hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

写仏、仏画の功徳について

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

お忙しいところ閲覧ありがとう御座います。
私の生業は絵を描く関係の仕事なのですが
このたび、友人を自殺で失くし、供養のため
何かできることが無いかと思い、写仏や仏画等による供養があることを知りました

お地蔵様や観音様を好んで描いているのですが
本当に供養になっているのでしょうか

自殺した友人のためになっているのか、
自己満足になっているだけなのか、
よろしければお教えください。

2018年8月21日 14:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

讃嘆供養(さんだんくよう)-亡き人との出会い直し

ご相談拝読しました。供養というのはかなり深い問題であると思います。どうぞこれからご自身の思いや疑問をごまかさずに問い続けていって欲しいと思います。

供養というのはもともとサンスクリット語のpūjā(プージャー)またはpūjanā(プージャナー)の訳で、仏・法・僧という仏教で大事な三つの宝とされるものにお供えをすることです。

ですからあなたが亡きご友人のために仏画を描いて捧げるというのならそれも供養の一つということになるでしょう。

しかしここで問題をごまかさないならば必ず疑問が生じます。

何で供えるの?
誰のために供えるの?

という問題です。つまりあなたが気づいた「自己満足になっているだけなのか」ということに突き詰められていくでしょう。

私たちが亡き人のために何かしたいという思いの始まりはけして不純なものではないでしょう。
しかしその不純ではないはずの思いをよくよく深く問うてみると、いつのまにか私たち生きている者は、亡き人を供養されないと可哀想な人として見てはいないか?生よりも死を暗く寂しく悲しいものとして見てはいないか?結局は自分の納得・自分の満足のためではないか?という壁にぶち当たります。

その時に気づくのです。

迷っているのは生きている私の方であったと。

亡き人は命の終わりという事実を私に伝えているだけなのに、それを受けてあれこれと計らい、迷っているのは実は私だったのだと。

その時、その問いをあきらかにしてくれた亡き人が私のために仏様(真実を伝え迷いを晴らしてくださる存在)としてはたいていてくださっていることに気づくならば、そこには亡き人との出会い直し、つまりは亡き人を仏様として見出していく讃嘆供養(さんだんくよう)という供養の道が開かれてきます。

どうぞこれからも仏画を描き、亡きご友人と出会い続けてください。そしてあなたが問いをごまかさないのならば、必ずや仏様としての亡きご友人との出会い直しが訪れると思います。

南無阿弥陀仏

合掌

2018年8月21日 18:46
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

仏さまと向き合うところに、亡き人も共に居られることでしょう。

こんばんは。亀山純史と申します。

亡き友はあの世から、あなたの写仏や仏画が供養になっているとも、なっていないとも、語りかけてはきません。ですから、「本当にこれで良いのだろうか?」と、あなたは思っているのでしょう。

亡き友は、あなたに供養になっているとも、なっていないとも語りかけては来ませんが、写仏や仏画を通して、亡き友はあなたのもとに来られているのではないでしょうか。浄土真宗本願寺派の中西智海和上さまは、「人は去っても 拝む掌(て)の中に 帰ってくる」と詠まれました。また別の和上さまは、「人生のきびしい日暮らし、いとなみの中にあって、先だっていった肉親を慕い、お念仏申すところ、そこにわが親は、わが夫は、わが子は還相したもうているのである。」と申されました。

供養に関しては、宗派によってそのとらえ方は異なるとは思います。たとえば、浄土真宗においては、追善供養ということは申しません。しかし、仏さまと向き合うところに、亡き人も共に居られることでしょう。

2018年8月21日 23:17
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

写経や写仏の功徳

豆大福様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

写経や写仏の功徳は、尊く有り難い仏法を広法する、あるいは護持するということにおいての功徳があり、その功徳を亡くなられた方へも及ぼす回向によって、供養に資するところとなるのではないだろうかと存じます。

しかし、写経や写仏も、ただ機械的に写すだけで良いのかと申しますと、そうではなく、やはり、写経や写仏を通じての「菩提心」の受持、増大が大切となるものであると考えております。

