お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

どうしたら良いのか、、、

ずっと爬虫類が飼育したくて爬虫類を飼い始めたのですが知人に爬虫類なんてサルモネラ菌だらけだよ!赤ちゃん大丈夫なの?と言われました。
我が家には0歳児と3歳の子がおります。
そう言われ調べてみるとやはりその通りでした。
飼う前に調べなかったわたしのミスです。
調べれば調べるほど爬虫類が汚くみえ、お世話をした手で食事を作ったり赤ちゃんに触れるとこどもたちに何かあったらどうしよう私のせいだと思いつめ自分の手を見ていると涙が出てきます。
命ですし飼った以上責任があり手放すというのは許させることではなくこのまま飼いたいと思っています。
飼ってる人に話を聞くと気にしすぎだよ!手洗いすれば大丈夫と言われるのですがどうしても落ち着くことができません。
どうすれば安心できるのでしょうか、、、
悩みすぎて食事が喉を通らず母乳の出も悪く赤ちゃんにもかわいそうな思いをさせ不甲斐なくますます泣けてきます。

後悔・自己嫌悪
有り難し 12
回答 1

質問投稿日: 2018年8月4日 15:29

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

藤川 誠海

これからを見ましょう

爬虫類、私は苦手なのですが妻は大好きです。
女性の方が爬虫類が好きな人が多いそうですね!

さて、爬虫類を飼われたことを後悔されているとのことですね。
私は爬虫類に対する知識があまりないので、少し調べてみました。たしかに、サルモネラ菌の感染は気をつけなければならないとありました。

そこで、私も自分の経験を思い出しました。
下の子が1才2ヶ月になるのですが、その子が生まれた時に子犬を一緒に飼い始めました。仲良く、姉妹のように子供と犬が育ってくれればいいなとの思いからです。
しかしそのとき、私の母親や、妻の母親から強く反対されました。「小さな子供2人抱えて、室内犬の子犬も一緒に飼うなんて大変だ。それに不衛生だ」と言われました。

それでもその反対を振り切って、子犬を飼いました。子犬が家の中で粗相すると、子供がそれを触ってしまったり、子犬の噛んだものをベロベロなめてしまったり・・・・色々ありました。
今までのところ、運がよかったのか特に病気などをせずに大きくなっています。

子犬を飼ったこと、全く後悔しなかったかと聞かれたら、後悔することももちろんありました。しかし、一度飼った命だし責任があります。
また、子供が楽しそうに犬と遊んでいる姿を見たときは、飼って良かったと思います。

このように、赤ちゃんと動物を一緒に飼うというのは、少なからず色んなリスクがあります。しかし、それを上回る喜びもあるのではないでしょうか?

勝手にリンクを貼らせていただいて作者の方に失礼かもしれませんが、何かの助けになればと思い、失礼を承知で1つ紹介させていただきます。
https://allabout.co.jp/gm/gc/69827/all/

この記事を書かれた方は、赤ちゃんと爬虫類の危険性を熟知した上でその対策を講じ、赤ちゃんとペットを楽しみながら育てておられる様子が見て取れます!

一度始めたことは元には戻りません。まさに「覆水盆に返らず」です。しかし、その覆水が善となるか、悪となるかはこれからのあなたの気持ちと行動次第ではないでしょうか?

ぜひ、前向きに捉えて、子育てもペットも楽しんでいただきたいなと思います。
そして、赤ちゃんにたくさん母乳を飲ませてあげて下さい!

1年前

質問者からの有り難し - お礼

お返事ありがとうございます。
こちらのブログも知らなかったので参考になりました。
リスク以上の喜びを見つける、、、
時間がかかりそうですが前向きにとらえてみます。

「動物・ペットについて」問答一覧

「動物・ペットについて」問答一覧をすべて見る
関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