいました。
本人には事実を告げられないまま…
本人も治ると…必ず治す!というつもりで頑張っていました。

人は誰しも自分の『死期』は分かりません。
自死の方は別かも知れませんが、皆さん『納得のいく死』
が出来るわけも無いし、そもそも死にゆく事に本人も家族も
『納得』や『覚悟』なんてそう簡単には出来ません。
殆どの人が『無念』な思いで逝くのではないでしょうか?

やり残した事、言いそびれた事、気になっている事…
色んな思いを抱え、それらが『後悔』や『恐怖』となって
本当に『辛く』『悲しく』時には『怒り』となって
たった一人で心細く無念に旅立っていくのではないでしょうか?

そんな『無念』な思いで旅立った魂は、本当に
心安らかに『成仏』が出来るのでしょうか?

残された家族が一番心を痛める事…
それは
どんなに辛かっただろう
どんなに無念だっただろう
どんなに怖かっただろう…

話が出来たら、どれだけ辛かったか聞きたい…
今、どう思っているのか聞きたい…
でもそれが出来ないから苦しいのです…。

教えてください。
自分が『死んでしまう』とは思ってもいないのに
治そうと、治ると思って頑張っていたのに
何の心構えも準備も出来ていないまま
人生を終わりにしなくてはいけなくなった時
人はどんな事を思うのでしょうか?

四十九日までは、魂はこの世に居ると聞きますが
どんな気持ちで、どこでどのように
過ごしているのでしょうか?

そんな事ばかり考えて、辛くてたまりません…。

2018年8月4日 1:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

亡き人との『出会い直し』という『成仏』

前回のご相談と併せて拝読させていただきました。お母様のご命終に哀悼の意を表します。

南無阿弥陀仏

さて、一人の人の人生を死に際や死に様だけで『無念』と言い切ってしまうのはどうでしょうか。生まれて死ぬまでが人生です。(もちろん生前・死後にもその人生の背景・あとがきはありますが)
あなたの知らないお母様の時間もあったわけです。そのすべてが死に際や死に様だけでまとめられてしまうならばそれこそお母様も無念ではないでしょうか。お母様に幸せな時間はなかったのでしょうか?そんなことはないでしょう。あなたに出会えたこともお母様にとっては幸せの一つであったことでしょう。

今、お母様が念じるとしたら自分の死への納得ではなく、娘さんであるあなたが命の事実と向き合うことでしょう。

確かに人は誰しも自分の『死期』はわかりません。しかし病に伏したものがそれを全く見当もつかないかと言うとそれは疑問です。言葉では「治そうと、治ると思って頑張っている」と伝えていても内心はどうであったかは本人にしかわかりません。

どんなに辛かっただろう
どんなに無念だっただろう
どんなに怖かっただろう…

残された者の気持ちとしてそれは痛切なものがあります。

しかしそれは「残された者の気持ち」=「残された者がきっと本人はこうだったのでは?と勝手に思いはかる気持ち」であって「本人の気持ち」ではありません。

「本人の気持ち」は本人にしかわからないのですから、その本人を『無念』としてしまっているのは本人ではなく残された者、つまりあなたなのです。

ですから、あなたにとってお母様の『成仏』とは「あなたの中のお母様への気持ち」の成仏です。
それはけしてお母様を忘れてなかったことにしていくのではなく、むしろいよいよ深くお母様の命の事実、お母様から教えてもらったあなたの命の事実と向き合っていくことです。

ご自身の姿に目覚めた時、その時そこにお母様の『成仏』があります。なぜならば『仏様』とは真実・事実を教えてくれる存在の尊称だからです。
あなたにそれを教えてくれるのはまぎれもなく『仏様としてはたらいてくださるお母様』です。
それが亡き人との『出会い直し』という『成仏』です。それは四十九日などという日数にとらわれません。あなたが手を合わせ、思いはせる時にいつでも仏様としてのお母様があなたを見守っているのです。

2018年8月4日 9:48
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

あなたの心が仏と成るために

美千さん初めまして。
謹んで、お母さまのご冥福をお祈りいたします。

>皆さん『納得のいく死』が出来るわけも無いし、そもそも死にゆく事に本人も家族も『納得』や『覚悟』なんてそう簡単には出来ません。
その通りだと思います。
その在り方も、死への向かい方も、一人として全く同じものはない、とも思います。
それは、私と他の回答僧に違いがあるように。美千さんとお母さまの間でも、想いには違いがあると思いますし、相手のことをわかっているようでも、それは「想像」の範囲内です。

>そんな『無念』な思いで旅立った魂
と感じるのは、あなた自身の想像です。本当かどうかは確認しようがありません。
でも私たちはそのように感じてしまう。思い悩んでしまう。だから供養があるのです。

少し想像してみてください。
>話が出来たら、どれだけ辛かったか聞きたい…
>今、どう思っているのか聞きたい…
と書いてらっしゃいますが、病に伏しているとき、お母さまに同じようなことを聞きたいと思いましたか?
「きっと辛いよね? どれくらい辛い?」と聞きたいと思いましたか?
それとも。
何か前向きなことを考えてもらったり、励ますようなことを言ったり、感謝を伝えたりしましたか?
美千さんの言葉を拝読していると、きっと後者だったんじゃないかと思います。
励まして、元気づけて、笑ってもらおうとしていたのではないですか?