やがて皆が悟りへと至れるために悟りを目指すという「菩提心」があって、写経や写仏も、仏道成就へと向けての一つの修行として取り組み、その功徳を皆の悟りへと向けて回向することが大切なものとなります。

その皆への回向の中には、当然に亡くなられましたご友人も含まれるところとなるのであります。

できましたら、写経や写仏後に、下記の普回向と略三宝をお唱え頂けましたら有り難くに存じます。

普回向

「願わくは此の功徳を以て、普く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に仏道を成ぜんことを。」

略三宝

「十方三世一切の諸仏 諸尊菩薩 摩訶薩 摩訶般若波羅蜜」
(じっぽうさんぜいっさいのしょぶつ しょそんぼさつ まかさつ まかはんにゃはらみつ)

あるいは、「十方三世一切仏、諸尊菩薩摩訶薩 摩訶般若波羅蜜」
(じーほーさんしーいーしーふー しーそんぶーさーもーこーさー もーこーほーじゃーほーろーみー)

川口英俊 合掌

2018年8月22日 12:51
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

吉武文法様
ご回答ありがとうございます。
讃嘆供養、出会いなおしですか…毎日毎日出会いなおして進んでいくんですね
確かに迷っているのは自分だと思います、特に親しかった方で自殺をされたので
どうして力になってあげられなかったのかと不甲斐なさが限りなく辛いです
そういう意味でも描くたびに仏様になった彼と再び出会えると信じようと思います。
ありがとうございました。合掌。

亀山純史様
ご回答ありがとうございます。
やはり向き合うことが大事という事なのですね…
正直本当の意味で向き合えているのか、怖がっていないか不安でたまりません
恨まれているんじゃないか、とも。
彼があの世で幸せになることを祈りつつ、写仏を続けようと思います。
ありがとうございました。合掌。

川口 英俊様
ご回答誠にありがとうございます。
写仏も写経と同じく供養となるのですね。回向を行うこと、承知いたしました。
彼と私も含め、一切衆生の菩提が大きくなるように祈ろうと思います。
ありがとうございます。合掌。

「自死・自殺した人の供養・自死遺族」問答一覧

天国の姉が幸せか知りたい

初めまして。 今年、姉が自ら他界しました。 姉と私はお互いに精神疾患があったので 共に励ましあったり痛みを共感したり 何時間も電話したり、たくさん笑いあったりもしました。 姉妹揃って精神のバランスを崩した原因の一つに、父親が 愛情ゆえにとても厳しいというのもあると思います。 姉は、一生で3度、大きく精神のバランスを崩していました。 1度目は就職した時。 2度目は望んでできた子供が死産した時。 3度目は 生まれた2人目の子供を育てている過程で 産後うつになって。 産後うつにより姉は他界しました。 姉は子供をとても愛していたので 子供のためにも 治したい、と強く願っていて私にも何度か「私治すよ」と言い、薬もしっかり飲み、カウンセリングも受けて一生懸命闘っていました。 だから悔しくてしょうがないです。 もちろん、姉に元気になって欲しいと 心から思っていた私は力の限り寄り添いました。 でも そうしたことを続けると 元々精神疾患持ちの私も精神バランスを崩しました。 ちょうどその頃、姉は 精神病院を 退院して、自分の子供と旦那さんと再び暮らせるようになったと喜んでいた時でした。 退院してから姉は ラインでやりとりした際 前より元気になっていました。 変わらず 私は精神的に追い詰められていたので、「 私も 具合が悪くてうまく話が聞けないことがあったらごめんね。見守ることが増えてしまうかもしれない。変わらずお姉ちゃんのことは大好きだし大事だから誤解しないでね。 これからは旦那さんと二人三脚でやっていけたらいいね」 と伝えました。 でも、ほっとしいた矢先に、姉は天国に行きました。 珍しく一か月連絡 取ってなかった矢先です。 その後悔がどうしても消えません。どうしたら後悔は和らぐでしょうか? また、先日、霊感があるという人に 「自殺した人は 辛い環境に生まれ変わる」 と言われ、絶望的な気持ちになりました。 悔しくて苦しい中、戦い続けた姉が 辛い環境に生まれ変わるなんて耐えられません。 天国で幸せに暮らし、且つ生まれ変わる時が来たら 幸せな環境に生まれて欲しいです。 また、その霊感のある人に 「お線香は夕方以降あげてはいけない」「お姉さんやあなたが精神的に苦しいのは前世に悪いことをしたから」と言われたのですが それは本当でしょうか?

