お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ぶっちゃけ寺と遺言書

昨日久し振りにぶっちゃけ寺(テレビ番組)を見ました。お坊様方が何人か出演なさり、少し前までは週一回放送していました。私はお坊様には縁がないと思っていましたが不思議と心が安らぐ番組でした。なんかこう、懐かしい様な気がしていました。
相変わらず痛みはあります。でもワンコ達の姿を見ていると生きなきゃいけないと思いました、痛みは辛いですが。遺言書を書こうかと思い立ちました。正式な物ではないですが、何だか不安になってきましたから。絶縁したとは言え強欲な私の実の二親と妹がいますから。大してありませんが金目の物はペンペン草もはえない位持って行く人達なので。
どうか私が頑張れる様にお祈り下さい。

後悔・自己嫌悪
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2018年8月14日 8:22

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

鳳林寺

光禪

お坊さんも「遺偈」をあらかじめ作っている

こんにちは。

 私は普段からあまりテレビは見ないので、新聞のテレビ欄を見て「ああ、ぶっちゃけ寺やるんだ」くらいですが、どうでしたか?何か役立つ情報がありましたか?あったら良かったです。

 検査の結果がどう出たかわかりませんが、遺言は、あなたの置かれている状況を見ると、作っておいた方が良さそうですね。

 曹洞宗の僧侶は、亡くなる直前に「遺偈(ゆいげ)」といって、自分の境地を漢詩にして残す事になっているのですが、実際問題そんな死ぬ直前に漢詩などできませんから、毎年お正月に作っておきます。このように、元気でも遺言を残しておくことは特におかしなことではないと思いますよ。

 せっかくだから、きちんとしたものを作っておくと安心ですね。ただ書いてあっても何の効力もありませんから。
私は専門家じゃないので、ちゃんとお答えできませんが、遺言の作成についてここも参考にしてみてください。
http://www.koshonin.gr.jp/business/b01

3ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