これから先できることも、きっと同じです。
どんな言葉をかけたら、どんな姿をみせたら、お母さまが笑ってくれるか。
それを想像しながら、供養に励んでください。
それがきっと、美千さんとお母さまが共に仏になる方法です。

2018年8月4日 13:28
{{count}}
有り難し
おきもち

本立寺の住職をしながら、臨床心理士として医療・教育現場で活動しております。...

質問者からのお礼

吉武文法様、ご回答有難うございます。
では、母は『納得』をして旅立ったのでしょうか…。
病に伏す中で、自分の死期を悟り納得をしていたのでしょうか…。
一度だけ、ものすごく悲しそうな顔をして無言で涙を流していた事があります。
その時の母の顔が、脳裏に焼付いて…思い出す度に胸が締め付けられます…。

高野光拡様、ご回答有難うございます。
母の心が折れないよう、励まし勇気付けようと必死でした…。
聡明で何でも物事を納得のいくまで理解して前に進みたい母でしたので
現状(病状)はとても知りたい事だったと思います。
それを一切私達に聞かず、自分では死期を悟って覚悟をしていたのかと思うと
そんな辛い状況でも、私達が必死で隠そうとしている事に気遣ってくれていたかと思うと
尚更胸が痛みます…。

お二人のお言葉は、とても有り難いお言葉なのですが…
まだまだ未熟な私には、尚更母が可哀想に思えて仕方ありません。
申し訳ございません…。

「死について」問答一覧

親戚の葬式後のメンタル

今日、祖父の姉の葬式がありました。 離れたところに住んでおり最後に会ってから10年近く経っていますが、小さい頃遊んでもらってお世話になった人なので、最後の機会だと思い向かいました。 棺に花を入れる時や火葬では涙が出そうになりましたが、悲しいよりも、もらい泣き、雰囲気につられているだけだと思いました。 ところが葬式が終わり、帰ってきてから夜。 もし自分の子供が死んでしまったら… もし夫が死んでしまったら… と考えると涙が止まりません。 事故、事件など最悪の可能性を想像してしまいます。 少しですが、自分も死んだらどうなる?と子供みたいな事を考えてしまいます。 1度考え出すと止まらず心がぐちゃぐちゃです。 葬式に行かなければよかったとすら思います。 こんなに心がボロボロになるなら、もっと近い人の死で自分がどうなってしまうか怖いのです。 その人がいなくなって悲しいのに加え、お見送りをした後も、こんなにも怯えなくてはならないのでしょうか。 こう考えてしまうのは普通ですか? 亡くなった人だけの事を考えないのは薄情ですか? 検索しても、近しい人の死後のメンタルを労る記述があっても、私とは違い相談できるのがここしかありませんでした。 今後あるであろう死の度、これではとても心が持たないと思い どう思えば前向きに見送ることができるのか、 大きすぎる不安を感じなくていいのか 教えていただきたいです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