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

娘の自殺について

娘が自殺しました。 学校の問題や勉強の悩みなどいろいろあることは知っていましたが、あっけらかんとした性格で、死ぬほどまでに悩んでいるというふうには考えておりませんでした。 何が原因だったのかと思い返すたびに考えが変わりますが、私が当日塾に行かないことを電話で叱ったのと、それまでに蓄積された悩み、学校でのよくない出来事などが重なったことが、直接の原因だったと思っております。 また、我が家は都会の共働きで、比較的裕福な生活を送ってきたと思いますが、私の仕事が忙しく、娘の話をここ最近よく聞いてやれなかったことが悔やまれ、また、それにより私が娘を必要としていないと思わせてしまったのではないかと感じております。 一方の主人は真面目で穏やかな性格ですが、自分のことを最優先に考えるところがあり、いつも自分の資格取得のための勉強に励み、娘とのコミュニケーションも上手ではなく、私と娘から距離のある存在でした。 亡くなった娘はもう帰ってきませんが、娘は私にこれからどのように生きることを望んでいるのでしょうか。なんだかんだ言ってもお母さん子だったので、私と一緒にいたいのではないでしょうか。それとも、私と主人がこれから向き合い、添い遂げることを望むのでしょうか。あるいは、分かれて暮らすことを望むのでしょうか。

有り難し有り難し 39
回答数回答 2

息子の自殺

高校生一年生の息子が自殺しました。 長男だったので厳しく躾をしてしまい、本人も親に甘えられなかったと思います。私は長男が心配だった半面、なぜこんなに学校から呼び出しされたり友達とトラブルを起こして親を困らせるのかと悩んでもいました。思春期になると私と喧嘩もしょっちゅうでした。 自殺をしたその日の夜に、私と大喧嘩をし罵りあい、私は息子に『あんたのその性格が嫌いだ!』と言ってしまいました。死ね!と言われたので、その時親として言っては言けない、 『お前がいなくなれ!』と私が発狂してしまいました。その後に本人は裸足でパジャマのまま、近くの線路に飛び込んでしまいました。 私が殺してしまった。悔やんでも謝ってももう遅くて 学校ではサッカー部でキャプテンも務めて、テスト前だったから友達や放課後に勉強もしていたようです。 なんにもわかっていない私でした。 息子の供養を一生していきたい、 どうしたら息子を救ってあげられますか。 どうしたら苦しみから解放してあげられますか。 毎日話しかけて亡くなったその時間に手を合わせていますが、本人の苦しみを取り除いてあげたい。 自殺をするとずっと苦しむって色々聞くので、 私が救ってあげたいのです。 救える供養の仕方を教えて下さい。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 60
回答数回答 2

自死した娘の遺品の着用について

前回お答えいただきとても心が楽になりましたので 是非お世話になりたく投稿させていただきました。 今回もどうぞよろしくお願いいたします。   愛する娘を自死で兆候なく亡くしまだ愛してると仏壇に語りかけています。 そして娘の残した衣服、アクセサリーなど遺品がたくさん遺されて まだ涙が止まらない時があります。  娘の遺品を見るのは辛いのですが処分する気にはなりません。 私が使えるものは着用しても彼女は嫌がらないでしょうか?? 勿論彼女のお気に入りだったものはは大切にとっておきたいです。 (サイズが違うので着用できないもの多数です) 以前ニットやアクセサリーなど身に着けていましたが、 ネットでサイキック霊感のある人に依頼をしていたことがありました が娘が嫌がっているから着用しないでと言われました。 霊感の人への依存を断ち切りました、ハスノハ様の御坊様に お導きをお願いしたいと思います。 浄土真宗で娘を送りましたので救われていると信じたいですし 遺品の着用できましたら是非周りに置いたり 着用して処分するものを減らしたいです。 是非ご助言を頂けると生きていく糧にさせていただけます。 娘がいないこの世に生きていくのがとても辛いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 43
回答数回答 2