自殺の身勝手さ。第三者を巻き込む死

私の大切な家族が自殺の第一発見者になりました。会社で、恨みつらみを書いた遺書がありました。トラウマになりました。会社に行くたびに思い出すだろうし、顔が頭から離れないみたいです。私は、亡くなった人を悪く言うのはいけないとわかっていても許せません。 そんなに恨みがあるなら生きて戦えばいいし、それが無理なら社長の前で死ねばいい。その死をもって何か変わると思ったのかもしれませんが、変わらないし逆恨みらしいです。そんな風に恨みながら死んでいった人を、恐怖の中で懸命に救おうとした家族の気持ちを考えると、怒りが込み上げてきて、私の方が恨んでいます。きっとつらくて当人にしかわからない苦しみがあって自殺に至ったので、 責めるのもおかしいですよ。でも、これからってときなんです。もしこの先、PTSDになったり精神が病んでしまったら、誰も責任はとれません。ハスノハでも自殺したいという書き込みを見ます。 死にたいなら黙って人目につかず死んでください。私は大切な恩師を亡くしました。最後まで生きることを願い、余命との恐怖の中でも諦めず、死と正面から向き合いながら必死で生きることを教えていただきました。だからこそ、自殺したいとか自殺した人を軽蔑します。人それぞれの人生ですから、生きられない人の分まで生きろとか思いません。関係ないですから。でも、死ぬならどうぞ人目につかないところでお願いします迷惑です。自殺するということは、それを発見する人が必ずいる。その人の家庭を追い込み、その人自身が病んで病気になったり、最悪自殺することもあり得るかもしれない。自分勝手に一人で死んだつもりでも、誰かを巻き込み誰かの人生まで狂わすんです。もうサスペンスやドラマを見れなくなるかもしれない。完全な日常には戻れないかもしれない。自殺する人に死なないで、生きてたらいいことある!なんて言っても本人の辛さはわかりませんから。ただ、発見した誰かの人生まで巻き込まないでもらいたい。それを踏まえて自殺なんてしないでほしい。そんな自分勝手な死は私は最低だとおもいます。私なりに家族を支えていくつもりです。考え方が自分でも最低だと思います。許す、許さないという立場でもないです。頭ではわかっていても気持ちがどうしても故人を恨んでしまいます。 一人で解決できそうにないです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

安楽死について

度々の質問を失礼致します。  最近、安楽死に関する映像を観ました。 今まで実際に安楽死される方を観たことがなかったので衝撃と同時に安楽死についてとても考えさせられる内容だと思いました。  実際に病気に苦しまれているご本人やご家族を拝見して苦しみながらも安楽死を選択する場面を観てやるせなさを感じると同時に苦しみから解放される場面を観て涙が止まりませんでした…。  安楽死に至るまではご本人、ご家族共に議論を重ねており、最終的には自分のことは自分で行え、自分の意思を伝える自由を持ち人間としての尊厳を持ったまま生きたいというご本人の気持ちが痛い程に伝わってきました。また、それを見送るご家族も本当に悲しかっただろうけれどもご本人の意思を尊重できる思いやりの深さも痛い程に伝わってきました。  それを観て病気で苦しむ本人が「どんな苦境でも生きたい」という意思がないのに治療を続けることや生を強いることはとても残酷なことではないかと思いました。  また、私は安楽死がもし許可されるようになったら本当に苦しんでいる人が救われるし、そうじゃないとしてもいつか生きることに疲れ切ってしまった時に尊厳をもって人生を終えることができる選択肢が存在するということは安心して生きていくことに繋がるのではないだろうかと感じました。  生きていれば確かにいつかは病が治るかもしれません。でも、そうならなかった場合苦しみを味わうのは病気になった本人です。今の日本はなぜ、苦しんでいる本人の意思を無視して無理やり生かそうとするのでしょうか…。そして、苦しんでいるのに死にたければ本人の尊厳を踏みにじるような残酷な方法で自殺する方法しかないのは何故なのでしょうか…。 生まれてくることは選べないのに死ぬことは許されないのは何故なのでしょうか…? 苦しみぬいてまで生きることは本当にそんなに価値のあることなのでしょうか…? 家族は確かに生きてくれた方が心の支えになって良いかもしれない、でも苦しみを味わう本人の意思を無視しても正しいことなのでしょうか?  笑顔で最後までご家族を労わりながらも亡くなっていく患者様ご本人を観て「生きる」とは何か本当に考えてしまいました。  安楽死について、どの様に考えるのかお坊様方の意見をお聞きしたいです、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

コウモリを殺してしまった

つい先ほど、家の中にコウモリが入ってきてしまい飛び回っていたので、虫捕り網で外に逃がしてあげようと思い網を振るっていました。 以前にもコウモリが入ったことがあり、その時も捕まえて外に逃がしてやれたため、簡単に考えていました。 ところが、振るっていた網がコウモリを直撃してしまい、コウモリは血を流して動かなくなってしまいました。 私は生き物が好きで、普段から虫なども殺さないよう気をつけています。 網を張っているとき、頭の隅で、コウモリに当たるかもしれないなと思っていましたが、そのまま振るい続けてしまいました。 翼を広げたコウモリは20センチほどあったように思いますが、ぎゅっとカラダを縮こませたみたいに死んでいました。頭か首のあたりから血がぷっくりと出てきていました。 その後、玄関先の植え込みに簡単ですが埋めました。 その時も、可哀想なことをしてしまって申し訳ない気持ちの反面、殺してしまったことで自分になにか悪いこと、バチが当たるんじゃないかと考えてしまいました。 そんな自分がとても醜く思いました。 コウモリの寿命は3〜5年程です。 あのコウモリはまだ子供だったかもしれません。 そう考えると申し訳ない気持ちでいっぱいです。 こういった間違いをしてしまったとき、どう対処したらよろしいでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る