自死した息子の供養

もうすぐ亡くなった息子の四十九日法要です。 今日は公立高校の合格発表でした。受験出来ていたら勉強がよく出来ていた息子が『受かったよ!』って言って笑顔で帰って来そうです。 仏壇の横の学生服がポツンと寂しそうに見えます。 こちらで今まで何度か相談に乗って頂きました。温かい言葉で励まして頂き本当に感謝しております。 辛くなった時には、何度も何度も繰り返し読んでいます。 辛さ、苦しさ、寂しさ、悔しさは癒えません。自分を責めてばかりで前に進む事の難しさを思い知らされています。 ここに同じ様に最愛の方を亡くされた方々の相談などを見ていると皆さんも辛さが癒える事が無いように感じます。 先日こちらで相談に乗って貰ったのですが、自死という亡くなり方をしたので、周りの方から『自死すると成仏出来ない』など心ない事を言われたりしたので、悩んだ挙句、どうしても息子の今が知りたかったので、高野山で修行をされた真言宗の霊視が出来る方に息子の事を相談に行って来ました。 地元では、かなり有名な方です。 私1人では自信がないので見極めて貰おうと思い主人と娘とで行って来ました。 高額の物を買わされたり高額なお布施などの詐欺まがいな人もいるし、今は、息子の事になると付け込まれる隙だらけの私ですから。 結果は『迷い仏?では無い』と言われて『まだ、暗闇の中にいる』との事で『両親が心を込めて真言をあげて成仏させてあげなさい』と言われ1日に最低108回、1週間毎に薬師如来様、観音菩薩様、勢至菩薩様、阿弥陀如来様、阿閦如来様、大日如来様、虚空蔵菩薩様の順に真言をあげなさいと教えて頂きました。 勿論、仏壇の前で真言をあげるのですが、浄土真宗の仏壇であげても構わないのでしょうか? 以前、お寺さんに気持ちを聞いて頂き『息子さんは、成仏していますよ。安心して下さい』と言われたのに私達は大変失礼な事をしていると思いますが、心ない人から『自死では成仏出来ない』と何度か言われて藁をも掴む様な気持ちで真言宗の方に頼ってしまったのですが、本当に暗闇の中にいるなら息子を救ってあげたい。絶対に救いたい。 その様な事をしても阿弥陀様は許してくれますでしょうか? 浄土真宗の私達が真言をあげても大丈夫なのでしょうか? どうか教えて下さい。 宜しくお願いします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

自死遺族の気持ちをわかってもらえない

三度めの相談になります。 姉が亡くなって、一年八ヶ月が経ちました。 こちらで、二度、話を聞いて頂き、その都度、涙し、励まされ、前向きに頑張ろうという気持ちになりました。 今は、泣き崩れることはなくなり、日常生活も普通に送っていますが、やはり毎日、姉のことが頭からはなれず、姉に会いたい、姉と話したい、姉と笑いあいたい、早く姉の所に行きたい、そんなことばかり考えてしまいます。 もう、いつもの私に戻ってる、まわりにそう思われていることが、私には辛いです。 家族が自死で亡くなり、それからずっと自分の心に壁ができてしまい、心の底から笑うこともできず、楽しめず、そんな苦しみすら家族以外に理解されず、忘れ去られて。。 家族を自死で亡くしたことことがないまわりの人には私の気持ちなんかわからない。 ただ亡くしただけではない、姪っ子も両親と暮らせず、祖父母との生活。 姪っ子なりに、今の生活に慣れ、頑張っていますが、彼女の将来のことなど考えてしまいます。 家族の一人を自死で亡くしたことによって、まわりの人には理解できないくらいの苦しさ寂しさがあるのに。。 好きで同棲した彼とも結婚を考えていたのに、彼よりも亡くなった姉、自分の家族のことしか考えられず、自分のエンディングノートにも、家族中心に書いてしまい、彼に何かを残したい、彼に委ねたい、ということが一つもありません。 姉のせいというわけではありません。 姉がいなくなってしまったことで、ここまで自分の心が変わってしまったのです。 とにかく、辛いです。

有り難し有り難し 58
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る